*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「17. 空の気を解脱する主語は?」5/5                「18. 合氣を動作するということ」5/11 「19. 外巡りと鎬の違い」5/15                「20. 鳥船の腰」5/21            「21. 〝微妙な変化〟」5/30                「22. 軸足交代して魂氣が上丹田に結んでこその入り身転換」5/31                「23. 導いて後矢筈に開いた手が受けの前腕屈側に嵌まる」6/15 「おしらせ」に6月の稽古予定                               稽古の記録2010/8/15〜2019/6/15

天神町道場稽古 正勝吾勝は守破

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:横面打ち入り身運動では手刀でなく剣を取って額と丹田の間で結ぶ降氣に近似。
  • 相対基本動作:坐技片手取り下段・呼吸法(降氣から陽の陽、降氣から回外・陽の陰)、坐技両手取り呼吸法(下段/中段)、坐技上段(正面打ち)呼吸法、立技片手取り入り身運動(外巡り、内巡り)、片手取り入り身転換、片手取り中段・転換

 *片手を吸気で差し出すとすぐ呼気で丹田に巡る。受けに掴まれている腕を丹田に引き戻すイメージではない(合氣体操の最後に上肢を差し上げて手首より先を伸展しながらも脱力して震わせ一気に上肢全体を脱力する動作に近似)。呼気で上肢を陰の陽として丹田に向かい同側の足腰を陽の魄氣で入り身する。外巡りの入り身運動に比べて受けとの間合いは浅い。その分引き続き転換で確実に丹田に結ぶ。

 *取られた手を感じながら陰に巡れず一瞬丹田の遥か前で停止して入り身転換しようとする動作は魂魄の結びができず、容易に四教で取りが抑えられる。

  • 片手取り中段・転換鏡返し:踏み替えと後ろ回転との違い

 *踏み替えは残心・目付を厳密にしなければ受けの足に接触する。後ろ回転が受けを遠ざける。

 *受けの手を返し突き近似で中段から丹田に巡る時、魄氣を転換の状態から送り足で(踏み替えず)その場に残心をとれば、受けは取りの後方に螺旋で落ちる。

  • 片手取り中段・転換四方投げ表
  • 相対基本動作:正面打ち入り身/入り身転換:一教運動表(先手)/裏(後手)

 *相打ちは直突き入り身転換と横面打ち入り身転換、また後手では横面打ち転換と杖巡り転換も突きに対すると同様に対応。

  • 正面打ち入り身投げ表裏
  • 坐技片手取り四教

  *小学生の部昇級審査(参級):緊張の中、日頃の稽古で培った基本動作を十分にやり遂げたところに価値がある。最近強調している単独呼吸法の一部を体がすでに覚えている。たまたま今日の稽古で取り上げた魂氣の動作を基本技の中でちゃんと左右示している。自分自身をほめてやるに値することであり、努力の積み重ねがその通りの結果を残せるという自信をもってほしい。ということは、一つ一つまだ確実ではない部分に注目して稽古すればまた一層進歩に繋がるわけで、本日参加の会員にも感銘を与える昇級であった。冒頭今日の稽古の要旨に繋がった。

 *正勝吾勝勝速日は「合氣道の特徴」に、守破離は「合氣道の理解方法」に掲載

 

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です