2020年

11月

28日

体の変更の核心は陰の魄気にあり

 いま、左/右自然体(半身)で立つ受けの前方の足とその体軸を結ぶ線の延長(剣線)上に取りの中心が位置する。取りが異名側の足を前にして半身で立つと逆半身で対峙することになる。そこで、取りが後の足を軸足として体軸を直立し、非軸足である前方の足先をさらに半歩前に出しつつ、同側の掌に魂氣の珠を包む思いで受けの下段に差し出して与える。

 受けがその手首を異名側の手で掴む瞬間に取りは母指先を内に向けると、互いの手の接点は剣線から微妙に内側へ片寄る。剣線上にある取りの足腰は自身の腋の隙間で、剣線上の受けの前足外側にさらに半歩足先を踏み入れることが出来る。この際後ろの軸足は一気に伸展して体軸を前方へ移動させ、前の足先は魂氣を包む母指先に合わせて内股で地を踏み、鳥船の陽の魄氣となる。

 その瞬間、同側の手は受けに連なったまま腋が閉じて上肢全体が体幹に密着し取りの魂氣は相対的に下丹田へと巡るわけだ。同時に前の足に軸足を移して目付けを反転すると軸足はさらに足底で45度地を内側に捻り、足腰が体軸を支えて魂氣は下丹田に包まれるように同側の魄氣と結んで体軸が確立する。つまり、鳥船の陰の魄氣となる。魂氣は掌に包まれたまま、陰の陽(小手返しの手)で体軸に与る。

 伸展した後ろの足は今や前方の非軸足となって、足先が地に触れるばかりであるから、自ずと軸足側に送られてその足先方向には同側の手が腰仙部から陽の陽で差し出される。軸足交代がなされて目付けは180度転換し、今や受けの手は取りの体軸に結び、軸足を失って魂氣と魄氣の結びが解かれているから体軸は地に確立された状態ではない。取りに依存しているのであって、取りが受けと一体になる、と表現されることが多い。これを片手取り入り身転換とする(画像、動画①)。

 

片手取り入り身転換は相対基本動作の一つであり、技の生まれた状態ではない。取りの魂氣が受けに及びその中心にひびき、底を抜いて初めて受けに対して技を生むのであって、そのとき取りは残心として、自身の魂氣と魄氣が丹田や体軸に結んでいる。つまり禊である。

 体の変更はこの入り身転換からもとの半身に戻らなければならない。前方の非軸足先を地に止め置かず、前方に差し出して掌を天に向けた同側の腕とともに一歩後ろに置き換えて軸足に交代すると、もとの半身でなおかつ陰の魄氣の姿勢にもどる。同側の陰の手は腰仙部に置いて体軸を確立する。

 このとき両手はいずれも陰で体幹に密着している。しかし受けに連なる手は陰の陽で下丹田にありながら、最早体軸から解かれており、受けの存在も取りの体も対側の手足腰の結びによる体軸へと移っている。つまり、今や下丹田の手は弛緩屈曲しながら身の軽さを得て自由に魂氣を陽で発し、緊張伸展することが出来る。〝魂の比礼振りが起こる〟と言い表される状態であろうと考えられる。陽の魂氣への〝兆し〟が生まれているわけだ。

 言葉と動作を繋ぐものは、まさしく〝心の持ちようである〟と開祖が述べているように、思いである。言葉と思いと動作の三位一体こそ合気の核心であり、口蜜・意蜜・身蜜の三密加持に通底するところである。

 そこで魄氣を陽として鳥船近似で下丹田から魂氣を差し出せば、受けは取りの手の伸展により、体軸を失ったまま前方に放たれる(動画②)。あるいは受けが軸足を前方に作って受けの正面に転じた場合、取りが再度その場で入り身転換すれば、受けを引き続いて導くこととなり、はじめの動作からその終末までは、片手取り後ろ回転ということになろう。小林裕和師範が示される体の変更である。

 それは、常に動作の途中にある所謂体捌きであり、次の軸足交代、つまり転換、入り身、あるいは回転に連なって行き(開祖の言葉では〝千変万化〟)、様々な技を生み出すところの基本動作であって、静止ではない(動画③、④、⑤)。

                           2020/11/28

続きを読む

2020年

11月

18日

幸町道場稽古 胸(背)と同(異)名側の背(胸)との漆膠の身

杖投げ:呼吸投げ

  • 杖を両手順手で持ち水平に差し出し、受けは両手で内側を取る。一方の足を軸足に決めて他方の足を後ろに半歩置き換え、同側の手を膝に合わせて真下の地に着け、対側の手は二教の手で前腕を水平にして中丹田に結ぶ。体軸は直立のまま傾きを作らず、目付も前方に一定で体軸の捻れを作らない、つまり杖を立てる。坐技入り身運動に近似。
  •  相半身で杖中を取らせつつ前方の足を一歩後ろに置き換え、同時に杖先を水平に回して膝と同時に地に着いて対側の杖尻を持つ手は中丹田に結び杖を斜めに後ろ突き。坐技入り身運動に近似。

 

禊、単独呼吸法坐技、合気体操、単独基本動作、

 

相対基本動作:坐技片手取り呼吸法三本、

       坐技両手取り呼吸法二本(下段に陰の陽で/中段に手刀で与える)

 

 正面打ち入り身投げ裏

  • 入り身転換反復
  • 入り身転換・体の変更から受けの真中に後ろから一歩進めて返し突き
  • 入り身転換・体の変更からその場入り身転換で(後ろ回転に相当)陽の魂氣は天を指して受けは取りの前を通るが受けの側頸には取りの同名側の魂氣が結んでいる。受けの対側の頸部は同名側の取りの肩と脇が作る体側上端に嵌る。その瞬間に取りの魂氣は地に下りて受けの背側を抜ける。

 

突きに外転換呼吸法/外転換・体の変更呼吸法(いわゆる側面入り身)

 *入り身は胸と、受けの同名側の背との漆膠の身。側面入り身とは背と、受けの異名側の胸との漆膠の身

2020年

11月

15日

天神町道場稽古 杖先を操るには杖中を固定して杖尻の上げ下げ

  • 禊:天の浮橋に立たされて、天地の氣に氣結び
  • 鳥船、左右左:魄氣の陰陽で軸足確立と体軸の揺れ
  • 坐技単独呼吸法:降氣、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、一教運動裏、一教運動裏
  • 単独基本動作:一教運動表(三角の入り身、井桁に進む)、下段受け流し、入り身転換、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作

 杖取り:

 自然本体で両手を大上段に構えて直突きに逆半身外転換・軸足側の手は順手で杖間(両手の間)を上から取って(交差取り近似)対側は杖先を抑えて体の変更で杖間の手を畳み降氣の形とし、杖尻を同名側の受けの手とともに天を指し、杖先は後ろに置き換える非軸足とともに地を指すと、受けは一歩前に進んで相半身と成る。

 

 取りは体の変更による軸足と今や取りにとっての杖尻が結んで地を指す。それを軸としその場にて杖巡りで杖先が受けの手首を屈側から伸側へ巡ってから前方の非軸足を軸に交代して杖尻で返し突きにて一歩踏み込むと杖尻は杖先となって受けの項部から肩、上腕を伸側で杖にて抑える。受けの手は杖に沿って伸展し伸側が地に結んで一教表固め。

 返し突きにて後ろ回転すれば一教裏。

 

 杖巡りで杖先が受けの手首を屈側から伸側へ巡ってから杖先を受けの中丹田へ

直突き。  二教。

 

 杖巡りで受けの手首を屈側から伸側へ巡ってから杖先を水平にしたまま受けの腋の下を背側へ軽く向ける(八双構え近似)と受けの前腕は垂直になって三教極め・後ろ回転で三教固め。

 

 自然本体で両手を大上段に構えて、受けの直突きに外転換・非軸足側の手は上から杖先を抑えて軸足交代し、逆半身入り身と同時に対側の手は順手で杖間(両手の間)を上から取って(交差取り近似)軸足交代すると、杖先の手を非軸足に合わせて地に向けつつ間合いを詰めて再度軸足交代すると杖は縦に成り、杖間の手は陰の陽で畳まれたまま体軸から解かれて、杖先(取りには杖尻と成っている)が上丹田に巡り、今や元の杖尻は受けの側頸に進み元の杖先は上丹田に巡る。呼吸法(側面入り身)。

 

 自然本体で両手を大上段に構えて、受けの直突きに内転換から相半身内入り身で上から杖間を取って杖先を下丹田に結び体の変更の陰の魄氣で杖間の手を畳みつつ受けの同名側の腋の下へ置けば、受けは一歩前進して逆半身と成る。軸足交代し、後の非軸足と杖先を地に向けて間合いを詰めて再び軸とすれば、元の杖尻は取りの体軸から解かれて杖間の手は伸展して受けの腋の下を突き上げて受けの同名側の頸部に向かい元の杖先は上丹田に巡る。呼吸法(側面入り身)。 

2020年

11月

12日

幸町道場稽古 受けの突きを外転換で通す

  • 禊:天の浮橋に立って天地の氣に氣結びする。呼吸と共に左右の手で魂氣を合わせ、下丹田で魄氣に合わせる。
  • 鳥船:鳥船の核心は魄氣(足腰)の陰と魂氣(手)の陰が同期して下丹田で結ぶこと、つまり軸足の確立にあるが、魄氣の陽は魂氣が陽から陰へと巡る瞬間であり、軸足は伸展して地を踏み非軸足は下腿が垂直に地を踏む。吸気から呼気への途切れない移行点であって静止しない。魄氣の陰は一瞬の静止であると言えよう。

 *吸気で陽、呼気で陰、

  魂氣の陽は魄気の陰から進める

  魄気の陽は既に魂氣の巡りである(魂氣と魄氣を陽に合せて静止しない)

  魄氣の陰では既に魂氣は丹田に結び魂氣の陽の兆しである

  魄氣の陽は静止して目にできる姿勢ではない。

  軸足を失い体軸の移動する瞬間である。

  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(魂氣の内巡りは片手取り、外巡りは交差取りを想定して)、前方半回転連続/一回転(軸足先へ一歩置き換える)、後方回転(軸足の踵側へ一歩置き換える)。
  • 相対基本動作:交差取りに母指先を内に巡って一旦軸足側として畳んで外転換によって非軸足側に交代すると同時に陽の陽で差出して狭義の陰へ掌を返して受けの手首伸側へ貼り付けると同時に手首から遠位を広義の陰へと巡らせる。対側の手は受けの手背に被せてともに下丹田へ結ぶと受けの対側の手は地に結んで対軸を支えざるを得ない。二教。
  • 掌を返して受けの手首伸側へ貼り付けると同時に陰の陽で包み、取りの中丹田に巡らせ体軸側とする(その場入り身転換)。受けの前腕は縦になり、同時に対側の手で受けの小指球を三教にはぎ取り非軸足側として陽で掲げる。解かれた手は受けの指を束ねて手掌側から添える。直ぐその場入り身転換で三教の手は軸足側(体軸側)になって(いわゆる腰で持つ、八双の構え近似)軸足に沿わせて地に結ぶ。三教。
  • 自然本体で対峙して両手を頂丹田へ大上段に構え、受けの突きを外転換で通す。したがって軸足側の手は残して対側の手で円を描いて下丹田に下ろすと、非軸足先と同側の下丹田の手(陰の陽)、そして受けの手拳が縦に並んで剣線上にある。受けは一歩前に進んで半身を変える。取りは再び自然本体で対峙して両手を頂丹田へ大上段に構え、受けは連続の突き。
  • 突きに外転換から非軸足と同側の手を後ろに置き換えて体の変更。頂丹田の手は降氣で受けの母指球を下丹田の位置に包んで後ろ回転にて小手返し
  • 受けの手拳が引き戻されて母指球を包めなければ、非軸足先と共に受けの魂氣に合わせて逆半身外入り身。井桁に進んで相半身入り身投げ。

 *踵の後ろへの置き換えと、一歩後ろに下がる動作の違いを知ること。前者は魄氣の陰、後者は魄氣の陽で歩幅が大きく体軸・軸足を失う瞬間であり、次の動作で体軸を作ると受けから大きく離れており、技の〝つくり〟(互いの魄気の結び)。からもかけ離れることとなる。

2020年

11月

04日

幸町道場稽古 陽の魂氣を陰にして魄に任せる

  • 禊:天の浮橋に立って天地の気に気結び、気の巡り
  • 鳥船:左右左・魄氣の陰陽、魂氣と魄氣の結びによる陰の魄気で体軸の確立。結びを解いて両側の魂氣を差し出し、陽の魄気と同時に魂氣を陰に巡らす。
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(魂氣を下段に差し出して内巡りから魄氣の陽で下丹田に接して転換で結ぶ/交差取りを想定して外巡りで入り身転換により腰仙部に結ぶ)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 坐技相対基本動作・手刀を作って取らせた坐技両手取り呼吸法:取りは手刀を作って広義の陽で両手を中段に差し出す。つまり上肢を緊張伸展して肘と脇を開く。受けは取りの手首の橈側内面(屈側)を母指球が、外面(伸側)を掌が密着して包むように握る。同時に、取りはやや前傾で脇が閉じて肘は前胸部に結び、重さを体軸で感じつつ上体を直立に戻す(陽の魂氣を陰にして魄に任せる)と同時に、母指先の反りに合わせて魂氣が虚空の上方に発せられる思いで腋が開いていく。受けの母指球よりも取りの母指球背面が上方に位置する瞬間、身の軽さを得る。受けの魂氣の接点より中に入るから気結びが為されたわけだ。脇を開いて更に母指先の反りが側頸に巡るように吸気で魂氣を発し、呼気で振り子運動に入ると受けの体軸も同期して傾く。傾斜した方向の対側の膝は非軸足に相当し、半歩前内方に置き換えて正座に戻り軸足側の手は異名側の受けの手首に固め。
  • 相対基本動作:片手取り内巡り入り身転換・体の変更/交差取り外巡り入り身転換
  • 交差取り外巡り入り身転換・体の変更で対側の手を昇氣で側頸に結ぶ。軸足交代の瞬間に非軸足を内股ですぐ軸足交代して逆半身外入り身で魂氣を陽の陽に発して受けの同名側頸に取りの前腕撓側を密着して体側へ巡らせ・残心で呼吸法。
  • 交差取りに逆半身横面打ち外入り身転換で受けの母指球を包み、体の変更・後ろ回転で小手返し・固め。
  • 片手取り外転換で魂氣を陽の陽で差し出し、対側の手で受けの手首を取り、与えた方の手の掌を手背に返して受けの手を外し、その掌に受けの指四本を束ねて刈り取るように陽の陰で包み、その場入り身転換で鏡返し。
  • 諸手取り外転換・魂氣を陽の陰から陰の陽で気の珠を包み、降氣の形に上肢を畳んでから母指先方向を回外して同側の膝を地に着けると同時に魂氣(母指先)も直下の地に結ぶと呼吸投げ
  • 二人取りにその場の入り身転換で軸足を作り降氣の形で上肢を畳んで母指先は側頸を指す。再度入り身転換で母指先を回外し、対側の手を同様に降氣の形にして軸足側とする。非軸足の膝を地につき同側の母指先を直下の地に結ぶ。同時に対側の母指先を回外しておき、次に同側の膝を着いて正座と共に直下の地に結ぶと連続の呼吸投げ

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です