天神町道場稽古 受けの陰の魂氣を制すること

  • 合氣体操:自主稽古
  • 禊:鳥舟(魄氣の陰陽)、天地の結び他
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で陰陽の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、降氣の形で受け流し)
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、回転表裏、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動(両手で陰陽の巡り)/陽の陽から陽の陰へ真中で巡って正面当て
  • 坐技正面打ち入り身投げ
  • 坐技正面打ち小手返し
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更
  • 相対基本動作:突き後手に逆半身横面打ち転換/相半身横面打ち転換・対側で逆半身横面打ち入り身転換
  • 突き後手逆半身横面打ち転換小手返し/相半身小手返し
  • 横面打ち後手四方投げ表/先手四方投げ裏

 *後手:受けの横面打ちを見て異名側の魂氣を降氣の形で額に巡り、対側の上肢を腰の後ろから振り込み突きで相半身となり、受けがそれを陰の魂氣から内に払って剣線を外すことで突きの魂氣は受けの上肢の下を通って陰の陽で受けの横面打ちの手首を受けて丹田から外巡りで四方投げの取り方。取りは自らの手背に額を追っ付けて剣の振りかぶり近似。同側の足を軸として前方回転の後正面打ち近似で受けの手首を突き出し受けの項に結ぶ。丹田に巡って残心。受けは取りの丹田を経て取りの内側に沿って後方の足の後ろに落ちる。

 *先手:受けの振りかぶりを見て異名側の魂氣を陰の陽から上段に与えて接触と同時に陽の陽に手を開き、相半身入り身運動・対側の魂氣で四方投げの持ち方から前方の足を後ろ回転の軸足とする。以下後手表に同じ。

  • 相対基本動作:両手取り

 *右/左自然体で陰の陽を下段に与えて受けが片手取りの瞬間、後ろの陰の陽を相半身で与え受けは陰の魂氣でそれも取る。始めに与えた魂氣は相対的に陰の陽で丹田に結んでいる。

  • 両手取り天地投げ:丹田の魂氣を陰の陽から外巡りで入り身運動すると再び陰の陰で丹田に結ぶ。対側の魂氣は相対的に陽の陽へと開きながら受けの胸部に接するから昇氣で受けの肩まで上がり、乗り越えて陽の陰に巡って相半身外入り身に足を小さく置き換えて丹田に結ぶ。受けは取りの後方の足に向かって螺旋に落ちる。
  • 坐技両手取り呼吸法
  • 昇段級審査

 *相対動作では取りが単独動作に徹して初めて受けの動作を普遍化させ得る。単独動作の形で終わるわけではない。受けに選択の自由を与えない動作へと導くものでなければならない。坐技正面打ち一教運動で、取りの陰陽の巡りによる受けの陰の魂氣の掣肘が一例。魂氣三要素で受けの一側の上肢と結んだ後、魄氣の要素(坐技入り身運動)が加わった両手の陽のピークが初めて受けの対側の魂氣を地に結ばせ魄氣(正座の軸)も滞る。単独基本動作(主として魄氣)と単独呼吸法(主として魂氣)。小学生の六級はまずこれを越えてもらう。

 *壱級の昇級審査ではすでに相対基本動作まで磨き抜かれていることがわかる。従って基本技が、引き込まれるように美しい。なぜか。結局単独動作(魂氣と魄氣の結び)、つまり手足腰目付の一致に帰結しそして残心で締めくくっているからである。単純でわかりやすいことが驚くほど胸を打つのである。

 *弐段と参段の審査では、基本技の応用と指導力が望まれる。ここで応用とは、技の形を多くの基本動作で複雑に構成することではない。受けの様々な動作に対する取りの初動として最適の基本動作を反応させるという意味である。そして、確実に相対動作を連係して残心まで完結させ、さらに反復や先手での制御も交えることができるという意味である。その要訣は魂氣も魄氣も速さのために陰陽が甘くならないこと。勝速日である。「合氣道の特徴」“…勝速日の私的解釈”を参照。

 

 

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です