2012年

10月

28日

天神町道場稽古 一歩の外入り身に三つの深さあり

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で陰陽の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し、一教運動表裏

 *一教運動表の魄氣は入り身運動、特に残心(送り足)が肝心。基本技一教の時、残心の後、対側の足で再度受けの腋にもう一度半歩入り身運動。

  • 単独基本動作:入り身転換・反復
  • 相対基本動作:正面打ち一教運動表取り受け交代反復

 *受けは陽の陰で入り身転換して丹田に陰の陰で結びながらも陰の陽に巡って踏み替え・陽の陽で正面打ち一教表の取りに変わる。受けが丹田に陰の陰で結ぼうとする時取りは陽の陽で受けの丹田に引き寄せられ、受けは取りの手背に沿って陰の陽に巡る。取り受け交代して面前に陽の陽で結ぶ。

  • 正面打ち一教表:受けが丹田に陰の陰で結ぼうとするので取りは先に陽の陽から陽の陰に巡って受けの手首の屈側を上から握ると同時に外側に流して対側の足腰で受けの開いた腋に半歩入り身して結ぶ。同時に、対側の上肢を受けの上腕に陽の陰から陰の陽へ巡って、丹田へ結ぶ(舟漕ぎ運動)。両手で陰陽の巡りを使わなければ成り立たない。受けの腕の上にある両手を広義の陰で静止固定せず、開いた腋に半歩入り身しながら上腕にある方の魂氣を丹田に結ぶから、手首の方にある魂氣は外側に流している。
  • 交差取り一教裏:与えて交差取りされた初動は同側の足先で剣線を外す。手順で降氣の形として対側の魂氣を腰の後ろから返し突き近似で陽の陰。

 *返し突き近似での一歩外入り身・転換に三段階の間合いがある。陽の陰の魂氣が受けの正面打ちの上腕に当たる(一教裏)、面前で陰の陽へ巡る(小手返し)、項で同名側の側頸へ巡る(入り身投げ)。それぞれ入り身する足先の一歩の深さは、受けの前方の足もと、両足の間、後方の足寄りである。

 *一教裏で、受けの前方の足もとより深い位置に一歩入り身転換すると受けの開いた脇に取りの腰が結べない。転換とともに取りの腰は受けの脇を充たしていなければ魄氣の結びにならない。

 *交差取りに与えたときは先手(表)であり、降氣の形から陽の陽・同側の足先で相半身内入り身運動で一教表へ。

  • 掛かり稽古基本動作:突き、正面打ち、横面打ちに入り身、入り身転換
  • 掛かり稽古
  • 交差取り二教:片手で十分に(回外回内の限界から限界まで)陰陽の巡り
  • 坐技片手取り呼吸法・両手取り呼吸法連続五本

 

0 コメント

2012年

10月

24日

幸町道場稽古 氣結び無くして入り身・転換・回転は成らず

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技氣の巡り(正面打ち一教運動表)
  • 坐技正面打ち一教から四教表

 *陽の陽から陽の陰または陰の陰に巡って把持:手首に小指球を沿わせて陰の陰に巡って屈側は一教、手首に手首を合わせて矢筈の形に開いて陽の陰に巡って手背を見ながら二教、陰の陰に巡って指の腹側を受けの指の背側に沿わせて回内で差し出し・対側の手で手首を三教に取る、陰の陰に巡って手首を取り回内で真中に戻して差し出し・受けの上腕と前腕は三教の腕にして・対側の示指とその付け根を受けの撓骨に対して直角に当てて指を手前に引きながらつぼに嵌めると四教。

  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、片手取り外巡りから額に手背を結び対側の直突きを払わせて相半身外入り身転換
  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換呼吸投げ

 *取りの額の手は陰の陰で母指以外の指は地に向かっており、同側の膝と共に一気で母指先が地に結び、他の指で地を後方に掃く如く上肢を伸展させ肩を中心にして大きく後方へ回すと共に、すぐ膝を伸ばして足を立て直せば残心。

  • 片手取り外転換して陽の陽:取らせて鏡返し、取らせず陰の陽で丹田に取り返して小手返し、取らせず呼吸法表

 *呼吸法表は180度の入り身転換(裏)ではなく90度の転換であるが、上体を入り身運動で捻転して目付は180度転換する。側頸に陰の陽で結び魄氣と背が受けの魄氣と胸に結ぶ(漆膠の身)ことが要訣。坐技昇氣・入り身運動による呼吸法が基本。

  • 片手取り四方投げ表裏:片手取り降氣の形から回外しながら腋を開ける(降氣の形の回外でもなく丹田からの外巡りでもない)額に結ばず二教の手を面前に作る。受けの手は反屈となりその手首を四方投げの持ち方で把持して手背を額に着けて取り自身の魂氣と魄氣の結び。受けは後ろへ弓なりとなって取りの視野から後ろに退く。取りは安定して前方回転ができる。回転の瞬間は陰の魄氣、直後は正面打ち近似の陽の魄氣で上肢は受けの手を取ったまま受けの項まで伸展して密着させる。丹田に手を結んで残心となれば受けは取りの丹田を経て取りの後方に落ちる。裏は後方回転。

 *丹田に結ばず受けの項から一気で地に結ぶと受けは後ろ受け身(横受け身)が出来ず、仰向けで後頭を直接地に強打してしまう。取りの魄氣と結ぶことが受けを生かすことに成る。魄氣の結びが無ければ残心は成らず、残心無ければ合氣道の技は成らず、ただ受けが倒れるのみ。

 *「合氣道の特徴」の「10. 片手取り四方投げ表の基本」参照。

 

0 コメント

2012年

10月

21日

天神町道場稽古 前/後方回転の相対動作は単独動作に立ち返るべし

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、氣の巡り
  • 単独基本動作:剣を用いて自然体/左右自然体の構え、正面打ち・残心、入り身運動、入り身転換
  • 単独基本動作徒手:入り身運動(陰の陰、正面打ち、突き、下段受け流し)
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、体の変更
  • 坐技両手で氣の巡り:坐技正面打ち呼吸法

 *左右の巡りの度に正座に戻らず途切れない。地に結んだ受けの魂氣を直ぐに正面へ引き出して即座に結んで巡る。受けに氣の巡りの途絶(隙)を与えない。取りも氣の巡りが途絶えないようにする。

  • 立ち技正面打ち一教運動受け取り交代反復表裏

 *裏は後ろ回転。魂氣を膝に置く単独動作と比較して、陽の陰で受けの手刀を取りの腰に巡り結ぶとたちまち難しくなる。(後ろ)回転の仕組みに立ち返るべきである。合氣道の回転とは上体のぶれを無くしながら一回転する事であり、そのために軸を次々と両足で交替する。つまり、軸足を作っては対側の足を置き換えてそれを一瞬軸足として元の軸足を浮かして回転することで踏み替えてもう一度軸足に戻り、更に対側をその場で浮かして再度踏み替える。

 正面打ち裏で魂氣を腰に巡らせる間に、魄氣の回転軸の移り変わりの自覚が欠落すると、上体だけの回転と受けの手刀に繋がる魂氣にとらわれてしまう。後ろに小さく跳ね上げて対側の足下に降ろした足がすぐ一時的な軸足として重心を支えることを忘れ、両足を広げて踏ん張って立ち往生してしまう。小さく跳ね上げずに大股で後ろへ足を廻してしまうところに基本動作からの逸脱がある。合氣道の動作も静止もつねに片足が軸で対側は足先を置くだけ。何時どの方向へも進み退くことが出来るという特徴を忘れては行けない。股を広げて両足で立つことは魄を地に固着してしまい、常にもろく転げることにつながる。魄の保ちかたと立ち方を示唆された開祖のお言葉はこのことと無関係ではないと考えられる。動静一如とは、動作と静止が巡る中でその足腰の形と動きは一定しており、それぞれに異形の仕組みが在るわけではないということである。

  • 片手取り四方投げ表裏:表は前方回転の魄氣。そのためには充分な魂氣の動作が必要である。つまり、受けの手首を四方投げの持ち方ですぐ振りかぶって額に取りの手背を密着する(結ぶ)ことで受けの魄氣にまで結び(受けの体軸が捩れてなおも取りに寄りかかる)、初めて取りの前方回転が可能となる。前方の足を伸ばしたままの着地では再度軸足としての捻りが必要。膝を曲げて足先を戻して降ろせば即軸足の完成。

 *ピットフォールを後に記すと、四方投げの持ち方に無頓着であると手首をとっても魂氣が受けの上体に及ばず、更に自身の魂氣が額で魄氣に結べないで回ろうとすれば受けの体軸は揺らぐこと無く、取りの体が不規則に捻れ傾き相対動作が成り立たず技どころではなくなる。

  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形と外巡りを区別すること。前者は腋を閉めてから手首を回外して開き、後者は脇を開いてから閉めて手首を回内する。正反対の動作だけは曖昧にすることの無い様注意すべきである。

 *降氣の形から回外して陽の陰に開く時は受けの中心・顔面に向かう。

しかし、片手取り四方投げの際の取らせた手は降氣の形から回外と同時に脇を開くから二教の手となる。自身の面前で二教の手にすると、それを取っている受けの手は反屈となって取りの中心で面前に来るから、対側の手で四方投げの持ち方によって取り、取りの手背が額に着くから魂氣と魄氣が額で結び受けの魂氣も体軸とともに取りの中心に結んで取りに寄り添う。

 

0 コメント

2012年

10月

17日

幸町道場稽古 巡り無ければ結びなし結び無ければ残心なし残心なければ技に至らず

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、回転表、一教運動表裏
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更
  • 片手取り入り身転換呼吸法

 *魂氣の陰の巡りは魄氣の置き換え・踏み替えの先駆け。一側が陰に巡れば他側は陽へ。

  • 片手取り外巡り直突き相半身外入り身転換呼吸投げ:降氣の形から陰の陰で頰・額に結ぶ。母指を除いて指は地に向かう。同側の膝と共に地に結ぶ。体軸は前屈しない様に目付を維持する。
  • 相対基本動作:後ろ取り結び

 *正面打ちで受けの魂氣を引き出し・陰に巡って直ぐ降氣の形から陰の陰で頰・額に結ぶ。陽から陰の巡りは脱力。

  • 後ろ取り三教表:三教に取って上肢を受けの真中に向け進展して差し上げ同側の膝を着けて地に巡る。受けの手掌を膝の外側面に着けて振り子運動
  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形から回外では受けの手が反屈となっている。

 

0 コメント

2012年

10月

14日

天神町道場稽古 単独動作は相対の手順に生きる

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、両手で陰陽の巡り、入り身運動、転換運動、
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換・反復(魄氣は陰・足先の同側の魂氣は陽の陽・対側の手は陰の陽で丹田または腰の後ろ。陽の陽から陽の陰・陰の陽で丹田または腰の後ろに巡り同側の足を踏み替えて対側の手は丹田または腰から陽の陽で差し出す)、回転表裏、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法(降氣の形から陽の陽、外巡り・腋を閉めて陽の陽で入り身転換、入り身運動で昇氣・狭義の呼吸法、降氣の形から回外・陽の陰・陰の陽)
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動(両手で陰陽の巡り)表裏
  • 相対基本動作片手取り入り身転換:自然体から入り身運動で変則を下段で与えると対側は後ろに陰の陽・受けが取ろうとするときは陰の陽のまま丹田に呼気で巡り同側の足先は入り身転換・後ろの魂氣は腰から陽の陽で差し出す
  • 片手取り隅落とし裏:入り身転換・置き換え・外巡り入り身運動・陽の陰の魂氣で相半身外入り身運動
  • 相対基本動作:襟取り外転換横面打ち氣結び/相半身正面当て・内転換氣結び
  • 襟取り内転換膝を着いて丹田を下げ呼吸投げ:背筋を曲げると丹田が後退・氣結びが緩むと投げに至らない。
  • 相対基本動作:突き相半身下段受け流し
  • 突き相半身下段受け流し入り身投げ:前の足先で剣線を取りの内に外し同側上肢の降氣の形から回外・同側の足先を半歩相半身外入り身・陽の陰で受けの側頸から背に母指先方向へ・丹田に結んで送り足・残心。陽の陰の上肢の母指先まで受けの側頸から背に密着すること。
  • 相対基本動作後ろ取り結び:先に取らせた手は降氣の形で額に陰の陰で結ぶ。
  • 後ろ取り小手返し:後ろ取り結びから丹田に結んだ魂氣の同側の足を後方に置き換え踏み替えて入り身転換・魂氣は丹田から陽の陽で差し出すと受けの手は反屈となり・額の陰の陰の魂氣が下方を向く母指先で降氣・受けの母指球を経て丹田に陰の陽で結ぶと小手返しの手。
  • 諸手取り二教:中段で陽の陰にて取らせ内転換しつつ降氣の形から陽の陽・陰に巡って二教/外転換・回外とともに踏み替えて陰の陽に巡る。
  • 交差取り三教:下段に与えて同名側の手で取らせ外転換・降氣の形から陽の陽・対側の手で受けの内下方から三教で手首を取って陽で差し上げる。対側の手は陽の陽から面前で陽の陰に巡って受けの上腕を上から丹田へ結び正座すると三教の手は陽の陰となり振り子運動と共に対側の手を丹田から受けの手背に向かい陰の陽で取り替える・対側の胸部に受けの手背を着けて体軸を正中に戻すと三教。手背を鷲掴みにすると手掌が胸に密着しないので三教が弛む。
  • 坐技両手取り呼吸法:両手を降氣の形から変則を陽の陽・対側を回外から陽の陰・反復

 

0 コメント

2012年

10月

10日

幸町道場稽古 置いた足先を内股に踏み替えて軸足に

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で陰陽の巡り
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法(降氣の形から陽の陽、外巡り・腋を閉めて陽の陽で入り身転換、昇氣に入り身運動、降氣の形から回外・陽の陰)
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換
  • 片手取り呼吸法裏:取らせた魂氣は陰の陽で丹田に結んで入り身転換・昇氣で側頸へ・地に置いた対側の足先を内股で踏み替え軸足とし、その同側の魂氣は陰の陽で腰の後ろに・側頸からは陽の陽で同側の足先と共に入り身運動・送り足で脇を閉じると上肢は体側に密着して残心。受けは取りに沿って背側に落ちている。

 *後方回転でも内股で踏み替えて軸足を作る。前方回転では外股に踏み替えて軸足とする。

 *片手取り呼吸法の残心は、巡ってきた上肢は伸展のまま腋を閉じて送り足。狭義の陽と腰の後ろに対側の魂氣が陰の陽。

  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動(両手で陰陽の巡り)/陽の陽から陽の陰へ真中で巡って正面当て。
  • 相対基本動作:正面打ちに直突き入り身転換/横面打ち入り身転換/横面打ち転換
  • 相対基本動作:突き相打ちに逆半身横面打ち入り身転換
  • 相対基本動作:後ろ肩取りには入り身転換で同側の魂氣を上段に与え・抑えに来る受けの手刀を入り身転換反復にて陰の陰の魂氣で丹田に結ぶ。

 *入り身転換の反復は軸足を交互に作るため前方の足先から踏み替えて軸足を作る。

  • 相対基本動作:逆半身胸取りに後ろに置き換え相半身・同名側の手で払って陰の陽で丹田から外巡りの間に対側の魂氣で逆半身横面打ち入り身転換

 *払えなければ受けの手を陰の陽で被せて胸に挟み後ろの足を軸として後ろ回転二教に(演武のみ)。

 *後ろ両手取りでは、初動は交差取り降氣の形から額に結び入り身転換・対側は丹田に陰の陽で結び受けの両手を天地に結ぶ(演武のみ)。

  • 相対基本動作:交差取り/片手取り外転換して陽の陽(演武のみ)

 

 

0 コメント

2012年

10月

07日

天神町道場稽古 受けの陰の魂氣を制すること

  • 合氣体操:自主稽古
  • 禊:鳥舟(魄氣の陰陽)、天地の結び他
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で陰陽の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し)
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、回転表裏、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動(両手で陰陽の巡り)/陽の陽から陽の陰へ真中で巡って正面当て
  • 坐技正面打ち入り身投げ
  • 坐技正面打ち小手返し
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更
  • 相対基本動作:突き後手に逆半身横面打ち転換/相半身横面打ち転換・対側で逆半身横面打ち入り身転換
  • 突き後手逆半身横面打ち転換小手返し/相半身小手返し
  • 横面打ち後手四方投げ表/先手四方投げ裏

 *後手:受けの横面打ちを見て異名側の魂氣を降氣の形で額に巡り、対側の上肢を腰の後ろから振り込み突きで相半身となり、受けがそれを陰の魂氣から内に払って剣線を外すことで突きの魂氣は受けの上肢の下を通って陰の陽で受けの横面打ちの手首を受けて丹田から外巡りで四方投げの取り方。取りは自らの手背に額を追っ付けて剣の振りかぶり近似。同側の足を軸として前方回転の後正面打ち近似で受けの手首を突き出し受けの項に結ぶ。丹田に巡って残心。受けは取りの丹田を経て取りの内側に沿って後方の足の後ろに落ちる。

 *先手:受けの振りかぶりを見て異名側の魂氣を陰の陽から上段に与えて接触と同時に陽の陽に手を開き、相半身入り身運動・対側の魂氣で四方投げの持ち方から前方の足を後ろ回転の軸足とする。以下後手表に同じ。

  • 相対基本動作:両手取り

 *右/左自然体で陰の陽を下段に与えて受けが片手取りの瞬間、後ろの陰の陽を相半身で与え受けは陰の魂氣でそれも取る。始めに与えた魂氣は相対的に陰の陽で丹田に結んでいる。

  • 両手取り天地投げ:丹田の魂氣を陰の陽から外巡りで入り身運動すると再び陰の陰で丹田に結ぶ。対側の魂氣は相対的に陽の陽へと開きながら受けの胸部に接するから昇氣で受けの肩まで上がり、乗り越えて陽の陰に巡って相半身外入り身に足を小さく置き換えて丹田に結ぶ。受けは取りの後方の足に向かって螺旋に落ちる。
  • 坐技両手取り呼吸法
  • 昇段級審査

 *相対動作では取りが単独動作に徹して初めて受けの動作を普遍化させ得る。単独動作の形で終わるわけではない。受けに選択の自由を与えない動作へと導くものでなければならない。坐技正面打ち一教運動で、取りの陰陽の巡りによる受けの陰の魂氣の掣肘が一例。魂氣三要素で受けの一側の上肢と結んだ後、魄氣の要素(坐技入り身運動)が加わった両手の陽のピークが初めて受けの対側の魂氣を地に結ばせ魄氣(正座の軸)も滞る。単独基本動作(主として魄氣)と単独呼吸法(主として魂氣)。小学生の六級はまずこれを越えてもらう。

 *壱級の昇級審査ではすでに相対基本動作まで磨き抜かれていることがわかる。従って基本技が、引き込まれるように美しい。なぜか。結局単独動作(魂氣と魄氣の結び)、つまり手足腰目付の一致に帰結しそして残心で締めくくっているからである。単純でわかりやすいことが驚くほど胸を打つのである。

 *弐段と参段の審査では、基本技の応用と指導力が望まれる。ここで応用とは、技の形を多くの基本動作で複雑に構成することではない。受けの様々な動作に対する取りの初動として最適の基本動作を反応させるという意味である。そして、確実に相対動作を連係して残心まで完結させ、さらに反復や先手での制御も交えることができるという意味である。その要訣は魂氣も魄氣も速さのために陰陽が甘くならないこと。勝速日である。「合氣道の特徴」“…勝速日の私的解釈”を参照。

 

 

 

0 コメント

2012年

10月

03日

幸町道場稽古 還って行くのも巡り

  • 禊:魄氣の陰陽、特に陰を正しく形作ること。後ろを屈曲すれば前は伸展でき、足先を置くだけとなる。入り身・転換・回転は陰陽に懸かっている。
  • 単独呼吸法(坐技):降氣、回外、昇氣、一気、氣の巡り、入り身運動、転換運動
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(4本)、一教運動表裏、入り身転換
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動表裏(氣の巡り)/一教運動表から正面当て(小さく巡って)
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更

 *入り身転換から間を置かず陽の魂氣と同側の足を後ろに置き換え丹田の手は陰の陽から相対的に陽の陽となる。受けが前方に放たれると、再度陽の魂氣と同側の足を後方に置き換えると始めの半身と逆の自然体となり反復動作が可能。

  • 正面打ち先手入り身転換隅落とし:自然体から陰の陰の入り身運動で右/左自然体(半身)として陰の陽の上段で与えると受けは手刀で守り、接して陽の陽で開き巡ると同時に対側の魂氣で逆半身突き入り身転換、陰の陽で巡って下から受けの手を持ち替え、前方の足を後方に置き換えて軸足とし転換すると同時に始めに取らせた手で正面当て、受けに払われて受けの腋の下を陽の陰で相半身外入り身・開いた脇に連なる受けの手を小指球側から手背に取りの母指を当てて取っており、外巡りで入り身運動を行う。(その手背を取りの額に付けて入り身転換すると三教)

 *陽の陽でも受けに結べない(互いに手背で接する)時、対側の魂氣で入り身転換

 *横面打ち入り身転換なら上から取って小手返し

  • 相対基本動作:正面打ちに相打ち横面打ち入り身転換
  • 相対基本動作:突き相打ち横面打ち入り身転換
  • 片手取り外転換鏡返し:下段で与え外転換で目の高さにて陽の陽に開き対側の手で受けの手首を下から取ると同時に陽の陽から陽の陰に回外して(手掌を裏返しにする)受けの手を外し、杖返し突き近似で受けの手背を包む様にして丹田に結ぶ。
  • 後ろ両手取り結び
  • 交差取り降氣の形から相半身外入り身転換:母指先が側頸に向かい頬で陰の陰に巡って額に進める。このとき脇の開きに合わせて同側の足を半歩進めて軸足として転換

 *後ろ両手取りの際、一側の手は交差取り入り身転換で額に結び、対側は丹田に陰の陽で結ぶ。

 

 

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です