2022年

2月

27日

日曜稽古の記録 杖先・杖尻・杖中を体軸が移っていく

  • 単独基本動作:剣の正勝吾勝、(剣素振り正面打ち、入り身転換、八方切り)、勝速日(合気の剣、松竹梅の剣) 
  • 禊、鳥船左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 入り身運動(陰の陰:二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで半身の交代・連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)、
  • 前方回転(前方半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)。
  • 杖投げ:

・相半身両手取りに:

前の手を開いて杖尻の退く瞬間受けの手に接して握り直して軸足側とし、逆半身に引き出して体の変更でその場入り身転換・体の変更・体の変更四方投げ裏

・相半身両手取りに:

半歩入り身で進めて杖の真中と受けの両手の間を把持して後ろ半回転・縦にして逆半身内入り身転換で水平に戻し縦に構えて四方投げ表

・相半身両手取りに:徒手相半身から交差取り上丹田に入り身転換近似で、真中の手で鎬を作って入り身転換、杖尻側の手を離し下丹田で杖中の手に持ち替えて体の変更・後ろ半回転で受けの両手間を取って小手返し

  • 坐技交差取り三教裏固め

2022年

2月

23日

水曜稽古の記録 静止から体捌きへの初動は正勝吾勝

  • 単独基本動作剣操法:剣の正勝吾勝、勝速日(剣素振り正面ち、入り身転換、八方切り、合気の剣、松竹梅の剣) 
  • 禊、鳥船左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作徒手:入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで半身の交代・連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)、前方回転(前方半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)。
  • 坐技交差取り呼吸法表裏/両手取り魂氣の巡りで四教/二教
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換から体の変更さらにその場入り身転換
  • 片手取り外巡り一教運動表の体捌きで隅落とし表、勝速日、残心の動作で技が生まれている

  *二つ運んで一足進む

  • 相半身杖取りの静止から動作するための初動
  • 杖尻側の手で同側の軸足交代に合わせて体軸を確立、軸足交代で剣線を受けの外へ外して受けの後ろ三角へ下段突きで入り身一足、角落とし
  • 互いに押し合ったまま取りは前の手の掌を開いて陽の魄気を陰に巡らせ(鳥船近似)受けの前の足が踏み詰めたなら杖を包み直して取りが後へ大きく半歩置き換えると同時に受けは一歩前進せざるを得ない。そこでは逆半身となる。その場後ろ回転・体の変更で四方投げ裏
  • 相半身で静止から受けの両手の間に前の手を、杖間に後ろの手を移して体の変更によって受けを相半身のまま導いて杖尻を地に逆半身内入り身転換で杖を水平に戻し、対側の杖尻で地を指し四方投げ表
  • 杖を両手で水平に持ち受けが相半身で杖先を握って後ろに回り、取りの前方への半歩送り足に受けは大きく一歩回り込み後ろから両手で杖先を取る瞬間、取りは前方の足を一歩後ろに送って杖先で地を指すさらに後方へ後ろ半回転で杖先を逆に立てて呼吸投げ
  • 坐技両手を手刀で中段に差し出し、受けが両手で押さえにかかるところを前傾で腋を閉じて底丹田に受け止めた瞬間体軸を直立に戻し、振り子運動で呼吸法

2022年

2月

20日

日曜稽古 杖を両手で半分ずつ持ち合う静止から動作を起こす

  • 禊:天の浮橋に立たされて(自然本体で)天地の気に気結びする/鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 相対基本動作坐技:正面打ち四教表/裏
  • 相対基本動作:合気の剣、突きに下段受け流し、松竹梅の剣
  • 片手取り外転換/入り身転換/体の変更呼吸法、片手取り後ろ半回転で体の変更・その場で入り身転換呼吸法
  • 横面打ち四方投げに:受けが手刀を陽の陽で維持し、相半身のうちに半歩踏み出して同じ半身で取りと同方向へ呼吸投げ/取りが一歩進めて逆半身の瞬間に呼吸法/取りの入り身転換で受けの手を持つ取りの手が上丹田に振りかぶるとき、受けは手刀側の足が軸となる入り身転換を強いられるが、体の変更で対側の足を一歩後ろに置き換え軸足を後方に交代し、魂の比礼振りとなる陽の陽の魂氣(元の手刀)を陰の陽で下丹田に置くと取りは自身の後三角に落ちる、四方投げへの返し。
  • 杖取り:両手取り相半身から魄氣の陽で後ろの足を内方に置き換えて軸足とし、杖尻を下丹田の後方へ置いて前方の足は剣線をわずかに跨いで送り足(正勝)とすることで、受けは逆半身へ前進する。それに合せて杖先を受けの腹側下方へ突き出すと呼吸投げ
  • 上記で、杖先を受けの腹側に向け杖尻とともに今や受けの背側に転換し、さらに杖尻側を後方へ一歩置き換えて体の変更から後ろ半回転(入り身転換・体の変更)・体の変更にて四方投げ。

 *形の変化を順次覚えるのではなく、軸足交代、歩む様に無理なく捌く。

  • 杖尻近くを両手で水平に持ち自然本体で受けにそれぞれの内側を両手で取らせ、一方の足を軽く外に置き換えて軸とし、杖を持つ手は上段に巡り対側を送り足で下段に向けて前方に突けば、受けの手は交差して天秤投げ/突かずに軸として体の変更で受けは両手の捩れを解く方向へと導かれる。その動きをさらに技の生まれる軸足交代・捌きへと導き(正勝吾勝)、左右の足腰が一つになるところで様々な技が生まれる(勝速日)。

2022年

2月

16日

水曜稽古から 入り身転換は密着 体の変更は体軸を離して導く

  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(三角法で連続入り身運動)、片手取り想定で入り身転換から体の変更で魄氣の陰・鳥船近似で魂氣と魄気の陽、片手取り/交差取り想定で後方半回転にて体の変更(交差取りでは一歩後ろに置き換えて体軸に与る魂氣を昇気で側頸へ)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする、鳥船左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 相対基本動作坐技:片手取り/交差取り/両手取り呼吸法、正面打ち一教運動表/裏
  • 相対基本動作:片手取り外転換/入り身転換/体の変更
  • 片手取りに外巡りで逆半身外入り身・半身の転換・井桁に進んで隅落とし表:杖先を相半身で取らせて杖巡りで杖先は下段を指して、三角法で進み隅落とし表/踏み詰めて後ろの足を一歩進めて外入り身転換・体の変更・外転換で杖巡り、隅落とし裏。
  • 正面打ち三教表:その場入り身転換で腋を閉じつつ魂氣の珠を包んで陰の陽から呼吸法
  • 片手取り外転換二教裏:小指球を包む手の腋が開く瞬間異名側の手で天に気の巡り、一教。
  • 横面打ちに相半身内入り身・内転換から同名側の手で四方投げの持ち方にして上丹田へ振りかぶり前方回転で四方投げ表:前方回転の非軸足より前に受けが魄氣の陽で魂氣は陽の陰に返して入り身一足、呼吸投げ/上丹田に結ぶ直前に受けが魄氣の陽で先に進めて、取りの四方投げの持ち方とした手背を異名側の手で包み、入り身転換で三教/取りが上丹田への振りかぶりとともに動作する入身転換( 前方回転)に合わせて受けが魂氣の陽の陽を維持して体の変更で体軸を取りの体軸から離すと四方投げで返す技が生まれる。

 *入り身転換は体軸を密着(互いの魄気の結び)、体の変更は魄気の結びを解いて軸足の交代で体軸が離れ、受けは回り込んで後手をひく。ここで、体の変更が、軸足側の手を陽の魂氣で水平に巡らすような動作であってはならない。合氣道の動作は正勝吾勝(ナンバ歩き)であるべきだから。

2022年

2月

13日

日曜稽古の記録 鳥船の右半身陰から陽の連続動作が生かされる

  • 単独基本動作:片手で剣を持ち正勝吾勝で剣素振り正面打ち、その場で入り身転換、八方切り、前方回転/後方回転、合気の剣(勝速日で入り身一足)、上段/下段受け流し、
  • 禊、鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法
  • 合気体操
  • 相対基本動作:合気の剣、松竹梅の剣、上段返し打ち連続
  • 相半身魄気の陽で両手杖取り:踏み詰める足を体軸とすれば杖尻を取る手と同側の足は非軸足側となるから、これを軽く半歩退いて軸足とし、杖尻の魂氣と結んで体軸を移動する。鳥船の魄氣の陰陽近似。

 *非軸足側を正勝、軸足側を吾勝と呼ぶ(『合気神髄』より)。

  • 吾勝で杖先を相半身片手取りに与え、杖先に正勝を滑らせて非軸足はそれに合わせてさらに軽く踏み詰めて杖尻を上丹田に巡って相半身内転換で陰の魄気に下丹田へ杖尻を結び、杖先と正勝を内転換で軸足移動して返し突き近似で受けの腋から項へ一教運動表/裏
  • 吾勝で杖先を相半身片手取りに与え、杖先に正勝を滑らせて非軸足はそれに合わせてさらに軽く踏み詰めて魄氣の陽・陰(鳥船近似)で受けを引き付けてすぐ相半身外入り身の直突き・隅落とし。
  • ‥‥魄氣の陽・陰(鳥船近似)で受けを引き付けて相半身外入り身で上段に突くと小手返し/上体は相半身内入り身で杖先は受けの側頸へ上尻は上丹田へ巡り、足先は後三角へ進めて入り身投げ
  • 諸手取り呼吸投げ、 
  • 正面打ち一教表に受けが入り身転換・体の変更で魂氣は畳んでから陽の陽へ発して一教運動表へ、取り受け交代の連続/体の変更から八双返しで入り身投げに返す
続きを読む

2022年

2月

11日

正勝吾勝と勝速日は動作である

取りの初動とは、上/下段に魂氣を与えるために一方の足腰を軸として地から魄氣を受け、同側の魂氣・手は腰仙部に置いて魄氣と氣結びする、つまり体軸を確立することである。開祖はこれを〝吾勝〟と呼んでいる。また、天地に氣結びする禊ぎに繋がる動作であり、〝禊は合気である〟と喝破された。

一方、非軸足は軽く半歩出して同側の手を下丹田に置く。この魂氣と魄氣は互いに結ぶのではなく、手は陰の魂氣であるが体軸に与らず下丹田から自在に上下左右へ働かすことが出来、足は非軸足として全周に置き換えて軸足へと交代させることが出来る。すなわち、開祖の〝正勝〟である。

 

 取りの誘いにたいして受けが体軸を放棄して先手で動作する場合、つまり取りが後手を引くときは、魂氣を発することができず、いずれの手も陰の魂氣で天地に開かざるを得ない。一方の手は丹田に結んで体軸に与らせるが、他方は体軸上に置きながら魄氣との結びはなく、いわゆる魂の比礼振りが起こっている。つまり非軸足先とともに自在に動かすことが可能である。

 体軸を放棄した受けが先手で動作するか、あるいは守りの動作を起こす瞬間はいずれも鳥船の陽の魄氣であり、宮本武蔵の〝踏み詰める足は待ちの足〟に相当する。詰まる所、受けの崩れにほかならない。したがって取りは躊躇せずに魄氣の転換・入り身転換・体の変更・八双返しを動作し、魂氣三要素(陰陽・巡り・結び)の手の働きを合わせて技を生み出すべきである。

                           

 開祖の〝左右一つに勝速日〟、武蔵の〝二つはこんで一足すすめ〟という教えはいずれも技の生まれる終末動作である。しかも心の持ちようで瞬時にそのまま正勝吾勝の姿に連なる。すなわち単に静止することではなく、動作への巡りが内包される姿であり、これは残心そのものと言って良いだろう。

                           2022/2/11

2022年

2月

09日

水曜稽古の記録 体の変更は正勝吾勝、魄氣の陽は踏み詰める足

  • 単独基本動作剣:正勝吾勝で剣素振り正面打ち、その場で入り身転換、八方切り、前方回転/後方回転、
  • 合気の剣: 勝速日で入り身一足、転換、上段/下段受け流し
  • 禊、鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法
  • 合気体操
  • 相対基本動作杖:相半身魄気の陽で両手杖取り:踏み詰める足を体軸とすれば杖尻を取る手と同側の足は非軸足となるから、これを軽く半歩退いて軸足とし、杖尻の魂氣と結んで体軸を移動する。
  • 杖先を相半身片手取りに与えて杖尻を体軸上で上り下りさせ、相半身外入り身転換で体軸側の腋に杖を挟み体操の手で三教、杖先を受けの腋に挿入して上腕伸側を抑えると裏の固め/一教運動表の足捌きで四方投げ
  • 正面打ち一教表:体捌きは入り身を三角法で進み、軸足交代で両手を天地に気結びすると、魄氣の陽から陰(取り船の体捌き)で受けの上腕は取りの臍下丹田に、対側の手掌は地に結ぶ。
  • 正面打ち一教に受けはその場で入り身転換によって体軸を確立し、体の変更で体軸移動(吾勝・陰の魄気)・外転換から魂氣は畳んでから陽の陽に返して一教運動表/体の変更に続く八双返しで入り身投げ
  • 正面打ち入り身投げ裏:後手を引いて上丹田に鎬を作り返し突き近似で逆半身外入り身転換・魂氣は陽の陰で受けの項を包むと同時に腕を畳んで取りの胸に着けると受けの背に取りが胸を密着する、その間に体の変更で受けが前に出て正対すると同時に受けの背側へ入り身一足、で入り身投げ裏。

 *受けが一歩進んで入り身転換・前方回転で四方投げ表へ返す/受けがその肩の手に同名側の手を被せ、体の変更に続くその場入り身転換(後ろ回転)で三教に返す。

2022年

2月

06日

日曜稽古の記録 体の変更は待ちの足ではなく正勝の足を作るため

  • 剣単独動作:正勝吾勝で剣素振り正面打ち、その場で入り身転換、八方切り、前方回転/後方回転勝速日で入り身一足から転換、八方切り、
  • 剣相対動作:合気の剣、下段受け流し、上段受け流し連続、松竹梅の剣
  • 禊、鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法
  • 合気体操
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法四本、正面打ち一教運動表裏
  • 正面打ち三教表:正勝吾勝で上段に与えて正面を守る受けの手刀に陽の陽で気結びしつつ相半身外入り身一足を軸足交代して井桁に進む逆半身内入り身に、両手で天地に魂気の結びで天を受けの異名側の上腕遠位端、地を陰の陽で受けの手首大仏の手。地の手は陰の陽で受けの手指先へと滑らせて陰の陰に巡らせるとともに、それを包んで反屈にして掲げると逆半身内入り身を陽の魄気で行い、受けの腋に異名側の肩を嵌めると異名側の手は下丹田で受けの小指球側を包み三教で体軸に固定して、対側の手は振り込み突きで受けの側頭を制し、前方に置き換えた足を軸足交代で体の変更とする。受けの上腕を同名側の矢筈で取りの膝下へ抑えた後、さらに体の変更で陽の魄気の腰仙部に回して、対側の手で膝の外側に受けの手掌を当てて三教固め。
  • 正面打ち三教表で手掌側に密着した手を受けが体の変更で下丹田に巡らせて陰の陽に返して一教運動表で三教表へ返す/三教に取った方の手を受けが一教運動表で下から四方投げの持ちかたで取り返し、下丹田から振りかぶって四方投げ表に返す。
  • 突きに入り身転換で取りの視野内側下方にある受けの手首を体の変更で下丹田に把持して結び、後ろ回転で小手返し裏。
  • 突きに体の変更で受けの手首を取り、体軸に結ばず腋が開いた瞬間受けが突きの手を二教の手に返しつつ一歩体の変更で二教表/裏。受けが突きの手を陽の陽に開いて狭義の陰に巡り、手を取り返すと四方投げ表に返る。
  • 交差取りに母指先を外へ発して前の非軸足を内股で軸足とへ踏み詰めて、母指先は天から下丹田へ円を描句と同時に内転換で受けの手首を四方投げの持ち方で包み、振りかぶって前方回転で四方投げ表。
  • 交差取り四方投げで、取りが受けの手首を取って振りかぶらず、下丹田から前方へ差し出した瞬間、受けは同じ半身で取りの腹側に位置したまま魂氣を陽の陰に返して継ぎ足で入り身一足は呼吸投げ
  • 取りが一歩踏み出してなおも振りかぶらずに両手を差し出したまま入り身転換を行い受けの上肢を四方投げへと畳む寸前に受けの母指先が側頸に巡って体軸を作り、その場の入り身転換で対軸を解脱して陽の陽で肘を開くと外入り身となり呼吸法裏

2022年

2月

02日

水曜稽古の記録 体の変更は後手から先手へ八双返し

  • 単独基本動作:正勝吾勝で剣素振り正面打ち、その場で入り身転換、八方切り、前方回転/後方回転、
  • 合気の剣: 勝速日で入り身一足から転換、上段/下段受け流し
  • 禊、鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 徒手で単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)、正勝吾勝で上段に与える動作から一教運動表、下段に与えて入り身転換・体の変更、下段に与え踏み詰めて後半回転で体の変更、
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法四本、両手取り呼吸法二本
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更/片手取りに踏み詰めて後ろ半回転で体の変更/真中を与えて突きに入り身転換/突きに横面打ち入り身転換
  • 突き小手返し裏:返しは受けが取りの体の変更に合わせて一歩進めて後ろ半回転で二教表/裏、同名側の手を下から受けて四方投げの持ち方で前方回転・四方投げ表、陽の陰で受けの項を包んで入り身投げ
  • 正面打ち入り身投げ裏:返しは後ろ半回転で取りの腋の下を後ろへ体の変更で側頸の取りの手を小指球側から包んで二教表裏

 *体の変更は後ろ回転の初動に近似:内股踏み詰めた軸足の対側の足を一歩後ろに置き換える動作、後ろ半回転

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です