2011年

10月

30日

天神町道場稽古 正勝吾勝は守破

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:横面打ち入り身運動では手刀でなく剣を取って額と丹田の間で結ぶ降氣に近似。
  • 相対基本動作:坐技片手取り下段・呼吸法(降氣から陽の陽、降氣から回外・陽の陰)、坐技両手取り呼吸法(下段/中段)、坐技上段(正面打ち)呼吸法、立技片手取り入り身運動(外巡り、内巡り)、片手取り入り身転換、片手取り中段・転換

 *片手を吸気で差し出すとすぐ呼気で丹田に巡る。受けに掴まれている腕を丹田に引き戻すイメージではない(合氣体操の最後に上肢を差し上げて手首より先を伸展しながらも脱力して震わせ一気に上肢全体を脱力する動作に近似)。呼気で上肢を陰の陽として丹田に向かい同側の足腰を陽の魄氣で入り身する。外巡りの入り身運動に比べて受けとの間合いは浅い。その分引き続き転換で確実に丹田に結ぶ。

 *取られた手を感じながら陰に巡れず一瞬丹田の遥か前で停止して入り身転換しようとする動作は魂魄の結びができず、容易に四教で取りが抑えられる。

  • 片手取り中段・転換鏡返し:踏み替えと後ろ回転との違い

 *踏み替えは残心・目付を厳密にしなければ受けの足に接触する。後ろ回転が受けを遠ざける。

 *受けの手を返し突き近似で中段から丹田に巡る時、魄氣を転換の状態から送り足で(踏み替えず)その場に残心をとれば、受けは取りの後方に螺旋で落ちる。

  • 片手取り中段・転換四方投げ表
  • 相対基本動作:正面打ち入り身/入り身転換:一教運動表(先手)/裏(後手)

 *相打ちは直突き入り身転換と横面打ち入り身転換、また後手では横面打ち転換と杖巡り転換も突きに対すると同様に対応。

  • 正面打ち入り身投げ表裏
  • 坐技片手取り四教

  *小学生の部昇級審査(参級):緊張の中、日頃の稽古で培った基本動作を十分にやり遂げたところに価値がある。最近強調している単独呼吸法の一部を体がすでに覚えている。たまたま今日の稽古で取り上げた魂氣の動作を基本技の中でちゃんと左右示している。自分自身をほめてやるに値することであり、努力の積み重ねがその通りの結果を残せるという自信をもってほしい。ということは、一つ一つまだ確実ではない部分に注目して稽古すればまた一層進歩に繋がるわけで、本日参加の会員にも感銘を与える昇級であった。冒頭今日の稽古の要旨に繋がった。

 *正勝吾勝勝速日は「合氣道の特徴」に、守破離は「合氣道の理解方法」に掲載

 

 

0 コメント

2011年

10月

26日

幸町道場稽古 振り子運動の相対動作

  • 単独呼吸法:振り子運動他
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:片手取り入り身運動陰の陰/陰の陽、片手取り入り身転換、片手取り転換
  • 片手取り下段・呼吸法表、片手取り下段・呼吸法裏
  • 片手取り中段・取らさず転換・小手返し:中段から陽の陽で振りかぶり即座に陰の陽で丹田に降ろす流れで受けの差し出す手首に当たる瞬間に取り、取る瞬間に返す。踏み替えによる転換の反復で小手を返す。対側手は丹田より下に落として陽の陰で振り上げ受けの手背に合わす(表)。

 *入り身転換と転換を区別して裏と表を行う。

  • 坐技交差取り二教表裏:腋を閉じて降氣の形から陽の陽・陰の陰に巡って二教で丹田に結ぶ。閉めた腋と同側の腰と膝に重心を置く。裏は腋を閉めながら同側の肘・腰・膝を後ろに置き換える。対側の膝が軸となっている。振り子運動の相対動作。
  • 両手取り天地投げ:天の魂氣は腋を閉じて狭義の陽(降氣の形をイメージするが)地は陰の陰で外巡り逆半身入り身運動。そのため天の魂氣は腋が開きつつ前腕内側(尺側)は受けの異名側前胸部に密着する。そのあとから陽の陽で擦り上げるとすぐ受けの肩を越えるからそれに沿って陽の陰・陰の陰に巡る。同側の足は入り身運動の送り足に引き続き軸足へと移行し半歩出て対側足を踵の後ろへ置き換えて相半身入り身運動。受けは取りの内側後方に前方・後ろ受け身とも言うべき呼吸法の受け身で取りに絡むような螺旋で落ちる。
  • 坐技正面打ち四教表:肩の高さから四教で取って丹田へ陰の陰で結ぶ・腋をきつく閉じているが肘は伸展したままで広義の陽に相当。丹田の直下の地に結び振り子運動と目付は坐技の残心。
  • 相対基本動作:突き、正面打ち、横面打ちに対して相打ちで横面打ち入り身運動と、後手横面打ち入り身運動/後手杖巡り入り身運動を連続、自在に。
  • 片手取り下段相半身外入り身転換回転投げ:取らせて外巡りから対側手で直突きの間に額に結び・対側手は払われて受けの腋の下で相半身入り身転換。陰の魄氣であり魂氣は額に陰の陰で結んでいるが目付を保つことが肝要。払われた手は腰の後ろに陰の陽で結び、足の置き換えと同時に額から魂氣を降ろす一方、腰から手刀を振りかぶり丹田に振り下ろす流れで受けの項から異名側の頸部に結び、対側手は取らせたままの受けの異名側手首を下からすくいながら掴み差し上げる。一歩前に踏み出すと回転投げ。手刀を振りかぶるときから魄氣は陽で残心までの目付と背筋の直立、胸と足腰の押し出しが肝要。
  • 坐技 陽の陰・中段で交差取りを取らさず受け流して陽の陽へ巡り陽の陰で受けの真中へ当て:陽の陰で差し出した手を受けが交差取りを行うべく伸ばした瞬間、広義の陰に転じて腋を閉じ、狭義の陰から陽へ受けの手首の下を巡るが、肘を直角に保ち降氣の形とは間合いも速さも異なる。

 *取れば降氣の形で交差取り各種

 

0 コメント

2011年

10月

19日

幸町道場稽古 杖巡りと横面打ち入り身運動の降氣

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:横面打ち入り身運動、降氣受け流し他
  • 相対基本動作:坐技正面打ち呼吸法表裏、坐技中段交差取り二教、立技片手取り入り身運動、片手取り入り身転換、片手取り呼吸法裏
  • 相対基本動作:胸取り払って横面打ち入り身転換(16日小手返しで稽古済み)
  • 胸取り払って入り身転換・入り身投げ

 *前方の足を後ろに置き換えて相半身の後即一歩入り身。置き換えは一歩下がることではない。

  • 相対基本動作:突き後手逆半身入り身運動二本
  • 突き後手相半身杖巡り転換四方投げ

 *手刀を振りかぶり突きの手首に打ち降ろす間合いでもなく動作でもない。陰の巡りである。

  • 突き後手逆半身杖巡り転換・相半身入り身転換三教
  • 後ろ両手取り結びの形から置き換え踏み替え天地投げ

 *突き後手杖巡りと後ろ両手取りの結びは前者が額から丹田、後者は降氣の形から額への結びで、それぞれ対極にある。いずれも陽の魂氣では成し得ない。

  • 坐技下段片手取り呼吸法二本(降氣・陽の陽、降氣・回外・陽の陰・陰の陽)
  • 坐技両手取り呼吸法

 

 

0 コメント

2011年

10月

16日

天神町道場稽古 掴み技の先手

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動のうち横面打ち入り身運動の額と丹田の間の振りかぶりと脱力・結びと入り身
  • 相対基本動作:片手取り内巡り入り身運動、片手取り入り身転換、中段片手取り転換
  • 片手取り中段取らせず転換・対側の手で受けの手をしたから受け、元の手を陽の陽から脱力して陰の陽で丹田にて小手返しで取る。同時に対側手を後方に結び、返し突き近似で小手返し。
  • 片手取り中段転換陽の陽から母指方向に進め陰の陽で巡ると同時に対側手で四方投げの持ち方にて表に一歩入り身転換で四方投げ。
  • 胸取り取らせず払って杖巡り近似で四方投げ:置き換えて相半身となって払うとすぐ一歩入って対側手を陽の陽で受けの上腕の真中を下から支え、払った手は陽の陰から狭義の陽で四方投げの取り方にて額に陰の陰で結ぶ。転換して受けの項に広義の陽で結び丹田に巡って四方投げ。
  • 片手取り相半身外入り身転換呼吸法:外巡りで入り身運動と同時に陰の陰で額に結び、対側の直突きを受けに払われ相半身で腋下を半歩入り身転換、側頸の陰の陽の結びが最大のポイント、同側の足先を置き換え踏み替えで呼吸法。
  • 坐技両手取り呼吸法

 

0 コメント

2011年

10月

12日

幸町道場稽古 交差取り降氣と入り身転換

  • 単独呼吸法
  • 合気体操:四教の後最後に両上肢を天に伸展させ指先から魂氣を発散させるイメージ、空になって脱力・一瞬体側に落ちるイメージ
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:正面打ち一教運動表・転換・昇氣・踏み替え(受け取り交代)連続、正面打ち一教運動裏・後ろ回転・後ろ結び・踏み替え・昇氣(受け取り交代)連続

 *後ろ回転・後ろ結びでは受けが一歩入って更に一歩置きかえて向き直り相半身として剣線を保って(取り受け交代)連続。

 *単独基本動作を緻密に繋げば、魂氣を七分にして間合いに隙間をつくると巡りが滑らかになり結びを曖昧にせず剣線は曲線となるが連続動作も可能。

  • 正面打ち一教表裏:単独動作を見失わず、鳥舟の巡り、裏は深すぎず転換で受けの腋に腰を嵌めて埋める。
  • 突き後手相半身入り身投げ:交差取り降氣の入り身運動をそのまま突き後手に。
  • 後ろ取り回転天地投げ:上段に陽の陽(もしくは手刀)で同名側の手で取らせ降氣の呼吸法から入り身転換で側頸から額に陰の陰(転換と同時に一気に額へ)、後ろの手は丹田に陰の陽で巡ると受けの対側の手がそれを取ろうとしており、受けの魂氣は取りの天地に結ぶ(後ろ取りの結び)。前方の足先を外方に捻って軸足として前方回転。
  • 後ろ取り置き換え踏み替え天地投げ:前方の足先を後方の足の踵の後ろに置き換え踏み替える。いずれも目付と残心で天の魂氣を体側に脱力(合氣体操の最後の動作を)
  • 片手取り入り身転換呼吸法(裏)
  • 片手取り転換呼吸法(表)

 *内巡り・昇氣で屈曲した肘が受けの胸骨上端に嵌る程度に密着するべく入り身・転換する。後は単独呼吸法で踏み替えるだけ。肘の当てと前腕の振りで受けの後方の足の支えを断つことには無理がある。当てず突かず押さず、単独で呼吸法を受けに接して行い、隅落としの方向に魂氣が側頸から陽で進む。同様に諸手や片手取り呼吸投げも受けの前方の足を軸足とする前方受け身に追い込むのは無理がある。隅落としの対側に魂氣を地に結び、前受け身をさせる他ない。

  • 坐技交差取り二教:中段で交差取り陽の陰から陰の陽へ一気に巡り腋は緩めて閉じるも丹田に結ばずすぐ陽の陽・陽の陰に手を返し陰の陰で丹田に結ぶ。

 *立技下段で交差取りは入り身転換とともに腋を閉じた陽の陽・踏み替えとともに陽の陰に手を返し陰の陰で丹田に結ぶ。以上は今回演武せず、最近は稽古していないが比較してイメージを。稽古は次回に。

 

0 コメント

2011年

10月

09日

天神町道場稽古 突きに対して先手はあるか

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:降氣の入り身運動(降氣で剣線を外して回外・陽の陰・入り身・陰の陰で残心)を加えて4本
  • 相対基本動作:片手取り内巡り陰の陽で丹田に結び入り身運動を試みるも陰の陰に比べて互いの上肢の接触により入り身は浅い。入り身転換にて丹田が外方に転換して結びと入り身が成り立つ。これにより一動作で片手取り入り身転換。
  • 片手取り下段・取らさず外巡り・対側魂氣の降氣で相半身一歩入り身にて剣線を外し、外巡りで受けの同名側上肢を払い、同側の足先を軸として一歩逆半身で横面打ち入り身運動。

 *剣線を外す際は受け流しの陰の魄氣であり、対側足先の前に置く程度が良い。陽の魄氣で大きく踏み出すと、遅い、固い、間合いが詰まり過ぎなど剣の魄氣とかけ離れる。

 * 受けの突きには相打ちと後手それぞれで横面打ち入り身・転換が成立する。受けに片手取りを引き出すときこれを突き先手とみなす。陰の陽を下段、陽の陰を中段。

 * 取りが受けに対して横面打ち入り身・転換を先手で行おうとすれば、受けは額に陰の陰で愛想し、取り受けが逆転する。一旦下段で片手取りの動作を起こさせ剣線を外してから元の手で横面打ち入り身・転換運動を行う。

 *取りが陽の陰で中段に受けの片手取りを引き出す時、額に陰の陰で巡り対側の魂氣もそれに続いて陰の陰で一教運動裏(剣線を外す)にて返し突き近似で逆半身入り身・転換とする。今回は指導演武のみ。

  • 片手取り下段・取らさず対側の降氣で払って横面打ちで逆半身入り身転換・小手返し/入り身投げ

前回の横面打ちや交差取りに外巡りで外に払って小手返し/入り身投げと近似。

  • 上記入り身投げを、入り身転換・踏み替えに加えて入り身転換・置き換え・踏み替え・踏み替えを稽古。

置き換え・踏み替えると受けが半回転導かれる。このとき以下の二点に留意する。

側頸の陰の陽の手で取りの側頸に結んだ状態が持続すること。導くときに結びが緩めば入り身は不成立。

置き換え・踏み替えるときの取りの目付は基本動作通りに足先方向。側頸の結びを意識するあまり受けに目付が移らないこと。

最後の踏み替えで入り身投げの際も受けの視野に取りの姿は入らない。

  • 坐技正面打ち三教表裏
  • 片手取り外巡り入り身転換呼吸投げ

 *払う、とは相対動作であるから呼吸法としての降氣・外巡りという魂氣の動作のみならず、魄氣の陰(剣線を外す)から陽(半歩の入り身)・送り足(残心)の単独基本動作(入り身運動)が同時に行われる。逆半身入り身運動では魄氣の陰(剣線を外す)のまま陽に進まず軸足とし、後方の足を一歩入り身してから送り足。

 

0 コメント

2011年

10月

05日

幸町道場稽古 四教と氣の巡り

  • 禊:天地の結び、舟漕ぎ運動・振魂、氣の巡り
  • 単独呼吸法:(坐技)降氣、回外、昇氣、一氣、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動4本、入り身転換、体の回転前/後方、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法二本/両手取り入り身運動・呼吸法、立技片手取り入り身/入り身転換/体の変更、交差取り降氣の形から相半身外入り身

 *片手取り入り身転換の前に片手取り昇氣の入り身運動(呼吸法表の転換を伴わない:陰の陰の入り身運動に対して陰の陽の入り身運動)を稽古してから入り身転換・体の変更に進めると片手の広義の陽から陰へ巡る動作が容易。

  • 交差取り取らさず陽の陰から陰の陽・陽の陽・陽の陰で入り身投げ。対側の手を側頸に結ばず腰の後ろに陰の陽のままで片手を母指の反りで受けの背から取りの丹田方向に合わせて結ぶ。送り足によって体側・肩・上肢撓側・母指の反り・丹田が陰の陰の入り身運動の残心に繋がる。
  • 交差取り陰の陽から陽の陽で取らせて降氣から外巡り・逆半身外入り身・小手返し/入り身投げ
  • 横面打ち後手相半身振込突きから逆半身外入り身転換・小手返し/入り身投げ
  • 片手取り転換・鏡返し・踏み替え/後ろ回転
  • 片手取り降氣の形から額に結んで相半身入り身転換呼吸投げ
  • 坐技正面打ち四教表裏:正面打ち一教運動から陰の陽で手首を丹田の前で把持して対側の手で四教に取り、吸気とともに禊の『氣の巡り』で丹田の真下の地に振り子運動で結ぶ。

 

0 コメント

2011年

10月

02日

第15回関西地区合気道合同研鑽会・第9回全日本合気道講習会

 道主による講習会は、愛知県から熊本県までの各地道場より570名の道友が参集し、武道館「ひびき」に溢れんばかりの熱気であった。

 神氣館からは6名が参加し、普段の稽古には無い新たな交流を道主の下で真剣にまた和やかに体験できたのである。合同演武会の出場は31道場を数え、各地の指導者により披露される合気道の様々な表現は、短い時間内にそれぞれが“炸裂”するような印象を与えた。神氣館は16番めで、7月の連盟設立記念演武にも増してあれこれと基本動作の表現にこだわったつもりが、中盤で思う様には発揮(発氣)できず、多田、山本両人の絶妙の受けに助けられ、冷や汗の内になんとか二教固めで締めくくることができた。

 このような交流を主とした合同稽古、演武を目的とした研鑽、各自が互いに指導し指導を受ける通常の稽古など稽古の多面性をもっと追究していくべきことを、そして、完全で少しも落ち度の無い準備にして初めて修成しうる程度の失敗に留まることを、今にしてあらためて学んだ次第である。

 道主による総合演武は徒手、坐技、剣、杖、多人数へとまさに大きなうねりを現すような、それでいて終えたあとにも平然とされ、変わらぬ息づかいと表情は正に平常心である。襟や袴の乱れなど無く、自然に腹でいっさいの呼吸を巡らせておられるのだ。

 15回の節目となる記念品は道主直筆の『勝速日』と書かれた扇子である。これまでそれぞれの記念研鑽会には『正勝』『吾勝』の扇子を頂いており、このたびのもので合氣道の本質として解釈される三つの語句が道主の筆により一揃いしたわけである。

 瞬く間の15年であった。我らの神氣館は丁度この初回の研鑽会の年に設立・登録され、同じ年数を歩んで来た。今後も互いに『基本即真髄』の達成感を共有する稽古として、活きることを取り戻すひとときとなるべく積み重ねて行きたい。

 

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です