*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      「天の浮橋」のタイトルに 1. 「うっちゃり」(打っ棄り)と合気道の返し技は〝正勝吾勝〟2024/4/4                     2. 合気道における上肢の運動表現 2024/4/10                     3. 合気道は争わない、表と裏で気結びする 2024/5/20 「令和6年のおしらせ」に6月の稽古予定                           稽古の記録 2010/8/15〜2024/5/26

2024年

5月

26日

天神町道場稽古 二つはこんで一足すすむ勝速日のために吾勝の確立

  • 剣素振り、正面打ち切り返し、突きに下段返し突き、
  • 剣合わせ:正面打ちに開いて合わせ上段返し打ち
  • 切り返し、合気の剣:二つはこんで一足すすむ。取りの体軸(勝速日)が剣線から隔たる位置は、剣先・杖先と受けの真中を結ぶ線上。
  • 松竹梅の剣:正面打ちに受け流し、燕返し。突きに転換・入身横切り/入身面打ち
  • 組み太刀 II、III、
  • 18の杖合わせ:①から④、④から⑥、④から⑦

  *⑤⑥が肝要

2024年

5月

22日

水曜稽古の記録 吾勝・正勝で与えて三面に開くか入り身か外転換か

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の気に気結びする/鳥船・振り魂左右左、気の巡り
  • 坐技単独呼吸法:①降気②回外③昇気④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:正勝吾勝勝速日を入り身運動、外転換、受け流し、一教運動裏/表、振りかぶり運動、入り身転換・体の変更、体の変更・後ろ回転、前方回転、後方回転
  • 片手取り:正勝吾勝で下段に与えて受けが手を伸ばすと、外入り身・転換/外転換から例えば昇氣呼吸法あるいは同名側の手で外巡りして払い取らさず、逆半身横面打ちあるいは受けの頂丹田に円を描いて入り身/外巡りで相半身振り込み突きを払わせて・外入り身転換等々。これらを考慮する故に、実際の動作は吾勝・正勝で非軸足を軽く半歩出す。吾勝・魄気の陽で踏み詰めては選択の余地をなくす。

 *正勝の非軸足先は地に触れる。踏み詰めない。正勝なしで魄気の陽は踏み詰めるしかなく、体の変更しかない。つまり、回転の軸足しか選べない。

  • 両肩取り外転換非軸足側の直突きで異名側の袖を下丹田に巡り天は上腕下端を体軸側で結び両手を縦に並べる・呼吸投げ/入り身転換で導く際は振り込み突きで異名側の手の上から被せて地として体の変更で下丹田に結ぶ・流れの呼吸投げ
  • 両肩取り外転換非軸足側の直突きを即膝に置き軸足側に交代して、対側の手を地から昇氣で側頸に結び同時に受けの腋を頂丹田から項部へ流して外入り身と共に両手を陽で差し上げると呼吸法
  • 交差取りを陽の陽で取らせて非軸足を(取り自身の)外に置き換え、軸として体を開くと対側で振り込み突きから陽の陽で開いて逆半身外入り身で受けの前胸部に密着して同名側の頸を超して伸展する呼吸法。
  • 後ろ肩取り正面打ち四方投げ、
  • 後ろ両肩取り外転換で地を掃くべき手は畳んで対側肩上の受けの異名側の手を取り返して三教裏/天地投げ/隅落とし
  • 下段交差取り/中段交差取り/上段に与えて正面打ち気結び:魂の比礼振りで円を描くと中心ができる
  • 交差取りを二教で導き地に固め:母指先から魂氣を伝えて受けの体軸から取りの下丹田へ巡らせ、座して地で両膝に固める

 *矢筈で掴むと母指先からの二教への魂氣は途絶えて取りの手が作る示指との輪を巡るのみ。

2024年

5月

19日

天神町道場稽古 正面打ちの手刀に対して中心をつくらない

  • 杖素振り:入り身転換反復、直突き、上段返し、下段返し、
  • 杖合わせ:中段突きに直払い、受け流し突き/上段突きに直払い突き、横面打ちに返し払い/下段突きに直払い突き、返し払い突き
  • 剣合わせ:左半身から横面打ちに開いている正面打ち
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技相対基本動作:坐技下段/中段/上段に与えて交差取り一教運動表、膝を三角法で進めて受けの真中へ
  • 坐技正面打ち一教表/裏:魂氣は両手で気の巡り円を描いて大仏の手で巡る

*手刀を合わせて接点に中心をつくらない。円を描いてできる真中が中心。中心が出来た時には受けの中心を包んで結びがなされる。陰の陽で受けの手刀の尺側に接している。対側は陽の陰で上腕下端を抑えて母指は地を指し、他指は下丹田に巡っている。

*裏は魂氣を包んだ手が陽で差し出せないから自身の上丹田に陰の陽で振りかぶると体軸ができる。同側の膝を受けの同名側のところまでずらして閉じ、手足腰の軸とする

2024年

5月

15日

水曜稽古の記録 天地投げと入り身投げ表における魄気の違い

  • 杖突き:払い、返し、受け流し
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り
  • 合気体操
  • 交差取りを陽の陽で取らせ受けの内に転じる、取りの単独動作では外に転換か体の変更、魂氣は陰の陽に巡って畳んだまま陰の陽に返して一教裏/入り身投げ裏
  • 交差取りを肘で陰に巡って掌を開いて取らせ、受けの内に転じると魂氣は外に巡って外入り身・体の変更で後ろ入り身落とし
  • 交差取り内に転じて四方投げ/交差取り陽の陽で外入り身転換から入り身投げ・受けは後ろ転換で一教裏に返す
  • 横面打ち外巡りで払って内に転じ入り身投げ表、前腕を受けの前胸部に密着して。
  • 肩取り三教変法・入り身転換で受けの背側に密着して手掌を受けの側頸に着ける。四方投げは手背を側頸に着けてから取りの下丹田に向けて離す。
  • 両手取りに入り身転換で軸足側を受けの手に陰の陽で結び天とし、対側を陽の陽で地とし、反復後ろ転換で地を腰仙部、天を魂の比礼振りで手掌を回外して受けの肩に被せる呼吸投げ(天地投げ変法)。受けは取りの腹側から後方へ降り捨てる。
  • 坐技片手取り呼吸法各種、陽の陰・陽の陽・陽の陰

2024年

5月

12日

天神町道場稽古 受けの動作の理合

  • 18 の杖の要:受けの11左半身に転じて下がる、取りの13その場で直突き、14受けの上段返し打ち、取りの正面打ち、16受けが左半身に転じて直突き、取りの振り込み突き
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち)、下段受け流し(後ろ転換)、中段受け流し突き近似、上段受け流し返し突き(一教運動裏)、三角法(一教運動表)、入り身転換・体の変更、体の変更(三面に開く)・後ろ転換、前方半回転反復、前方一回転、後ろ回転
  • 交差取りの取らせ方;   陽の陰で魂の珠を放って取らせ、陰の陽で包みながら受けの手を巡って再び陽の陽で載せる。手背が受けの手に接することはない。このとき二教が成立して受けの胸に取りの魂氣が密着(魂と魄の気結び)、これを軸とする逆半身入り身で軸足交代から魂の比礼振りで受けの異名側肩を払う、入り身投げ表、   陽の陽で魂の珠を放って取らせ陰の陰に巡って受けの内に非軸足を置き換えて軸とし、後ろに大きく開いて(内転換)上肢を畳み、胸の前で陰の陽に巡って魂氣を包みながら受けの手首に接して手背の反りで二教の軸とする逆半身入り身によって軸足交代から後ろ回転で一教裏、   陽の陽で魂の珠を放って取らせ、外股で踏み詰めて軸とし、受けの外へ転換すると同時に陰の陽で上肢を畳んで胸に巡って降氣・外巡りで受けの手を払い、再度軸として対側で入り身・昇氣呼吸法
  • 両手取りに天地投げ表は地を逆半身入り身、天は三角法で相半身外入り身を後ろ三角へ
  • 天地投げ変法は入り身転換で天を陰の陽で胸の前・受けの異名側の胸の前で魄気に結び、地は陽の陽から後ろ転換で腰仙部に回して軸とし、畳んだ上肢は魂の比礼振りで受けの肩に被せる
  • 天地投げ裏は、地を軸として後ろに開き対側を畳んで陽から陰で気結びし、軸を交代して天とするやいなや、陽の魄気で軸を地に戻して、天は魂の比礼振りで異名側の肩に被せる

2024年

5月

08日

水曜稽古の記録 天地投げは前、変法は後ろに落とす 多人数では後者

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込み突き、横面打ち、中段受け流し)、②下段受け流し③上段受け流し=一教運動裏④一教運動表(三角法の軸足交代で連続入り身運動)、振りかぶり運動⑤片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑥片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で後ろ転換(結局後方一回転)、⑦外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方半回転・軸足交代して足先を180度外股に転じて連続半回転、前方一回転、⑧後方回転
  • 相対基本動作:①片手取り想定で入り身転換・体の変更、②片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸として後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で後ろ転換(結局後方一回転)、③諸手取り外転換、④諸手取り外転換・体の変更・外転換で入り身転換
  • 18の杖受けの操法:11下がって左半身に転じ払う、15左半身に転じ、16中段突き
  • 掌を開いて陽の陰で与える諸手取りに、外転換(軸足交代)で呼気とともに魂氣の珠を包む思いで前胸部に上肢を畳んで母指先を側頸に結ぶと体軸に与り、受けの魂氣と魄気に結ぶ。後ろ転換で軸足交代すると空の気を解脱して吸気に合わせて(魂の比礼振りが起こるから)陽の陽で掌を開き上肢は伸展させることができる。入り身一足で勝速日にて天秤投げ
  • 魂の比礼振りが起こっても非軸足先と同側の手・魂氣を半歩軽く出すだけで直ぐ母指先を側頸に再び着けて軸とし、受けの後方の足(はじめの軸足)をめぐって異名側の足を入り身して二教投げ(入り身投げ表)/入り身転換・体の変更で入り身投げ裏
  • 両手取りに陽の陽から陰の陰の外巡りで入り身して軸足側に与る地とし、対側は陰の陰から陰の陽で取りの前胸部に折り畳み、受けの異名側前胸部へ回して陰の陰で着けて入り身一足から三角法で半身を変えて相半身外入り身で両手を広義の陽で発して天地投げ表、取りの前方から腹側へ投げが生まれる
  • 天地投気裏を失念、次回に。
  • 両手取りに陰の陽から陽の陰で取りの前胸部から受けの異名側前胸部へ着けて体軸側とする外転換として、非軸足側の魂氣は陽の陽で軽く差し出し、後ろ転換で腰仙部に回して軸とする。対側は魂の比礼振りが起こって手首から掌を受けの肩に添えると呼吸投げ(天地投げ変法)、受けは取りの腹側から勝速日の後方へ落ちる

2024年

5月

05日

天神町道場稽古 うっちゃり近似両手取り呼吸投げは正勝吾勝・勝速日

  • 18 の杖
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち)、下段受け流し(後ろ転換)、中段受け流し突き近似、上段受け流し返し突き(一教運動裏)、三角法(一教運動表)、入り身転換・体の変更、体の変更(三面に開く)・後ろ転換、前方半回転反復、前方一回転、後ろ回転
  • 相対基本動作:正面打ちに陰の陽で巡って対側の手刀で内から外へ凌ぐと同時に陽の陽で発して真中を打つ相半身入り身/逆半身外転換、突きに上丹田から下丹田まで天地に開いて入り身転換
  • 突きに入り身転換・手拳を視野の内下方に視認して体の変更から後ろ転換で小手返し/手拳が視野に入らなければ下丹田に巡って陰の陽の昇氣で後ろ転換から呼吸法
  • 横面打ちに外転換で異名側の手を陽の陽で発して受けの手刀の前腕屈側に結んで抑え・同名側の手で手首に結んで払いながら異名側の手背を抜き、小指球を接点に残して屈側を取り返すと体を開いて同名側の手で受けの手刀を手背から包んで対側の手は受けの真中に裏拳を当て、その手で肘を打ち入り身転換で、手背を包んだ手は返し突き近侍で受けの肩口に着けるとともに受けの背が取りの胸に着いて、畳んだ上肢が胸に包まれるから小さく後ろ転換で小手の接触を離さず体幹を捻ると受けは落ちる、小手返し変法。受けの肩越しに体軸を下に押し潰すことはできない。受けの手と足腰の結びを外すだけ(動画1)。
  • 陽の陰で与えて転換とともに小手返しの手にして両手を取らせ、片側は体軸側として降氣の形に畳んで回外、対側は地に開く。天の手は前腕屈側が受けの異名側前胸部に接して取りの体軸に預け、魄氣の結びで釣り合う瞬間に後ろ転換で地の手を腰仙部に巡らせて体軸とする一方、天の掌は受けの異名側肩に被せると受けの体幹は取りの非軸足側へ開きながら落ちる。呼吸投げ、うっちゃり近似(動画2)
続きを読む

2024年

5月

01日

水曜稽古の記録 後ろ転換で地を腰仙部に天を受けの肩に呼吸投げ

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り表/裏
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身、転換、受け流し、入り身転換、三角法、体の変更、前方/後方回転
  • 片手取りに相半身へ開いて〝弓を気一杯に引っ張ると同じに〟同名側の手で正面当てを払わせ、与えた手を上丹田に掲げて結び、払われた手で受けの手刀上腕伸側を跳ね上げて対側の手で側胸を突き、すぐに側頸を包んで入り身投げ表/外巡り外転換で二教・入り身転換で開いて受けの腋に昇氣で畳んだ肘頭を着け、後ろ転換で陽の陽に開いて呼吸法裏
  • 両手取りに外転換と同時に体軸側の手を降氣の形で上肢を畳んで受けの手に結び対側は陽の陽で差し出し、後ろ転換で腰仙部にまわして軸足側として対側は回外して魂の比礼振りで受けの異名側の肩に投げ掛けると天地投げ変法
  • 下段に与えると受けはその袖を取り、半歩開いた取りの襟を対側の手で取って相半身襟袖取りに、取りは袖側を上丹田に、襟側は陰の陽で受けの肘屈側を下丹田に結び軸として、上丹田の手を頭頂から項へ畳み軸足側として対側を昇氣で受けの同名側の腋に陽の陽で発し同時に対側も陽の陽で掲げると呼吸法
  • 陽の陽で与えた交差取りに一歩開いて逆半身で陽の陰に巡り対側で面当て、受けの頭頂を越して同名側の頸部を包み後ろ転換・体の変更で入り身落とし
  • 陽の陰で交差取りから陽の陽に巡って二教で逆半身外入り身投げ
  • 諸手取り外転換呼吸投げ/外転換・後ろ転換から受けの後ろに一歩逆半身で入って後ろ転換で地に結ぶ一教裏
  • 正面打ち先手で結び・内入り身・脇腹突き三角法で一教表/逆半身の手刀で合わせて外巡り外転換で入り身投げ表
  • 正勝吾勝の瞬間を受けの横面打ちに逆半身で手刀を合わせて同名側の手で受けの手刀を外から内に払いながら手背を包むと同時に手刀から小指球を接点として受けの手首を取り、一歩後ろに開いて手背の手を返し突き近似で受けの肘を畳んで四方投げ近似の小手返し変法/逆半身で合わせた手刀を下丹田に巡らせ、対側は正面当てで天地に分けると、地の手の畳んだ母指球の背側を接点として陽の陰に返して矢筈から小手を取り返して後ろ半回転連続で小手返し裏

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です