天神町道場稽古 前/後方回転の相対動作は単独動作に立ち返るべし

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、氣の巡り
  • 単独基本動作:剣を用いて自然体/左右自然体の構え、正面打ち・残心、入り身運動、入り身転換
  • 単独基本動作徒手:入り身運動(陰の陰、正面打ち、突き、下段受け流し)
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、体の変更
  • 坐技両手で氣の巡り:坐技正面打ち呼吸法

 *左右の巡りの度に正座に戻らず途切れない。地に結んだ受けの魂氣を直ぐに正面へ引き出して即座に結んで巡る。受けに氣の巡りの途絶(隙)を与えない。取りも氣の巡りが途絶えないようにする。

  • 立ち技正面打ち一教運動受け取り交代反復表裏

 *裏は後ろ回転。魂氣を膝に置く単独動作と比較して、陽の陰で受けの手刀を取りの腰に巡り結ぶとたちまち難しくなる。(後ろ)回転の仕組みに立ち返るべきである。合氣道の回転とは上体のぶれを無くしながら一回転する事であり、そのために軸を次々と両足で交替する。つまり、軸足を作っては対側の足を置き換えてそれを一瞬軸足として元の軸足を浮かして回転することで踏み替えてもう一度軸足に戻り、更に対側をその場で浮かして再度踏み替える。

 正面打ち裏で魂氣を腰に巡らせる間に、魄氣の回転軸の移り変わりの自覚が欠落すると、上体だけの回転と受けの手刀に繋がる魂氣にとらわれてしまう。後ろに小さく跳ね上げて対側の足下に降ろした足がすぐ一時的な軸足として重心を支えることを忘れ、両足を広げて踏ん張って立ち往生してしまう。小さく跳ね上げずに大股で後ろへ足を廻してしまうところに基本動作からの逸脱がある。合氣道の動作も静止もつねに片足が軸で対側は足先を置くだけ。何時どの方向へも進み退くことが出来るという特徴を忘れては行けない。股を広げて両足で立つことは魄を地に固着してしまい、常にもろく転げることにつながる。魄の保ちかたと立ち方を示唆された開祖のお言葉はこのことと無関係ではないと考えられる。動静一如とは、動作と静止が巡る中でその足腰の形と動きは一定しており、それぞれに異形の仕組みが在るわけではないということである。

  • 片手取り四方投げ表裏:表は前方回転の魄氣。そのためには充分な魂氣の動作が必要である。つまり、受けの手首を四方投げの持ち方ですぐ振りかぶって額に取りの手背を密着する(結ぶ)ことで受けの魄氣にまで結び(受けの体軸が捩れてなおも取りに寄りかかる)、初めて取りの前方回転が可能となる。前方の足を伸ばしたままの着地では再度軸足としての捻りが必要。膝を曲げて足先を戻して降ろせば即軸足の完成。

 *ピットフォールを後に記すと、四方投げの持ち方に無頓着であると手首をとっても魂氣が受けの上体に及ばず、更に自身の魂氣が額で魄氣に結べないで回ろうとすれば受けの体軸は揺らぐこと無く、取りの体が不規則に捻れ傾き相対動作が成り立たず技どころではなくなる。

  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形と外巡りを区別すること。前者は腋を閉めてから手首を回外して開き、後者は脇を開いてから閉めて手首を回内する。正反対の動作だけは曖昧にすることの無い様注意すべきである。

 *降氣の形から回外して陽の陰に開く時は受けの中心・顔面に向かう。

しかし、片手取り四方投げの際の取らせた手は降氣の形から回外と同時に脇を開くから二教の手となる。自身の面前で二教の手にすると、それを取っている受けの手は反屈となって取りの中心で面前に来るから、対側の手で四方投げの持ち方によって取り、取りの手背が額に着くから魂氣と魄氣が額で結び受けの魂氣も体軸とともに取りの中心に結んで取りに寄り添う。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です