*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      「天の浮橋」のタイトルに 1. 「うっちゃり」(打っ棄り)と合気道の返し技は〝正勝吾勝〟2024/4/4                     2. 合気道における上肢の運動表現 2024/4/10                     3. 合気道は争わない、表と裏で気結びする 2024/5/20 「令和6年のおしらせ」に6月の稽古予定(変更有り)                     稽古の記録 2010/8/15〜2024/6/9

2023年

3月

29日

水曜稽古の記録 逆半身で外転換・体の変更は相半身の内転換

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:①入り身運動各種②中段(相半身外入り身)/下段(外転換)/上段受け流し(陰の陽で上丹田に氣結びして体軸を作るつまり鎬を作ると逆半身外入り身で返し突き=一教運動裏)③一教運動表(三角法入り身で軸足交代)④正勝吾勝で魂気を下段に与え片手取り想定で入り身・転換・体の変更⑤片手取り想定で体の変更・後方転換(後方回転)⑥交差取り想定で体の変更・後方転換(昇氣呼吸法の単独動作)⑦軸足の膝に手を置き体軸確立して軸足交代する前方半回転連続/前方一回転⑧同じく後方回転
  • 片手取り外転換昇氣呼吸法:上肢を弛緩屈曲しつつ側頸に向けて畳んで体軸を受けに預け、軸足を対側に交代させて、体軸から解脱した手の母指先を経て側頸から魂氣を発する思いで虚空に伸ばすと、前腕橈側が受けの同名側の頸部を、肘頭が前頸を圧して活速日で受けは取りの背側に螺旋で落ちる
  • 片手取りに外転換で上肢を陽の陽で円にして大きく開いて外入り身とともに下丹田に結ぶ呼吸法側頸
  • 交差取り一教裏:下段に与えた手・魂氣を母指先が地から内に、そして側頸へと呼気で陰に巡って同時に同側の踵を受けの外に置き換えて軸とすることで体軸を移して対側の手足を吸気で外入り身・返し突きで一教運動裏による入り身転換から体の変更としつつ受けの手首で陽の陽から陰に被せてそれを取り返し、非軸足に合わせて円を描くと一教裏、後ろ転換で座ると固め。
  • 交差取り一教表:下段に与えた手を吸気で母指先が地から内に、そして上段へと結びつつ同側の非軸足を受けの内に置き換える転換で踏み詰めて対側の足はその後ろに継ぎ足で体の変更。与えて受けに結んだ手は再度非軸足側となり、その足と同時に受けの表三角の地点に置き換えると一教表。
  • 半身(吾勝正勝)で魂氣を与える前に受けが胸取りに来るとき、それに合わせて同名側の振り込み突きで相半身入り身と同時に対側の足を半歩後ろに置き換えると相半身内転換。胸は90度開く。突きの手を陰の陰に巡らせて受けの手を取りの襟の上で小指球側から包むと魄気の陽で受けの前三角へ一歩逆半身入り身で胸を閉じて二教表。
  • 胸取りに一歩下がって胸を開いて二教表:鳥船の陰の魄気から陽の魄気へ
  • 横面打ちに異名側の手で合わせて外転換で軌跡を外すとともに外巡りで円を描いて上段に返るが同時に対側の手で顔を拭って受けの手刀を陽の陽で払いつつ結ぶと入り身で両手が受けの側頸を包み、入り身投げ
  • 横面打ちに異名側の手刀で合わせて外転換で脇を開けたまま体軸側とし肘から遠位を弛緩屈曲すると受けの手刀に削ぎ落とされるまま軸足交代で非軸足側となって入り身で魂の比礼振りが起こり陽の陽で呼吸法
  • 真後ろを正立で与えて後両手取りに前方へ魄気の陽で半身として前方の手を腰仙部に小手返しの手で結び、対側の手を異名側の受けの母指球側に置き、後ろ転換で腰の手を半回転させると同時に受けの手を切って母指球を包み、体の変更で小手返し

2023年

3月

26日

天神町道場稽古 陽の陰の手は側胸に沿わせ腋と上腕伸側へ同時に着ける

  • 剣素振り、後ろ転換正面打ち、切り返し、真中を与えて正面打ちの相打ち/合気の剣
  • 組み太刀3、松竹梅の剣から上段返し打ち

 *正勝吾勝で真中を取って飛び込み面打ちか、受けに切り返しを誘って体の変更で開き合気の剣で面打ち。これも千変万化に相当する。魄気の陽で真中を取れば飛び込みも開きも続かない。軸足(体軸)を失っているからである。

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で天地に氣の巡り
  • 初心者は前回り受け身後ろ回り受け身
  • 真中を与えて突きまたは正面打ちに外転換/内転換、体の変更連続動作で体捌き、一眼二足三胆四力、〝相手を絶対に見ない〟 〝手、足、腰の心よりの一致〟 左右の手・魂氣は非軸足先と軸足に同期してそれぞれが交代する、つまり千変万化=体捌き。

 *足先が踏み詰まれば剣を操る手は丹田に巡って軸足とともに体軸に与る(吾勝)べきである(〝自然の法則〟)。したがって虚空に撃ち放って受けの真中に気力を響かせることはできない。剣先は対側の非軸足(正勝)とともに陽の魂氣たり得る。

  • 坐技正面打ち一教表/裏:振り子運動と入り身運動の基、両手で気の巡り。陽の陰の手は側胸に当身〜沿わせて腋と上腕伸側へ同時に着ける。漆膠の身に近似。

2023年

3月

22日

水曜稽古の記録 吾勝では半身を与えて後手を引くことの覚悟を要す

  • 組み太刀、組み杖から剣・杖単独操法
  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②下段受け流し③上段受け流し=一教運動裏④一教運動表(三角法:軸足交代で連続入り身運動)⑤片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑥片手取り想定でその場で後方半回転=体の変更(三面に開く)・後方転換(結局後方一回転)、⑦交差取り想定で後方半回転=体の変更・後方転換(結局後方一回転)⑧外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方半回転連続、前方一回転、⑨後方回転
  • 坐技両手取り呼吸法:陽の陰の魂氣は受けの側胸を擦り上げると返し突き近似となって開いた受けの腋に正座で嵌って固め。
  • 坐技両手取り気の巡りで一側の陽の陽の呼吸法で結び、対側の手で同名側の手首を取り異名側の手で鏡返し/外巡りで、対側は取らさず振り込み突きの動きから同名側の小指球を陽の陰で包み、二教表
  • 坐技片手取り外巡りで、対側は振り込み突きの動きから払わせて同名側の小指球を陽の陰で包み、与えた手は矢筈で異名側の手首を取り返して振り子運動で二教に返し表で固め。
  • 真中を与えて正面打ちに横面打ち外入り身転換対の変更で小手返し/中段直突きで入り身転換にて受けの手刀の下から小指球側を包んで・体の変更・外転換で隅落とし。
  • 吾勝から正勝で与えようとして受けの逆半身横面打ちを導く。非軸足を外股で踏み詰めて軸とし、後ろの足を一歩相半身外側前方半回転とし、後ろ転換で後ろ入り身落とし。横面打ちの同名側の手を陰の陰にて掌を開いて自身の上丹田に手背を貼り付けると、受けの手刀側の上腕付け根に手掌を着ける(秋猴の身)。
  • 横面打ちに正勝で逆半身内入り身転換・体の変更で手刀を上下から挟むように持ち、四方投げ表/天秤投げ。
  • 横面打ちに一歩進めて相半身内入り身・体の変更を同名側の手で振り込みつきを行うと内転換となり、受けが異名側の手で払うと取りは対側でその手背を包んで一教裏。
  • 村重流短刀術:入り身投げ/小手返し

2023年

3月

19日

天神町道場稽古 母指先が側頸を指すか着けるかは腋を閉じるか開くか

  • 単独動作の自主稽古:剣素振り(正面打ち、後ろ転換、切り返し連続)、合気の剣
  • 禊、鳥船
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 坐技相対基本動作:魂氣の珠を包み母指で蓋をして下段に与え、片手取りに呼吸法3本①腋を閉じて内巡りから接点より拳一つ分受けの中に入る気結びをしながら、母指先の反りで虚空に円を描いて掌を開き(陽の陽)、陰の陽(小手返しの手)に巡って腋を閉じ、母指先は地を指す。受けの手首を抑えにかかると、空気から掌に魂氣の珠を取り戻せない。②外巡りから陽の陰で腋を開き、母指先の反りを受けの手首の上に沿わせ、母指先が地を指してから受けの腋の下の空気を呼気で掻き取るように小手返しの手で魂氣の珠を包んで下丹田に巡ると二教。母指先を受けの手首の屈側に沿わせる矢筈で受けの手首を取り返して対側の手で手背を包むと、両手で受けの手首と手拳の手背側を絞り、地の上で二教表。③呼気で腋と肘を閉じながら掌を陰の陽(小手返しの手)で眼前に引き寄せて母指先で側頸を指し、受けの肘を過伸展させてから母指先を回外すると受けの上肢の下面に沿って腋に向けて掌を吸気で開く。受けの真中に魂氣を与える心で気結びとし、体軸を圧倒する。呼気で一気に魂氣を小手返しの手(陰の陽)で体側に巡ると受けは取りの背側で地に引かれて前廻りで落ちる。
  • 杖取り/杖投げで三教への動作の違い:杖取りは逆半身で外転換・外入り身で受けの両手の間で杖を上から取り・体の変更(45度に開く)で杖先を対側の手で上から被せて取って体軸側とし、受けの杖尻側の腋を緩めてから両手で気の巡りによる一教運動・二教・三教、体の変更で地に固める/杖投げは相半身で取らせて交差取り体の変更近似で杖尻側の手を離して杖先をとっている受けの手・小指球を包んで三教、杖先を解いて受けの腋に差し入れ受けの上腕を杖中で抑えて地にうつ伏せで制する。
  • 初心者は交差取り二教/三教。前者は片手取り呼吸法①に近似で手を被せて鳥船近似で上肢を伸展したまま魂氣を包む思いで下丹田に巡る/後者は魂氣を包んで与えた手は切り返し近似で上丹田に結び、同側の足は交差取り体の変更近似で受けの側面に入り、与えた手の小指球側を包んで三教。

 *合気体操、単独基本動作、剣素振り、単独呼吸法坐技以外の動きは一切不要。形が体得できれば目付が仕上げ。

2023年

3月

15日

水曜稽古の記録 魂氣の珠を失えば陰から陽への兆しは既に無い

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(呼気相で腋を閉じ陰の陽に畳み開いて側頸から前胸部を下丹田へ降氣)、回外(母指先を外に回して吸気で円を描き呼気で下丹田へ陰の陽で巡る)、昇氣(陰の陽で下丹田から呼気で腋を開いて側頸へ、吸気で虚空へ手掌を開いて魂氣を受けて呼気で降氣)、入り身運動、振り子運動、両手を吸気で天、呼気で地に氣の巡り(右手が陽なら左手は陰)
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動各種、下段受け流し(外転換)/上段受け流し(一教運動裏)、一教運動表、両手振り込み突きで一教運動、入り身転換・体の変更・後ろ転換、片手取り/交差取り想定で体の変更・後ろ転換(後ろ回転)
  • 坐技相対基本動作:片手取り呼吸法3本、交差取り呼吸法表/裏、正面打ち一教裏(膝を135度以上開いて軸とする。つまり剣線を外す。このとき両膝は180度以上開けないため対側の腰は踵から後に落ちて非軸足に相当する。対側の膝を軸側に閉じると同時に足先を外に回し、落ちた坐骨に踵を乗せる。
  • 魂氣を与えて交差取りに即内巡りと同時に剣線の外した踵を踏み詰めて軸とし、逆半身外入り身転換・体の変更で魂氣を天に発して相半身外入り身で受けの後ろ三角に足先を差し入れ、魂氣を母指先から受けの異名側頸部・背側へ降氣で下丹田に巡ると入り身一足の残心=入り身投げ裏。
  • 交差取りを陽の陽で取らせ、外転換で陰の陰に巡って軸足側とし、体の変更で内転換となり受けを導くと再度非軸足として、取らせた魂氣を陰の陽に返して昇氣から体軸として逆半身入り身転換・体の変更入り身投げ裏。手刀のままでは魂氣の珠を失ったままであるから陽への兆しは既に無い。
  • 後ろ肩取りに後ろ転換面打ちで受けの同名側の手刀を引き出し、入り身転換・体の変更で魂氣を畳み、呼吸法で軸足側として逆半身外入り身転換から体の変更で入り身投げ裏。
  • 真中を与えて突きに入り身転換で天地に開くと視野に入る受けの手を異名側の手で下丹田に結び、体の変更・後ろ回転で小手返し、視野に無いか、有っても取りの手にかからなければ入り身投げの技が生まれる。前者は体の変更・後ろ転換で入り身投げ、後者は昇氣呼吸法。
  • 諸手取りに取らさず内転換で両手を共に外巡りで開くと対側を地、与える方を天に分けて地を小手返しに、天は受けの手背を包む=小手返し。
  • 坐技胸取り二教:①同名側の手で四方投げの持ち方近似から振り子・入り身運動で二教②異名側の腋を閉じて矢筈で受けの小指球を下から包み、陰の陽に返しつつ振り子・入り身運動で二教。

2023年

3月

12日

天神町道場稽古の記録 剣・杖操法の左右の手足も正勝吾勝

  • 単独動作の自主稽古:剣素振り(正面打ち、後ろ転換、切り返し)、合気の剣より(打って突いて、後ろ転換、切り返し)
  • 合気の剣:一足一刀と入り身一足
  • 一足一刀で面打ち、切り返し、見切り、組み太刀3、
  • 単独基本動作:①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、④下段受け流し⑤片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑥片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で後ろ転換(結局後方一回転)、⑦交差取り想定で後方半回転=体の変更、⑧外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方半回転連続、前方一回転、⑨後方回転
  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じて手を畳んで魂氣を包む母指先で側頸を指し、腋を開いて母指先が側頸に接してから下丹田に降りる)、回外(側頸を指した母指を前方に向け、吸気で手掌を開いて母指先は左右から円をかいて呼気で下丹田に巡る)、昇氣(腋を開いて陰の陽で下丹田から側頸へ呼気で魂氣を上昇させ、母指先が側頸に接すると、吸気で両手を虚空に開く)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 相対動作:片手取り入り身転換・体の変更、諸手取り入り身転換(外転換・体の変更・外転換)で降氣の形から回外して体軸を非軸足に移すと同時に受けと結ぶ魂氣は地に下ろす、呼吸投げ。
  • 諸手取り前方/後方回転呼吸法
  • 組み杖6本
  • 十三の杖
  • 初心者は片膝つきからその内側で同側の手を円にして前回り受け身、交差取りで前回り受け身、
  • 片手取りから四教に対して腋を閉じて魂氣を降氣の形で側頸・頬・額と顔を撫でるように後ろ一回転で速形から下丹田へ降氣、呼吸法
  • 坐技片手取り呼吸法:畳んで母指先から伸ばす。上腕と肘は前胸部に密着し、母指先の反りが虚空から円を描いて地を指すまでは開かない。

2023年

3月

08日

水曜稽古の記録 非軸の膝を内に閉じるとき踵が坐骨におさまって正座へ

  • 単独動作の自主稽古:剣素振り、合気の剣、剣を用いて入り身転換反復、松竹梅の剣より、組み太刀15より、13の杖、杖合わせ6本より、
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じ陰の陽で母指先は側頸を指すと腋を開いて母指先を側頸に触れてから下丹田まで降ろす)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽で母指先を下丹田から側頸に上げる)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②下段受け流し(魂氣の外巡りと魄気の外転換)、③上段受け流し=一教運動裏、④一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、両手で振り込み突きにて入り身運動、⑤片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑥片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・後ろ転換(結局後方一回転)、⑦交差取り想定で後方半回転=体の変更・後ろ転換で昇氣呼吸法の単独動作、⑧外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方半回転連続、前方一回転、⑨後方回転
  • 片手取りを外転換外巡りで取らさず返し突きで側胸を巡って入り身転換で受けの手を下から取り返し・体の変更・外転換で隅落とし
  • 坐技胸取り二教裏、三教表、呼吸法、四方投げ、二教表
  • 両肩取り入り身落とし表/裏
  • 両肩取り入り身転換・呼吸投げ
  • 杖先を与えて片手取り相半身で一教から三教、四方投げ
  • 杖先を与えて両手取りで入り身転換
  • 杖取り:①直突きに外転換で軸足側の手で杖先を抑えて非軸足側で間を詰め、受けの両手の間で杖を抑えて外入り身で呼吸法、②直突きに外転換で軸足側の手で杖先を抑えて非軸足側の手を腰仙部に回して体の変更、交代した非軸足で外転換返し突き・小手返し
  • 坐技交差取り一教裏:坐技呼吸法での体の変更と入り身転換の違いは置き換えた膝が前者は大きく後方へ開いて剣線のわずかに外を指し、軸足(膝)となる。後者は剣線に直角となるよう開き非軸足(膝)に。大きく後ろに開いた膝を軸とするため、対側の元の軸足(膝)は非軸足となるだけでなく、坐骨が踵の後ろにすり落ちる。非軸の膝を内に閉じるとき踵が坐骨におさまって正座に戻る。

 *ちなみに、立ち技では前者は軸足先が体軸から解けて半回転して180度後方へ、軸足に戻る。後者は軸足先が体軸から解けて135度開いて前方を指し非軸足へ。

2023年

3月

05日

天神町道場稽古の記録 諸手取りを取らさず両手を上下左右に分ける

  • 単独剣操法:剣素振り、合気の剣、後ろ転換、切り返し
  • 組み太刀:合気の剣
  • 禊:天地に気結び、鳥船左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 片手取り入り身転換・体の変更(外転換へ続くと隅落とし裏)
  • 諸手取り入り身転換=外転換・体の変更・外転換
  • 諸手取り呼吸投げは諸手取り入り身転換・体の変更で軸足交代、これで初めて広義の体の変更。受けに与えた手と同側の足は空の気を解脱して真空の気に結ぶことになる、地に結ぶもよし。魂氣は呼吸法回外から伸展して地に結ぶ(魂の比礼振り)。
  • 諸手取り呼吸法:諸手取り入り身転換で昇氣にて側頸に結び後ろ転換で呼吸法裏
  • 諸手取りを取らさず差し出す手と同側の足を踏み詰めて内転換で対側の軸足側の手を地、差し出した手を天にして受けの両手を縦に並べ、同時に左右へ開き両手取り近似にすると、地の方の手は小手返しに持ち返す。天の手を下ろすと小手返し。
  • 杖合わせ6本(齋藤守弘師範による)、初心者は直突き・上段返し打ち
  • 13の杖(齋藤師範による)から1〜6

2023年

3月

01日

水曜稽古の記録 側胸から腋を擦り上げる振り込み突き近似:一教運動

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:特に、振り込み突き近似の一教運動
  • 坐技正面打ち一教から四教
  • 片手取りに外転換下段受け流しで取らさず外巡りから横面打ち、対側の手は二教の手で受けの同名側の手を払い、入り身転換・体の変更・後ろ回転にて小手返し
  • 片手取りに外転換・陽の陽から陽の陰・陰の陽に巡って手首を取り返して下丹田から前方回転で振りかぶって正面打ち近似で入り身一足は四方投げ表
  • 陽の陰で片手取りに与えて内転換・体の変更で受けの手首屈側を包んで取り返し、上丹田に降氣の形で寄せて陰の陽で上丹田に巡らせ、同時に対側の手で四方投げに持ち、前方回転で四方投げ表
  • 陽の陽で与えて交差取りに内転換(単独動作の外転換・体の変更)で受けの手首屈側に取りの手背を合わせて上丹田に杖巡りで結び、非軸足を一歩後ろへ置き換えること(体の変更)と同期して下丹田に降氣で受けは後ろに螺旋で落ちる、入り身落とし裏。

 *単独動作の内転換が交差取りでは外転換となる。入り身・後ろ転換で入り身落とし表となる。

  • 両手取り入り身転換・体の変更で非軸足側の手を上丹田に振りかぶり、相半身外入り身で横面打ち近似にて振り下ろすと同時に同側の足を退いて対側の手を陰の陽で受けの同名側上腕に絡めて座り、三教固め
  •  陽の陽で与えて交差取りに外転換で受けの手首伸側に取りの手背を合わせて逆半身外入り身の瞬間、受けは手を上丹田に巡って後ろ転換で片膝を着くと一教固めで返す
  • 真中を与えて正面打ちに外転換で異名側の手で受けの腋の高さで水平に陽の陰の円をつくって逆半身外入り身
  • 真中を与え、突きに中段受け流しで受けの背側に非軸足の踵と目付けを剣線から外し、同側の手(魂氣)を降氣の形に畳んで前胸部に寄せ、母指先を回外して前方に向け、同側の足(非軸足のまま)を半歩進めて母指先は受けの異名側の頸部を擦って取りの下丹田に陽の陰から二教の手で入り身運動、入り身投げ表
  • 真中を与えて受けの正面打ちの手刀に合わせて振り込み突きを受けの腋に貼り付ける思いで掌を開くと、継ぎ足による入り身一足で剣線を外して上腕伸側を突き上げることができる(振り込み突き近似の一教運動)、相半身で四方投げ、逆半身で一教

     

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です