*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「17. 空の気を解脱する主語は?」5/5                「18. 合氣を動作するということ」5/11 「19. 外巡りと鎬の違い」5/15                「20. 鳥船の腰」5/21            「21. 〝微妙な変化〟」5/30                「22. 軸足交代して魂氣が上丹田に結んでこその入り身転換」5/31                「23. 導いて後矢筈に開いた手が受けの前腕屈側に嵌まる」6/15 「おしらせ」に6月・7月の稽古予定                            稽古の記録2010/8/15〜2019/6/23

幸町道場稽古始め 母指先は一旦側頸に向かう降氣の形

  • 杖取り呼吸投げ
  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣回外、昇氣、一気、入り身運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換、体の変更・魄氣の陰/陽、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作・坐技片手取り呼吸法3本:

 ①降氣の形で母指先は一旦側頸に向かい、脇を閉めて手首を屈曲したまま母指先を内から外へ水平に回して受けの方へ向ける(回外する)と、受けの反屈した手首の屈側に取りの手背が密着し同時に受けの手は屈曲する。吸気で取りの魂氣を陽の陰で受けの真中に向かって開くと(接点から拳一つ分入って)魂氣の結びが成立。受けの対側の手が地に着いて上体を支えたら呼気で一気に小手返しの手として体側に巡り、手背を地に着けると受けは取りの外側後方に転じる。

 ②下段に与えた魂氣は母指先を外に巡って肘を落とすと、手掌を受けに見せて全手指は天を向く。母指外側は受けの手首に接しており、小指球を受けの前腕近位に接して手掌を取りに向ける(内巡り)と手背が受けの前腕に接して結ぶから陽の陽で受けの真中に伸展する。下丹田に巡って横面打ち入り身運動。受けは取りの腹側に俯せで落ちる

 ③降氣の形で母指先は一旦側頸に向かう。母指先の反りに合わせて外に向け、更に腋を閉めたまま母指先から外へ魂氣を発するごとく伸展して行く。受けの腕の上にある空間(真空の氣)に吸気で陽の陽の魂氣を発して上肢を伸展していく。受けは取りの外側に転じる。

  • 坐技両手取り呼吸法:①と③あるいは②と③を両手で行う。呼吸とともに氣結びを為す。
  • 坐技両手取り呼吸法:中段に手刀を作って両手首を取らせ、陽の陽から陽の陰に巡って受けの真中に発する。既に接点より手刀の分中に入っている。一方の母指先から反りに合わせて魂氣を更に発すると受けは対側方に転じる。
  • 坐技正面打ち一教、二教。三教
  • 片手取り外巡り・対側の振込突きを払わせて相半身外入り身転換で額に結んだ魂氣を降氣で地に結んで呼吸投げ/投げにならなければ地を掃いて対側の手に包んで二教。

 *額に結ぶ際、陰の陽で指先は地に向かう(後ろ両手取り天地の結びに一致)。内に巡っている母指先から地に降りる思いで真下に降ろすと同側の非軸足はその場で膝を折って同時に地に着く。魂氣は膝の外に接して腋は閉じる。

 *次の回転投げの様に一歩後ろに退いて体の変更を行うのではなく、その場で膝を折って地に着く。

  • 片手取り外巡り・対側の振込突きで払わせて相半身外入り身転換・外巡りから額に結んでおり、降氣で同側の非軸足を一歩退いて体の変更・新たな非軸足と同側の手を頂丹田に振りかぶり、受けの側頸に振り降ろしてこれを包み、取りの下丹田に結ぶと同時に、降氣の手を矢筈で開いてからすぼめて上にかざしていくと受けの手首を取って指し上げることになる。一歩退いていた足を一歩前に進めて陽の魄氣で前方に放つと、下丹田に結んだ受けの側頸を中心とし、差し上げた手首までを半径とする90度の回転で前方に投げ。
  • 諸手取り前方回転で呼吸法:外転換・降氣の形母指先は一旦側頸に向かう)で回外し、対側の非軸足を外股に軸足とするなら、額は沈み魂氣は鎬を作って額に結ぶ位置となる。前方回転して魂氣は対側の頸部に降りて更に降氣で下丹田に降りると、受けは二教で取りの前面に沿って落ちる。

 *降氣の形は上肢を畳んで(肘・手首・手指を屈曲して腋を閉じる)母指先を側頸に向ける。そこから母指先を前に向けて受けを指すように回す(回外と呼んでいる)とき、腋が緩まないように。弛緩屈曲は、屈曲した手首の先と母指先を下丹田(体軸)で支える。腋が空くと肩で腕をつり上げる形となって、所謂力の入る動作になる分母指先への集中がならない。緩んだ腋でもいいから、回外と同時に一層、しかし力まず、腋を閉める思いを描くのが良い。

 

平成29年稽古始め
平成29年稽古始め

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です