2015年

12月

23日

天神町道場稽古 回転終末まで魂氣の結びを体軸から解かない

  • 18の杖
  • 八方切り(踏み込んで正面打ち・入り身転換/方向を変える時の置き換え以外は踏み込まずその場で踏み換え反復)

 *軸足を作らなければ体軸の移動はできない。魄氣で体軸を通さなければ動作を魂氣の三要素で行うことが出来ない。

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前/後方回転
  • 坐技片手取りに取り返して四教:下段に与えて外巡りから肘を落として回内と同時に振り子運動で降氣の形としつつ陰の陽で受けの手首を包み、体軸を戻して母指球を突き出す回外に続き示指球を突き出して四教
  • 相対基本動作:上段に与えて両手で氣の巡り・受けは相半身の手刀で受けて陽の陰から丹田に結んで入り身転換・降氣の形で反復入り身転換と陽の陽で発して取り受け交代。互いに足の置き換えをせずその場で踏み換え反復。
  • 相対基本動作:諸手取りに母指先を外巡りとし、同側の足先で剣線を外し内股で軸足として後ろ回転で腰仙部に結び、受けは体の変更(画像①②)。取りは降氣の形で入り身転換反復(踏み換え)相半身で一歩踏み込んで(後ろ回転の)軸足とし、反復する後ろ回転の終末で肘を開いて陰の陽で地に結ぶ(小手返しの手)一教裏固め。
  • 正面打ち一教表:上段に与えて正面を守る受けの手刀に陽の陽で結び母指先と拇趾を揃えて相半身内入り身・送り足の踵を前方の足の甲に被せて足先から受けの後方の軸足に向けて進め同側の手は陽の陰で受けの肘直上部を真中に返し突きで丹田に巡る(以上一教運動表の両手で氣の巡り)
  • 交差取り外転換で降氣の形から一教運動裏

 *単独動作の一教運動裏では陰の陰で額に結ぶ魂氣が、交差で与えた場合降氣の形の陰の陽で側頸に母指先が向いている(接していないが結ぶ思い)。そのままで対側の手を陽の陰で返し突きを逆半身入り身転換・置き換え・踏み換え(後ろ回転)。降氣の形から陽の陽では表(画像③)。

  • 交差取り外転換から二教・入り身投げ
  • 諸手取り外転換呼吸投げ
  • 横面打ち小手返し固め:横面打ちに相半身両手で氣の巡りとしての振込突きから内転換で受けの手刀を外巡りの魂氣で払い(その前に受けが取りの振込突きを払っている)、陰の魄氣から対側の手で横面打ち逆半身外入り身転換・前方の足を後方に置き換えて陰の魄氣で受けの母指球を包み、後ろ回転で小手返し。受けの小指側の手背を覆った手を受けの肘に陰の陽で掛け、異名側の膝に着けて受けの頭側を周ると、返された受けの手の指先は受けの脇をなぞるように背部へ巡ることとなる。その膝と足先を俯せになった受けの脇に向けると、受けの指先は自身の項に向かい固めとなる。受けの母指球は終始取りに包まれる。

 *俯せになった受けの上肢は屈曲して指先は背部で項に結ぶ(実際に接触させるのではなく項を指すように固める)。手首より近位が伸展していては固めの効果はない。

  • 坐技両手取り呼吸法各種

 以上 稽古納め、

 納会へ。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

20日

天神町道場稽古 禊の陰の魄氣は呼気で胸を最大限開く腹式呼吸

  • 剣素振り入り身:正面打ち、入り身転換、八方切り、下段受け流し、上段受け流し
  • 剣合わせ:突きに下段受け流し突き
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、氣の巡り)

 *鳥船の陰の魄氣は呼気で胸を最大限開く、陽は吸気で胸を両上肢で閉じ肚を最大限広げる腹式呼吸画像①)。呼気では魂氣を丹田に結び肚を閉めて胸を開き、吸気では両手で魂氣を発して胸を閉め、肚を広げる。陰の魄氣では軸足、腰、体軸が一直線で、目付けが水平に前方を向く

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、一教運動表/裏、前方回転/後方回転

 *一教運動は剣線を外して対側の足を剣線に向けて進める。四方投げ、入り身投げ、天地投げのいずれも手・足・腰・目付けの一致で受けの真中へ表から/裏から魂氣と魄氣を結ぶ。

  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り
  • 坐技正面打ち一教から四教まで表/裏
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更/交差取り入り身転換
  • 交差取り入り身転換から呼吸法(画像②
  • 片手取り外転換・外巡りから肘を落として回内・横面打ち入り身転換呼吸投げ
  • 片手取り入り身転換隅落とし/外転換隅落とし
  • 片手取り四方投げ表/裏
  • 正面打ち入り身投げ表/裏
  • 両手取り天地投げ

 *初段審査:

 鳥船、 両手で氣の巡り、 入り身転換 、入り身転換反復、回転前方/後方、 一教運動表/裏、 坐技片手取り呼吸法、坐技両手取り呼吸法、片手取り入り身転換/体の変更、突き外転換、 突きに横面打ち入り身転換、 片手取り呼吸法表/裏、交差取り呼吸法、片手取り隅落とし表/裏、 片手取り外転換鏡返し、坐技正面打ち一教から四教、立ち技正面打ち一教から四教、片手取り/交差取り二教、片手取り四方投げ表/裏、片手取り外巡り呼吸投げ、 正面打ち入り身投げ表/裏、両手取り天地投げ、諸手取り側頸から陽で呼吸法、諸手取り額に結んで回転・呼吸法、 諸手取り外転換・降氣の形から回外して呼吸投げ、 横面打ち四方投げ、横面打ち入り身投げ、突き小手返し表/裏、 後ろ取り天地の結び・呼吸法、 後ろ肩取り天地の結び・呼吸法

 

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

16日

幸町道場稽古納め 正面打ちと交差取りで三教の様変わり

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更、交差取り入り身転換
  • 相対基本動作:交差取り入り身転換呼吸法
  • 坐技上段に与えて陽で結び、陽の陰に巡って正面当て。
  • 坐技上段に与えて両手で氣の巡り・陽の陰に巡って受けの手刀の末梢へ滑らせて降氣の形で指先の手背側から包むと受けの手掌が目の前にある。対側の手で小指球を手背側から包み、回外して取りの母指球を突き出し、丹田に降ろすと三教表(画像①,a,b)。
  • 坐技下段に与えて交差取り三教裏:降氣の形から陽の陽で結び、陽の陰に巡って受けの手首を上から包み、再度降氣の形で真中に寄せる。受けの小指球を降氣の形で包むことはできても回外して陽で突き出すことが出来ない。なぜなら初動で与えた取り自身の手が上に位置して天井となるから、その天井を対側の脇に向けて降ろしていくと受けは三教で地に圧せられ、仰向けに落ちる(画像②,a,b)。起こそうとする受けに合わせて杖正面打ち近似で丹田の前に俯せで固める(画像③)。
  • 片手取り四方投げ表:降氣の形から回外して脇を開く=降氣の形から二教の手、四方投げの持ち方で手背に額が迎えにいって前方回転の軸足を作る。
  • 片手取り入り身転換を二教の手で、取らせた受けの手を反屈として両者の手の間で取りは対側の陽の陽の手で掬い取ると、初動の手を陽の陰で巡って受けの側頸に結び入り身投げ。
  • 交差取りに横面打ち外入り身転換入り身投げ/陽の陽で外転換から外巡り・対側の手で受けの同名側の頸部を降氣の形で包み、初動で取らせた手の伸側に同名側の手を被せて受けに返す(演武のみ)。
  • 胸取りに同名側の手で振込突き・払わせて内転換陰の魄氣から後ろ回転で受けの手を取りの両手と胸で二教に取り返し、振り向いて受けを見ると二教で受けの体幹の底が落ちる。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

09日

幸町道場稽古 交差取りも片手取りも額から対側の頸部へ巡る

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏

 *一教運動裏の魂氣は降氣の形から回外して陰の陰で額に結ぶ。両手で氣の巡りとして母指を剣に見立てて抜刀近似で狭義の陽へと発する。

  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で気の巡り、片手取り降氣の形から陽の陽、
  • 半身半立ち片手取り四方投げ:取らせた魂氣を降氣の形から回外して額に結び対側の手は四方投げの持ち方で手背を額に着け、目付けは取らせた手の側で受けを見上げる。目付けを対側に廻して正面打ち近似で受けに差し出し、丹田に降ろす(画像)。

 *取らせた手の方向で受けを見上げるということは振り子運動で反対方向へ体軸を傾げることで四方投げの持ち方とした手背に額を迎えることが出来る。受けが後ろを通るとき体軸を戻し、さらに目付けを反対側に転じると共に初動で取らせた手の方へ体軸を傾げて額から相対的に陽で四方投げの腕を伸展し受けの中心に差し上げる。再度体軸を正中に戻すと同時に魂氣を丹田に振り降ろす。

  • 半身半立ち交差取り呼吸投げ:取らせた手を降氣の形から回外して額に結び、目付けは取らせた手の側で受けを見上げて、次に額の手を対側の頸部に廻してなおも丹田に降ろす。

 *坐技の場合足腰で魄氣の三要素までは使えないが、上体は振り子運動で傾ぐから魂氣は額から対側の側頸・丹田へは一直線で降りる。

  • 諸手取り外転換鏡返し
  • 諸手取り外転換・回外して反復転換で外巡り・小手返し

 *外巡りで静止してからは受けの異名側の母指球を包むことが出来ない。受けの対側の手が重なって覆っているからその下にある手の母指球を包むことが出来ない。その表面にある対側の手の小指球を包んでしまい、二教表となる。いずれも包んだあと両手で氣の巡りで同じ動作で。

  • 坐技交差取り四教:取らせたて手を降氣の形から陽の陽。片手取りと異なり受けは対側の手を地に着けて上体を支えるから、取りは魂氣を陽の陽から陽の陰に巡って受けの手首を包んで陰の陽で中心に寄せる。受けの手首には取りの母指球と他の指の間で隙間があり、それは脈拍部に相当する。他側の示指球を嵌めて母指球とともに回外して差し出し、丹田の前で地に結び、振り子運動で体軸を受けの方に傾ける。
続きを読む 0 コメント

2015年

12月

05日

大阪府合氣道連盟主催  応急・救急手当講習会 (吹田市洗心館)

①午前 「身体のメンテナンスに有効なストレッチ方法」

講師:静岡産業大学、名古屋リゾート&スポーツ専門学校 非常勤講師 松井健一先生

 

②午後 普通救命講習会(実技)

吹田市消防本部北消防署

 普通救命講習修了証発行

参加:辻本、越智

 



 

天神町道場稽古

  • 禊、基本動作 山本弐段
  • 指導稽古 北村参段 渡邊初段

 

 

2015年

12月

02日

幸町道場稽古 肩・肘・手首を屈曲させて指を項に向ける

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、前/後方回転、入り身転換・反復、一教運動表/裏、
  • 相対基本動作坐技呼吸法:上段に与えて両手で氣の巡り

 *受けの手刀を取りが与えた魂氣の接点で押し払おうとしても陰陽・巡り・結びにはならない。それは魂氣の動作ではない。

  • 相対基本動作:片手取り外転換/外入り身転換
  • 交差取り外巡り外入り身転換
  • 交差取り降氣の形で外転換・陽の陽から陽の陰、陰の陰で丹田に巡って二教
  • 胸取り降氣の形で呼吸法:外転換・降氣の形から側頸に結んで脇を開き肘を畳み外入り身で肘を開いて陽の陽
  • 胸取り外転換から受けの手を包んで後ろ転換で取りの左右の脇の開閉の後・振り向くと二教裏。
  • 胸取り外転換から横面打ち外入り身で受けの脇と項の結ぶ線上へ詰める。その手を陰の陽に巡らせて降氣の形で三教に取る。
  • 交差取りに陽の陽で対側の手は横面打ちで外入り身転換、陰の陽で巡って受けの母指球を包んで体の変更から後ろ回転で小手返し。肩・肘・手首を屈曲させて頭部を回ると受けは俯せとなり、母指球を包んだまま取りの膝に固定して陽の魄氣とする。受けの指をその項に向けて目付けは前外方に向ける。小手返し固め。

 *小手返しは、受けの手首の遠位端に向かって陰の陽で巡ること。受けの母指球の近位側に取りの小指が接して掌を包めば、陰の陽で受けの母指球を包むこととなる。足先を一歩後方に置き換えると、陰の魄氣で魂氣を受けの母指球とともに丹田に結ぶ。後ろ回転で受けの手首は屈曲し、対側の掌を受けの手背に被せてその小指球側からも包むと、受けの指全体がその項へ巡る。取りの両手が受けの手首を鋭角に屈曲させるほどの仕事量は必要としない。体が丸まって残心も目付けも失うからである。

 *手刀で打てば手首を掴まざるを得ない。陰陽の巡りでは母指球を包むしか無い。

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です