2012年

5月

27日

天神町道場稽古 剣から徒手へ

  • 単独呼吸法:降氣、回外、外巡り、昇氣、一気、坐技入り身運動、振り子運動
  • 合氣体操:後ろ受け身運動から後ろ受け身、入り身運動陰の陰から前受け身ほか
  • 剣素振りで単独基本動作:正面打ち入り身、突き入り身、正面打ち入り身転換、上段受け流し横面打ち入り身、下段受け流し突き、抜刀・前方/後方・回転正面打ち
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動表/裏、四教裏
  • 相対基本動作・坐技片手取り呼吸法:降氣の形から陽の陽・回外・昇氣・外巡り二教
  • 相対基本動作・立技片手取り呼吸法表:転換・昇氣・入り身で陽の陽・残心
  • 相対基本動作・立技片手取り呼吸法裏:入り身転換・昇氣・踏み替えて陽の陽・残心

 *母指先の反りに合わせて陽の陽は腕を伸ばしたまま腋が閉まって体側に降りる。

  • 片手取り対側の突きを払わせ相半身外入り身転換呼吸投げ

 *取らせた手は外巡り・入り身転換で陰の陰にて額に結ぶと降氣の形で腋を閉めて受けに接する(魄氣の結び)。

 *腋を開けたままならその分の隙間を詰めるために陰の陽で側頸に結び、同時に同側の足先を後ろに置き換えると魄氣の陰の軸足が代わり、水平の上腕と直角を成す体側が受けの異名側の体側に密着する。互いの魂氣と魄氣が結び踏み替え・陽の陽で呼吸法が成立する。

 *呼吸投げでは地に結ぶと同時に残りの指の方向(後方)へ掃くようにして起立。

  • 片手取り対側の突きを払わせ相半身外入り身転換地に結び外へ這わせて二教に受ける

 *投げに至らなければ陰の陽に巡って残りの指を外方に向けて地を這わすと、対側の膝を外に開いてから地に着け、後ろの腰に在る対側の手を膝の上に陰の陽で置いて取りの手背を包む。その間に受けの手背があり二教で持つ。元の手はそこから離れて陽の陰・四方投げの持ち方で受けの手首を丹田に寄せる。二教の固め。

  • 坐技両手取り呼吸法:右手は降氣の形から陽の陽、左手を降氣の形から回外・陽の陰で真中へ

 *取らせたら取りの手を陰の陽で弛緩しながら(呼気)寄せると降氣の形、ここで回外するには受けの腕が反屈になることが必須。そのために取りは手首までを屈曲して母指先を一旦側頸の付け根に向ける。取りは単独で氣結びを成した。止まらずに母指先を回外して前方に向けることができる。取りは受けの手の直下に結び開いた腋の下を陽の陰で(吸気)真中に進むことができる。これを呼吸力という。

 

 

0 コメント

2012年

5月

23日

幸町道場稽古 後手は降氣の形で受け流し

  • 単独呼吸法:降氣、回外、外巡り、昇氣、一気、坐技入り身運動、振り子運動
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動、入り身転換、体の回転、一教運動表
  • 相対基本動作:坐技正面打ち一教運動表/裏
  • 相対基本動作:立技正面打ち一教運動表/裏

 *裏は剣線を外し降氣の形で受け流し・魄氣の陰により額に結ぶ

  • 単独基本動作:一教運動表/裏
  • 坐技交差取り一教表/裏
  • 立技交差取り降氣の形から一教表/裏

 *降氣の形は肩の上で結ぶ中段。転換して丹田に陰の陽で結び・後ろに置き換え・踏み替え舟漕ぎ運動の魂氣で一教裏は下段。上段は正面打ち。

  • 後ろ肩取り一教表:肩に触れられると同時に踏み替えて陽の陽

 *後ろ肩取りに踏み替えて陽の陽・入り身転換から二教/三教/小手返しなど演武のみ

  • 坐技片手取り降氣・回外・呼吸法

 

 

0 コメント

2012年

5月

20日

天神町道場稽古 降氣の形は受け流し

  • 単独呼吸法:降氣、回外、外巡り、昇氣、一気、坐技入り身運動、振り子運動
  • 合氣体操:前方/後方受け身他
  • 単独基本動作:剣素振り、徒手入り身運動陰の陽、入り身転換、体の変更
  • 相対基本動作:一の太刀、坐技正面打ち一教運動表裏/呼吸法陽の陽から陽の陰で正面当て
  • 相対基本動作:片手取り入り身運動陰の陽/入り身転換
  • 相対基本動作:片手取り対側の腕を直突き・外巡りから陰の陰で額に結び相半身外入り身転換
  • 片手取り相半身外入り身転換から呼吸投げ:同側の膝を着くと同時に額から陰の陰で母指を降氣・他の指の方向(後方)へ地を這い立ち直すと残心。

 *降氣の形で入り身転換すると腋は締まる・受けに密着=魄氣の結び。一方、片手取りで転換して降氣の形から二教の手で額に結ぶと腋は開く。四方投げ表の初動である。対側の手で四方投げの持ち方・四方投げが成立する前の内入り身転換または前方回転では魄氣の結びはまだ=密着していない。魂氣の結びだけで受けの魂氣と魄氣の結びを解いているから回れる。腋は開く方が魂氣の結びを確かにできるが二教の手だけでは解けやすいから速やかに対側の手の四方投げの持ち方で魂氣の結びを確かにする。回転後陽で伸ばしてから丹田に結んで初めて互いの魄氣が結び、同時に四方投げが成り立つ。

  • 片手取り相半身外入り身転換から二教:同側の膝を着くと同時に額から陰の陰で母指を降氣・受けは膝を着くものの前受け身に至らず・対側の膝は立てた位置から外側に開いて着き魂氣をその方向に陰の陽で巡り地を這わす。対側の手を同側の膝上で陰の陽にして置き、取りの魂氣を結ぶと受けの手背を包むことになる。受けから離れた手は舟漕ぎ運動の魂氣で受けの腕の外から取りの丹田に結び二教固め。
  • 諸手取り呼吸投げ:転換と共に降氣の形・回外で母指を前方に向けると、取りの頰の高さで陰の陰から降氣で地に結ぶ。

 *回外せず陰の陽で側頸に母指を結ぶと呼吸法へ

  • 突き後手・横面打ちで転換・丹田に降りて陰の陽で結べば受けの手首を丹田で取る・踏み替えて対側の手を腰の後ろから陽の陰で小手返し。
  • 突き後手・横面打ちで転換・丹田に降りて陰の陽で結ぶも受けが既に手首を引き戻している・そのまま昇氣で側頸に結んで入り身・送り足・残心・呼吸法表

 *受けの手に当たらず丹田に結んだ瞬間は、後手のために取らざるを得なかった転換のみの目付けを、ようやく入り身転換の方向へ向けることが出来る。このことで昇氣が側頸に結び陽の陽へと呼吸法が成り立つ。相打ちの際の、入り身転換・昇氣・踏み替え・陽の陽・残心に対して、後手では、転換・目付けが遅れて入り身転換の方向・昇氣・入り身・陽の陽・残心。

 *突きや横面打ちには相打ちが裏、後手が表

  • 坐技片手取り呼吸法3本:降氣の形から陽の陽/降氣の形から回外/外巡り腋を閉めて陽の陽・入り身運動
  • 坐技両手取り入り身運動昇氣呼吸法:一側を陰の陽で丹田へ・他側は昇氣・入り身運動で側頸から呼吸法

 *坐技両手取り呼吸法といえば、両手取り降氣の形から右手を陽(母指方向の外側へ)・左手は回外してで結び真中へ陽の陰で呼吸法。いきなりこれを行うより片手取り呼吸法3本に引き続いて稽古するのが段階的な体得という点で好ましい。

 

 

 

0 コメント

2012年

5月

16日

幸町道場稽古 舟漕ぎ運動と交差取り二教

  • 単独呼吸法:降氣、回外、外巡り、昇氣、一気、坐技入り身運動、振り子運動
  • 合氣体操:前方/後方受け身他
  • 単独基本動作:入り身運動4本、入り身転換、入り身転換反復、体の変更

 *足底を擦らないで踏み替えるほうが速い、

  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法3本、坐技両手取り入り身運動・昇氣
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、体の変更
  • 片手取り降氣の形から一教運動表で隅落とし
  • 交差取り降氣の形から二教

 *陰の陽から陽で差し出そうとする(舟漕ぎ運動ホー)。触れると陰で巡り外転換・降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡って受けの手首に結び、舟漕ぎ運動イェイで陰の陰にて丹田に結ぼうとすれば二教。腕は一直線で手首から遠位は陰の陽。自ずと胸は張り肘は曲がらない。

  • 相対基本動作:片手取り降氣の形から陽の陽・陰の陽に巡って四方投げの持ち方で額に結び逆半身内入り身転換・四方投げ表
  • 相対基本動作:片手取り降氣の形から陽の陽・陰の陽に巡って四方投げの持ち方で陽に進めて対側の魂氣は丹田に結んで外入り身転換・昇氣で側頸に結び踏み替えて呼吸法
  • 相対基本動作:交差取り降氣の形から一教表

 *単独呼吸法+単独基本動作⇄相対基本動作→残心=技

 

 

0 コメント

2012年

5月

13日

天神町道場稽古 基本動作の重ね合わせの向こうに

  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、坐技入り身運動、振り子運動、氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:剣素振り(入り身運動、入り身転換、前方/後方回転、下段受け流し、上段受け流し)
  • 相対基本動作:組み太刀四、片手取り下段受け流し入り身運動、片手取り下段受け流し入り身転換

 *突き下段受け流し入り身運動:徒手では前方の足先で剣線を外し、同側の魂氣を降氣の形から対側の魂氣を横面打ちで一歩入り身・送り足。

 *突き下段受け流し入り身転換:徒手では前方の足先で剣線を外し、同側の魂氣を降氣の形から対側の魂氣を横面打ちで一歩入り身転換・横面打ちの魂氣を陰の陽で巡ると直ぐ同名側の頸部に結ぶ。

  • 片手取り下段受け流し入り身転換・踏み替え入り身投げ
  • 相対基本動作:坐技正面打ち呼吸法、坐技正面打ち一教運動表裏
  • 諸手取り呼吸法表:転換と共に降氣の形が基本、側頸に結んで腋を開き陰の陽で母指方向へ陽の陽母指と動即の母趾を揃えて残心。
  • 諸手取り呼吸投げ裏:入り身転換とともに降氣の形から回外して母指を前方に向けて同側の膝を着いて母指を地に結ぶ。
  • 諸手取り降氣の形で転換・腋を開いて側頸に結び同側の足から内入り身転換/対側の足先を軸足として前方回転
  • 諸手取り降氣の形で転換・回外・踏み替えて上肢を呼吸投げ近似で地の方向に伸展し二教の手で外巡り近似で額に結んで(受けの手背に当たる)前方回転
  • 二人取り呼吸法/四方投げ

 *額に結んで前方回転の軸足を作ると同時に、対側の魂氣は踏み替えにより額に巡ると受けの手背が額に結ぶ。前方回転は両手を額に結んで軸を直立。回転は径が小さくそしてゆっくり行うことで両受けの間の結びを緊密に成すことが可能となる。

 

 

0 コメント

2012年

5月

09日

幸町道場稽古 魂氣が結ぶということ(正面打ち氣結び)

  • 禊:天地の結び、舟漕ぎ運動、振り魂、氣の巡り
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、坐技入り身運動、振り子運動
  • 合氣体操:股割、前/後方受け身連続、小手返し、二教、三教、手の反屈、四方投げの持ち方で四教、四教

 *単独基本動作は次回からそろそろ挿入します。受けを想定して一人で存分に動作することができます。

  • 相対基本動作:片手取り・入り身運動、入り身転換、片手取り外巡り入り身運動

 *片手取りの魂氣は舟漕ぎ運動の魂氣、外巡りは合氣体操の二教の手

  • 相対基本動作:坐技正面打ち呼吸法、坐技正面打ち一教運動表裏

 *坐技入り身運動による初動から正面打ち表の魂氣の結びは舟漕ぎ運動3本の魂氣の陽に近似、接触で陰の陽から陽の陽。正面打ち裏の魂氣は単独呼吸法降氣の形での額への結びに相当、接触で対側の上肢が陽の陰で進むと狭義の陽に。右手が陽なら左手は陰。

 *開祖がかつて修業された柔術など他の武技と、それに剣と杖の動作を統合して創られた合氣道との基本的相違について、私見を各種技の演武によって示した。…… 答えは、客観的には受けが倒れる瞬間の取りとの位置関係、そのときの取り自身の形が根本的に異なる。そしてもう一つ、受けをとれば体感できる。受けの魄氣と取りの魄氣の結びが欠如。残心の欠如または残心の前に倒そうとすること。

 *初心の方が多いので、このときに動作の一つ一つの意味と関連を知りながら積み重ねて行こう。上肢・足腰の何気ない動きの中の真髄(有用性)を初めに認識すること:基本即真髄。

 *有級・有段者でも相対動作やその速さが加わることで、曖昧になる個所はいくつか生じる。右/左、片手取り/交差取り、同時打ち/後手、突き/正面打ちなど、取りの予見困難な状況での単独呼吸法や単独基本動作がそれである。

 *基本なきは合氣道にあらず、合氣道とは互いの魂氣と魄氣の結びを基本とする。魂氣の結びは巡って入ること、魄氣の結びは入り身転換して着くこと。技は終末で取り自身が結ぶこと=残心で成立。それ以前に倒そうとすることと合氣道との違いに留意する。坐技や立技の呼吸法で体得する。

 *形をなぞることは基本即真髄の対極。自ら基本を行えば動作が連なり形が産まれる

 

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です