*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                         開祖植芝盛平の思いと言葉を動作する Deriving basic techniques from words and the thought that Morihei Ueshiba conveyed     正勝吾勝で剣素振り  合気の剣は勝速日            不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟           〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟        二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟                             「生成化育」のタイトルに「7.〝魄ではだめだ〟」2022/9/23              稽古の記録 2022/2/11に「正勝吾勝と勝速日は動作である」  「おしらせ」に令和4年10月の稽古予定(変更あり)                   稽古の記録 2010/8/15〜2022/10/2

2022年

9月

28日

水曜稽古の記録 杖導きと鳥船

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じ陰の陽)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③外転換で非軸足側の魂氣を外巡りで払い対側を上丹田に鎬として結ぶ・下段受け流し、④一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、⑤片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑥片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で入り身転換(結局後方一回転)、⑦交差取り想定で後方半回転=体の変更、⑧外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方一回転(前方半回転連続)、⑨前方一回転、⑩内股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸とし後方一回転
  • 片手取り入り身転換・体の変更
  • 諸手取り外転換で、降氣の形から体の変更・一教運動表/井桁に進んで天秤投げ。
  • 諸手取り外転換で、降氣の形から回外して体の変更で母指先から二教の手を巡らせて下丹田へ・非軸足側となって(魂の比礼振り)、外転換と同時に陽の陰で発して円を書き、その場入り身転換で中丹田に結ぶと二教、上丹田で入り身投げ=呼び込んで二教入り身投げ。

 *体の変更は陽の魄気ではなく、軸足交代で正勝吾勝だから下丹田へ受けの両手を呼び込むことができる。

  • 正勝吾勝で受けの横面打ちを誘うと返し突きで逆半身内入り身転換・非軸足側の手は地、軸足側は天の魂氣で合わせて受けの手刀を把持して体の変更・その場で入り身転換にて呼吸法/四方投げ表
  • 正立で真中を与えて受けの正面打ちを誘うと返し突きで逆半身内入り身転換・非軸足側の手は地、軸足側は天の魂氣で合わせて受けの手刀を把持して体の変更・その場で入り身転換にて呼吸法/四方投げ表
  • 杖を相半身の両手で取らせて逆半身へ導き、地を突いて呼吸投げ/体の変更で呼吸投げ
  • 杖を相半身で取らせて逆半身へ導き四方投げ裏/杖中の手を受けの両手の間へ移して体の変更から四方投げ表

 *いずれも杖先が地に、取りの体軸は直立を保つ。徒手の四方投げにおいて、しゃがまないことの術理はこの杖投げにある。

 *上体の直立は軸足に続く体軸全体の直立であり、軸足なき直立は静止における変化への柔軟性を欠き、動作においては安定を失う。

  • 正立で水平に差し出す杖を取りの両手の内側で両手にて取らせて、一方の足を軸とする正勝吾勝の体軸を作り、軸足側の杖先を天、非軸足側を地にして、入り身で隅落とし表/後半回転で杖先を受けの腋の下に差し込み水平とし体の変更で受けを前に導きその場入り身転換で半身を転換すると共に軸足側の方を地に向けてから隅落とし裏
  • 杖尻を水平に後ろの足を半歩踏み出して受けを取りの後ろに導き、徒手の後ろ両手取り近似で杖尻の手を離して杖中の手で鎬を作って入り身転換、杖中の手を離した手で持ち替えて体の変更・後ろ回転で小手返し投げ
  • 正面打ち入り身投げに受けは取りの体軸側のある足を軸として同側の手で受けの腋に触れてその場で入り身転換すると非軸足は取りの背側に位置する。つまり受けは体軸が取りの腋の下で背側へ置き換わり、正勝吾勝の姿勢となる。そこで非軸足を取りの背側で同名側の足の後ろへと入り身転換すると、手も取りの同名側の肩に後ろから前へ添えて受けの下丹田へ撫で下ろす。対側の手は取りの同名側の肩を上方へ撫で上げる、入り身落としへの返し技。

2022年

9月

25日

天神町道場稽古 陽の魂氣に継ぎ足で上丹田が迎えに行くと陰に巡る

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左

  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じ陰の陽)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、④片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑤片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で入り身転換(結局後方一回転)、⑥交差取り想定で後方半回転=体の変更、⑦外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方一回転(前方半回転連続)、⑧前方一回転⑨後方回転
  • 剣を右手に持って正立:天の浮橋に立つ
  • 剣正面打ち連続素振り:左足を軸として左手は腰仙部に置き体軸を造る(吾勝)。剣を上丹田に振りかぶって右足先を非軸足とし、軸足の前に軽く出す。吸気で非軸足を伸展し、前方に差し出す剣先と同期し、足先を地に触れる(正勝)。呼気で振りかぶって非軸足先を元に戻す。軸足交代して半身を変えるまで軸足は不動、伸展しない。
  • 合気の剣:正立から呼気で左手に柄頭を包んで上丹田の前にかざして剣を振りかぶると左足を軸として(吾勝)、吸気で剣を受けの上丹田に打ち込み、同時に前方に突き出した右足先(正勝)を踏み詰めて受けの真中を指し、下腿を直立すると同時に左足を伸展して地から離し、左足先は剣線から外して右足の踵に内側面を着け(継ぎ足)、一本の軸とする(入り身一足:勝速日)。呼気で左足をその場で軸として左手の柄頭を下丹田に結び、右足は伸展して足先を軽く前に突き出し、剣先は巡って受けの手元を抑える(正勝吾勝)。即座に吸気で非軸足は間合を詰めて勝速日の突き(打って突いて)。

 *間合いを感じて左足を軽く退き、軸足にして(吾勝)、右足をその場で非軸足(正勝)にしても良い。いずれにしても正勝吾勝から次に突きで勝速日。魄気の陽で静止してそこから突くには無理がある。踏み詰める足は待ちの足であるからだ。

  • 松竹梅の剣より合わせ三種
  • 組み太刀1
  • 太刀取り逆半身:二本/相半身:五本

 *剣を持つ諸手も縦に並べる。徒手と同じ。

2022年

9月

21日

水曜稽古の記録 真中を与え、天地に開き体の変更で下丹田に結ぶ、合氣

  • 単独動作の自主稽古:剣素振り、八方切り、合気の剣、松竹梅の剣(小林裕和師範による)より、組み太刀1から4より、杖突き四本、18の杖(小林裕和師範による)
  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じ陰の陽)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、④片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑤片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で入り身転換(結局後方一回転)、⑥交差取り想定で後方半回転=体の変更、⑦外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方一回転(前方半回転連続)、⑧前方一回転⑨後方回転
  • 片手取り入り身転換・体の変更:正勝吾勝で下段に与えて入り身転換の終末は正勝吾勝に戻り体の変更へ連なる、それも正勝吾勝に戻る。そこから外転換・隅落としの際にも滞らず動作できる。
  • 坐技正面打ち一教から三教表裏:二教裏に別法あり、
  • 坐技正面打ち呼吸法/正面打ちに呼吸法で正面当て/正面打ち入り身投げ:陰の陽で上段に与えて受けの手刀が正面を守ったとき、手首の接点から陽の陽で受けの空間へ掌を開く、魂の比礼振り(手背を重ねてそれを排除する動作は気結びではない)。そこで陽から陰に巡るとすでに正面当て。
  • 片手取り呼吸法表裏/四方投げ表裏
  • 突きに天秤投げ/小手返し:大上段に構えて真中を与え、天地に開いて杖巡り、横面打ち近似で外転換〜入り身転換。突きは中段に限らず。
  • 突きに小手返し表裏

 *以上それぞれ副指導員全員による指導

  • 正面打ち入り身投げ表を入り身落としに返す:取りの入り身投げの魂氣を受けて相半身外入り身転換を取りの腋の下で、同側の手で腋を捉えて外転換で取りの後ろを渡って同名側の手で取りの肩を後ろへ、対側の手は脇から上腕を上に掲げて入り身落としに返す。

  

2022年

9月

17日

土曜稽古 降氣の形は腋を閉じて側頸に魂氣を上げ、腋を開いて降ろす

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左

  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じて陰の陽)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③外転換で非軸足側の魂氣を外巡りで払い対側を上丹田に鎬として結ぶ・下段受け流し、④一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、⑤片手取り想定で入り身転換・体の変更、⑥片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で入り身転換(結局後方一回転)、⑦交差取り想定で後方半回転=体の変更、後方一回転=呼吸法、⑧外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として(前方半回転連続)、前方一回転、⑨後方一回転
  • 正面打ち一教表に入り身転換で上丹田に陽の陰で巡理、体の変更に合わせて魂氣を陰の陽(小手返しの手)で下丹田に巡り、外転換で魂氣を下丹田から降氣の形で腋を閉じて肘を取りの前胸部に密着したまま(体軸の中を)側頸の高さまで上げて一教表に返す、取りと受けの交代を続ける。
  • 正面打ち一教表に入り身転換・体の変更を反復して下丹田から外巡りで天に円を書いて陽の陰で降ろし入り身投げに返す
  • 正面打ちに相半身手刀で合わせて対側の手で逆半身側胸へ直突き・手刀で抑えにかかってから後ろ半回転とともに対側の手で小手返しに持ち、手刀はその位置で正面当ての手として体の変更で小手返し/逆半身横面打ち入り身転換で陽の陽に発した手をその場で正面当ての手とすると同時に体の変更で受けを引き込むと後ろ回転で小手返し。正面当ての手は受けの手刀背側を包み込む。
  • 諸手取りにその場の入り身転換で四教を受けるとき、体の変更で下丹田に結んだ魂氣を外転換の足先に合わせて降氣の形に肘を落とし、母指先から陽の陽で発して陰の陽に巡ると二教
  • 杖投げ:相半身片手取りに杖先を取らせ、杖中を中心にして後ろの足を(取りの)内に置き換える(内転換)ことで受けを前方に一歩進ませると杖尻を中丹田に巡らせてから下段を突き、隅落とし表。
  • 杖投げ:相半身片手取りに杖先を取らせ、杖中を中心にして後ろの足を(取りの)内に置き換える(内転換)ことで受けを前方に一歩進ませ、さらに後ろ回転で受けを導き杖尻を中丹田に巡らせてから下段を突き、隅落とし裏。

 

2022年

9月

14日

水曜稽古の記録 正勝吾勝は魂氣を与える前に横面打ちを誘う

  • 剣/杖操法自主稽古:正勝吾勝で剣素振り・八方切り/勝速日で合気の剣・松竹梅の剣より/杖合わせより・18の杖
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じ陰の陽)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③外転換で非軸足側の魂氣を外巡りで払い対側を上丹田に鎬として結ぶ・下段受け流し、④一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、⑤外転換/内転換、⑥片手取り想定で入り身転換・体の変更・その場で入り身転換、⑦片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で入り身転換(結局後方一回転)、⑧交差取り想定で後方半回転=体の変更・その場で入り身転換(結局後方一回転で呼吸法の単独動作)、⑨外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方一回転(前方半回転連続)、⑩内股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸とし後方一回転
  • 横面打ちに返し突きで逆半身内入り身転換・魂氣は天地に置き体の変更で地の手を用いて受けの同名側の手を四方投げ/天の手で呼吸法裏
  • 横面打ちに相半身振り込み突きで内入り身一足・払わせた同側の手は返し突きに巡って受けの異名側上腕伸側を矢筈で掴み、対側の手は受けの同名側の手指を束ねて包み後ろ一回転で一教裏
  • 横面打ちに外転換で同名側の手で払い・抑えて異名側の手で三教に取って相半身外入り身・受けの後ろで外転換して横面打ち近似で非軸足の膝に結ぶと受けは三教裏に導かれる
  • 横面打ちに同時に逆半身外入り身で異名側の手で抑えて同名側の手を外に巡って受けの手刀側上腕を払い、同側の足を軸として逆半身外入り身で対側の手を受けの同名側の肩に後ろから置いて後ろに撫で下ろすと同時に受けの手刀側の上腕を受けの前胸部に返すと入り身落とし。
  • 横面打ちに外転換で同名側の手を受けの腋の下ですくい上丹田に鎬を作ると受けの同名側の肩に置く、それを軸として受けの背側に返し突き近似で逆半身外入り身転換・その手は受けの同名側の肩から腕に撫で下ろすと入り身落とし

2022年

9月

11日

天神町道場稽古 あらためて、両手諸手は縦に並べる、天地に結ぶ。

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じ陰の陽)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③外転換で非軸足側の魂氣を外巡りで払い対側を上丹田に鎬として結ぶ・下段受け流し、④一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、⑤外転換/内転換、⑥片手取り想定で入り身転換・体の変更・その場で入り身転換、⑦片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で入り身転換(結局後方一回転)、⑧交差取り想定で後方半回転=体の変更・その場で入り身転換(結局後方一回転で呼吸法の単独動作)、⑨外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方一回転(前方半回転連続)、⑩内股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸とし後方一回転
  • 剣素振り:正勝吾勝、合気の剣:正勝吾勝の素振りに魄氣の陽で継ぎ足すれば入り身一足・つまり勝速日、
  • 振りかぶって・打って・抑えて・突いて:正勝吾勝・勝速日・正勝吾勝・勝速日、
  • 気結びの太刀、
  • 組み太刀1、
  • 松竹梅の剣より
  • 正面打ち三教表に受けはその場で入り身転換・一歩進めて再度その場入り身転換・取りを一歩前に導くと同時に足を後方に戻して一教運動表にて対側の手で取りの異名側の手を三教に返す/取りの腋に通して天秤投げ
  • 杖の両端を残して左右対称の位置を両手で持ち、杖先を相半身片手で取らせ、後ろに回る受けに対して半歩踏み出して対側の手で杖尻を取らせると同時に杖先を立てて垂直にして前の足を後ろに一歩戻して軸とし、更に前の足を一歩戻して杖尻を天に向けると呼吸投げ。

2022年

9月

07日

水曜稽古の記録 軸足・体軸の再確立から連続軸足交代で手の巡り

・単独動作の自主稽古:剣素振り、八方切り、合気の剣、松竹梅の剣より、組み太刀1から4より、杖突き四本、杖合わせ、18の杖

・禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左

単独呼吸法坐技:降氣(腋を閉じ陰の陽)、回外、昇氣(腋を開いて陰の陽)、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り

・合気体操

・単独基本動作(初動は自然本体から):①入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、中段受け流し)、②上段受け流し=一教運動裏③外転換で非軸足側の魂氣を外巡りで払い対側を上丹田に鎬として結ぶ・下段受け流し、④一教運動表(井桁に進んで軸足交代で連続入り身運動)、⑤片手取り想定で入り身転換・体の変更・その場で入り身転換、⑥片手取り想定でその場で内股に踏み詰め軸とし、後方半回転=体の変更(三面に開く)・その場で入り身転換(結局後方一回転)、⑦交差取り想定で後方半回転=体の変更・その場で入り身転換(結局後方一回転で呼吸法の単独動作)、⑧外股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸として前方一回転(前方半回転連続)、⑨前方一回転、⑩内股の軸足とその膝に置いた同側の手を体軸とし後方一回転、

  • 伝統的一教運動
  • 相対基本動作坐技:同時正面打ちに相半身で伝統的一教運動により受けの腋の開きに合わせて両手で気の巡り・異名側の手の振り込み突き近似で受けの側胸から腋・上腕伸側を一体として矢筈で制する。受けの対側の手は地に着いて上体を支える。受けの手刀手首を同名側の手で結び、陰に返して把持すると、取りの体側に巡って地に結ぶ。受けは上体を支えきれず一教表の成立。
  • 逆半身で入り、対側の膝を大きく開いて受けの手刀を把持する同名側の手を後下方に巡らすと一教裏

 *杖合わせ

   正立から杖を立てたまま左半身

  受けの杖下段突きに

   ①  外転換(右半身)で払い、左半身入り身で振り込み突き

   ②  内転換(左半身)で払い、右半身入り身で振り込み突き

 

   受けの中段突きに

   ③  杖中を支えて内転換(左半身)で杖先を外に払い左半身直突き

 

  杖を中段に構えて左半身

   受けの中段突きに

       内に払って左半身で直突き

       一歩下がって右半身で杖尻を返し突き

 

   右半身で中段に構えて

  杖先まで扱きながら一歩下がって杖尻を返して受けの杖先を下に払って八双の構えから右半身で返し打ち

 

   左半身で杖中を逆手に持って(返し突きの直後に近似)中段に構え

  受け流し近似で剣線を外して杖尻の手を離して杖中の手は陰の陽に返すと杖尻が杖先に転じ、受けの杖先を抑え払い左半身で中段突き

 

  • 正面打ちに一教運動表から三教表に、受けはその場で入り身転換から一歩進めて手刀を腰仙部に結んで再度入り身転換にて取りを導き、その場で入り身転換すると腰から大きく気の巡りで三教に返す。
  • 三教裏で取りが脇を閉めて受けの前腕を胸に着けて体軸を成す時、受けが脇を閉じて軸足側に交代し(取りの肩を背側へ撫でるように)、非軸足を前方へ置き換えて後ろ回転から対側の手で異名側の取りの手を三教に返す。
  • 両肩取り四方投げ:一方の足を半歩後ろに置いて軸とし、対側は伸展してその膝に同側の手を置く(両手諸手は縦に並べる)と、入り身転換となり上体は傾斜して受けの同名側の腋は取りの頭頂を超える。取りは膝から手を離して直上に伸展して掲げその場で入り身転換反復、受けは取りの背中で両手が交差して体が反転、四方投げ。
  • 変法: 1歩大きく下がって(体の変更)、その場入り身転換(後ろ半回転)。同側の足を一歩入ると膝を伸展して同側の手を地に向け、転換して天に掲げると四方投げ変法。   

2022年

9月

04日

第26回関西地区合気道合同研鑽会

  • 片手取りに半歩入り身して後ろ半回転で陽の魄気と共に両手を陽の陽で腋を閉じて差し出す、片手取り体の変更。
  • 正面打ちに逆半身で入り身転換・体の変更で両手は上丹田から下丹田へ気の巡りにて受け自身を前下方へ半回転で導き、上体を起こしにかかるところへ同名側の手を相半身外入り身で異名側の頸部に切り上げて下丹田に巡ると、魂氣は腰仙部を抜けて受けの腰が落ちる、入り身投げ。
  • 交差取りに陽の陰で内転換とし魂氣を陽の陽で返して一教運動表・井桁に進めて一教表/一教裏

  内転換では広義の陽で間合いを保つ、外転換では陰で体軸に結ぶ。

  • 諸手取りに、逆半身で軽く入り身して両手を陽の陰で上段に円を作りその場で体の変更にて受けを前方に導き、前の足を一歩後ろに置き換える体の変更の連続で与えた手を下丹田に巡らせ、後ろ回転で受けを導き続けて小手返し裏。
  • 片手取りに逆半身外入り身で魂氣を陽の陰で上丹田に結んで進め、受けの腋の下で半身を変える井桁で進み後ろ半回転で陰の魄氣に合わせて魂氣を斬り下ろすと、受けの手・両肩を結ぶ線が取りの下丹田に向かって伸展され足腰は後ろ三角の頂点の方向に崩れ、取りの下丹田に受けの体軸が側頸で結ぶ一方、受けの手首を矢筈で取って上丹田に掲げると回転投げ。
  • 横面打ち四方投げ:異名側の手を狭義の陽で切り下ろし同時に相半身内入り身で振り込み突きにて受けの足もとで軸足交代して内転換、同名側の手は受けの手刀の下に置き、対側の手は上から被せて、両手で四方投げの持ち方で上丹田に振りかぶって前方回転で四方投げ表。
  • 胸取り二教表:相半身内入り身で振り込み突きにて間合を詰めるとき、遅れると受けに引き込まれる。後ろの足を前に置き換えて軸とし、内転換で二教表/裏:外転換の非軸足を後ろや横ではなく逆半身外入り身で受けを後三角(の頂点)へ崩すつもりで。横面打ち表で逆半身入り身・外転換に近似。
  • 坐技正面打ち一教表/裏:同時打ちが表、後手が裏。
  • 半身半立ち両手取り四方投げ表/裏
  • 両手取り天地投げ:井桁に進む。
  • 後ろ両手取りに魄氣を陽として両手を陽の陰で母指先が上丹田へ巡るように掲げて、魄気を陰としつつ前方の足を一歩大きく外側後方に置き換えて同側の手を下丹田の高さに降ろして対側の手で三教表/裏
  • 坐技両手を手刀で中段にて取らせ、呼吸法

  以上、植芝充央 合気会本部道場道場長のご指導

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です