2017年

1月

25日

幸町道場稽古 降氣の形は秋猴の身

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、水平に気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作
  • 正面打ち一教

  以上、北村副指導員にて。

 

  • 片手取り入り身投げ二本

 ① 外転換・降氣の形で取りと受けの手で作る隙間に対側の手を両手で氣の巡りで受けの手首に結ぶと始めに与えた手は外巡りで陰の陰から陽の陰で返し突きを受けの側頸へ発して、同時に逆半身外入り身・井桁に進んで陰の陽でそ受けの側頸を包み漆膠の身で取りの側頸にも結び、入り身の足先に同側の手を陽の陽で合わせると陰に巡って取りの両手が合して母指先は受けの背部へ密着しつつ取りの下丹田へ結ぶと相半身外入り身投げ。魂氣の両手で氣の巡りを左右反復する。

 ② 降氣の形から回外して逆半身外入り身転換・反屈した受けの手首の下(空の氣)に同名側の魂氣を陽の陽で差し入れ掬い取って、始めに与えた手は降氣で母指先を地に降ろし、他指で後ろへ掃いて外巡りから陽の陰で受けの側頸を包み、反復入り身転換で受けの手首を取った手は受けの真中に返す。

の外転換では与えた手の下から受けの手首の上へ魂氣を上段に与えて陽の陽で氣結び、

②の入り身転換は与えた手の上から受けの手首の下へ陽の陽で掬い取り。

  • 横面打ちに入り身投げ:横面打ちに異名側の手で(魂氣を与えようとして受けの横面打ちで後手を引き)自身の上丹田に鎬を作り、対側の手を振込突きで相半身にて真中を取るが受けによって異名側の手で払われて動作が連なる。即ち鎬を降りる受けの手刀の上から外巡りで取りの外へ払い同側の足を軸として横面打ちで逆半身外入り身転換で受けの側頸を包む。反復入り身転換で入り身投げ。
  • 坐技交差取り四教:下段に与えて交差取りに降氣の形で(秋猴の身)一教運動(両手で氣の巡り)・大仏の手から陰の陽で受けの手首を包んで取りの真中に巡り対側の手で四教のつぼに示指球を嵌め、母指球を突出し、再び示指球を突出す。

0 コメント

2017年

1月

22日

天神町道場稽古 跪座の坐技と正座の坐技

  • 剣素振り:正面打ち入り身(陰の魄氣で残心、左右反復の場合は剣線を跨いで振りかぶって正立、陽で打って入り身・継ぎ足の反復)、正面打ちに上段返し相半身外入り身転換から後ろ回転正面打ち(後ろ両手取り天地の結びから後ろ回転呼吸法や小手返しに相当する)、横面打ち入り身転換・体の変更、
  • 剣合わせ:正面打ちに上段返し打ち、突きに下段返し横切り、突きに下段返し突き
  • 禊(天地の結び、鳥船:左・右・左半身、振り魂、氣の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り)
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前/後方回転

 *前方回転は非軸足を後ろから一回転置き換えるが、実際は270度非軸足先を廻し、そこで膝を折り曲げて軸足の下に着地すると360度になる。

 *後方回転は始めから膝を折り曲げて軸足の後ろに置き換えて一時的軸足とし、始めの軸足を225度その場で回転して軸足に戻る。

  • 単独基本動作:一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技正面打ち一教運動表裏:両手で氣の巡りに正座膝行を加える。大仏の手で終える。
  • 坐技正面打ち一教表裏:魂氣は正座した丹田に巡る。単独呼吸法坐技入り身運動+両手で氣の巡りであり、前に押して倒れ込まない。受けは取りの下丹田に取り込まれる。
  • 坐技正面打ち一教運動裏から三教裏
  • 正面打ち一教表
  • 突きに下段受け流し相半身外入り身投げ表
  • 突きに杖巡り外転換・逆半身外入り身井桁に進んで相半身外入り身投げ表
  • 突きに杖巡り外転換・逆半身内入り身で非軸足の同側の上肢を陽の陽で受けの前胸部表面を擦り上げて、陽の陰に巡って下丹田へ陰の陰で結ぶ、残心で天秤投げが成立。むしろ継ぎ足・残心でなければ魂氣は下丹田に結べない。
  • 後ろ両手取りに天地の結び、下丹田の方の結び(地)を同側の膝とともに地に着けると呼吸投げ。
  • 半身半立ち後ろ両肩取りに入り身運動で呼吸投げ
  • 半身半立ち襟取りに振込突き・横面打ち入り身運動で呼吸投げ

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

18日

幸町道場稽古 脛骨粗面を軸足として

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、体の変更陽/陰、前方/後方回転、
  • 相対基本動作坐技:襟取り横面打ち入り身運動から昇氣呼吸法
  • 坐技交差取り一教表/裏:表は振込突き/裏は返し突き
  • 坐技片手取り外巡り・陽の陰から陰の陽に巡って二教
  • 坐技交差取り降氣の形から陽の陽で発し陽の陰に巡って二教表

 *連続する坐技・膝行を膝関節腔に受け止めると鍛錬にはならない、脛骨粗面を軸とする。

  • 片手取り外転換外巡り隅落とし表:軸足を前の足に交代すると後ろの足は受けの後ろ三角へ入って膝を着いて同時に魂氣を地に結ぶ。

 *裏は入り身転換・体の変更を陰の魄氣で魂氣は下丹田に結んだまま。半身を転換して受けの後ろ三角へ入って下丹田の魂氣を真下の地に結ぶ。

  • 正面打ちに横面打ち入り身・井桁に進んで入り身投げ表/振りかぶりに合わせて振込突きの後手を後ろに巡って入り身転換・反復で入り身投げ裏/取り自身の上段に鎬を作って同側の足を軸として受けの背側に外して非軸足と対側の魂氣を返し突きで入り身転換入り身投げ裏
  • 片手取り四方投げ表裏
  • 坐技交差取り降氣の形から後ろ回転で二教裏
  • 坐技片手取り外巡り陽の陰で矢筈に開き入り身運動で手首を取りつつ陰の陽で下丹田に巡り受けの手背を取りの同名側の膝の上で包み二教で地に固める。

 *前半の坐技二教と終末のそれの違いを知る。片手/交差取り二教を自在に動作する。

0 コメント

2017年

1月

11日

幸町道場稽古 限界まで回転したうえで転換/入り身転換がある

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、体の変更を魄氣の陰/陽、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:坐技襟取り相半身振込突きで内入り身・内転換呼吸法:魂氣は横面打ち入り身運動
  • 坐技襟取り内入り身・後ろ回転二教裏/二教表
  • 諸手取り外転換・額に結んで前方回転呼吸法:呼吸とともに氣結びを為す。

 *額から対側の頸部に母指先が降りて下丹田まで更に降りる。上丹田に結んだ魂氣が体軸の回転に伴い結びが解けて宙に舞うと受けの諸手は取りの側頸体軸への結びも解ける。

  • 片手取り四方投げ:前方回転四方投げ表/後方回転四方投げ裏、固め。

 *一回転があって初めて270度の回転、180度の入り身転換、90度の転換が在る。

  • 坐技両手取り降氣の形から陽の陽/外巡り・肘を落として回内して四教に持ち替えて側頸から母指球を突出し・直ぐさま示指球を突出すと四教

 *母指球を回外して突出すだけでは手首が反屈して示指球へは魂氣の流れが屈折すると考える。直後に手首を一直線にして、受けのつぼに嵌まった示指球までを真直ぐに伸展する。

0 コメント

2017年

1月

09日

天神町道場稽古始め 大仏の手

  • 剣素振り入り身:正面打ち、入り身転換、八方切り、横面打ち、上段受け流し正面打ち、下段受け流し突き、前方回転正面打ち、後方回転正面打ち
  • 剣合わせ:正面打ちに入り身で正面打ち、上段返し打ち、入り身で切り上げて正面打ち、突きに下段返し突き、突きに下段返し入り身
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り、入り身運動+両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作坐技:下段に与えて両手取り呼吸法3本、中段に与えて両手取り呼吸法、両手取り四教で持ち替えて呼吸投げ
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて一教運動表/裏、表は膝を井桁で進み、裏は膝で外に剣線を外して軸とし、逆半身外入り身で直角に転換

 *大仏の手で終える。両手で氣の巡りが一方は陰の陽で下丹田に巡り、他方は陽の陰で上段から降りてくる高さで。

  • 坐技正面打ち三教裏:杖正面打ちで後方回転して上腕の手を下丹田に結ぶ。
  • 諸手取り外転換呼吸投げ
  • 諸手取り外転換・降氣で入り身転換・外巡り・入り身転換反復二教投げ
  • 交差取り外転換で陽の陽から陽の陰で非軸足と共に受けの背側体軸へ入り身投げ表。入り身転換反復は裏。
  • 正面打ち入り身投げ裏:入り身転換から後ろ回転して非軸足を受けの背側で体軸へ進める。
  • 後ろ両手取り小手返し:天地の結びから陰の魄氣で体の変更とし、入り身転換で受けの母指球を包んで再度陰の魄氣で体の変更のとき下丹田に魂氣を結んだまま後ろ回転で小指球を手背側から包む。

0 コメント

2017年

1月

04日

幸町道場稽古始め 母指先は一旦側頸に向かう降氣の形

  • 杖取り呼吸投げ
  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣回外、昇氣、一気、入り身運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換、体の変更・魄氣の陰/陽、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作・坐技片手取り呼吸法3本:

 ①降氣の形で母指先は一旦側頸に向かい、脇を閉めて手首を屈曲したまま母指先を内から外へ水平に回して受けの方へ向ける(回外する)と、受けの反屈した手首の屈側に取りの手背が密着し同時に受けの手は屈曲する。吸気で取りの魂氣を陽の陰で受けの真中に向かって開くと(接点から拳一つ分入って)魂氣の結びが成立。受けの対側の手が地に着いて上体を支えたら呼気で一気に小手返しの手として体側に巡り、手背を地に着けると受けは取りの外側後方に転じる。

 ②下段に与えた魂氣は母指先を外に巡って肘を落とすと、手掌を受けに見せて全手指は天を向く。母指外側は受けの手首に接しており、小指球を受けの前腕近位に接して手掌を取りに向ける(内巡り)と手背が受けの前腕に接して結ぶから陽の陽で受けの真中に伸展する。下丹田に巡って横面打ち入り身運動。受けは取りの腹側に俯せで落ちる

 ③降氣の形で母指先は一旦側頸に向かう。母指先の反りに合わせて外に向け、更に腋を閉めたまま母指先から外へ魂氣を発するごとく伸展して行く。受けの腕の上にある空間(真空の氣)に吸気で陽の陽の魂氣を発して上肢を伸展していく。受けは取りの外側に転じる。

  • 坐技両手取り呼吸法:①と③あるいは②と③を両手で行う。呼吸とともに氣結びを為す。
  • 坐技両手取り呼吸法:中段に手刀を作って両手首を取らせ、陽の陽から陽の陰に巡って受けの真中に発する。既に接点より手刀の分中に入っている。一方の母指先から反りに合わせて魂氣を更に発すると受けは対側方に転じる。
  • 坐技正面打ち一教、二教。三教
  • 片手取り外巡り・対側の振込突きを払わせて相半身外入り身転換で額に結んだ魂氣を降氣で地に結んで呼吸投げ/投げにならなければ地を掃いて対側の手に包んで二教。

 *額に結ぶ際、陰の陽で指先は地に向かう(後ろ両手取り天地の結びに一致)。内に巡っている母指先から地に降りる思いで真下に降ろすと同側の非軸足はその場で膝を折って同時に地に着く。魂氣は膝の外に接して腋は閉じる。

 *次の回転投げの様に一歩後ろに退いて体の変更を行うのではなく、その場で膝を折って地に着く。

  • 片手取り外巡り・対側の振込突きで払わせて相半身外入り身転換・外巡りから額に結んでおり、降氣で同側の非軸足を一歩退いて体の変更・新たな非軸足と同側の手を頂丹田に振りかぶり、受けの側頸に振り降ろしてこれを包み、取りの下丹田に結ぶと同時に、降氣の手を矢筈で開いてからすぼめて上にかざしていくと受けの手首を取って指し上げることになる。一歩退いていた足を一歩前に進めて陽の魄氣で前方に放つと、下丹田に結んだ受けの側頸を中心とし、差し上げた手首までを半径とする90度の回転で前方に投げ。
  • 諸手取り前方回転で呼吸法:外転換・降氣の形母指先は一旦側頸に向かう)で回外し、対側の非軸足を外股に軸足とするなら、額は沈み魂氣は鎬を作って額に結ぶ位置となる。前方回転して魂氣は対側の頸部に降りて更に降氣で下丹田に降りると、受けは二教で取りの前面に沿って落ちる。

 *降氣の形は上肢を畳んで(肘・手首・手指を屈曲して腋を閉じる)母指先を側頸に向ける。そこから母指先を前に向けて受けを指すように回す(回外と呼んでいる)とき、腋が緩まないように。弛緩屈曲は、屈曲した手首の先と母指先を下丹田(体軸)で支える。腋が空くと肩で腕をつり上げる形となって、所謂力の入る動作になる分母指先への集中がならない。緩んだ腋でもいいから、回外と同時に一層、しかし力まず、腋を閉める思いを描くのが良い。

 

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です