2021年

5月

30日

日曜稽古 非軸足を軸に代えて前方回転/一歩後方に置き換え後ろ回転へ

  • 禊:天の浮橋に立って天地の氣に氣結びする。呼吸と共に左右の手で魂氣を合わせ、下丹田で魄氣に結ぶ。鳥船(左右左で体軸の揺れと魂氣の三要素)
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(二教の手、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、片手取りを想定して入り身転換・体の変更、片手取り/交差取りを想定して後ろ半回転で体の変更、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取り/交差取り呼吸法表裏
  • 坐技正面打ち三教表裏変法
  • 坐技交差取り二教表裏/陽の陽に発しようとして二教の手に巡って対側の手で受けの母指球を包んで小手返し
  • 両手取り呼吸投げ三本
  • 後両手取り:天地に結んで入り身転換から後方回転小手返し裏/前方回転昇氣呼吸法表
  • 後ろ肩取りに入り身転換で天の魂氣を正面当て、対側の足先をそれに合わせて前方回転の軸足を作って昇氣呼吸法

 *天地に結んで入り身転換は非軸足で前方回転の軸足をつくる/非軸足を一歩後方に置き換えて後ろ回転へ。動きを止めずに。

 

2021年

5月

26日

水曜稽古 手刀には、当る、被せるよりも合わす、透かす、結ぶ

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(三角法で連続入り身運動、片手取り想定で入り身転換・体の変更、片手取り/交差取り想定で後方半回転・体の変更、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取り降氣の形から母指先の反りに合わせて天から外方へ吸気で円を書き、受けの手に氣結びして掌を地に結ぶ。同時に膝を非軸足として開閉する入り身・継ぎ足(手足腰目付けの心よりの一致)で呼吸法、交差取りに同じ動作で呼吸法/一教表
  • 坐技片手取りに外巡り・肘を落として母指球外側面を尺側前腕につけて支点とし、陽の陰で小指球を渡して陽の陽で受けの前腕近位に接して横面打ち近似で伸展し、下丹田に巡って同側の膝を地に着けて入り身転換、魂氣は小手返しの手で地に結んで呼吸投げ。
  • 片手取りに外巡りで上丹田に結び、対側の振込突きを払わせて相半身外入り身転換から体の変更(非軸足を大きく後ろに一歩置き換え、同側の魂氣を上丹田から地に降氣)で呼吸投げの動作。払わせた手は頂丹田に振りかぶり、投げに至らない受けの項に振り下ろして異名側の頸部を包み下丹田に結ぶと、地に結ぼうとした手を矢筈に開いて受けの手首を下から把持して天に掲げ、下丹田の手を中心、天に掲げた上肢を半径として後の足を大きく一歩踏み出す。回転投げ。
  • 片手取りに陰の陽で畳んだ手を陰の陰に巡らせて腋を開くと二教の手となり、肘の方向に同側の足を入り身して転換の軸足とする。対側の手で四方投げの持ち方にして上丹田に結び、体の変更から前の非軸足を内股にして膝を内に倒して対側の膝を立てると同時に同側の手を正面打ち近似で差し出す。四方投げ裏を半身半立。
  • 正面打ちに同時で手刀を合わせて、対側の手は逆半身横面打ちから入り身転換で受けの手刀の母指球を包むとともに下丹田に結び、手刀は腰仙部に回して体の変更から後ろ半回転で小手返し裏。
  • 坐技両手取り昇氣呼吸法:入り身運動に上体を転換し、前の軸足側の手を陰の陽の魂氣(小手返しの手)で下丹田から側頸へ母指先を結び、その肘頭は受けの胸骨上窩に嵌り、取りの与えた手の昇氣は取りの体軸と受けの体軸に結び、互いの魄気は取りの魂氣で結ばれて一体となる。吸気で肘を開いて前腕を伸展すると受けの側頸に橈側前腕が密着して魂氣が体軸に響く。上司が取りの体側に巡ると、魂氣は受けの底を抜いて取りの魄気と結ぶ。呼吸法・合気である。

2021年

5月

23日

日曜稽古 半身半立は半坐半立と同一概念でよいのか

  • 禊、鳥船:左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、片手取りを想定して入り身転換・体の変更、片手取り/交差取りを想定して後ろ半回転で体の変更、後ろ半回転で体の変更・入り身転換(後ろ一回転で入り身転換)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作・坐技正面打ち一教運動表/裏:振り子運動と入り身運動を膝で軸足交代、魂氣は両手で天地に気の巡り。
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更、片手取り/交差取り後半回転で体の変更(後ろに軸足交代で陰の魄気)
  • 片手取り後ろ半回転で体の変更・前の非軸足を後ろに一歩退いて半身半立で隅落とし表
  • 片手取り入り身転換・体の変更から外転換で受けの後ろ三角へ非軸脚を置き換える、隅落とし裏。稽古では隅落とし裏を表の体捌きで指導したが、正しくはここに記載の通り。
  • 片手取り後ろ半回転で体の変更に受けが一歩前に回り込む・即座に陽の魄気で魂氣を陽の陽で前方に発すると受けの前三角へ呼吸法。
  • 交差取りに魂氣を外巡り・後ろ半回転で体の変更として対側の手を下丹田から昇氣で取りの側頸に結び、その場入り身転換で陽の陽に発して入り身運動で受けの側頸から魂氣を受けの体軸にひびかせ、底を抜いて取りの体側に巡ると残心で呼吸法裏
  • 下段に与えて陽の陰で諸手に取らせ、外転換で魂氣の珠を掌に包みながら陰の陽で上肢を畳み、上体を剣線上で受けの目付に合わせて母指先を側頸に結んで腋を開くと、肘頭は受けの胸骨上窩に嵌り、その場で軸足交代して逆半身外入り身で魂氣を陽の陽に進転して受けの同名側頸部に魂氣をひびかせて体軸を降りて底を抜き、取りの体側に巡って残心で諸手取り呼吸法表。
  • 片手取り外巡り外転換から横面打ちで逆半身外入り身転換で軸足の膝を地に着く半身半立で同側の魂氣(手刀)を小手返しの手で地に巡る・呼吸投げもしくは正座で二教固め。
  • 諸手取りに外転換で体軸交代と同時に魂氣の珠を掌に包みながら陰の陽で上肢を畳み、母指先で側頸を指して回外し、前方を指しつつ対側の非軸足をその場で入り身によって軸足交代し、後ろの非軸足を継ぎ足として体軸に与る際、膝を着いて半身半立により、同側の上肢を伸展して母指先で地を突くと呼吸投げ表。
  • 魂氣の珠を下丹田で包み対側の足を軸とする陰の魄気(半身)で下段に与えて受けの片手取りに、陰の陽で上肢を巡りながら二教の手にして入り身転換と同時に非軸足側の手で同名側の受けの手首を四方投げの持ち方で包みながら上丹田に結ぶ。非軸足を一歩後ろに置き換える体の変更に続けて、今や非軸足となった前方の足でその場入り身転換により後ろ一回転を完成するが、内股にするとともに膝を地に着けて軸とする。前方の非軸足は膝を立て半身半立となり、同側の手は受けの手首を把持して正面打ち近似で前方に魂氣を発する、四方投げ。

 *非軸足をその場で軸足に交代して入り身転換する動作において、内股に置き換えて膝を地に倒して着けると、それが軸足となって対側の非軸足は足底を着けて膝を立てる。これが半身半立ちの仕組みである。

 *入り身の継ぎ足の膝を地に着けるとそれも半身半立ち。

 *軸足側の手を膝に合わせて地に結ぶか、立て膝側(非軸足)の手を虚空に陽で発するか。前者の投げは受けの手が地に着いて受け身が始まり、後者では虚空に発した取りの手に結んだところが投げの中心となる。つまり受け身の円の中心である。

2021年

5月

19日

水曜稽古 半身半立ちとは

  • 禊:天の浮橋に立って天地の氣に氣結びする。呼吸と共に左右の手で魂氣を合わせ、下丹田で魄氣に結ぶ。
  • 鳥船:左右左で体軸の揺れと魂氣の三要素
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(半身の転換、入り身、体軸移動と巡り):入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、片手取りを想定して入り身転換・体の変更、片手取り/交差取りを想定して後ろ半回転で体の変更、後ろ半回転で体の変更・入り身転換(後ろ一回転で入り身転換)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作:交差取りにその場で軸足交代して陰の陽で畳んだ魂氣を体軸に預けて後ろの非軸足を受けの外に転換して軸足交代すると陰の魄気で手を陽の陽に伸展する。

 *魂氣を陽の陽に開く動作は、魄気が陽の場合と陰の場合で違いを知ること。前者では上肢を差し出して伸展させる。後者は体軸が後退する分その場で上肢が解かれて伸展する。

  • 交差取りに外転換で魂氣の結びと体の変更による非軸足の一歩後方への置き換えに同期し、さらに入り身転換で後ろ回転270度。一教運動裏。

 *後ろ回転は入り身転換・体の変更(後方へ体軸変更)・入り身転換

  • 交差取り外転換から一歩入り身運動で陽の陽の魂氣を受けの腋の下に差し出して天秤投げ
  • 諸手取り外転換から半身半立ちで呼吸投げ表

 *入り身運動の継ぎ足では地に膝を着くと半身半立ち。入り身に進めた非軸足の膝を着いて軸足へ交代すればこれも半身半立ち。

  • 諸手取り外転換から入り身転換で母指先を回外して、体の変更で前の非軸足の膝を地に着けて半身半立ちで入り身転換、受けに与えた同側の魂氣も地に結ぶと呼吸投げ裏。

 *非軸足をその場で軸足に交代して入り身転換する動作において、膝を地に結んで軸足とすれば対側の非軸足は足底を着けてひざを立てる。これが半身半立ちの仕組みである。

 *地に結ぶ魂氣は魂の比礼振りの起こった手、つまり体軸から解脱した瞬間の魂氣である。

  • 突きの「先手」に外転換・入り身で呼吸法、外入り身転換で小手返し。「同時」に横面打ち入り身転換から小手返し、「後手」に杖巡り外転換で天秤投げ。
  • 坐技で両手に魂気を包んで下段に与え、両手取りに呼気で畳むと側頸に母指先を向けて体軸に預ける。一方は回外して真中へ陽の陰で掌を開き、他方は虚空へ陽の陽で円を描く。
  • 坐技で両手を手刀にして吸気で中段に与え、呼気で脇を閉じる前傾で上腕を胸に密着して肘から先も体軸に預けるようにして両手取りに取らせる。互いの魄気の結びに伴い上体を直立する前後の振り子運動で、受けの体軸は同期して取りと一体となる。片膝を軽く置き換えると呼吸法。

 *取らせた瞬間から手刀は体軸の一部であって、前腕のみならず、その先も動作させることはできないし、させる必要もない。

 *手刀とは、広義の陽で掌を開き、狭義の陰でも陽でもない手であり、母指先が天を指している。そこで母子先が地をさせば諸手取りに取らせる手。

2021年

5月

16日

日曜稽古 体軸の内を直下に二教の手/前を斜めに小手返しの手で地に

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の気に気結びする/鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、下段に魂氣を与え入り身転換(内巡り)、入り身転換から体の変更、片手取りを想定して(内巡り)後ろ半回転で体の変更、交差取りを想定して(外巡り)後ろ半回転で体の変更、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:正面打ち一教運動表裏
  • 坐技正面打ち入り身投げ裏
  • 正面打ち先手(上丹田に魂氣に珠を包んで与え):受けの手刀に陽の陽で結び、同側の足を(入り身で半歩出さず)その場で軸として受けの側胸部に逆半身外入り身で返し突きから巡らせて手刀の小指球を包み、対側の手は手首から離れて振り込み突きを払わせて相半身外入り身転換で三教裏、真下に降ろして陽の魄気の前方の膝横に着け、上体を立てて目付を水平で固め。
  • 片手取り外巡り外転換・二教の手で側頸に結び掌を開き、非軸足を踏んで入り身と同時に矢筈で四方投げの持ち方にて受けの手首を包み、肘を開いたまま手首を伸展すると入り身転換で初めて腋を閉じて受けの前腕が取りの前胸部に寄せられ、密着するほどに魄気を取りの体軸に巡らせると、取りの軸足側の膝は容易に地に着く。受けの肘はほぼ地に着くほど降りるから対側の膝を着いて正座と共に受けは俯せで地に結ぶ。その時手首を包んだ手を肘に滑らせて陰の陽で巡って手首を肘で挟んで前胸部に着けて閉める。二教固め。
  • 坐技片手取り/交差取りに、二教の手で側頸から下丹田に降氣/陰の陽から差し出しながら同側の膝を開いてその内側に着けて地に結ぶ。

 *体軸内を直下に降ろす/体軸の前を斜めに導き降ろす。

  • 坐技胸取りに同名側の手で振り込み突きを払わせて内転換に膝を開き、陽の陽で受けの側頸に当てて、陽の陰に巡って受けの項部から異名側の頸部を包み、対側の手は矢筈で下から受けの異名側の手を把持して直上に掲げ、受けの側頸は下丹田に巡らせ、回転投げ。
  • 坐技交差取りに一教運動表から大仏の下の手を中等松以上狭義の陰に巡って手首を把持し、対側の手は受けの異名側手首屈側を把持し、示指を伸ばして受けの橈骨に当てて指先を手前に引いて、示指球が橈骨端を過ぎたところで骨縁に嵌ると、それがツボ。上肢を水平に伸展して気を発する思いで地に向け振り子運動で体軸側として体重をかける、四教。

2021年

5月

12日

水曜稽古 側頸に結ぶ二教の手を降氣で下丹田へ

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の気に気結びする/鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、下段に魂氣を与え入り身転換(内巡り)、入り身転換から体の変更、片手取りを想定して(内巡り)後ろ半回転で体の変更、交差取りを想定して(外巡り)後ろ半回転で体の変更、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取りを陰の陽に畳んで母指先を側頸に向け、そこから天へ、さらに母指先の反りに合わせて虚空に向けて陽の陽で掌を開き、体側へと巡って同時に膝頭を非軸足として外に半歩置き換える。
  • 相対基本動作坐技:片手取りを呼気で陰の陽に畳んで母指先を側頸に向け、そこから回外して受けの真中へ吸気で陽の陰に発して、呼気で陰の陽に巡って体側へ小手返しの手で地に結ぶ。
  • 相対基本動作坐技:片手取りに対側の手で振り込み突きと同時に外巡りで陰の陰(二教の手)に畳んで側頸に結び体軸とし、地を指す母指先は対側の膝を外に開いて、降氣で下丹田へ、さらに肘を伸展して地に結ぶ
  • 相対基本動作:片手取りに(内巡り)入り身転換・体の変更/後ろ半回転で体の変更
  • 交差取りに外巡り後ろ半回転で体の変更、
  • 交差取りに外巡り後ろ半回転で体の変更・軸足側の魂氣は昇氣で側頸に結ぶ。その場で入り身転換・呼吸法(取りの背・異名側の受けの胸で漆膠の身)
  • 交差取りに外巡り後ろ半回転で体の変更・軸足側の魂氣は正面打ちで振りかぶり受けの同名側の頸部を包んでその場で入り身転換と同時に取りの異名側の頸部に結び、腰仙部の手を払い、陽の陰で取りの両手が受けの側頸で結び体の変更で入り身投げ。
  • 諸手取りに外転換で側頸から上丹田に結んで(母指先は地を指す)前方回転で降氣の呼吸法
  • 諸手取りに外転換で回外してその場入り身転換で二教の手を上丹田に結び前方半回転で膝を着くと呼吸投げ。
  • 半身半立ち片手取りに四方投げ近似で呼吸投げ
  • 半身半立ち交差取りに三教裏(取りの膝を立てて受けの背の間で固め)・取りの下丹田に巡って地に固め。
  • 半身半立ち胸取りに異名側の地の手で受けの手首を前から抱えて畳むと二教・固め。

2021年

5月

09日

日曜稽古 陽の魂氣で体軸に与り、軸足交代で魂の比礼振り

  • 禊:天の浮橋に立たされて(自然本体で)天地の気に気結びする/鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、下段に魂氣を与え(内巡り)外入り身転換、入り身転換から体の変更、後ろ半回転で体の変更(片手取りを想定して)、前方半回転繰り返し/一回転、後ろ回転、
  •  相対基本動作坐技:下段に与えて片手取りに呼気とともに陰の陽で内に巡って上肢を畳んで母指は側頸を指してから天に発して手を反屈に伸展して母指先の反りに合わせて魂氣を陽の陽で地に結ぶ。
  • 母指が側頸を指してから腋を緩めず上体を反らせて受けの手を反屈に伸展させ、母指先を回外し、受けの手首屈側へ拳一つ分中に入り(結んで)、吸気に合わせて陽の陰で受けの顔を包むように掌を開いてから一気に呼気で手に魂氣の珠を包むように小手返しの手で地に結ぶ。
  • 両手取りに魂氣の結びで呼吸法
  • 交差取りに呼吸法表裏
  • 両手を手刀で中段に与えて抑えるように取らせたとき、同時に前屈して腋を閉じて肘を前胸部に着け、前腕と手刀は一体で体軸に与る。体軸を成立から後ろに反らせて手刀の母指先は側頸に、他の指先は天を指すようにして受けを引き出すと膝・下腿に軸足を作り、非軸足の膝を軽く外に置き換える、呼吸法。
  • 坐技で上段に魂氣を与えて受けの手刀の手首に陽の陽で結ぶと入り身運動、両手で気の巡りから受けの真中に陽の陰の魂氣を与えて一教表。二教表裏。
  • 正面打ち先手・同時・後手。先手は入り身投げ表。同時は内転換で対側の手を受けの手刀の手首を内から払って把持し、内入り身で、手刀を下から外へ巡って魂氣で受けの真中へ振り込み突きにて入り身、払わせて内転換で陰の魄気とともに受けの手刀の手首を四方投げの持ち方で直ぐ振りかぶって一回転で四方投げ。後手は横面打ちで入り身転換・体の変更で受けの手刀の母指球を取りの下丹田で包み、後ろ回転で小手返し。二人掛けで正面打ち先手・同時・後手。
  • 陽の魂氣が取りの陰の魄気の体軸側に与り、体の変更で非軸足側となった魂氣に比礼振りが怒って非軸足とともに地に結ぶと呼吸投げ。
  • 逆半身で諸手取りに取らせてその場で入り身転換・受けは四教で抑えにかかる。軸足側の魂氣は三教の手で陽の陰、いずれの指も伸展して地を指す。入り身転換で向き直り、非軸足側として魂氣は腋を閉じてひじを伸展する。これが脱力。魂の比礼振りで上肢は体側に結ぶ。母指先はつねに地を指して受けは直下に崩れ落ちる。

2021年

5月

05日

5月5日の誌上稽古

当方の不手際で動作する稽古が叶いませんでした。お詫びいたします。

文章による復習の機会といたします。

続きを読む

2021年

5月

02日

日曜稽古 片手取り入り身転換で体軸に、体の変更では魂の比礼振り

  • 禊:天の浮橋に立って天地の氣に氣結びする。呼吸と共に左右の手で魂氣を合わせ、下丹田で魄氣に結ぶ。
  • 鳥船:左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換・体の変更、後ろ半回転で体の変更(片手取り/交差取りを想定して)、後ろ半回転で体の変更・入り身転換(後ろ一回転で入り身転換)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 単独基本動作:手刀で合気の剣・入り身運動
  • 相対基本動作:①半身から手刀で正面打ち入り身運動・相半身/逆半身

*非軸足先を剣線上で軽く半歩進めて正面打ちと同時に後方の足で剣線から一足分離れて継ぎ足とし、体軸を捌く。前の足先は元の剣線上にありながら受けの真中を指している。

②自然本体から手刀で正面打ち入り身運動・相半身/逆半身

 *軸足を決めると対側の非軸足先を剣線上に向けて一歩進め、正面打ちと同時に後方の足で剣線を跨いでさらに剣線から踵が一足分離れて継ぎ足とする。前の足先は元の剣線上にありながら受けの真中を指している。

  で相半身のとき剣線を内に外して受けの真中へ非軸足先を向ける動作であれば、体軸が途中で受けの内に揺れて受けの手刀は取りの真中を追い打ちできる。

  で軸足を決めると対側の非軸足で剣線を跨いでさらに剣線から一足分離れて足先は剣線に接して非軸足とする、相半身なら内転換であり、同時に振りかぶって非軸足はそのまま踏んで軸足に交代して後ろの非軸足で一歩進め、受けの真中へ正面打ちして継ぎ足で正面打ち入り身運動。②に比べて二歩の動作が必要。はじめの間合いが遠ければこれを選択せざるを得ない、竹の剣(小林裕和師範の指導映像より)。

  • 正面打ち入り身投げ表/裏
  • 後ろ片手襟取りに両手を直上に振りかぶって受けが対側の手で抑えにかかり、その手と同名側の足を後ろに置き換えて軸足とすると、襟を取った手の脇下を取りの体軸が通り抜けて同名足の手で受けの小指球を包んで二教表。
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更/後ろ半回転で体の変更・後ろ一回転で入り身転換に終わる。
  • 交差取りに外転換・降氣の形から陽の陽に発してから降氣の形に巡って対側の手で受けの母指球を包み、小手返し。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です