2012年

12月

26日

幸町道場稽古 突き/横面打ちの入り身と転換と入り身転換

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、
  • 単独基本動作一教運動表裏:表は入り身と転換(送り足ではなく)裏は上段受け流し返し突き
  • 単独基本動作:入り身転換、 回転前後
  • 相対基本動作片手取り入り身運動:片手取り外巡り入り身運動/昇氣入り身運動
  • 相対基本動作片手取り入り身転換:外巡り相半身外入り身転換
  • 突きに横面打ち入り身運動/入り身転換/転換
  • 突きに横面打ち転換呼吸法(表)

 *転換・踏み替えて手首からの弾みで水平に手背で正面当て/陽の陽で眼裂に開く型と呼吸法の違い(演武を示すのみ)。

  • 横面打ちに入り身運動/転換

 *横面打ちに対して逆半身の一教運動表近似で上段に陰の陽から陽の陽で入り身運動

  • 横面打ちに転換四方投げ(表):逆半身外入り身・後ろの足先を軸足とせず相半身・転換
  • 横面打ちに一教運動表で隅落とし変化技
  • 坐技正面打ち四教:正面に巡らせ両手で絞る。
  • 坐技胸取り二教:胸を取らせたまま小指側と手首の下面を両手で、絞る。

 *四教と二教の共通点、絞る前は手首までを屈曲・弛緩して魂氣は陰の陽、次に両脇を締めて両手首を伸展・緊張し魂氣は陰の陰。

  • 立技胸取り二教裏:相半身で振込突きに受けは異名側の手で外から払い・取りは後方の足と同側の手を後ろに置き換え、払われた手で、胸を取った受けの手の小指球側から陰の陽(小手返しの手)で被せ(三教裏の固めに近似)、同じ手首には対側の手を脇を閉めたまま腰の後ろから矢筈で下から受け止め、後ろ回転と共に陰の陽に巡る。回転軸に手胸足腰目付の一致。踏み替えて向き直るとき両脇を閉めて両手で絞る(演武を示すのみ)。

 *向き直ると同時に受けの目付は地に向いて腰は落ちている。片膝を落として受けを地に圧し、更に両膝を着いて二教固めに。

以上 稽古納め

 

0 コメント

2012年

12月

19日

幸町道場稽古 入り身は送り足/転換は置き換え引き足

 *鳥舟は魄氣の陰陽(転換と入り身の足腰)と魂氣の陰陽

 *入り身は左右の肩を結ぶ線が足先の方向に一致、送り足で陰の魄氣になると柄頭は丹田に巡る。鳥舟では前方の足を踏み込まず後方の足の送り足もしない。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち(挙げた手は即座に降りる)、下段受け流し
  • 坐技正面打ち両手で呼吸法、正面打ち巡って正面当て

 *陰の陽で(手に包み持って)上段に与える・守りの手刀に触れて陽の陽に開けば結ぶ(呼吸法)。結んで陽の陰に巡れば受けの真中に(正面当て)。

  • 坐技交差取り一教表裏:陽の陰で下段に与えて・表は昇氣で側頸から(脇を開けたまま)陽の陽/降氣の形から(脇は閉じて)肩の高さで母指方向へ陽の陽。裏は後者のみ・同側の膝を閉じて(外して)軸にして返し突き近似で矢筈にした陽の陰で受けの上腕に沿わせて陰の陽に巡り(詰める)・丹田に結ぶ。
  • 片手取り入り身転換、体の変更、入り身転換呼吸法:陰の陽で下段に与え丹田に巡るが受けはそれを把持するので丹田に結ばない・さらに半歩受けの真中に向けて膝を伸展して踏み込むと入り身であり陰の陽で丹田に結ぶ・軸足として踏み替え・後方の足は送らずその場で置き換えて目付けとともに足先は受けと同一方向を。同時に後方の陰の手は陽の陽で目付の的とする。前方の足と手を同時に後方に置き換え対側の手を陰から陽へと差し示すと体の変更。
  • 諸手取り転換呼吸投げ二本:降氣の形で転換・受けの諸手は縦に並ぶ。①膝を落として母指先から陽の陽②回外して同側の膝を落とし肘を開くと母指先は地を突く・他指は後ろへ地を這いて正立に戻し残心。
  • 諸手取り転換踏み替え二教投げ:投げの時再度踏み替える
  • 突き横面打ちで入り身、入り身転換:挙げた手は即座に降りる。受けの腕に触れるか、触れずに直接取り自身の丹田に結ぶか。息を止めて打ちつけるようでは感じとれない。
  • 突き相打ち横面打ちで入り身転換・小手返し

 *触れなければ丹田から昇氣に巡って踏み替え側頸から水平切り=呼吸法

 *「基本動作の連なり」の「36. 転換または入り身転換が突きであった場合の結び」を参照。

  • 坐技両胸取り呼吸法二本:受けの両腕を縦に並べる。①横面打ち入り身運動の魂氣で一側を丹田に結んで降氣の形で縦に束ねる②降氣の形から回外・陰の陽で丹田・他側は返し突き近似で。

 

0 コメント

2012年

12月

16日

天神町道場稽古 魄氣の動は軸足の確立・置き換え・踏み替え

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:杖素振り、剣素振り
  • 坐技片手取り呼吸法
  • 坐技両胸取り呼吸法:一方を降氣・回外・他方は矢筈で陽の陰/横面打ちで丹田に結び降氣の形に巡らし・他方の腕を縦に並べて陽の陽

 *諸手取りに近似で縦に並べる、二人取りに近似で一方から順次結ぶ。呼吸法は魂氣と魄氣を取り自身や取り受けの間で結ぶことであり、取りの正立に対して受けは軸を失うわけであるが、受けに対する吸収とか崩しという用語は使わない。

  • 相対基本動作剣:突きに上段で振りかぶりつつ転換・その場で軸足を踏み替え水平切り・送り足で残心
  • 片手取り転換呼吸法
  • 突き転換呼吸法
  • 相対基本動作剣:正面打ちに横面打ち入り身転換・踏み替えて切り上げ
  • 突き入り身転換呼吸法
  • 相対基本動作剣:突きに下段受け流し
  • 突き下段受け流し入り身投げ:相半身で外に足先を置き換えて降氣の形で剣線を外し逆半身で外入り身。

 *回外して母指の反りにあわせて伸展し受けの側頸に当てて陽の陰(鳥舟サー)・受けの背を通して取りの丹田に結び逆半身外入り身から相半身で残心。

  • 突き下段受け流し後ろ両肩取り反り落とし

 *降氣の形から回外で陰の陰とした魂氣の直下に同名側の受けの肩があり・上から貼り付け、逆半身の外入り身・転換で対側の手は対側の肩を陰の陰で結び・今や前方の足を一歩後方に置き換え体の変更を行うが・両手は丹田に巡らせ後方に受けを反らせて落とす。片手取り体の変更は前方に受けを放つ。

  • 坐技交差取り三教裏:降氣の形で陰の陽に巡り母指から陽の陽に進め・異名側の手が地に着くと同時に受けの手首に陰の陽で当て・把持しつつ回外して受けの脇に向けて上肢を伸ばす。対側の手は陽の陽のままで・三教に取った手の内の結びを繋いで受けの中心に及ぼすと・直ぐ陰に巡って地に結ぶ。固め。

       正午から納会:今年を振り返り、大きな行事の数々、昇段級、運営と会計の議事、家族の皆様のご支援などにも話題が広がり、参加できた子供たちを交え例年以上の盛り上がりであった。

 

 

0 コメント

2012年

12月

12日

幸町道場稽古 広義の陰も母指先は陽

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り

 *丹田に結ぶ魂氣・広義の陰の手。「合氣道の理解方法 13. 」を参照

  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:昇氣、突き、横面打ち、下段受け流し、一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換 前/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換
  • 片手取り二教表裏:取らせて同時に相半身振り込み突きを払わせて・取らせた手は外巡りで相半身内転換・対側の手で受けの手背を包み・外巡りの手は二教の手(陰の陰)となり受けの掌から外せば受けの上肢を陽の陰・陰の陽で取り・両手で手首を絞る。

 *表は受けの開いた脇を入り身で詰めて座る。裏は相半身外転換外巡り(二教の手)から陽の陰・陰の陽へ巡って手首を取り返し・対側の手で受けの手背を包み後ろ回転すると側頸に受けの手背を着けて踏み替え振り返ると両手で手首を絞ることとなる。

 *裏で、取りが外巡りの二教の手(陰の陰)で自身の同側頸に結ぶと、受けの手も取りの手背と側頸の間で二教の手となって・対側の手(真中を守ってかざしている)でその手背を包み固定する。

  • 正面打ち一教表:上段に与えて一教運動表(相半身内入り身と両手で氣の巡り)・魄氣は送り足ではなく陽の軸足の内側に進めて受けに対して逆半身に転換してなおも内入り身

 *隅落とし、天地投げに共通の魄氣:陽の軸足の内側に進めて相半身外入り身

  • 正面打ち入り身投げ表:上段に与えて昇氣で相半身内入り身運動(陽の陽で受けの手刀に結ぶ)・送り足の足先方向へ逆半身外入り身運動で魂氣は腰の後ろから陽の陰で返し突き近似・受けの同名側頸に陰の陽で結び・それを通して取りの異名側に結ぶイメージ。うけの手刀に結んだ魂氣は陽の陰に巡って前腕の伸側と対側の手背(側頸に結んでいる)が受けの側頸上で結ぶ。陰の陰で丹田まで巡って結ぶと残心。
  • 相対基本動作:後ろ取り結び

 *上段に与えて降氣の形で入り身転換して側頸から額に陰の陰で結ぶ。腰の後ろの陰の魂氣は取らせたときには相対的に丹田へ廻っている。後ろを取らそうとさせて天地に分けて前で取らせ全体が受けの中に入った状態。言わば交差点に立ったところで思う方に向かうことができる。天の浮き橋に立つイメージ。

  • 後ろ取り三教表:額の陰の陰を母指先方向に降氣で丹田へ・対側の陰の陽の手で三教に取って回外・上肢の伸展で三教の極め・受けの中心線に触れたら真下に同側の膝を畳んで受けの手掌を膝の外側面に密着して・ゆっくり前面に沿わせる。重心は四教の逆に振る。

 

0 コメント

2012年

12月

09日

天神町道場稽古 一点を外すより真中を打て

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、両手で氣の巡り、入り身運動、転換運動、
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換 前/後方回転
  • 相対基本動作坐技片手取り呼吸法:降氣の形から陽の陽、外巡り脇を閉めて回内・陽の陽・陰の陽に巡って入り身運動、降氣の形から回外・陽の陰・陰の陽に巡って地に結ぶ。
  • 相対基本動作坐技両手で氣の巡り:陰の陽で上段に与えて陽の陽で氣結び・陰の陽から狭義の陰に巡って対側は陰の陰で丹田に結んで陰の陽に巡って反復。
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、体の変更、体の回転
  • 諸手取り呼吸投げ二本:転換して降氣の形から回外・同側の膝と共に地に結ぶと直ぐ正立/転換して降氣の形から陽の陽・陰の陽に巡って同側の膝と共に地に結ぶと直ぐ正立。

 *対側の魂氣は終始陰の陽で腰に結び上体を常に正立する。

  • 諸手取り呼吸法表裏:降氣の形で転換・回外・外巡りで踏み替えて転換と同時に額に陰の陰で結び・前方回転/降氣の形で転換・額に二教の手で結び後方の軸足は既に後方回転の軸足。

 *回転は軸足の周りに陰の魄氣。対側の足は直線的に置き換えず軸足に沿わせて巻き付ける様に、足先から着地すれば軸足の置き換えとなり、これを確実にして初めてもとの軸足は地から離してその場で180〜 270 度向きを換えて踏み替えることが出来、回転後の前方の足先となる。極度の速さを可能とするものは、軸足を左右の足で交代した後に対側を地から離して回転するという面倒な動作にこそあり。その理を形から見取ることは容易でない。

  • 突き相打ち入り身/入り身転換:一点を外すより真中を打つ入り身運動/入り身転換で剣線に立てた面を外す。取りの横面打ちは単独動作に準じて丹田に降ろす。吸気で打ち、呼気が滞ると降氣で丹田に降りず巡れない。呼気で陰の陽に降りて、受けの突きに触れると丹田に結ぶ如く巡って取らざるを得ない。触れなければ丹田に結ぶと同時に昇氣に巡る。
  • 坐技正面打ち四教表:両手で氣の巡り・受けの手首に陽の陽で結んで陰の陽に巡って真中に寄せ、対側でつぼに嵌めて両手で絞る。重心を受けに接する腰に落とす。

 

0 コメント

2012年

12月

05日

幸町道場稽古 陰陽の巡り無くして結び無し

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、両手で氣の巡り、入り身運動、転換運動、
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換 前/後方回転
  • 坐技両手で氣の巡り:正面打ち氣結び
  • 坐技正面打ち一教、二教、三教表
  • 坐技交差取り呼吸法:取らせず巡って正面当て
  • 坐技片手取り呼吸法:降氣の形から回外・陽の陰
  • 交差取り下段受け流し入り身投げ:与えて取らさず受け流して陽の陰
  • 交差取り外巡り入り身投げ
  • 片手取り四方投げ表:取らせて転換・降氣の形から額の前で二教の手・対側の手で四方投げの持ち方にて前方回転または逆半身内入り身転換・正面打ちの魂氣で受けの項に陽で結ぶ・丹田に結んで残心
  • 片手取り呼吸法表:下段で与えて転換・二教の手にすると対側の手で四方投げの持ち方にて受けの手を取り、始めに与えて取らせた方の手を陰の陰に巡って外しそのまま陰の陽で側頸に結んで後方の足は半歩入り身して側頸から陽の陽で発して送り足で残心。
  • 坐技交差取り二教:与えて取らせて陰の陽から陽の陽を徹底してから(受けの異名側の手が地に着く)陽の陰に巡ればそのまま鳥舟(サー・イェイ)で結びの成立。

 

0 コメント

2012年

12月

02日

天神町道場稽古 与えない陰の魂氣こそ手の内

  • 杖相半身直突きに振込突き・杖を払って八双の構え・逆半身正面打ち・相半身振込突き(徒手では逆半身で突き小手返し、相半身で突き一教)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、両手で氣の巡り、入り身運動、転換運動、
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換前/後方回転
  • 坐技片手取り呼吸法:降氣の形から陽の陽・外巡り腋を閉めて回内陽の陽から陰の陽で入り身運動・昇氣と入り身運動で陽の陽・降氣の形から回外陽の陰で陰の陽
  • 相対基本動作坐技正面打ち氣結び(一教運動表):一側を丹田から上段に与えて陽の陽・対側は腰の後ろから陽の陰の矢筈・両手で氣の巡り・陽の陽で氣結び・陽の陰では魄氣の同側が受けの腋の間に結ぶ。
  • 相対基本動作:坐技正面打ち氣結び正面当て

 *陰の陽から陽の陽で一旦氣結びの後に陽の陰に巡り手掌を受けに見せる。陽の陽の氣結びが成らぬうちに陽の陰に巡ると受けの手刀の脇をその外側に滑り落ちる。

  • 片手取り入り身転換、体の変更

 *与えて受けが取ろうとも丹田に巡る。引き戻さないし力を抜くわけでもない。呼気で弛緩して(脇は自ずと閉じる)陰の陽で指先が丹田に向かうほか無いところに同側の足先と腰を隙間に置き換え(入り身)、この時丹田も指先を迎えて相互に結ぶ。足先は受けの真中に向かい転換すると対側の手は腰から陽の陽で今や前方に差し出し、同側の足先は魂氣と同側に向けて踏み換えられ、対側足腰の入り身の分引き戻して陰の魄氣。

 前方の足先と陽の陽の魂氣を同時に後方と腰に置き換え、丹田の陰の陽を陽の陽で差し出すと体の変更。受けは取りの腕の下を前方に一歩進む。

  • 諸手取り内転換一教表裏:呼吸法降氣の形で内転換(逆半身・母指先は常に反りに合わせて陽。表は陽の陽・裏は陰の陽。裏では、返し突きの足先は受けとの間合いに合わせて、入り身転換する際の同側の腰が受けの丹田に入る(魄氣の結び)程度の小さな踏み出しが肝要。後ろに置き換え踏み替えで座れば固め。入り身転換と同時に既に後ろへ置き換えると魂氣と受けの上肢が丹田から離れて結びがかなわない。
  • 正面打ち入り身投げ裏

 *両手が受けの側頸上で結び、陰の陽の魂氣は受けの頸部と共に取りの異名側の頸部に結ぶ。両手とは陰の陽と陽の陰。取りの腹から上と受けの腰から上は接する。

 

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です