正勝吾勝と勝速日は動作である

取りの初動とは、上/下段に魂氣を与えるために一方の足腰を軸として地から魄氣を受け、同側の魂氣・手は腰仙部に置いて魄氣と氣結びする、つまり体軸を確立することである。開祖はこれを〝吾勝〟と呼んでいる。また、天地に氣結びする禊ぎに繋がる動作であり、〝禊は合気である〟と喝破された。

一方、非軸足は軽く半歩出して同側の手を下丹田に置く。この魂氣と魄氣は互いに結ぶのではなく、手は陰の魂氣であるが体軸に与らず下丹田から自在に上下左右へ働かすことが出来、足は非軸足として全周に置き換えて軸足へと交代させることが出来る。すなわち、開祖の〝正勝〟である。

 

 取りの誘いにたいして受けが体軸を放棄して先手で動作する場合、つまり取りが後手を引くときは、魂氣を発することができず、いずれの手も陰の魂氣で天地に開かざるを得ない。一方の手は丹田に結んで体軸に与らせるが、他方は体軸上に置きながら魄氣との結びはなく、いわゆる魂の比礼振りが起こっている。つまり非軸足先とともに自在に動かすことが可能である。

 体軸を放棄した受けが先手で動作するか、あるいは守りの動作を起こす瞬間はいずれも鳥船の陽の魄氣であり、宮本武蔵の〝踏み詰める足は待ちの足〟に相当する。詰まる所、受けの崩れにほかならない。したがって取りは躊躇せずに魄氣の転換・入り身転換・体の変更・八双返しを動作し、魂氣三要素(陰陽・巡り・結び)の手の働きを合わせて技を生み出すべきである。

                           

 開祖の〝左右一つに勝速日〟、武蔵の〝二つはこんで一足すすめ〟という教えはいずれも技の生まれる終末動作である。しかも心の持ちようで瞬時にそのまま正勝吾勝の姿に連なる。すなわち単に静止することではなく、動作への巡りが内包される姿であり、これは残心そのものと言って良いだろう。

                           2022/2/11

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です