2014年

10月

26日

天神町道場稽古 末梢と腹の息が体軸を作る

  • 組太刀4:下段受け流しは受けの動作。受けの突き入身運動が送り足と同時に後ろの足を軸として陰の魄氣。魂氣は陽から陰で丹田に巡って前の足先は剣線を内側に外し、受けの真中に向く拇趾先へ合わせて剣先が降りる。柄頭は丹田に結び、拇趾先から踏んで軸とするから剣先は下段に留まり、逆半身突き入り身運動で一歩進む。

 *剣を持つ魂氣は、陰の魄氣では陰とし、陽の魄氣と送り足では陽、直後の陰の魄氣(その場でステップ)では陰となるから、柄を両手で固く持って剣を上下に操作するものではない。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入身転換・反復、前方/後方回転、
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で気の巡り
  • 正面打ち一教裏
  • 交差取り三教裏:外転換で降氣の形から陽の陽・一教運動裏で逆半身、陰の陽で受けの手首を寄せて、対側の手は両手で気の巡りで受けの上腕にあるが、それぞれ入れ替えて三教に取った手は丹田に巡り、対側の手は上腕を取りの額から振り下ろし・剣を丹田で持つ如く結んだまま後ろ回転で座ると受けの上腕が丹田に巡り、三教に取った手は陽の陰で脇が開くから対側の手で小指球を包んで受けの手掌側には振り子運動で迎えにいった胸を当てて密着。体軸を元に戻して行けば三教裏の固め。
  • 片手取り入身転換置き換え踏み替え
  • 片手取り外転換降氣の形から巡りで取り返して四方投げ表
  • 正面打ちに横面打ち外入身転換置き換え後ろ回転小手返し裏
  • 正面打ちに横面打ち外転換踏み替えて小手返し表、両手で氣の巡り。
  • 後ろ両手取り呼吸無げ:上段に与えて降氣の形から入身転換で後ろ両手取りの結び・地の方の膝を着いて呼吸投げ
  • 後ろ両肩取り呼吸投げ:降氣の形から陰の陽のまま受けの手首を寄せ、後ろ取りの結びの魄氣で前の足の膝を地につく

0 コメント

2014年

10月

22日

幸町道場稽古 小指球を包めば母指球は手背に当たる

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入身転換・反復、一教運動表/裏前方/後方回転、
  • 相対基本動作坐技:下段に与えて降氣の形から陽の陽、両手取り呼吸法
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、片手取り後ろ回転
  • 正面打ちに横面打ち外入身転換・置き換えて後ろ回転小手返し:置き換えなければ後ろ回転の軸とならない。
  • 片手取り外転換踏み替え鏡返し:下段に与えて外転換して陽の陽で差し出し対側は下から受けの手首を掬い取り・陽の陽から陽の陰に巡って手を外してすぐ外へ刈り取る・魄氣は踏み替えて転換。
  • 横面打ち四方投げ表:異名側の手を降氣の形で頭頂から側面で横面打ちに合わせ対側の魂氣を振込突きで相半身内入り身・内転換で降氣の形は相対的に陽の陽となり・払わせた手を受けの手首下から四方投げの持ち方で振りかぶると取りの手背は額に結ぶ。陰の魄氣となっているので、前方の足を外股にして軸とする前方回転正面打ち近似で受けの手は自身の項に結ぶ。取りの丹田に巡って残心。受けは取りの腹側から背側へ螺旋で落ちる。
  • 正面打ち三教表:上段に与えて受けの手刀に触れると陽の陽で相半身内入り身で一教運動にてさらに逆半身内入り身・魂氣は両手で気の巡り、与えた魂氣は陽の陰に巡って受けの手首から遠位に滑らせて降氣の形をとれば受けの指は手背側から包まれ反屈して取りの前に寄る・対側の手も陰の陽で受けの小指球を包めば取りの母指球は受けの母指と示指の間でその手背側に当たる。回外して母指を陽の陰で同側の足先に合わせて差し出すと三教・同側の膝を受けの両足の間で離れて地に着き・受けの手掌を膝の近位側面に当てて体側に向けて振り子運動。

 *受けの母指球と小指球を手背側から同時に掴めば小指球は包めない。

 

0 コメント

2014年

10月

19日

天神町道場稽古 陰の魄氣で後ろ回転の軸とする

  • 剣素振りで単独基本動作:入身運動(突き、正面打ち、横面打ち)、入身転換、外転換・入身運動、下段受け流し、上段受け流し、抜刀・正面打ち表裏
  • 組太刀2
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 坐技上段に与えて両手で気の巡り
  • 坐技正面打ち一教、二教裏
  • 立ち技上段に与えて一教運動表から一教表:片手取り入り身運動で魂氣の巡りに足腰が入る動作との類似性を知る。
  • 片手取り入身転換
  • 諸手取り外転換/諸手取り降氣の形で外転換回外
  • 諸手取り外転換呼吸投げ
  • 胸取り小手返し裏:胸取りに一歩後ろに置き換えて外巡りで払い、相半身から逆半身横面打ち入身転換で受けの母指球を包んで・逆半身外転換で丹田に結び、陰の魄氣の軸足を中心に後ろ回転で他側の魂氣を返し突き近似の陽の陰で受けの小指球の手背側から包む・送り足で残心
  • 坐技交差取り降氣の形から四教表:陽の陽から受けの手首の上で陽の陰に巡って真中に陰の陽で寄せて・対側の手で陰の陽の矢筈に開いた示指の根元を受けの橈骨内側縁に嵌めて母指から発して陽の陰で伸展しつつ掌を包むと共に両脇を絞り、地に結んで胸を閉じ両手背を見る様に伸展するが腹式の吸気相で受けに接した方の膝に重心を傾け、前方に目付を起こして残心。

 *陽の陽から陽の陰への巡りを限界から限界まで。手首を取りにいくのではなく小指から手掌を包むように陰の陽で真中に寄せる。四教のつぼは母指と示指から掌を包んでいく。

 *二教で小指球を包む矢筈の手は受けの手首の内側で、手背を見るように限界まで陰に巡り、矢筈を閉じながら受けの小指球を包んでいく。

0 コメント

2014年

10月

15日

幸町道場稽古 与えて弛緩屈曲で巡る

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:自然体から、入身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入身転換・反復、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 坐技上段に与えて両手で気の巡り
  • 坐技正面打ち一教、二教、三教、四教表

 *二教表:陽の陽から陽の陰の巡りに矢筈の開きは手背をしっかり見る瞬間を作る

 *三教表:小指球を包むとき母指は蓋をすると受けの母指球にその手背側から密着する。取りの指が弛緩屈曲して手掌を包んでも(相対動作では受けの小指球を包んでも)母指は緊張伸展していること。広義の陰でも母指は終始陽であることが魂氣の要訣。

 *四教表:陽の陽から陽の陰に巡ってさらに降氣の形の陰の陽で受けの手首を真中に寄せると、対側の手も降氣の形の陰の陽で矢筈を作り受けの橈骨外縁から陰の陰にて巡ると示指の付け根が橈骨内縁に嵌まる。示指から屈曲して矢筈が閉じるように母指で蓋をしつつ手掌を包んでいくと、母指から魂氣を発する陽の陰で、脇を閉めて示指の付け根まで緊張伸展・振り子運動を加えて体軸を寄せる。

  • 片手取り入身転換:陰の陽で手掌を包み(画像①)手首から近位を緊張伸展吸気で与えて(画像②)も触れたときに弛緩屈曲呼気で丹田に巡るが、既に取らせているので接点は受けによって支えられ固定し、その瞬間閉じかけた自身の脇の間へ(受けの背側へ)同側の足腰が入身転換する(画像③)ことで上肢は相対的に陰の陽で丹田に巡り結ぶ(画像④)。
  • 交差取り入り身転換:逆半身では丹田に巡る(内巡り)が、相半身では外巡りで足腰は受けの背側に入身。内巡りは陰の陽であるが外巡りは陰の陰。転換すると腰の後ろに陰の陽で結んでいる。
  • 片手取り入身転換・昇氣・踏み替えて呼吸法(裏)
  • 横面打ち内転換から横面打ち入身転換入身投げ(演武ののみ):内転換は、振込突きで相半身から送り足を剣線に直角で受けの腹側へ置き換えて陰の魄氣の軸足とする。振込突きの魂氣は受けの払いで外巡りに転じて受けの横面打ちの上肢を取りの外に払っている。取りが対側の手で横面打ち逆半身入り身転換へと受けの背側に進む。
  • 横面打ち内転換から横面打ち入身転換小手返し裏:取りの横面打ち入身転換にて陰の陽で丹田に巡ると受けの母指球を包み、外転換でそれを丹田に結ぶと、陰の魄氣の軸足で後ろ回転とともに対側の手を陽の陰で受けの小指球の手背側に被せて後方に払い落とすと残心。固めは終始丹田に結んでいる。
  • 胸取り内転換後ろ回転二教裏:両脇の開閉を後ろ回転とともに入れ替える。両手・足・腰・目付の一致無くして、襟を握った受けの小指球を取りの小指から包み込むことはできない。
  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形から右手が陽の陽なら、左手は回外して陽の陰

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

08日

幸町道場稽古 陽の陰で母指先の反りは地から丹田に巡る

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入身転換・反復、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技片手取り:下段に与えて降氣の形から陽の陽、降氣と昇氣の連続
  • 相対基本動作坐技上段に与えて:両手で気の巡り、正面打ち一教裏
  • 片手取り入り身転換:下段に与えて丹田に陰の陽で巡る
  • 片手取り外転換鏡返し:下段に与えて陽の陽でで差し出す・対側の手で下から受けの手首を掬い取り・与えた手は陽の陰で返して受けの手背を刈り取る。
  • 下段に与えて外転換:陽の陽で取らさず降り降りると受けの母指球を小手返しで丹田の前で取る・踏み替えて対側の手で小指球を手背から包む
  • 下段に与えて外転換:取り返せないとき丹田に巡るから昇氣で入身・呼吸法表
  • 諸手取り内転換一教:降氣の形から母指先の反りに合わせて陽の陽で陽の魄氣
  • 諸手取り外転換呼吸投げ:降氣の形に回外・肘を開いて母指先と同側の膝を地に結ぶ

 *脇を開いて前にのばすと受けが前に進んで離れ、地に結ぶことはない。手も離れる。

  • 諸手取り外転換踏み替えて二教/二教入り身投げ:受けの諸手を陽の陰の魂氣で上から押し下げるのではなく、母指先が地に向き反りに合わせて受けの腕の内側へ結んでいくと取りの丹田に巡り陰の陽で結んで残心。

0 コメント

2014年

10月

05日

天神町道場稽古 受けの体軸移動に後ろ回転を合わす

  • 杖素振り、杖合わせ、組杖10
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前方/後方回転
  • 相対基本動作:突きに横面打ち入身運動

 *詰めて送り足で体軸と目付を自身の手刀の外へ外す。目付は受けの後方のまま。

  • 突きに横面打ち転換:外す。目付は剣線に直角

 *転換して入身は外して詰める。目付は受けの目付の方向へ転じる

  • 突きに横面打ち入身転換:詰めて外して転換。目付は受けの目付の方向へ転じる
  • 突きに入身転換入身投げ裏:①横面打ち入身転換踏み替えて相半身入身で残心②横面打ち入り身転換後ろ回転(置き換えて踏み替え)再度踏み替えて相半身外入り身で残心

 *入身転換とともに横面打ちから陰の陽で受けの側頸に結び、同時に取りの異名側の側頸に結ぶと、取りの胸と受けの背の密着(魄氣の結び)が成る。受けの側頸に結ぶだけで取りの側頸にまで結べないときは受けが軸を曲げて前方に移動している。四股立ちで静止して受けの上体を両腕で引き起こす動作は基本動作には無い。受けの体軸は取りの中心から離れていくばかりである。取りは後ろに軸足を置き換えて後ろ回転(踏み替え)。膝を畳む小さな半径で受けの体軸移動に合わせることで魄氣の結びを成す。

  • 突きに下段受け流し入身投げ表:下段受け流し逆半身外入り身・相半身外入身・魂氣は降氣の形で回外のまま陽の陰で受けの側きに結び陰の陰で母指先は地に向かい丹田に結ぶ

 *受けの剣線上の突きに対し取りは魂氣を陰の陽で同側の足先とともに突きの下を掬うように剣線を内側に外す。すぐ回外して母指先は受けの側頸を指している。受けが後出しで取りの軸へ突き、取りがその手拳を受けて外そうとしても、そのような稽古が基本動作の積み重ねと成り得ないことはあきらかである。剣を用いての基本動作に帰って手順を確認し、剣が湾曲しないことを知るべきである。理合の習熟には手順の中で呼吸の緩急を突き詰めることが肝要である。一眼二足三胆四力には頭で考えるという要素が含まれない。

  • 坐技上段に与えて三教表:陰の陽で上段に与えて手刀で受けさせたとき接点にて陽の陽で氣結びを為し両手で気の巡り・陽の陰に巡って受けの手指を取って陰の陽で取りの真中に掲げる・受けの手は反屈となり手掌は取りに向かう。対側の手を陰の陽として受けの小指球を掬うように包むと取りの母指球は受けの示指付け根の手背側に密着し、母指から陽の陰に魂氣を突き出す。座して膝の外側に受けの母指球を密着させ、目付を外側に向け入身運動と振り子運動を同時に行い受けの外側に自身の軸を倒す。

  

0 コメント

2014年

10月

01日

幸町道場稽古 一教運動表の魄氣:隅落とし、天地/入身投げ表

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入身運動陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入身転換・反復、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技呼吸法:下段に与えて片手取り降氣と昇氣の連続

 *降氣の形から陽の陽・陰の陽に巡って受けの手首を真中で取り返し対側の手で四方投げの持ち方でなおも取り替えると始めに与えた手は丹田で陰の陽、昇氣で、入身運動とともに目付の転換にて開いた側頸に結ぶ。そこから陽の陽で発して受けの側頸に取りの橈側前腕を与えて母指先の反りの方向へ巡って残心。

  • 下段に与えて片手取り降氣の形から回外・陽の陰で受けの真中へ発して・受けの同名側の手が地に着いて体軸を支えた瞬間小手返しの手で地に結ぶ。二呼吸相を動作する。
  • 片手取り外巡り入身運動・相半身外入り身で隅落とし表(画像1)
  • 下段に与えて外転換外巡り・肘を落として回内・横面打ち入身運動・同側の膝とともに地に結んで呼吸投げ
  • 投げにならなければ地に結んだ魂氣は陰の陽で地を這って対側の膝をも地に着け・その内側に置いた手掌で受けの手背を受けて、始めに与えた手でその手首を四方投げの持ち方に準じて丹田に引き寄せると受けの肘と手背は取りの両膝で挟み込み二教。
  • 両手取り天地投げ:外巡りで目付を外へ・一教運動表の足腰で相半身外入身とともに目付を受けの体軸に向け・前方の足先は受けの異名側の軸足に向かい・同側の魂氣は陽の陽で天に昇氣・それを取っている受けの異名側の手も昇氣で側頸の高さへ・取りの魂氣は陽の陰に巡ると母指先は受けの背を降りて取りの丹田に陰の陰で巡る。受けは取りの腹側から背側へ螺旋で落ちる。
  • 上段に与えて逆半身外入身・受けの手を対側の手で取り直し外巡りで相半身外入り身転換三教表
  • 上段に与えて正面打ち入身投げ表:魂氣を陽の陽で受けの同名側の手刀に結び逆半身外入り身から返し突きの魂氣を陽の陰・陰の陽で受けの同名側頸を包み・続いて相半身外入り身で前方の足を受けの異名側の軸足に向け同側の魂氣を陽の陽で天に向け・陽の陰に巡って橈側前腕を、側頸を包んだ取りの魂氣に合わせて丹田に陰の陰で結べば両手の魂氣は受けの底を抜けて残心で入身投げ表(画像2)
  • 坐技上段に与えて四教表

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です