*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「円に十を書く」に「4. 神に喩えられた軸足(合気神髄より)」8/1          「5. 正面打ちに対する捌きのすべて」8/14          「6. 魄氣の陰陽と軸足」8/22          「7. 同側の魂氣と魄氣が反対方向に動作する」8/24          「8. 天之常立神」8/29          「9. 入り身と二教」9/1          「10. 魂氣と魄氣の陰陽/空の気と真空の気」9/14          「11. 入り身転換から体の変更で生まれる技」10/5          「12. 姿勢を決める入り身転換」10/14 「おしらせ」に10月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/10/13

2019年

4月

28日

天神町道場稽古 接点(接触面)の固定しないことが真空の氣に結ぶこと

  • 剣素振り
  • 剣合わせ:氣結びの太刀
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換(陰の魂氣を下丹田に/腰仙部に)、入り身転換反復、前方回転(半回転繰り返し/一回転)、後方回転

 

  • 相対基本動作坐技:上段に与えて受けの手刀に結んで地に巡る(片手で天地に氣結び)。接点(接触面)の固定しないことが真空の氣に結ぶこと。

 *魂氣の描く円の中心は虚空に在り

  • 坐技正面打ち一教運動表裏(上/下丹田にある大仏の手)
  • 坐技正面打ち一教固め表:大仏の手の上丹田では陽の陰で同側の膝は受けの真中に入る。受けの同名側の手を地に着かせる。下丹田では陽の陽から、母指先を内に転じて腋を更に閉めて受けの手首屈側を上から包み示指球は尺骨内側縁に嵌めて下丹田に陰で巡ると、同側の膝を外に軽く開いて軸とし、空いた地に受けの手首を滑らせ、軸膝を過ぎて外へ着地する。状尻を手繰る動作、あるいは鳥船のイエィで結んでからホーと発する寸前の後方へ伸展する動作に相当する。                      受けの上腕伸側を包んだ上丹田の魂氣は陰の陽に巡って下丹田まで降りる。受けは前三角の頂点に体軸が倒れてうつ伏せで地に結ぶ。
  • 坐技正面打ち一教固め裏:上段に与えようとする魂氣は受けの正面打ちの後手を引き、鎬を作って取りの上段に結び同側の膝を内に置き換えて膝を閉じることで軸足は剣線を外し、対側の手は畳んで側頸に位置して(砲丸投げの手)返し突きで同側の非軸足(膝)で逆半身外入り身。これで両手は大仏の手となり、以下は表に同じ。
  • 坐技正面打ち四教表:下丹田の手は陰の陽で受けの手首の外から掬い上げて中丹田に掲げて包み、対側の上丹田の手は陽の陰で突き出しておいて、直ぐ四教で橈骨内縁に示指球を結び下丹田から地に結ぶ。
  • 下段に与えて片手取りの手を外転換とともに中段で陰の陽に畳み、対側の手をその外側に接して陰の陽から陽の陽へ発すると同側の非軸足を軸足へと踏み、同名側の受けの手は離れてその上で取りの魂氣は結ぶ。軸足交代で受けの外へ逆半身で入り身して、継ぎ足は受けの後ろ三角の頂点に送って受けの側頸に両手で魂氣をひびかせると、残心で入り身投げ表。
  • 下段に与えて片手取りの手を外転換とともに中段で陰の陽に畳み、対側の手をその外側に接して陰の陽から陽の陽へ発すると同側の非軸足を軸足へと踏み、同名側の受けの手は離れてその上で取りの魂氣は結ぶ。軸足交代で受けの外へ逆半身で入り身・転換に続き反復入り身転換で入り身投げ裏。
  • 坐技両手取り呼吸法:呼気で前胸部に畳んで母指先を側頸から前方へ回す間は体軸に与る上肢であって、弛緩屈曲しているが腋は固く閉じている。

 *掌や肘を緊張させて固く閉じて腋が緩んで開くと、空の気の結びからすでに崩れる。それでは空の気の結びがなされた後、それを解脱して真空の氣に結ぶ魂氣の動作(呼吸法)が成されない。

 *坐技両手取りから呼吸法も大仏の手で天地に結んで受けの両手を縦に並べる。

2019年

4月

24日

幸町道場稽古 二寸の開き

 武技の本質は、生きることの確立であり、息による魂氣と魄氣の結びに始まり、それを禊と言う。〝合氣とは禊である〟と。

 動と静において手足腰目付けの働きを極限まで発揮すること。緻密であり正確であること、つまり無駄が無いこと。速さはそれによって可能となる。

 動く手足もさることながら、一瞬動きの無い対側の手足に理が在る。

 

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、直突き、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(片手取り/交差取りとして)、前方回転二法/後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法3本/両手取り呼吸法
  • 上段に与えて後ろ両手取りに上肢を畳んで鎬を作って陰の魂氣を軸とする入り身転換で天地(上丹田と下丹田)に結ぶ。
  • 上段に与えて後ろ両肩取りに天地の結びは、上丹田の高さで受けのこめかみに返し突きで軸として入り身転換により、魂氣は天とし、非軸足の膝に対側の手を置いて軸足へと交代し、天地の結び。交代した軸足は屈曲した膝に手を置いて前方回転/後方回転によって上丹田の陰の魂氣は頬を降りて側頸に結んで肘が受けの胸骨上窩に嵌まり、入り身転換で非軸足側になると同時に陽の陽で魂氣を発して同名側の受けの上腕屈側に接し、180度開いた受けの腋を経て中丹田から体軸にひびき、腰仙部(底)を抜けて受けは螺旋で落ちる。呼吸法(動画①
  • 自然本体のところへ直突きに横面打ち(真中を撃て:陽の魄氣)入り身、入り身転換.
  • 自然本体のところへ直突きに外/内転換(二寸の開き)・三位の体(陰の魄氣)から前の足を踏んで軸とし外/内入り身.

 *交代した軸足が体軸を確立することは、直立した体軸の対側に非軸足と陽の魂氣を生み出すことになる。

続きを読む

2019年

4月

21日

天神町道場稽古 手は体軸に与るか虚空に円を描くか

  • 剣素振り:右/左片手正面打ち、真っ向切り
  • 剣合わせ:氣結びの太刀
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換(内/外巡り)、前方回転(半回転反復/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて一教運動表(取りの掌を地に着ける)。正面打ち一教運動裏(鎬を作って軸とし、外入り身・外転換で大仏の手)

 *鎬が体軸に与り、対側の手が受けの手首を取って後ろ回転。または体軸へ交代する前に返し突きで陽の陰の手が受けの上腕を包めば下丹田に巡って軸とし、後ろ回転へ。

  • 坐技正面打ち一教裏
  • 交差取りに陰の陽で側頸に畳んで軸足とし外転換で軸足交代と共に陽の陽で発して相半身内入り身で天秤投げ
  • 後ろ両手取り天地に結んで上下を入れ替えて天秤投げ
  • 片手取り外転換四方投げ表
  • 片手取り外転換で上段に鎬で結び、後ろ回転呼吸法

2019年

4月

17日

幸町道場稽古 形を作るよりも基本動作の連なり

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、外/内巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  • 相対基本動作:下段に魂氣を与えて片手取り入り身転換・体の変更
  • 片手取り入り身転換・昇氣で側頸に結び軸足交代にて入り身転換反復で陽の魂氣を発する、呼吸法裏。側頸から同名側の受けの側頸へ結ぶ。それでこそ受けの魄氣まで取りの魂氣がひびく。
  • 片手取り入り身転換・体の変更(陰の魄氣)・剣線に直角で半身を転換し下丹田の魂氣を腰仙部へ巡る陰の魄氣で残心、受けは取りの後方へ螺旋で落ちる。隅落とし裏。
  • 片手取り入り身転換・体の変更(陰の魄氣)・剣線に直角で半身を転換し転換・剣線上に入り身、魂氣は下丹田に巡って残心。隅落とし裏。

  *残心の姿の違い、前者は陰の魄氣ですでに三位の体。後者は入り身一足。

  • 上段に魂氣を与えて後ろ両手取りに入り身転換で天地の結び。上丹田の魂氣は鎬を作って体軸に与る。下丹田の魂氣は小手返しの手で非軸足側に相当し、一歩後ろに置き換えて入り身転換で魂氣を陽の陽に発すると受けの母指球は露出するから上丹田の対側の手を降ろしてそれを上から包みながら体の変更で下丹田に結ぶ。陰の魄氣から後ろ回転へ進めながら受けの手背を同名側の掌で包むと小手返し。
  • 後ろ両手取りから二教表/十字投げ
  • 両手取り入り身転換・体軸側の手を下丹田に、非軸足側を上丹田に結んでから降氣で同側の膝とともに地に結んで呼吸投げ
  • 両手取り入り身転換・体軸側の手を昇氣で側頸に結び、非軸足側を下丹田に結び、入り身転換で軸足交代して陽の陽で側頸から魂氣を発して呼吸法。手(母指)、足(母趾)、腰、目付けの一致。空の気を解脱して真空の氣に結ぶ。
  • 両手取り相半身から内転換で上丹田の魂氣を体軸側、下丹田の魂氣を非軸足側として膝とともに地に結ぶ呼吸投げ/逆半身内入り身転換で上丹田から地に降氣で呼吸投げ。

2019年

4月

14日

天神町道場稽古 畳んで体軸を作って閉じた腋は軸足交代まで開けない

  • 剣素振り:片手右/左正面打ち、真っ向切り、横面打ち(袈裟切り)
  • 剣合わせ:突きに下段受け流し逆半身突き
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し)入り身転換、前方回転二法/後方回転
  • 相対基本動作坐技:下段に与えて片手取りに呼気で上肢を畳み陰の陽で母指先を側頸に向け軸とするが、対側に軸を移して吸気で母指先から外・上段へ陽の陽で発する(掌を開く)。
  • 相対基本動作坐技:片手取りから外巡り・肘を落として受けの手首尺側に接した母指先を天に向けて掌を開くと小指球と共に屈側に密着しつつ入り身運動で魂氣を陰の陽として下丹田に巡る。
  • 相対基本動作坐技:片手取りから呼気で上肢を畳み陰の陽で母指先を側頸に向け軸とするが、母指先を内から前方に回して受けの手首屈側に取りの手背を下から密着させ(氣結び)吸気で母指先から順次受けの真中へ向けて魂氣を発する思いで掌を開きながら上肢を伸展すると、受けは対側の手を後ろで地に着けて上体を支えるが、取りは呼気に転じて上肢を畳み、体側に巡って小手返しの手で地に着ける。受けは取りの斜め後方へ前回り受け身(動画)。

 

  • 陰の魄氣(三位の体)で魂氣を下段に与えて片手取りから母指先を内に巡って出来る隙間へ陽の魄氣でさらに半歩出して内股に踏み換えると、魂氣は受けの手とともに陰の陽で下丹田に結び半身を転換して陰の魄氣で向き直ると、対側の手は自由に陽の陽で前方に発することが出来る。入り身転換では与えた手と受けの手は下丹田で結び、体軸に与る。

 *体の変更は、入り身転換の三位の体から非軸足を後ろに置き換えて軸足交代によって、下丹田の手は陰の魂氣でありながら体軸から解脱して同側の非軸足とともに陽の魄氣で前方へ発すると受けは結んだまま前方に放たれる。

  • 上段に与えて受けが手刀で守り、空いた脇腹へ対側の手を返し突き近似で逆半身外入り身、巡って受けの手の小指球側を包み体の変更と同時に、はじめ与えて巡った手を振込突きで受けに払わせて腋の下を逆半身外入り身転換で三教。固めは表二法。
続きを読む

2019年

4月

10日

幸町道場稽古 母指先から発する陽の気を巡らし円を描く

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換・反復、前方回転(半回転繰り返し/一回転)、後方回転
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、水平に気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 相対基本動作:交差取り外転換/片手取り外転換・外巡り陽の陰で入り身転換にて二教に進め、母指先が地を指したまま体の変更からさらに一歩後ろへ置き換えて受けの手首を上から包む。
  • 片手取りに外巡り外入り身転換二教から体の変更・さらに一歩後ろに置き換えて受けの手首屈側を上から取り返すと受けの側頸に同名側の足腰が接して、三教表の固めへ。
  • 片手取り降氣の形で入り身転・体の変更・小手返しの手で地に結び呼吸投げ。
  • 片手取り外転換・降氣の形から上丹田に鎬を作って後ろ回転呼吸法/入り身投げ/四方投げ裏。
  • 坐技両手取り内巡り降氣の形から陽の陽で外側の地へ発して陰に巡って四教/外巡りから陽の陰で受けの両手の内側に沿って母指先を地に向け下丹田に巡る方向で二教。

2019年

4月

06日

天神町道場稽古 正面打ちと真っ向切り

  • 剣素振り:正面打ちと真っ向切り
  • 剣合わせ:正面打ちに正面打ちで相半身内入り身・突き
  • 正面打ちに上段受け流し逆半身外入り身で正面打ち
  • 禊:天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換、前方回転二法/後方回転
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて魂氣の比礼振りで結び、対側は振込突きにて両手で天地の気の巡り(正面打ち一教表)、
  • 坐技正面打ち一教裏:受けの外へ剣線を外して同名側の手で鎬を作り逆半身外入り身で返し突き
  • 正面打ち入り身投げ表/裏

2019年

4月

03日

幸町道場稽古 円を描けば接点は喰い入る

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、前方回転二本、外/内巡りで入り身転換・反復、
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて受けの手刀の接点で陰の陽から陽の陽へ、魂の比礼振りで受けの魂氣に結ぶ
  • 相対基本動作坐技:下段に与えて腋を閉じて陰の陽で体軸に預ける。回外して母指先を受けに向け、陰の陰で手背が取らせた受けの手の屈側に結び陽の陰で掌を開いて受けの顔を包む
  • 襟取りに相半身振込突きを払わせて陰の陽で受けの伸びた手に被せて軸足側として内転換。陰の魄氣で小指球を包むと、非軸足側となるため足先は外二向けて再度軸としいぇ一教運動で二教表/外転換から後ろ回転で振り返ると二教裏
  • 片手取り外巡り外転換から陽の陰で矢筈に開き受けの手首の屈側を掴み下丹田に巡りつつ同側の非軸足で入り身転換で肘極め
  • 片手取り外巡りで対側の手を振込突き、内から外に払わせて、取らせた手は陰の陰で上丹田に結び、受けの腕の下を相半身外入り身転換、上丹田から地に降ろした魂氣で受けは前回り受け身、呼吸投げ

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です