2021年

9月

29日

水曜稽古の記録 外転換から非軸足を踏む軸足交代で入り身が基本

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り、
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動)、片手取り想定で入り身転換・体の変更・その場で陽の魄気、片手取り想定で後方半回転は体の変更・その場で入り身転換(後ろ一回転)、交差取り想定で後方半回転に昇氣で側頸に結ぶ、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  •  相対基本動作坐技:受けの正面打ちに両手を手刀にして逆半身入り身一足で振りかぶる一教運動・体の変更で一教裏
  • 坐技呼吸法:両掌で膝頭を包み、受けが両手で手首を抑えに懸かると母指先を内に巡って掌に膝から魂氣を包んで母指先は天を指して上肢を畳み、右手が陽なら左手は母指先を回外して陰。振り子運動・入り身運動で両手を天地に気の巡り=呼吸法
  • 胸取りに外転換から逆反身外入り身転換二教裏
  • 胸取りに外転換から横面打ちで手刀は受けの腋から後頸側頭を結ぶ線へ指し出して逆反身外入り身転換・体の変更で地に結ぶ
  • 横面打ちに取りの先手で逆半身外入り身・井桁に進んで同名側の手で受けの真中への振り込み突きを相半身で払わせ、受けの手刀を四方投げの持ち方で振りかぶると同時に体の変更で非軸足を後ろに一歩置き換えて陰の魄気から陽の魄気へ鳥船近似で上丹田の魂氣を巡らせると四方投げ表

 *体の変更からその場入り身転換なら後ろ回転で四方投げ裏

 

 

2021年

9月

29日

正勝吾勝勝速日の理解

受けが後ろから取りの肩に手を置いた瞬間、同側の手足腰は体軸として対側の非軸足を半歩進めて軸足交代による入り身転換と同時に、非軸足側となった手に魂氣の珠を包んで下丹田から上段に与えて掌を開くと、正面打ちの手刀となる。

受けが手刀でこれを抑えに懸かる瞬間、取りの手刀の掌に魂氣を包んで上丹田に巡って、非軸足先を母指先に合わせて内股で軸足交代すると、手足腰目付の一致で反復する入り身転換によって体軸の巡りが確立する。

はじめ腰仙部に置いて体軸に与った陰の魂氣は腰の巡りによってそのまま下丹田に置かれた陰の魂氣となる。この時両手は天地に結んでいるが、地の魂氣は下丹田にあって既に体軸から解かれ、同側の非軸足と共に身の軽さを得る。魂の比礼振りが起こる、と比喩される開祖の言葉はこの下丹田の魂氣を指すのであろう。自在に動作へと移ることができる。これが入り身転換の成立である。

 下丹田の魂氣を陰のまま再び腰のまわりを後ろに巡らせ、合わせて同側の非軸足を後ろに一歩置き換えて軸足とするとき、これは体の変更の捌きに相当する。対側の手は陰の魂氣で体軸に沿って下丹田に降りて再び体軸から解かれ、受けの同名側の手は取りの下丹田へと導かれ、受けの両手は取りの肩と下丹田の間で縦に並ぶこととなる。

 同時に取りの魂氣には魂の比礼振りが起こって同側の非軸足先と同期して外転換へと連なり、自在に手足を動作して更に受けを導くことができる。体軸に与る手足が結んでは対側の手足が様々な技と固めを生み出す。これは合氣の技が生まれる天地の法則であり、正勝、吾勝、勝速日という言葉に象徴されるのである(『合気神髄』p70*)。

 すなわち、正勝は体軸から解かれた非軸足と同側の魂氣であり、吾勝は体軸を成す軸足と丹田に結ぶ同側の魂氣である。右と左で軸足が交代する体捌きのうちに、左右の魂氣と魄氣が同時に結んで二本の足が一本の軸足となるのが合氣の成り立ちである。つまり入身一足で技が生まれ、これを勝速日と象徴化されたのであろう。

 以上、肩取り正面打ちに体の変更から各種基本技への体捌きを例とした。

                                

*『合気神髄』合気道開祖・植芝盛平語録 植芝吉祥丸監修(平成2年1月20日 柏樹社発行)より

                           2021/9/29

2021年

9月

26日

日曜稽古の記録 肩に触れたら考えずに体軸として入り身転換

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り、
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動)、片手取り想定で入り身転換・体の変更・その場で陽の魄気、片手取り想定で後方半回転は体の変更・その場で入り身転換(後ろ一回転)、交差取り想定で後方半回転に昇氣で側頸に結ぶ、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  •  相対基本動作坐技:下段に魂氣を包んだ両手を与え、両手取りに地を指す母指を内巡りから天を指して上肢を畳み、右手が陽なら左手は母指先を回外して陰。振り子運動・入り身運動で両手を天地に気の巡り=呼吸法
  • 坐技呼吸法:両掌で膝頭を包み、受けが両手で手首を抑えに懸かると母指先を内に巡って掌に膝から魂氣を包んで母指先は天を指して上肢を畳み、右手が陽なら左手は母指先を回外して陰。振り子運動・入り身運動で両手を天地に気の巡り=呼吸法
  • 坐技下段に与えて両手取り、両母指先を内に巡って入り身運動で軸足を作って上体を転換し、脇を閉じて魂氣は下丹田に結ぶと昇氣で側頸に母指先を結び、肘頭は受けの胸骨上窩に嵌ると振り子運動で軸足を交代して魂氣は陽の陽で過伸展すると受けの同名側頸部から体軸に響く、呼吸法裏
  • 片手取り入り身転換・体の変更から陽の魄気で呼吸法表
  • 片手取り入り身転換・体の変更から下丹田の魂氣と同側の非軸足を外巡り外転換で隅落とし
  • 後ろ両腕締めに両手を陽の陰で母指先は下丹田に巡り、振り子運動で軸足を作ってから陽の魄気で入り身転換、呼吸投げ
  • 後ろ肩取りに軸足側として体軸を作り、対側の非軸足を一歩前に進めて内股で軸足交代すると入り身転換で上段に魂氣を発して手刀を作り相半身のとき側頸に手刀のまま巡ってその場で入り身転換・体の変更で受けの背側に腋の下を抜け、受けの手を包み陽の魄気で二教表

 *後ろから一方の肩に受けの手が触れたらそれが同名側か異名側かに関わらずそれをまず体軸側として入り身転換で軸足交代して非軸足で上段を撃つ

2021年

9月

26日

日曜誌上稽古 軸足交代による体軸の確立とその移動

 入り身転換反復の勘所

 

 基本動作の一つである〝その場入り身転換反復〟では、ただ目付けの転換を連続して繰り返すことに要点を置くわけではない。軸足交代こそが勘所である。それは、剣線を外してすぐに魂氣を発し、受けの真中を撃つのが目的であるからだ。そのためには初めの入り身転換の直後に軸足を交代することが必須なのである。

 つまり、反復転換して非軸足を確立すると魂の比礼振りが起こり、同側の手は自在に伸展して受けの真中を撃つことが可能となる。その結果、取りの魂氣が受けの魄気に結んで、底を抜いて取りの低丹田に巡り、自身の魄氣と結ぶ動作が生まれる。即ち合氣である。

 たとえば、横面打ちに逆半身内入り身転換とし、すぐにその場で相半身内入り身転換によって呼吸法表が生まれる動作を考察すると、反復入り身転換によって軸足交代を確立して空の気を解脱した魂氣と非軸足が受けの前三角頂点を確保し、その上で真中を撃たねばならない。母指先の反りに合わせた非軸足先の半歩踏み出しから外への巡りは、対側の軸足が確立されてこそ可能となるのである。 

 まして初動の入り身転換から体軸を欠いた動作であれば、そもそも五体の固定直立が曖昧となり、開祖の所謂〝空の気〟に結ぶ概念の実体を伴わないこととなる。そこでは武の土台となる魂氣、つまり体軸から解かれた対側の手が存立し得ない。即ち〝空の気を解脱して〟〝魂の比礼振りが起こり(身の軽さを得て)〟〝真空の気に結ぶ〟という合氣の前段が動作しきれない。 

 陽で虚空に発せられた魂氣は受けの真中にひびき、その体軸に沿って底を抜き、取りの丹田に巡って自身の魄氣と結ぶことで禊が動作される。〝合氣は禊から始まる〟と言われる所以である。

 二本の足が一本の軸足となって体軸移動が動作される。この瞬間は合氣の技が生まれ、残心に裏打ちされるわけで、まさに「入り身一足」の姿を示すと言えよう。

2021年

9月

22日

水曜稽古の記録 軸足交代で魂の比礼振りが起こり非軸足で千変万化

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣(二教の手)、回外、昇氣(小手返しの手)、両手で天地に氣の巡り(右手が陽なら左手は陰)、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)片手取り想定で入り身転換から体の変更、片手取り想定で後方半回転にて体の変更(三面に開く)・その場での入り身転換は後方回転、交差取り想定で後方半回転にて体の変更・一歩後ろに置き換えた軸足側の魂氣は昇氣で側頸へ、前方回転(前方半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)。
  • 相対基本動作坐技正面打ち気結び:魂氣の珠を包んで上段に与えて母指先から発して巡る魂氣の陰陽、振り子運動、入り身運動、体軸移動
  • 相対基本動作坐技片手取り/交差取り呼吸法
  • 坐技交差取り呼吸法裏:手足腰目付の一致で体軸確立、振り子運動で逆半身入り身して軸足交代で魂の比礼振りの起こった手足を体軸に沿って地に結ぶ。同側の非軸足(膝)は半歩後ろに開いて膝を閉じる体の変更。
  • 後ろ肩取りにその場入り身転換と同時に上段へ正面打ちで受けの手刀を引き出し、反復入り身転換で上丹田に魂氣を結び、体軸確立を天地に結ぶ。体の変更で軸足交代により、魂氣を下丹田に降氣で魂の比礼振りとし、*同側の非軸足を外に置き換えて前方回転の軸とし、抑えに懸かった受けの手が取りの下丹田に巡って異名側の手でその母指球を包んで上丹田に振りかぶり、同名側の手で尺側手首を四方投げの持ち方で把持し前方回転に続く正面打ち近似で四方投げ表

 * 同側の非軸足を外に置き換えて軸とし、魂氣を上丹田まで巡らせ、対側の手を受けの項に回して陽の魄気で入り身投げ。

 *同側の非軸足の膝を着いて魂氣は地(下丹田)から後ろに振り下ろし、地を掃いて天に発して円を書くと受けの異名側上腕内側に取りの上肢が絡み、対側の手は振り込み突きで受けに払わせて肩にある受けの小指球を包んで二教裏、対側膝も着いて固め。

  • 横面打ちに同時相半身で振り込み突きを払わせて内転換と共に受けの手刀橈側前腕に上から結んで外に巡らせ、軸足交代して取りが逆半身横面打ちで外入り身転換・体の変更と同時に母指球を下丹田で包み・後ろ回転で小手返し裏。

 

2021年

9月

19日

日曜稽古の記録 入り身転換で上丹田から側頸へ結びを生む

  • :天の浮橋に立たされて(自然本体で)天地の気に気結びする/鳥船左右左
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に気の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、下段に魂氣を与え(内巡り)外入り身転換、入り身転換から体の変更、片手取りを想定して後ろ半回転で体の変更(三面に開く)、交差取りを想定して後ろ半回転で体の変更(陰の魄気で陰の魂氣は昇氣)、入り身転換反復、前方半回転繰り返し/一回転、後ろ回転、
  • 相対基本動作下段受け流し:自然本体で下段に与えて交差取りに呼気とともに陰の陽で腋を閉じ内に巡って上肢を畳み、母指先は側頸を指してから前方に回外して、同側の非軸足を軸足の内足に着けて足先を地に触れる。即非軸足を相半身外入り身で大きく半歩差し出して同時に同側の魂氣を母指先から発して上肢を中段に伸展する。交差取り二教入り身投げ。魂氣は陽の陰/陽の陽から陰の陰で側頸に結んで背面に巡る。
  • 半身から下段に与えて交差取りに下段受け流しで軸足交代して逆半身入り身投げ
  • 自然本体で突きに下段受け流し逆半身入り身投げ
  • 上段に与えて受けの正面手刀による防御に軸足交代して鎬を上丹田に作って入り身転換で後ろ両手取りを天地に結び、地のほうの非軸足先を前方回転の軸足として半回転と同時に両手の天地を置き換える。合氣落とし。
  • 上段に与えて受けの正面手刀による防御に軸足交代して鎬を上丹田に作って入り身転換で後ろ両手取りを天地に結び、地のほうの非軸足先を一歩後ろに置き換え(体の変更)て軸足とし、その場で入り身転換する際に上丹田の魂氣を小手返しの手で側頸に下ろして昇氣呼吸法の形にすると受けの手は反屈して取りの体軸に引き込まれる。入り身転換反復で陽の陽の魂氣を発すると呼吸法裏。
  • 坐技手刀で両手を与えて振り子運動の前傾で脇を閉じて陰の魂氣としてからそのまま体幹軸を直立に戻して母指先から天に魂氣を発する思いで、振り子運動により軸足を作って、非軸足側の膝を軽く開くと両手取り呼吸法

2021年

9月

15日

水曜稽古の記録 半身と自然本体での正面打ち入り身の異同

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)、片手取り想定で入り身転換から体の変更さらに魂氣と魄気の陽、片手取り/交差取り想定で後方半回転にて体の変更(交差取りでは内股で真横に軸足を作る。一歩後ろに置き換えて体軸に与る方の魂氣は昇気で側頸へ)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)
  • 相対基本動作:受けの正面打ちに自然本体から合気の剣で正面打ち入り身/相半身正面打ちでの入り身、いずれも非軸足の母趾先が剣線上にあること。
  •  相対基本動作:片手取り入り身転換・非軸足を一歩後ろに置き換えて軸足交代(陰の魄気)は体の変更。片手取り/交差取りに後ろ半回転で体の変更
  • 片手取り入り身転換から体の変更の陰の魄気から陽の魄気で非軸足を半歩受けの表三角から真中へ進めて魂氣を陽の陽で入り身一足、呼吸法表。
  • 半身に対して受けの横面打ちに先手で逆半身外入り身/同時で相半身内入り身から内転換/後手で鎬を作って外転換と同時に対側の手で顔面を外から内へ拭う。
  • 半身に対して受けの横面打ちに逆半身内入り身転換で軸足側の背を受けの同名側の胸に着け、その場で反復入り身転換・非軸足を半歩受けの表三角から真中へ進め昇氣呼吸法表
  • 横面打ちに同時で相半身内入り身から内転換で四方投げの持ち方で逆半身入り身転換・昇氣呼吸法裏
  • 自然本体で対峙して真中を与え、正面打ちに逆半身返し突きで内入り身転換、下段の非軸足側の手で受けの手刀を陰の陽で掬って振りかぶり、前方回転の軸足側とし四方投げ表。
  • 自然本体で対峙して真中を与え、正面打ちに異名側の足を軸として対側の手で胴を横切りにし、非軸足は合わせて内股に後ろ半回転体の変更とする。受けと同じ半身でその背側に入り身が成立する。受けの両肩に両手を添えて後ろ三角の頂点に向けて体を変更して下丹田に巡ると受けは背部が落ちる。

2021年

9月

12日

日曜稽古の記録 諸手取りに外転換で魂氣の珠を包む

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動で入り身一足(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動)、片手取り想定で入り身転換・体の変更、片手取り/交差取り想定で後方半回転・体の変更、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  •  相対基本動作坐技:掌に魂氣を包んで下丹田から上段に掲げて受けの手刀を引き出す。接触の瞬間掌を母指先から開いて陽の陽で受けの手首に結ぶ。つまり、取りの尺側・伸側・橈側手首が順次接点となって受けの同名側の同部位と接触していき、母指先の反りに合わせて非軸足の膝を軽く外に開いて体軸とし、対側の膝を受けの真中へ軽く進めて同側の魂氣を振り込み突き近似で受けの手刀側の上腕伸側に発する。〝両手で天地に気の巡り〟によって大仏の手で坐技一教運動表(一教から四教表までの基点)
  • 坐技一教運動裏:掌に魂氣を包んで下丹田に置くと受けは先手で手刀を振りかぶる。非軸足の膝を閉じて軸足のそれに密着させて魂氣は陰の陽のまま〝両手で天地に気の巡り〟により体軸上を一気に上丹田へ鎬を作り体軸として同時に対側を振り込み突き近似で受けの手刀側の上腕伸側に発し、逆半身外入り身で大仏の手で坐技一教運動裏
  • 陽の陰で片手を下段に差し出し、諸手取りに掌へ氣の珠を包む思いで外転換とともに脇を閉じて肘を畳んで体軸とし、魂氣を包んで母指先は回外して前方を指すと受けの腕は縦に並んで体軸はその場で後ろに反れる。上肢を一気に伸展して掌を包んだままその場で反復入り身転換とし、母指先は円を書いて反りに合わせて受けの異名側の手に沿って二教で受けの下丹田に巡ると、二教入り身投げ。対側の手は受けの項を包む。
  • 諸手取りに外転換で肘を畳んで脇を閉じて体軸とし、魂氣を包んで母指先は側頸を指すと受けの腕は縦に並んで体軸はその場で後ろに反れる。母指先を陽のようで伸展して一歩入って天秤投げ。
  • 諸手取りに外転換・その場で入り身転換から同名側の手でそれぞれ両手を取り、下から矢筈で取った受けの手を対側の手(水平)に直行するように押し当て、同時に受けの真中に向ける、十字投げ。
  • 諸手取りに外転換で回外してその場入り身転換にて対側の手で受けの母指球を包んで小手返し
  • 諸手取りに外転換から入り身転換で上丹田に結んで軸とし、対側の非軸足を受けの表三角の頂点に内股で軽く勧めると同時に膝を着いて軸足に交代すると上丹田から降氣で地に結ぶ。呼吸投げ。

2021年

9月

08日

水曜稽古の記録 母指先の反りに沿わせ、小指球が嵌る

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)、片手取り想定で入り身転換から体の変更さらに魂氣と魄気の陽、片手取り/交差取り想定で後方半回転にて体の変更、前方回転(前方半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)
  • 相対基本動作坐技片手取り/交差取り呼吸法:下段に氣の珠を包んだ魂氣を与えて片手取りに呼気で上肢を陰の陽に畳んで(腋を閉じ、肘を畳んで手首は弛緩屈曲)母指先は内を回って天から側頸を指すが、止まらずに腋を閉じたまま母指先の反りに合わせて外側空間へ吸気で気を発するように陽の陽で掌を開いていく。天地に氣の巡りによって呼気で陰の陽の魂氣として脇を閉じると上肢は再び体軸に与る。
  • 坐技片手取りに呼気で上肢を陰の陽に畳んで母指先は側頸を指すが、脇を閉じたまま母指先を前方に回して受けの手首屈側に下から手背を潜らせて結び、吸気で一気に陽の陰に伸展して受けの真中へ魂氣を発し(指を全開)、呼気で小手返しの手を体側に巡り地に結ぶ。
  • 交差取り二教表:母指先の反りに沿わせ、陽の陰に巡って(手刀近似へ)小指球が受けの橈側のつぼに嵌る
  • 交差取りに外転換で陽の陽から陽の陰で受けの橈側手首を包むと二教裏。
  • 下丹田に魂氣を陰の陽(小手返しの手)で置いて同側の非軸足を三位の体で軽く半歩出し、上段に与えると受けが手刀で正面にて防ぐ。触れた瞬間陽の陽に開いて氣結びとともに同側の非軸足先を母指先に合わせて前外側に向けて軸足とする。魂氣は上丹田に結び手足腰で体軸を確立すると対側の手足腰は逆半身外入り身とし、継ぎ足を井桁に進めて受けの両足間後ろ三角に差し入れる。魂氣は受けの手刀橈側の空間から異名側の頸部に陽の陽で進めるから尺側が受けの異名側頸部に当たり、陽の陰に巡って同側の足先とともに取りの臍下丹田に巡って結び、後ろ足の継ぎ足で入り身運動の残心、正面打ち入り身投げ表。
  •  下丹田に魂氣を陰の陽(小手返しの手)で置いて同側の非軸足を三位の体で軽く半歩出し、上段に与えようとしたとき受けが先手で正面打ちを仕掛ける。上丹田に結んで鎬を作り、剣線上の同側非軸足の踵を受けの外に外して軸足とし、対側の手足を返し突きで逆半身外入り身転換。受けの同名側の側頸を魂氣で包み、魂の比礼振りの起こった手を反復入り身転換で対側の手に合わせて結ぶ、入り身投げ裏。
  • 陽の陰で片手を下段に差し出し諸手取りに、同側の非軸足は外に置き換えてから軸として外転換と同時に魂氣の珠を掌に包みながら上肢を畳んで陰の魂氣の母指先が側頸を指すと、すぐ呼気のまま腋を開いて母指先は側頸につけて肘頭は受けの胸骨上窩に嵌り、体軸を確立。対側に軸足を移して体軸から解かれた陰の魂気を吸気で伸展すると陽の陽から陰の陽で体側に結び、同側の非軸足は半歩入り身運動で残心、呼吸法。
  • 陽の陰で片手を下段に差し出し諸手取りに、同側の非軸足は外に置き換えてから軸として外転換と同時に魂氣の珠を掌に包みながら上肢を畳んで陰の魂氣の母指先が側頸を指すと、すぐ呼気のまま母指先を外に向けて前方を指し、手足腰目付は受けと一体となって体軸を確立する。直ぐ対側に軸足を交代して体軸を解脱した肘を伸展し、非軸足となった同側の膝を地に着け流と同時に立ち上がる。魂氣は後ろへ地を掃いて体側に戻ると残心、呼吸投げ。
  • 片手取りに陰の陽から陽の陽で受けの手を取り返して外転換の軸足を内股の後ろ回転軸足とし、対側の非軸足を一歩後ろに置き換えて外股に軸足交代、前の非軸足をその場でさらに内股で軸足交代してその場での入り身転換。上丹田に置いた受けの手を持つ魂氣は正面打ち近似で受けの項に発すると下丹田に巡る、四方投げ裏。
  • 交差取りに外股で前方回転の軸足を作って、取り返した手を上丹田に結んで非軸足を一歩前に内股で置き換え、非軸足となった足をその場で外股にして軸足に交代し、再度内股で前方回転の後半の動作をすると前方回転の完成で魂氣を陽に発して下丹田に巡ると四方投げ表。

2021年

9月

01日

水曜稽古の記録 単独呼吸法から相対動作へ、そして技が生まれる

  • 禊:天の浮橋に立たされて天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、両手で天地に氣の巡り、入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作(体捌き):入り身運動(二教の手、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表(井桁に進んで連続入り身運動・魂氣は両手で天地に氣の巡り)、片手取り想定で入り身転換から体の変更さらに魂氣と魄気の陽、片手取り/交差取り想定で後方半回転にて体の変更前方回転(前方半回転連続/一回転)、後方回転(後方半回転+その場で入り身転換)。
  • 相対基本動作坐技片手取り呼吸法:下段に氣の珠を包んだ魂氣を与えて片手取りに入り身運動で下丹田に結んだ魂氣を呼気で側頸まで昇氣、上体は入り身転換・振り子運動で肘頭は受けの胸骨上窩に嵌り、振り子運動で体軸交代して空の氣を解脱した魂氣を陽の陽(吸気)で真空の気に結ぶ、非軸足となった同側の膝は同時に少し外に開く。(呼気で)陰の陽の魂氣を体軸に巡って(脇を閉じて)肘は伸展したまま小手返しの手は地に結ぶ。
  • 坐技片手取りに呼気で上肢を陰の陽に畳んで母指先は側頸を指すが、脇を閉じたまま母指先を前方に回して受けの手首屈側に下から手背を潜らせて結び、吸気で一気に陽の陰に伸展して受けの真中へ魂氣を発し(指を全開)、呼気で小手返しの手を体側に巡る。
  • 立ち技片手取りに外転換で体軸足に畳んで回外・軸足を対側に一瞬交代して体軸(空の気)を解脱し、手足腰を真下の地に結ぶ(膝と手背を着く)と呼吸投げ。
  • 陽の陰で片手を下段に差し出し諸手取りに、同側の非軸足は外に置き換えてから軸として外転換と同時に魂氣の珠を包みながら上肢を畳んで陰の魂氣の母指先が側頸を指すと、すぐ呼気のまま腋を開いて母指先は側頸につけて肘頭は受けの胸骨上窩に嵌り、体軸を確立。対側に軸足を移して体軸から解かれた陰の魂気を吸気で伸展すると陽の陽から陰の陽で体側に結び、同側の非軸足は半歩入り身運動で残心、呼吸法。
  • 片手取りに陰の陽から陽の陽で受けの手を取り返して外転換の軸足を内股の後ろ回転軸足とし、対側の非軸足を一歩後ろに置き換えて外股に軸足交代、前の非軸足をその場でさらに内股で軸足交代してその場での入り身転換。上丹田に置いた受けの手を持つ魂氣は正面打ち近似で受けの項に発すると下丹田に巡る、四方投げ裏。
  • 交差取りに外股で前方回転の軸足を作って、取り返した手を上丹田に結んで非軸足を一歩前に内股で置き換え、非軸足となった足をその場で外股にして軸足に交代し、再度内股で前方回転の後半の動作をすると前方回転の完成で魂氣を陽に発して下丹田に巡ると四方投げ表。
  • 二人取りに外股・内股・外股・内股・外股にして非軸足のままで入り身転換の陰の魄気。交差と片手取りのそれぞれの受けに四方投げ表と裏を順番に動作していって同時に終えて四方投げ表裏が同時に生まれる。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です