2012年

11月

25日

天神町道場稽古 最小の転換

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、前/後方回転、後方・前方一回転半
  • 単独基本動作:片手取り入り身転換・体の変更
  • 相対基本動作:片手取り外巡り逆半身外入り身運動・踵の後ろに後方の足を引きつけて送り足・半身は一定
  • 相対基本動作:片手取り外巡り逆半身外入り身運動・転換(前方の足の内側に後方の足を引きつけて半身を転換
  • 片手取り隅落とし表:片手取り外巡り逆半身外入り身運動・最小の転換・相半身外入り身運動・送り足で残心
  • 両手取り天地投げ:天は陽の陽・地は外巡り・逆半身外入り身運動・最小の転換・天は陽の陽で上肢全体が受けの胸部に接触しながら昇氣・相半身外入り身運動・受けの肩を越えて陰の陰で丹田に結んで送り足・残心(陰の陰の入り身運動)
  • 諸手取り降氣の形・転換・回外・踏み替え・額に結んで前方回転・降氣
  • 諸手取り降氣の形・回外・額に結んで後ろ回転・降氣

 *いずれも陰の陰の入り身運動で残心

  • 横面打ち後手小手返し:同名側の降氣の形で逆半身上段受け流し・対側の手で振込突き・外から払われ受けの上肢を外巡りで払い返して後方の足を送らず後外方(受けの内方)に軸足として・再度前方に軸足を作って横面打ち外入り身転換小手返し
  • 坐技片手取り二教二本:外巡り吸気で陽の陰・陰の陽/外巡り肘を落として陰の陰から吸気で肘を伸展しながら陰の陽で丹田に巡る(鳥舟のホー)

 

0 コメント

2012年

11月

21日

幸町道場稽古 左右の反復は二人取りの結び

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、 前/後方回転

 *回転の魂氣の結びは膝と腰に。魂氣の結びを欠落する足腰の動きに合氣はない。

  • 相対基本動作:坐技正面打ち氣結び(一教運動表)
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動裏

 *両手で一気に氣の巡り

  • 片手取り入り身転換
  • 片手取り呼吸法裏:与えた手で側頸まで一気に昇氣・踏み替えてから陽の陽

 *対側の魂氣は入り身転換の陽の陽から陰の陽に(長い呼気で)巡ったところへ、踏み替えた腰が当たって結ぶ。その瞬間が与えた手の陽の陽で、肘は受けの前頸部に接したまま前腕撓側部を吸気で一気に進展して同名側頸部に密着し、取りの体側に結ぶと残心。

 *踏み替えで肘頭が離れると取りの魂氣と魄氣が受けの魄氣に結ばない、とイメージする。

  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換呼吸投げ:互いの体側がぶつからず離れずを結びとイメージする。

 *地に結ぶときの足背と膝は、後ろに一歩ではなく軸足のそばに着くと体軸は直立を保って目付が定まる。従って受けが前受け身に至らない時、地の手背は後ろへ掃かず内に巡って陰の陽のまま対側の掌まで(既にこちら側の膝も着いてその上に置いている)、取らせた受けの手背と共に進めて左右の魂氣が結ぶと即ち受けの手背を二教で取れる。

  • 諸手取り転換:降氣の形・転換・回外

 *対側の手は終始陰の陽で腰の後ろに結ぶ。魄氣の基本動作で様々な技へ。

  • 二人取り結び:自然体で両手を取らせ降氣の形で入り身転換・対側は陽の陽・反復(降氣の形から回外・対側は降氣の形へ)
  • 二人取り二教:回外して受けの手首に置いた陰の陰の手は、対側が降氣の形で陰の魄氣に転換するとこちらは緩やかに進展して陰の陽で受けの手首に沿う(鳥舟のホー)

 *鳥舟のホーは陰の陰から陽の陰(サー)に差し出す手前で指先は遂に丹田に向いたまま、広義の陽とは言えない。

 *自然体から陰の魄氣を左右反復しながら一人ずつ・丹田に向かって結ぶ(鳥舟のイェイ)。前方の足と上肢は対側に比べて受けとは間合いを取ることになる。二人目が丹田の方向に結ぶと目付は正面に戻る。

 

0 コメント

2012年

11月

18日

天神町道場稽古 二人取りには後・前方回転で四方投げ裏表

  • 一の太刀、二の太刀、入り身、上段受け流し、下段受け流し
  • 単独呼吸法坐技:降氣、昇氣、一気、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち
  • 単独基本動作:入り身転換・反復 
  • 相対基本動作坐技正面打ち氣結び(一教運動表):上段に与えて両手で氣の巡り
  • 相対基本動作坐技片手取り呼吸法
  • 片手取り入り身転換、体の変更
  • 横面打ち相打ち外入り身運動三教裏:陰の陰の返し突き近似で受けの遠位側の手指を把持して回内・対側の手で手根部を三教で取る。
  • 横面打ち相打ち外入り身転換四方投げ裏:受けの上肢の下から四方投げの持ち方で。
  • 横面打ち相打ち外転換呼吸法表:四方投げの持ち方から対側の腕を昇氣で取りの側頸に結んで・陽の陽と共に受けの同名側頸に取りの撓側上肢を密着し・同側の足先を入り身。目付は受けのそれに合わせる。
  • 横面打ち相打ち外転換入り身投げ表:四方投げ表の前方回転に入れない場合や呼吸法表の高さを確保できない場合。

 *逆半身で外入り身/外入り身転換/外転換:魂氣は降氣の形から陽の陽で魄氣は陰から陽。魄氣の陰での軸足はそれぞれ送り足/踏み替え/置き換え=逆半身/相半身/相半身。取りのそれぞれの目付は前方の足先の方向、明確な違いを動作に示すこと。

 *「基本動作の連なり」の「50. 横面打ちに外入り身と外転換」参照

  • 相対動作:二人取り結び(陰の魂氣は降氣の形で入り身転換・反復)
  • 相対基本動作:後方回転・前方回転の繋がり(一回転半)

 *「合氣道の特徴」の「40. 後方回転と前方回転の融合」参照

  • 二人取り呼吸法:二人諸手取り呼吸法をそれぞれに後方回転と前方回転で(四方投げの魄氣)

 *「基本動作の連なり」の「54. 二人取りの結びから」参照

  • 坐技両手取り呼吸法:一方を外巡り・他方を陽の陽から陽の陰(立技両手取り天地投げに近似)

 

0 コメント

2012年

11月

14日

幸町道場稽古 陰の魂氣無くして陽の魂氣なし

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、前/後方回転
  • 相対基本動作坐技正面打ち氣結び(一教運動表):上段に与えて両手で氣の巡り
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動裏
  • 坐技両手取り呼吸法二本:①坐技入り身運動の如く陰を腰の後ろ・対側を陽の陽から陽の陰で受けの真中へ ②降氣の形から回外・陽の陰・対側は陽の陽
  • 片手取り入り身転換、体の変更

 *他側の魂氣が陰であるから腰の魄氣と結んで体軸が作られ、初めて対側の魂氣を陽とすることができる(与えることができる)。この理を感じ取ること。

 *神氣館のシンボル“万両”=“陰徳あれば必ず陽報あり”を思い起こすこと。

  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換呼吸投げ
  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換昇氣・置き換え踏み替えて呼吸法
  • 突き/正面打ち入り身転換掛かり稽古
  • 突きに横面打ち相打ち入り身転換入り身投げ

 *首を取りに行かず横面打ち入り身運動で陽の陽から陰の陽に巡る結果掌が項に当たって側頸に結ぶ。

  • 坐技交差取り二教:陽の陽から陽の陰・陰の陽に巡って舟漕ぎ運動(サー・イェイ)の魂氣・指先が丹田に向く。肘を引く暇はない。
  • 坐技交差取り三教:取らせた手を陽の陽とし対側の指で受けの小指球を剝ぐ。または手首を取って両手を合わせる。
  • 坐技交差取り小手返し:取らせた手を外巡りで母指球を剝がして小手返しに取る。

 

0 コメント

2012年

11月

11日

天神町道場稽古 一教の魄氣の結び

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り

   …………

  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、横面打ち、一教運動表裏

 *一教運動は両手の巡りと入り身運動

  • 単独基本動作:入り身転換 体の回転
  • 相対基本動作坐技片手取呼吸法:降氣の形から陽の陽
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、体の変更
  • 相対基本動作:坐技両手で氣の巡り(正面打ち一教運動表)
  • 坐技正面打ち一教表

 *坐技一教は一教運動プラス魄氣の結び(正座の膝が受けの腋・側胸部へ接触)

  • 交差取り一教表裏

 *表は一教運動の後逆半身内入り身で足腰は魄氣の陽で受けの腋を埋め(魄氣の結び)、同時に受けの上腕を魂氣の陰の陽で丹田に結ぶ。

 裏は剣線を外して逆半身外入り身転換の軸足・腰が魄氣の陰で受けの腋を埋め、同時に受けの上腕を魂氣の陰の陽で丹田に結ぶ。対側前方の足先を後ろに置き換え・踏み替えて軸足から膝を着いて座れば固め。

 *正面打ちの場合の両手で氣の巡りに対して、交差取りでは降氣の形から陽の陽(表)、降氣の形で対側の陽の陰で矢筈(裏)。

  • 後ろ両手取り結び:天は降氣の形から額に陰の陰、入り身転換で地は陰の陽の腰から丹田へ相対的に廻る。取らせた受けの両手を天地に結ぶ。
  • 後ろ両手取り呼吸法(天地投げ):後ろ両手取り結びから地の魂氣と足腰を同時に後ろに置き換え・踏み替えて陰の魄氣(入り身転換)・天の魂氣を降ろして腰の後ろに結び残心。
  • 諸手取り呼吸投げ:降氣の形で転換・回外
  • 諸手取り呼吸法表:降氣の形で転換・腋を開けて陰の陽で側頸に結ぶ。
  • 諸手取り内入り身転換呼吸法:転換と同時に降氣の形から額に陰の陽で結び逆半身内入り身転換
  • 諸手取り前方回転呼吸法:転換と同時に降氣の形から額に陰の陰で結び、対側の足を軸として前方回転

 

0 コメント

2012年

11月

07日

幸町道場稽古 魂氣が丹田に結んで出来る隙間に足腰が進む

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、横面打ちで陰の陽)、一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換

*本日のポイントはタイトルにあり。一側を腰の後ろに結び他側を丹田に陰で巡らなければ剣線と腕を外して肩足腰が進む隙間を作ることが出来ない。腕の先には与えた手と受けが繋がっているから。入り身転換の足先は入り身で置き換えると同時に内方に踏み替え(相対では受けの中心に)。

  • 相対基本動作:坐技片手取り降氣の形から陽の陽。
  • 坐技片手取り呼吸投げ:両手で氣の巡り。片手取りの手は降氣の形から陽の陽、対側は陽の陰で正面当て。
  • 坐技交差取り一教表:受けが交差で取っても両手で氣の巡り
  • 交差取り内転換呼吸投げ
  • 相対基本動作:片手取り入り身運動(陰の陽、昇氣、外巡り)
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換

 *魄氣は陰、入り身運動で下段に与えて魂氣が陰の陽で丹田に結ぶとき、魄氣の陽(前の足を伸展して半歩踏み込み)で足先は受けの中心を向く。それを軸足として45度捻ると腰は転換して対側の手は陽の陽、目付は水平にその手掌を見る。

  • 掛かり稽古:突き、正面打ちに後手転換/相打ち入り身転換

 *受けの微動に取りは横面打ちか杖巡りで入り身、後手はまずその場で転換。

 

 

0 コメント

2012年

11月

04日

天神町道場稽古 杖突き巡りは魄氣の陽・送り足・陰

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し、一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、前/後回転
  • 単独基本動作:杖の直突きは魄氣の陽と送り足で残心、巡りは魄氣の陰
  • 相対基本動作組杖:相半身直突きに内転換返し突き
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動、正面当て
  • 坐技正面打ち小手返し

 *受けの手背に合わせた取りの手背(陽の陽)はそのまま陽の陽で腰の後ろまで巡らすか、陰の陽で丹田から外巡り・陽の陰で受けの手背に合わせて小手返し。

  • 相対基本動作:後ろ取り腰に結んで入り身転換(魄氣の陰)・昇氣
  • 後ろ取り昇氣呼吸法:相対基本動作から置き換え・踏み替えて陽の陽・送り足で残心。
  • 襟取り二教裏:胸元に伸びる腕に合わせて同名側の振込突きを払わせ・内転換で受けの手に添えて同時に対側の手で下から受けの手首を矢筈で受けて取り、陰の陽に巡って後方に置き換え踏み替え・振り返ると二教裏。
  • 襟取り後ろに置き換えて取らさず相半身で手を払い、対側の手で横面打ち入り身転換・踏み替えて入り身投げ。
  • 両手取り天地投げ:自然体から入り身運動で下段に与えて(一歩)、二歩目で両手取り。魂氣は入り身転換に準じて魄氣の陰で丹田には陰の陽、対側は伸展して陽の陽。三歩で外巡り逆半身外入り身運動すると対側の手は陽の陽で受けの胸に接して側頸まで昇氣・陽の陰に巡って相半身外入り身・残心。
  • 掛かり稽古:正面打ち/突き/横面打ちで相打ち横面打ち入り身・転換・結び
  • 掛かり稽古:正面打ち/突き/横面打ちで相打ち杖巡り入り身・転換・結び

 *掛かり稽古こそ相対基本動作の連続。受けに合わさず相打ちで。別に先手掛かり稽古も。後手もそれぞれ別途稽古し、その上で総合的に多人数をおこなう。

 

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です