2015年

5月

27日

幸町道場稽古 一教は両手で氣の巡り・陽の陰の手に目付けを

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 坐技両手取り呼吸法:呼気で降氣の形から吸気で右手が陽なら左手は回外して吸気で陽の陰。
  • 坐技両手取り呼吸法:呼気で右手が降氣の形から陰の陽なら左手は丹田で陰の陽から昇氣で入り身運動にて側頸に結び・吸気で陽の陽。
  • 坐技両手取り呼吸法で二教:呼気で両手を外巡り・吸気で陽の陰にて母指の反りに合わせて母指先を受けの手首の上から内側で地に向け丹田に巡り・呼気で陰の陽にて丹田へ巡る。
  • 片手取り外転換で降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡って受けの手首を取り返して丹田に巡らせ・対側の手で四方投げの持ち方にて額に振りかぶり・前方の足を外股に踏み替えて軸とし、前方回転・正面打ちで受けの項に結び・丹田に巡って四方投げ表。
  • 片手取り外転換で降氣の形から回外して脇を開くと二教の手(陰の陽から陰の陰=弛緩屈曲)・受けの手を振り切らずに(緊張屈曲では離れる)対側の手で四方投げの持ち方にて額に振りかぶって手背を結ぶ・同側足先を外股に踏み替えて軸とし、前方回転・正面打ちで受けの項に結び・丹田に巡って四方投げ表(画像①、a,b)。
  • 上段に与えて一教運動表。
  • 正面打ち一教裏:両手で氣の巡り・陽の陰の手に目付けを。
  • 正面打ちに同時に横面打ち入り身転換・受けの側頸に振り降りて陰の陽で包み反復転換して入り身投げ裏。
  • 正面打ちに同時に横面打ち入り身転換・受けの手首に振り降りて陰の陽で母指球を包み・陰の魄氣で体の変更とともに丹田で小手返しに取り後ろの軸足で後ろ回転により対側の手を受けの手背にかぶせると小手返し。

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

24日

天神町道場稽古 外巡り/杖巡りは狭義の陰で額に手背を結ぶ

  • 剣素振り:正面打ち、突き、横面打ち、横面打ち入り身転換・突きで体の変更、上段受け流し正面打ち、上段受け流し入り身転換正面打ち反復、抜刀・前/後方回転正面打ち
  • 組太刀3
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作:上段に与えて接点で陽の陽・一教運動表
  • 上段に与えて一教運動表・受けの脇の下で振込突き・相半身内入り身転換で陽の陽の魂氣を陽の陰に巡って受けの手首を取り、手の甲が額に着く。同側の膝とともに降氣で地に着ける、呼吸投げ。

 *膝は直下の地に着ける。足を後ろに送って膝が着くと取りの体軸は前屈し丹田は後退する。受けとの間で魄氣の結びが解けると呼吸投げにならない。両者の手、取りの膝・腰と体軸の一致で地に結ぶと、受けは取りの体側に接して軸足を取り込まれ、前廻り受け身の姿勢になる。

  • 片手取り外転換・陽の陽で発して結び、対側の手を陽の陰で矢筈に開いて受けの手首を下から掴み・取らせた手は脇を開いて陰に巡って(手掌を返して手背を見る)外し、杖返し突き近似で受けの手背にかぶせて転換反復で鏡返し。
  • 下段に与えて交差取りなら(陰から陽へ巡らず)受けの手の下で陽の陽に発して・対側の手は受けの脇の下へ直突きで逆半身外入り身転換し、取らせた受けの手は反屈となって隙間のできた小指球側を包んで体の変更(前の足を斜め後ろに置き換え外転換)で丹田に巡り、さらに外巡りで受けの脇を開き対側の手は直突き・受けが払い、小指球を包んだ手の甲を額に着けて脇の下へ相半身外入り身転換で三教。同側の膝とともに地に結んで固め。
  • 突きに剣線を外して下がり・逆半身の杖巡りで額の手は降氣で受けの手首に降りてこれを取り、受けの脇を通した対側の手は陽の陽で受けの前胸部を擦り上がり・同側の足先も逆半身内入り身で魂氣を陽の陰に巡って膝と共に地に結ぶ、呼吸投げ。

 *内入り身・送り足で受けの体に接すること。入り身・漆膠の身の実行。

  • 突きに剣線を外して下がり・相半身の杖巡りの場合、額の手は降氣で受けの手首に降りてこれを取り、丹田に巡って対側の手を陽の陽から受けの手の下に陰の陽で巡り四方投げの持ち方で同側の足とともに外へ巡って軸足とし、額に(陽の陰で巡っている)取りの手背を結んで前方回転で四方投げ表。

 *丹田にて受けの手首を取りの左/右の手に持ち代え、先の手は外巡りで直突きを前方回転へ。

0 コメント

2015年

5月

20日

幸町道場稽古 降氣に合わせて対側の振りかぶりは体軸を保つ

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 坐技上段に与えて両手で氣の巡り:一教/二教/三教表
  • 坐技正面打ち一教/二教/三教裏
  • 片手取り外巡り外入り身転換呼吸投げ
  • 片手取り外巡り外入り身転換呼吸法/回転投げ(画像

 *陰の陰で額に結んだ魂氣を陰の陽で側頸に巡らすとともに同側の足を前から後ろに置き換えると受けの魂氣と魄氣に結び、踏み替えて陽の陽で魂氣を発して呼吸法。

 *額に結んだ魂氣の降氣に合わせて対側の手を振りかぶると、取りの体軸と目付けは保たれ受けの側頸に陰の陽で振り下ろして丹田に結ぶ。降氣の手は矢筈に開いて差し上げると、取りの丹田にある受けの側頸を中心として、取り返した手首までを半径として前方へ放つと回転投げ。

  • 突きに相打ち横面打ち入り身転換小手返し
  • 横面打ちに後手で相半身振込突き内入り身内転換四方投げ表
  • 横面打ちに相打ちで外転換後ろ回転四方投げ裏

 *体の変更=入り身転換+前の足を後方へ置き換える このとき陽の魄氣とするか、陰の魄氣とするか。以下の①②③を比較する。

  ①片手取り体の変更で、入り身転換に続き前の足を後ろに置き換え陽の魄氣の半身で(受けに取らせた)魂氣も陽の陽で差し出すと、取りの手を掴んでいる受けは取りの丹田から前方に放たれる。

 ②片手取り体の変更で、入り身転換に続き前の足を後ろに置き換え陰の魄氣で(受けに取らせた)魂氣を丹田に結んだまま、前の足を逆半身外入り身・相半身外入り身(一教運動表の動作)と進めたなら隅落とし裏。

 (表は、与えた手を外巡り・対側の手で直突きして逆半身外入り身・送り足の先を相半身外入り身に進めて受けの後ろ三角で残心とすれば、受けに与えて結んだ魂氣は取りの腰の後ろに結ぶ)

 ③突きに、横面打ち入り身転換に続き前の足を後ろに置き換え陰の魄氣で(受けの母指球を包んだ)魂氣を丹田に結んだまま、後ろの軸足を後ろ回転の軸足とすれば小手返し。

 

 *体の変更で陽の魄氣と陰の魄氣では基本動作として根本的に違う訳であるから、以後の展開は異なる。前者は受けを前に解き放つ。後者は隅落とし裏や小手返しに連なる。

 結論:陽の魄氣でありながら半身ではなく正対して、魂氣を陽で差し出しなおかつ受けを静止させるという、片手取り体の変更の術理と意義については熟慮されるべきである。

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

17日

天神町道場稽古 肘を落としても脇は閉じない

  • 杖直突き・杖巡り・上段返し打ち・下段払い
  • 杖合わせ
  • 組杖1
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技呼吸法:陰の陽で与えて両手取り・呼気で肘を落として手首を伸展し陰の陰・吸気で陽の陰、即ち脇を開いて上肢を受けに向かって一直線に指先まで伸展する。

 *肘を落としても脇は前後に開いたまま、つまり体軸は前傾をとる。左右には閉める、つまり肘を外に張らない(画像①)。

  • 坐技両手取り降氣の形・目付けを左に向けて右側頸を開けて母指先が側頸に向かいそこから陰の陰で回外・左手は陰の陽で母指先は外を向く・目付けはその母指先方向に向いている。吸気で左手を陽の陽、右手を陽の陰に発する(画像②)。

 *体軸は直立で目付けは側頸を開くために外へ向けると両方の母指先の反りの方向に合って、両手で氣の巡りによって受けはその方向に導かれ受けの正面は開ける。

  • 坐技両手取り右手が陰の陽で降氣の形なら、左手は外巡りで陰の陰・肘を落として母指の付け根を受けの手首に接して支点とし、陽の陰で結びさらに回内して陽の陽で手背が結び入り身運動で横面打ち入り身近似
  • 交差取りから降氣の形で額に巡り入り身転換にて後ろ両手取り地の魂氣は丹田で陰の陽・同側の膝とともにその手を小手返しの手で地に結び呼吸投げ
  • 片手取り外巡りで額に陰の陰で結び・対側の手で振込突きを払わせて相半身外入り身転換・額から母指先が地に結ぶ。地に結ぶ側の手足腰を前方にして半身とする。呼吸投げ。

 *同側の膝と同時に母指先が地に結ばなければ体軸が大きく前屈し目付けは地に向く。その上で膝が後ろに後退して着くと丹田も後退し、手足腰体軸目付けの一致が充たされない。さらに受けの体軸に接した取りの体軸が後ろに離れて、魄氣の結びが解ける。

  • 片手取り外入り身転換昇氣で反復転換陽の陽で呼吸法裏:反復転換は内股で軸足を作って対側の足先を陽の陽の魂氣の母指先方向に合わせて置く、踏まない。母指先が陽の陽で発せられ陰に巡ると同時に、同側の足先を初めて踏んで軸足の交代とすれば、同側の脇は閉じて魂氣が体側に結び、反対側の足が後ろから送り足で残心。
  • 交差取り外入り身転換昇氣で置き換え踏み換えて陽の陽で呼吸法
  • 突きに下段受け流し相半身外入り身投げ:開く側頸と反対方向に目付けが向かい、回外して母指先から陽の陰で発するが、受けの正面に当てないで異名側の側頸を通すよう稽古上の配慮の要あり。

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

13日

幸町道場稽古 一教運動の目付けを陽の陰の魂氣に合わせる

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 片手取り入り身転換
  • 交差取り入り身転換
  • 諸手取り後ろ回転反復・降氣の形で陽の陽から陽の陰に巡って入り身投げ裏/小手返しの手で手背を地に結んで呼吸投げ/地に結んで投げにならないときそのまま地を掃いて一教固め

 *後ろ回転反復の最終の踏み替えを、足先の置くところまで確実に動作出来るよう稽古する。そのために目付けを失わないよう。後ろ回転の後半で、置き換えの足の畳みかたが弛み、半径が大きくなると、受けを見てしまう。その目付けの反対方向に両足を踏ん張って腕で回そうとすれば、軸足を失って体軸が受けから離れ、魄氣の結びが解ける。

  • 片手取り外転換昇氣で呼吸法表
  • 諸手取り外転換呼吸法:降氣の形から・脇を開いて側頸に結び陽の陽で入り身/呼吸投げ:回外して膝を着きながら地に結ぶ
  • 諸手取り降氣の形から回外して降氣・丹田に留まらず外巡りで外転換を反復・陽の陰から二教:後半の転換でも陽の陰で母指先が地を向いたまま受けの手首の上から陰の陽で丹田に結ぶ。
  • 上段に与えて一教運動表
  • 正面打ち一教運動裏

 *一教運動はいずれも両手で氣の巡り。その陽の陰の魂氣に目付けを合わせて逆反身内入り身(表)または逆半身外入り身転換(裏)。初動の接触は陰の陰から陽の陽で結ぶ。初動の軸足は剣線上で受けに対して内へ足一つ分入って踏む(表)/外へ足一つ分出て足先は受けの中心に向いて踏む。

 *両手で氣の巡りは、広義の陽で魂氣の及ぶところを、右手が狭義の陽なら左手は狭義の陰で巡る。左右が広義の陽から陰に巡る限界では両手が並ぶ。この瞬間は陽の陰から陰の陰に巡る側に目付けを向け、同側の足先を逆半身内入り身(表)/逆半身外入り身で同時に進めることが肝要、両手・足・腰・目付けの一致をここで作る。

  • 突き下段受け流し:降氣の形で回外から陽の陰で入り身/降氣の形から陽の陽で入り身

 *剣合わせに近似

0 コメント

2015年

5月

10日

天神町道場稽古 外巡りで肘を落とすと受けの手は二教の手に

  • 杖直突き・杖巡り・上段返し突き・杖巡り・上段返し正面打ち・転換後ろ突き
  • 組杖3
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 上段に与えて正面打ち入り身投げ表:両手で氣の巡り・逆半身外入り身・送り足は一教運動表で受けの後ろの軸足に向けて相半身外入り身・同側の手は陽の陽で受けの前胸部を擦り上げて頤下に当たり、陽の陰に巡って取りの両手が受けの側頸で重なって送り足・残心とともに丹田へ結ぶ(画像①a,b,c,d)。

 *上段に与えた手を受けが手刀で守り、接した瞬間陽の陽で結ぶ。同側の足先は拳一つ分だけ進めて軸とし、魄氣は逆半身外入り身に続き一教運動表で相半身外入り身。

  • 両手取り天地投げ:相半身両手取りから逆半身外入り身に魂氣は外巡りで地とし、対側は陽の陽で受けの前胸部を擦り上げて頤下に当たり天とする。同時に同側の足先を受けの後ろの軸足に向けて相半身外入り身・送り足で残心と共に陽の陰に巡り丹田へ陰の陰で巡って結ぶ。
  • 上段に与えて両手で氣の巡り=正面打ち一教表
  • 交差取り一教表/裏:外転換に降氣の形から陽の陽で一教運動、裏。表は相半身入り身から一教運動で両手の氣の巡り。
  • 片手取り外転換外巡り・肘を落として手首を伸展し、回内して陽の陽で横面打ち入り身転換・直下に結んで呼吸投げ(画像②
  • 片手取り外転換外巡りで脇を開けたまま陽の陰で手掌を開き・矢筈で受けの手首屈側を包み、入り身転換とともに陰の陽で丹田に結び、受けの手背を取りの対側の手掌に包み、丹田に固定して受けの手首で取りの魂氣を陰の陰で絞って二教
  • 片手取り外転換外巡り肘を落として逆半身外入り身とともに手首を屈曲したまま陰の陰から陰の陽へ巡ると、受けの手首を下から包むことになり、取りの側頸に結ぶ。母指球を突き出し陽の陰で受けの真中へ上肢を伸展しつつ(ここで手首は反屈になる)体軸を正立に戻し、手首を伸展に戻すと四教。

 *降氣の形から回外の姿勢と同じではあるが、外巡りの分受けの手首の外に取りの母指球外側が密着する。

  • 坐技両手取り右手が降氣の形で陰の陽なら左手は外巡りで陰の陰、左に入り身運動で肘を落として陰の陽に巡ると側頸で受けの手首を取り返し、右手は陽の陽。体軸を正座に戻しつつ左手を回外して母指球を突き出し、右手は陽の陰に巡って受けの手首を上から取り返し・左手は手首を伸展すると、両手を四教で天地に取り返す(画像③a,b
続きを読む 0 コメント

2015年

5月

03日

天神町道場稽古 上段返し突きは横面打ち入り身運動の魂氣

  • 杖直突き・杖巡り・上段返し突き・杖巡り・上段返し正面打ち
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換(陰を丹田に/腰の後ろに)、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り(坐技正面打ち一教表)
  • 坐技正面打ち一教裏
  • 坐技正面打ち二教表裏(画像①②)
  • 正面打ち三教表裏(画像③④)
  • 片手取り入り身転換:臍下丹田に陰の陽で結ぶ
  • 片手取り外巡り・対側で振込突きを払わせて・外入り身転換:額に陰の陰で結ぶ
  • 片手取り外巡り・外入り身転換・陰の魄氣の前方の足を膝から着いて額の魂氣を降氣で地に結び呼吸投げ:母指先が地に結ぶと同時に他の指と手背で地を後ろに掃くと正立残心。
  • 片手取り外巡り・外入り身転換呼吸投げの降氣の結びで受けに投げの成立しないとき:地に結んだ母指先を内巡りとして陰の陽で他の指を対側の膝に向けて地を掃き、対側の手掌に合わせると、取らせた受けの手背は同名側の手で二教に受け止められ膝に固定される。初動で取らせた方の手は四方投げの持ち方で受けの前腕を絞り二教固め。
  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形から一方を陽の陽・他方を回外して陽の陰で天地に結び両手で氣の巡り。陽の陰は天、陽の陽は地。両手母指先方向に巡るから受けは取りの側方に落ちる。取りの体軸は直立したまま目付けは前方(受けの後ろ)に注目し、受けに追随しない。
  • 坐技両手取り一方を外巡り・他方を陽の陽:外巡りから肘を落とすと脇・肘・手首を畳んで母指球外側を受けの手首に着けたまま支点として、地を向いた他指(陰の陰)を陰の陽へ巡らすと、受けの手首を下から包むように受け取り、側頸に母指先が向いて結んだ状態。この一瞬は受けの手首を取りの陰の魂氣が体軸で包み取っている。直ぐに吸気で陽の陰の魂氣が母指球を前に差し出し、他方の手は陽の陰に巡って受けの手首を上から取り、両手で取り返し四教。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です