2017年

6月

28日

幸町道場稽古 直突き近似は側頸に擦り込んで巡る

  • 禊:天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動[陰の陰、振り込み突き、横面打ち(動画①)、下段受け流し表/裏。上段受け流し]、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して)、一教運動表、前/後方回転
  • 相対基本動作坐技呼吸法:上段に与えて一教運動表/正面打ち後手に一教運動裏
  • 相対基本動作坐技呼吸法:下段に与えて降氣の形から陽の陽/回外して陽の陰・呼気で小手返しの手を地に結ぶ。
  • 坐技両手取り呼吸法
  • 片手取り入り身転換・陰の魄氣で体の変更
  • 突きに横面打ち外転換・陰の魄氣で体の変更と共に魂の比礼降りで下丹田にて受けの母指球を包んで結び、後ろ回転により対側の手を受けの小指球側を手背側から包むと小手返し。
  • 正面打ち一教運動表/裏(動画②
  • 交差取り一教裏

 *表は振込突き、裏は返し突き。いずれも右手をば(の陰)に現し、左手は(の陽)に返して……である。突きの対側も陽で差し出すことは天地の巡りの動作に合わない。

  • 下段に与えて交差取りに受け流し、受けの外に非軸足を外し、与えた手を降氣の形から回外で母指先を受けの真中に向けて相半身外入り身で陽の陰に発する。対側の手は陰の陰で取りの真中に置く。二教投げ表で、受けの肘・上腕には異名側の手を真中から振込突き近似で前方に放つ。
  • 下段に与えて交差取りに受け流し、受けの外に非軸足を外し、与えた手を降氣の形から回外で母指先を受けの真中に向けて軸足交代し、返し突き逆半身外入り身で再び軸足交代にて相半身外入り身で回外から陽の陰に発すると入り身投げ表近似、二教投げとしては裏であり、受けの肘を外している。

 *突きに下段受け流しでは対側の手を腰仙部への結び(陰)に徹して、受けの同名側の手の母指先から陽の陰で真中を直突き近似。裏は逆半身外入り身投げ表(相半身外入り身で受けの真中を直突き近似。

 *直突き近似とは実際に真中を突くのではなくて受けの異名側の頸部に擦り込んでから取りの下丹田に巡る残心で受けの底を抜く。

続きを読む

2017年

6月

21日

幸町道場稽古 下段に与えた交差取りと正面打ちの違い

  • 禊:天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:上段で受けて降氣、回外、下段に受けて昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し(一教運動裏)
  • 単独基本動作:一教運動表、入り身転換(内巡/り外巡り)、前方/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更を陰の魄氣で
  • 片手取り昇氣呼吸法:①外転換・昇氣、②入り身転換・昇氣・反復入り身転換、に加えて、③体の変更を陰の魄氣で・昇氣・逆半身外入り身で陽の魂氣。

 *平成29年度奈良県合気道連盟講習会(6月18日)にて木村師範のご指導による片手取り体の変更から昇氣呼吸法(上記③)

  • 正面打ち一教表/裏
  • 交差取り一教表/裏

 *上段に与えて手刀で受けさせた一教表(動画①)と下段に与えた交差取りの一教表

 *上段に正面打ちを後手で受ける一教裏と下段に与えた交差取りの一教裏                                        これらの違いを知る。

  • 交差取り二教表(画像)(動画②)/裏、三教表/裏

 *交差取りは下段に与えて降氣の形で取りの側頸の高さに巡らせる。つまり中段で結びを為す。初動は剣線を全て受けの外へ外し、外転換・陰の魄氣で、畳んだ陰の魂氣の同側の足は非軸足。表は陽で受けの内に進めて(剣線を渡って)更に井桁で逆半身内入り身、裏は非軸足を踏んで軸足交代により、同側の畳んだ上肢とともに体軸を作って対側の手足が返し突きで逆半身外入り身。

 *軸足側の魂氣を陽で発して円を描こうとしても、空の氣を解脱せずに真空の氣には結ぶことができない。そもそも受けの手を手首に載せて陽の陰で尺側小指側から魂氣は発せられない。

続きを読む

2017年

6月

14日

幸町道場稽古 鎬は軸足側で体軸を作る

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して)、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作:一教運動表/裏

 *裏は後手で魂氣を上段に与えられず、陰でを作って同側の足で剣線を外し軸足を作る(動画①②

  • 片手取り外巡り・振込突きを払わせて相半身外入り身転換・与えた手でを作って上丹田に陰の陽で結ぶ天地の結び(画像)。降氣で後方へ巡って矢筈に開き、受けの手首を取って、対側は正面打ちから受けの側頸を包み、下丹田に結んで中心として受けの手首を天に差し上げ、前方に放って回転投げ。
  • 後ろ両手取り十字投げ:自然本体で同時に後ろから両手を取らせてはじめる。先ず軸足を定めて体軸を作る(魂氣と魄氣の結びを思い、腋を閉じるべく小さく置き換え踏み換え入り身転換に相当する)。同側の手は腰仙部に結び陰の魄氣で左/右自然体で非軸足側の手を降氣の形で畳んで行く(小指側から陰の陽で掌を包んだまま母指先は側頸を指すことで中丹田への結びを思う)。回外しつつ頬から上丹田へ巡って結ぶと取らせた受けの手とともにが作られ、受けの上肢は取りの上丹田へと伸展して結ぶから開いた受けの腋を詰めるように反復入り身転換とする。対側の手は相対的に腰仙部から下丹田へと巡る。ここに後ろ両手取りの天地の結びが成る(動画③

 *天は母指先が内側、他指が地を向き、地では下丹田で他側の手が陰の陽(小手返しの手)で結んでいる。天では受けの手の上に取りの手が位置するものの、そのままでは受けの手首を取り返せない。非軸足を後ろに小さく置き換えて軸足交代とともに体軸の後方への交代に合わせて取り返すことができる。対側の手は矢筈に開いて降氣の形に畳んで行くと側頸の高さで受けの手首が取りの掌に包まれる。そこで天地の手が交差して更にそれぞれ天地を入れ替えて両手を伸展して地の側の足を再び軸足とし、対側を非軸足として一歩踏み出す。同側の天の魂氣を前方に放つと十字投げ。

  • 坐技交差取りに降氣の形で上肢を畳むと同時に対側の膝を軸とする振り子運動で膝を閉じて、後ろ回転近似で目付けとともにその膝を再び後ろへ大きく開いて、魂氣は肘を開いて小手返しの手のまま地に結ぶと同側の膝内側に接して受けの手は二教となり、取りの対側の手は四方投げの持ち方で受けの同側手首を底丹田に結ぶと二教固め。受けの肘は取りの異名側の膝で固定される。つまり、両手両膝で受けの一足の手首を二教で固める。

 *取らせた手を側頸の高さから後ろへ振って地に伸展するのではなく真直ぐ下に肘を伸ばす。その分、同側の膝は大きく後ろへ開く。目付けで体軸を支えること。受けの手首を目で確かめる必要なし。取りの手が同側の膝に結べばその間で受けの手は二教と成る。

続きを読む

2017年

6月

11日

天神町道場稽古 振り子運動の膝は立ち技の軸足

  • 剣素振り入り身:正面打ち、横面打ち、正面打ち入り身転換反復、突き入り身(上段受け流し)、下段受け流し
  • 剣合わせ:正面打ちに上段受け流し、突きに下段受け流し二本、突きに内転換入り身、正面打ちに横面打ち入り身
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前方/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、片手取り入り身転換から体の変更・陽の魄氣(後ろに置き換え陰の魄氣から陽の魄氣と陽の魂氣で前に放つ)/陰の魄氣(斜め後ろに置き換え陰の魄氣と陰の魂氣で下丹田に結んだまま)
  • 交差取り外巡り外転換・後ろに置き換え昇氣・内股で踏み換えて軸足交代・入り身運動・陽の魂氣を体側に巡って残心で呼吸法
  • 交差取り内巡り外入り身転換・反復入り身転換で入り身投げ
  • 交差取り内巡り外転換・対側の手で受けの母指球を包み、与えた手は陽の陽から陰の陽に巡ると、受けの矢筈に開いた母指と示指の間を取りの手首屈側が受けの手背へ移り小手返し
  • 交差取りに取らさず下段受け流し入り身投げ表(画像):画像では諸手取りに取らせる陽の陰で差し出しているが、稽古では陰の陽で下段に与えて片手取りを予期したところ交差取りの相半身であったため、取らさず剣線を外して軸足を作ると同時に降氣の形で上肢を畳んで手首を回外し(単独呼吸法坐技降氣・回外)、逆半身外入り身・相半身外入り身投げ
  • 突きに横面打ち外転換・下丹田に巡る陰の陽の魂氣は受けの母指球に触れてこれを包むと反復入り身転換で降氣の形に畳んで陽の陽で小手返し
  • 突きに横面打ち内転換・下丹田に巡る陰の陽の魂氣は受けの小指球に触れてこれを包むと反復入り身転換で降氣の形に畳んで陽の陽の呼吸法で二教表
  • 突きに横面打ち外/内転換・体の変更で陰の魄氣・後ろ回転で小手返し/二教裏
  • 坐技正面打ち一教表/裏:振り子運動の膝(実際は脛骨粗面)は立ち技の軸足に相当して、対側の膝は非軸足。引きつけて両膝を閉じるが、軸足交代せず井桁に進んで振込突きは表。引きつけて両膝を閉じ、軸足交代に準じて軸を交代して返し突きは裏(動画)。
続きを読む

2017年

6月

07日

幸町道場稽古 上から四方投げの持ち方で二教も

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法3本(降氣の形から陽の陽/回外して陽の陰・陰の陽、外巡りから肘を落として陽の陽で横面打ち入り身運動)
  • 坐技両手取り呼吸投げ/振り子運動で呼吸法
  • 片手取り/交差取り入り身転換
  • 片手取り/交差取り入り身転換昇氣呼吸法(動画
  • 正面打ち一教表/裏
  • 横面打ちに相半身振込突き内入り身転換四方投げ表:下から四方投げの持ち方で振りかぶって、正面打ち近似で真直ぐ突き出した後、入り身運動で下丹田に巡る。
  • 横面打ちに相半身振込突き内入り身転換・後方回転で二教裏/内転換で二教表:上から四方投げの持ち方で前腕を降氣の形に畳み腋が閉じれば二教。

 *受けの同名側の手を上から取って軸足を作り、そこに体軸を載せて、二教に取った手を伸ばして陽の陽へ回そうとしても、体軸は破綻する。難場歩きが忘れられている。軸足側の手は陰の陽で下丹田に結んだまま後ろ回転の軸足交代で非軸足となったときに丹田の回転に伴って陽の陽で二教に固める。

 *技をかけるのではなく基本動作をやり遂げる、合氣を思い動作する、軸足交代と体軸の移動に魂氣の巡りが残心という正立をもたらす。つまり、技が生まれる 。

続きを読む

2017年

6月

04日

天神町道場稽古 軸足は膝を発条として体軸を魄氣で地に結ぶ

  • 剣素振り:正面打ちで入り身、正面打ちで入り身転換・反復、突き、横面打ち、上段受け流し、下段受け流し
  • 剣素振り回転:前/後方回転で抜刀・正面打ち
  • 剣合わせ:正面打ちに上段受け流し、突きに下段受け流し二本、突きに内転換入り身
  • 禊(天地の結び、鳥船左・右・左、振り魂、気の巡り)

 *鳥船で、軸足は膝を発条として体軸を魄氣で地に結ぶ(画像①)。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動を下段受け流し逆半身入り身、一教運動表/裏
  • 剣合わせ突きに下段受け流し相半身外入り身に準じて:突きに下段受け流し・逆半身外入り身・井桁に進んで相半身外入り身投げ。
  • 剣合わせ突きに内転換外入り身を徒手に振り替えて:片手取り外転換・昇氣・入り身の残心で呼吸法表画像②、動画
  • 下段に与えて取らせず呼吸法表。
  • 下段に与えて外巡り・相半身振込突きを払わせて、取らせた手を上丹田に陰の陰で結び外入り身転換・降氣で同側の非軸足とともに地に結び呼吸投げ。
  • 下段に与えて外巡り・相半身振込突きを払わせて、取らせた手を上丹田に陰の陰で結び外入り身転換・降氣で同側の非軸足を後ろに置き換えて軸足交代とともに矢筈で受けの手を取り返して同時に対側の手を頂丹田に振りかぶって(両手を天地に分ける)更に陰陽・天地に分けて一歩踏み出して同側の手を前方に放つと、回転投げ。
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り/坐技正面打ち一教運動裏
  • 正面打ち一教表裏

 *一教裏で、鎬を作って同側の足で剣線を外して軸を作ったなら、上丹田に結んだ陰の魂氣は、対側の手で返し突きから外入り身転換することで相対的に陰の陽となる(大仏の手)。このときの陽の魂氣は、対側の返し突きに現すべきである。魂氣の広義の陰陽は、軸足の確立に預かる鎬の手と、同時に踏み出して発する非軸足に伴う返し突きの手の厳密な分かれを機能させるものである。

続きを読む

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です