*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」参照 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                                                                               「中心は虚空にある」に「23. 三位の体と残心」11/22                     「24.〝空の気を解脱して〟と〝真空の氣に結ぶ〟の間にある開祖の言葉と動作 」11/25                     「25. 入り身投げと呼吸法の相違点」11/28                     「26. 開祖の言葉から生まれる両手取り天地投げ」11/29                     「27. 手刀と剣を持つ手」 12/6 「おしらせ」に12月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2018/12/5

2018年

6月

27日

幸町道場稽古 左右ではなく内外で魄氣主動

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣の形から腋を開いて側頸からか丹田へ降氣、降氣の形から腋を閉じたまま母指先を前方へ向けて(回外)吸気で陽の陰にて発し、陰の陽で下丹田へ呼気で巡る。陰の陽(小手返しの手)で下丹田へ結んだまま呼気を続けて側頸へ昇氣、一気に昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(横面打ち、振込突き、下段受け流し、上段受け流し、一教運動表)、入り身転換内巡り/外巡り、前方/後方回転
  • 相対基本動作坐技片手取り呼吸法三本:①降氣の形から陽の陽で虚空に円を描く・手の反屈で巡り手掌を地に着ける②降氣の形から回外して陽の陰・呼気で陰の陽(小手返しの手)の手背を地に着ける③外巡りで肘を落として陰の陰から母指先を支点にして陽の陽で横面打ち入り身運動・小手返しの手で手背を下丹田に巡る
  • 相対基本動作坐技両手取り呼吸法三本:①右手が陽の陽なら左手は回外して母指先を受けに向けて陽の陰②一足を下丹田に陰の陽で結び呼気で入り身運動とともに昇氣・側頸に結び陽の陽で円を描いて体側に巡る③両手に受けが接した点で呼気により肘を落として体軸を前傾に振るが即座に吸気で前方に発する(鳥船イェイ・イェイに近似)
  • 相対基本動作突きに①内/②外転換を⑴横面打ち/⑵杖巡りで

 *①⑴振り降りて体の変更で下丹田にて陰の陽で(四方投げの持ち方)受けの小指球側を包む・後ろ回転で二教

 *①⑵上下から挟む、下は四方投げの持ち方で小指球側の手首を掬い・上は振り降りて母指球を包む・体の変更で下丹田に結び、入り身転換で上丹田に振りかぶる前/後方回転で正面打ち近似で突き出して下丹田に結ぶと残心、四方投げ

 *②⑴上下から挟む、下は受けの小指球側に接し、上は母指球側を陰の陽で包むと体の変更で下の手を腰仙部に回し、上の手は下丹田に結び後ろ回転で腰仙部の手で返し突き近似で受けの小指球を手背側から陽の陰で包む、小手返し裏。

 *②⑵下の手は受けの腋を下から陽の陽で差し上げ内入り身、陽の陰に巡って前方回転受け身近似で入り身運動・上体を直立してで陰の陰で下丹田に結ぶ残心、天秤投げ

  • 片手取り内入り身・後ろ回転で呼吸法:取り返さず四方投げ近似

 *対比:諸手取り降氣の形から回外して上丹田に振りかぶり鎬を作って、前方回転で下丹田に降氣・呼吸法

2018年

6月

24日

天神町道場稽古 軸足交代がなければ魂氣の巡りはかなわない

  • 剣素振り
  • 剣合わせ:下段受け流し突き(逆半身/相半身)、相半身正面打ち入り身、上段受け流し打ち
  • 組太刀1、
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前/後方回転

 

  • 二教裏から三教へ返し二本:二教を受ける手の魂氣において、同側の軸足との結びが破綻すれば体軸は魄氣からずれる。対側の足は非軸足となりきれず、したがって同側の魂氣は陽で巡ることは出来ない。体軸は宙に浮いて後、地に結ぶと二教固めが成立してしまう。二教の手側の軸足を対側に交代させることが肝要。つまり同時に対側の魂氣は陽の陰で受けの肘を返すことができる。
  • 後ろ片手取り襟閉めに三教表
  • 後ろ襟取りに上下に分けて杖巡り入り身転換・天地に両手で氣の巡りで二教表
  • 後ろ両手取りに天地に結び前方回転で呼吸法
  • 後ろ両肩取りに天で上段突き・地を膝に置き前方回転呼吸法
  • 後ろ両肩取りに天で降氣の形から肩の手を陰の陽で包み、地は矢筈で同側の手を下から包んで、天は陽の陰に返し、地は陽の陰で前に突き出す。十字投げ

2018年

6月

20日

幸町道場稽古 体の変更の陰は連続のつなぎ、陽は……

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣の形から腋を開いて側頸から下丹田へ降氣。降氣の形から腋を閉じたまま母指先を前方へ向けて(回外)吸気で陽の陰にて発し、陰の陽で下丹田へ呼気で巡る。陰の陽(小手返しの手)で下丹田へ結んだ後、呼気を続けて側頸へ昇氣、吸気で両手を拡げる。一気に昇氣。入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 合氣体操
  •  単独基本動作:入り身運動(横面打ち、振込突き、下段受け流し、上段受け流し、一教運動表)、一教運動裏、入り身転換内巡り/外巡り、前方/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更にて陰の魄氣で魂氣を下丹田に結ぶ・陽の魄氣で魂氣を陽の陽で差し出すと受けを一歩前方に導くこととなる。受けは取りの手を離して更に一歩後方へ置き換えて取りに向き直り半身を転換して連続動作へ
  • 片手取り隅落とし三本:片手取り入り身転換・体の変更で陰の魄氣のまま魂氣を下丹田に結ぶ・非軸足を受けの後ろ三角に置き換えて軸として、同側の魂氣は外巡りでその軸足に合わせて膝と同時に着地して隅落とし ②非軸足を剣線に沿わせて受けの後ろに置き換えて軸とし、同側の魂氣は外巡りから腰仙部に回し、対側の非軸足は受けの後ろ三角の剣線上に置き換え半身を転換する。取りは陰の魄氣で剣線に直角を成す。③非軸足をその場で前方回転の軸とし魂氣は外巡りで腰仙部に回し、対側の非軸足を前方回転近似で剣線上を受けの背側に向けて置き換え、同側の魂氣は陽の陰から陰の陰で母指先を丹田に巡り、入り身運動で剣線上にて残心
  • 正面打ち小手返し:上段に与えて逆半身外入り身転換・両手で氣の巡りにて陰の陽で受けの手首母指球側に置いた手を体の変更と同時に同側の足と同時に後方へ置き換え陽仙部に結び、対側の手は陽の陰から母指球側を包んで下丹田に結ぶ。同側の足は非軸足であり後方回転と同時に腰仙部の手で受けの小指球を手背側から包みあらためて下丹田に結ぶ。
  • 突き内転換四方投げ:突きに杖巡り内転換の魂氣で受けの拳を上下に挟み、下は四方投げの持ち方で手首と小指球の間を包み、上は母指球を包み、反復入り身転換に合わせて上丹田に振りかぶって手背を結ぶ。前方回転にて受けの項に正面打ち近似で魂氣を発する。下丹田に巡って残心。
  • 指導演武のみ:突きに杖巡り内転換の魂氣で受けの拳を上下に挟み、体の変更の陰の魄氣にて下丹田に結ぶや否や前方回転の軸足確立と共に振りかぶる。

2018年

6月

13日

幸町道場稽古 技を生むまでの相対基本動作の連なり

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:①吸気で両手を広げて魂氣を受け、呼気で降氣の形から腋を開いて側頸から下丹田へ降氣、②降氣の形から腋を閉じたまま母指先を前方へ向けて(回外)吸気で陽の陰にて発し、呼気で陰の陽に巡って下丹田へ結ぶ。③吸気の間は膝の上にて陽の陽で魂氣を受け、陰の陽(小手返しの手)で小指から下丹田へ結び呼気を続けて側頸へ魂氣を掬い上げて昇氣、吸気で手を広げて側頸から魂氣を発する、④一気に昇氣、⑤入り身運動、⑥振り子運動、⑦両手で天地の氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(横面打ち、振込突き、下段受け流し、上段受け流し、一教運動表)、一教運動裏、入り身転換内巡り/外巡り、前方/後方回転
  • 相対基本動作坐:①片手取り呼吸法二本、②交差取り呼吸法で二教裏/表、③両手取り呼吸法(①③動画
  • 二人取り入り身転換反復・二教
  • 相対動作で一教運動表:上段に与えて相半身内入り身は魂の比礼振りで受けの手刀に結び、送り足で半身を代えて対側の手を振込突きで逆半身内入り身
  • 正面打ち入り身投げ表:上段に与えてその場で軸足を作り相半身魂の比礼振りで受けの手刀に上丹田で結び、対側の手を返し突きで一歩逆半身入り身、送り足で半身を代えて井桁に進んで相半身の外入り身を手刀に結んだ手が陽の陽で受けの前頸部に密着し、陽の陰に巡って受けの側頸に貼り付き、残心と同時に陰の陰で下丹田に巡る(動画)。
  • 両手取り天地投げ:地は外巡りで逆半身外入り身、天は井桁に進み陽の陽で相半身外入り身・陽の陰に巡って入り身投げ表近似(動画)。

 *一教表、正面打ち入り身投げ表、天地投げ表はいずれも入り身で外転換して半身を転換した後、再び入り身で剣線(受けの真中)に戻る・残心。一教表は鳥船の陰の魄氣とし、非軸足から膝を着いて固め。

続きを読む

2018年

6月

10日

天神町道場稽古 短刀取りの四方投げの持ち方

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、水平に気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換・軸足側の魂氣が下丹田/腰仙部、前/後方回転
  • 諸手取り外転換呼吸投げ:陽の陰で諸手に取らせ、外転換で腋を閉じると陰の魄氣で上腕は取りの体軸を成し、呼気の間に掌は珠を包みながら畳んだ肘と手首により母指先が側頸を指す。母指先を回外して前方を指すと受けの同名側の手、上下に分けた天の方、の屈側に結ぶ。母指先を地に向け肘を伸ばして同側の膝とともに地に着けると、陰の魂氣は受けの体軸と一体で、取りの体軸内を降氣で地に落ちる(動画①)。
  • 相対基本動作二人取り外入り身転換反復:軸足側は降氣の形で腕を畳み母指先は側頸を指すだけで着けに行こうとはせず、腋を閉めたまま。対側の魂氣は陽の陽で前方に発し非軸足を作る。小さく吸って非軸足先を内股に踏み換えて軸として軸足交代で入り身転換。手は降氣の形に畳む(動画②)。
  • 二人取り呼吸投げ:①諸手取り左半身外入り身転換②入り身転換反復して右母指先を回外③右手を降氣で右膝を着き、左母指先を回外④左母指先を降氣で左膝を着く(動画③)。①を右半身で以下左右逆に繰り返す
  • 二人取り二教投げ:①諸手取り左半身外入り身転換②右手を降氣の形から回外して上丹田へ鎬の結びから前方回転③天の結びで受けの手首を上から包み、対側の陽の手は狭義の陰に巡って同名側の手首を上から掴み④両腕を左右水平に開き、左手を返し突き近似で入り身(残心)(動画④)。
  • 短刀取り①突きに外転換杖巡り・体の変更で陰の魄氣に下丹田で受けの手を上下に包み相半見外入り身転換で三教②突きに内転換杖巡り・体の変更で陰の魄氣に、受けの手を包む下の手は四方投げの持ち方、上の手は受けの母指球を包み振りかぶると刃先は受けの足を向き(動画⑤)、前方回転で上丹田の外で短刀を母指球側から取る(動画⑥)。降氣で同側の非軸足と手を地に下ろし固め、四方投げ(動画⑦)。
  • 坐技交差取り降氣の形から膝を開いて降氣で二教
  • 坐技片手取り外巡りと振込突きから陽の陰で矢筈に開いて手首を包み、入り身運動で膝を開いて陰の陽で地に結ぶ、対側の掌に包んで二教固め(動画⑧)。
  • 坐技正面打ち一教/四教

続きを読む

2018年

6月

06日

幸町道場稽古 魂の比礼振りから中丹田の大仏の手

  • 合氣体操
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、水平に気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換・軸足側の魂氣が下丹田/腰仙部、入り身転換反復、前/後方回転
  • 相対基本動作・振り子運動で坐技:①上段に与えて正面打ち一教表(動画①)。②受けの先手では、鎬の手が魂の比礼振りから両手で天地に氣の巡りとし、中丹田の大仏の手で静止して狭義の陰に巡って手首を取ると正面打ち一教裏(動画②)。受けの対側の手は地に着いて上体を支えるから動作が続き、技が生まれる理合(動画③)。
  • 相対基本動作:正面打ちに横面打ちで入り身転換
  • 後ろ肩取りに入り身転換で正面当て:受けが手刀で守って魂の比礼振りで一教表/受けが抑えに掛かり、陰の陰で巡り、鎬を作って取りの上丹田に結び、入り身転換反復。受けは一歩進み、取りは一歩後ろに置き換えて上丹田の魂氣は下丹田に巡る。反対に対側の手は振込突きで受けの頤を突き上げる動作から、対側の肩にある受けの手に被せる。ここで互いに相半身となっており、取りは体の変更で陰の魄氣の状態。つまり、下丹田に巡った手は同側の足とともに体軸から解かれ、手は外巡りから受けの腕の内側空間に母指先から陽の陰で入り、同側の非軸足は受けの後ろに入り身して二教裏。
  • 横面打ち/片手取り/半身半立ち片手取り四方投げ:横面打ちには相半身振込突きで払わせた手を四方投げの持ち方に、鎬で真下に降ろして陰の陰に巡り受けの手刀を取り返した対側の手で剣を持って振りかぶる(受けの手首を柄として)が、手背を上丹田に結ぶところが(剣と)徒手の違い。前方回転で受けの項に正面打ち近似で陽の魂氣・下丹田に巡って残心。受けは取りの前を四方投げで後方へ落ちる。
  • 片手取りには外転換で降氣の形から回外して陰の陰の魂氣で鎬を作り、受けの手が反屈したところを同名側の手で四方投げの持ち方から上丹田に振りかぶる……/半身半立ちでは四方投げの持ち方で振りかぶって上丹田に結び、受けと反対側への振り子運動で受けの顔を見上げると受けは取りの後ろに回らざるを得ず、取りは振り子で体軸を戻して反対側へ振り向き再度背側の顔を見上げると、受けは取りの前方まで回らざるを得ず、上丹田から下丹田へ降氣で受けは四方投げにて取りの前に落ちる。固め。

続きを読む

2018年

6月

03日

天神町道場稽古 陽の魄氣は巡りの分岐点

  • 短刀突きに杖巡り/横面打ちで内/外転換正面当て/体の変更で下丹田にて上下から挟んで包む
  • 短刀取り小手返し:外転換・体の変更・後ろ回転
  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り。
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り。
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、入り身転換、前/後方回転、
  • 諸手取り呼吸法/呼吸投げ
  • 交差取り呼吸法
  • 後ろ両手取り天地に結んで一教表
  • 後ろ両手取り天地に結んで後ろ回転反復で小手返し

  *初段審査(動画):言葉と思いと動作の三位一体にこそ性命の再確認がある。生きていることの愉しさや苦しさや、感謝を、呼吸と技の緩急の中に見出し、稽古の後に爽やかな気分を自覚出来ること。初段の自/他覚的要件。

続きを読む

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です