2014年

3月

30日

天神町道場稽古 杖尻を持つ手は横面打ち入り身運動の魂氣

  • 杖素振りで入身運動:直突き、杖巡り、正面打ち、上段受け流し、入り身転換
  • 組杖3:受けの左半身下段突きに右半身で転換し振り込み突き近似で払い・受けの再度直突きに踏み替えて左半身に入り身転換して左手は降氣の形、杖尻を持つ右手は反対側へ持ち替え杖先は左手が伸展することで受けの杖に打ち降ろされる。そのまま左半身で側胸へ直突き。受けは左半身で外に払い、取りは下段受け流しでそのまま二段突き。
  • 単独呼吸法坐技
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前/後方回転、一教運動表裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法三本
  • 坐技諸手取り呼吸法/両襟取り呼吸法/両手取り呼吸法
  • 坐技上段に与えて両手で呼吸法/結んで正面当て
  • 杖直突きに逆半身片手取りを呼吸投げ:体の変更で降氣の形と杖尻の手は丹田に結んでから額に巡って杖巡り・対側の手は陰の陽から陽の陽へ伸展。
  • 杖直突きに逆半身片手取り呼吸法:外転換・降氣の形で同名側の受けの頸部に杖先を当て前の足先を踏んで軸とし対側の足を入り身で進めて杖巡りで残心。

 *杖先と前の足先を同方向に陰の魄氣で杖巡り。直突きや杖で払って終わるわけではない。徒手の片手取り呼吸法の動作と残心はこれにより自ずと誘導される。

  • 陰の陽で下段に与えて(受けは相半身で取ろうとする)交差取りを取らさず入り身投げ:下段に与えて外巡り逆半身入身で一教運動表の魄氣に近似で魂氣を陽の陽に巡って受けの前胸部を削ぎ上げ陽の陰に巡って陰の陰で丹田に結ぶ残心へ母趾と母指を合わせる……前回の画像参照
  • 交差取り入身転換入身投げ:陰の陽で交差取りに取らせて陽の陽に開くと同時に逆半身入身転換で対側の手は陽の陰で巡って受けの同名側頸部へ結ぶ、入り身転換反復で入り身投げ……画像参照

 *陽の陽に開くと受けの手は反屈、対側の手は受けの側頸に結び入身転換の魄氣の結びによって反屈のまま相対的に押し上げる。

  • 少年部昇級審査参級:鳥船は、陰の魄氣で軸足の確立を修練する動作であること。交差取りの入り身転換も基本動作に含めること。これらの課題は稽古日数を詰めることで克服可能である。すでに習得した基本動作が、審査で指示された基本技へと即座に発現できている。筋力の発達ではなく、氣結びのもとで速さと共に陰陽の幅が魂氣と魄氣それぞれに一層大きくなることが期待される。
続きを読む 0 コメント

2014年

3月

23日

天神町道場稽古 横面打ちを払う

  • 組杖1:受けの直突きに返し突き・受けが払って直突き・取りは左半身のまま杖巡り受け流して右半身正面打ち・受けは一歩退いて右半身で払い・上段突きに取りは左半身正面打ち
  • 単独呼吸法:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動表/裏、
  • 相対基本動作:後ろ両手取りの氣結び
  • 後ろ両手取り前方回転/後方回転天地投げ
  • 諸手取り四方投げ
  • 正面打ち入り身投げ表
  • 正面打ち一教表
  • 正面打ち一教裏
  • 正面打ち一教運動裏閂投げ
  • 交差取り外巡り入り身投げ:下段に与えて外巡りで取らさず逆半身外入身・陽の陽で昇氣と同時に相半身外入り身で側頸に結び・陽の陰に巡って陰の陰で残心。……画像参照
  • 突きに降氣で相半身下段受け流し入り身投げ:下段受け流しで回外・相半身入身運動と同時に魂氣は陽の陰で受けの異名側頸部に当たり・陰の陰に巡って母指先の反りに沿って受けの背に結び・腰から取りの丹田に結んで残心。……画像参照
  • 坐技両手取り呼吸法二本

 

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

19日

幸町道場稽古 入り身投げと一教運動

  • 単独呼吸法:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動、入り身転換/反復、前/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入身転換、交差取り入身転換
  • 交差取り入身転換呼吸法
  • 片手取り入身転換呼吸法
  • 片手取り外巡り直突き・相半身外入り身転換・天地の結び
  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換呼吸投げ
  • 坐技両手で氣の巡り
  • 坐技上段に与えて陰の陽から陽の陽・陽の陰で正面当て
  • 坐技下段に与えて交差取りに、取らさず下段受け流し
  • 突きに横面打ち入り身転換/転換
  • 突きに横面打ち転換・反復入身転換小手返し
  • 五級/四級昇級審査:少年部五級と四級では基本動作に相当の習熟の違いが見られ、望ましい達成度である。五級は引き出しの中身を増やし、四級は引き出しを増やす一方、できたものを正確に選ぶ段階か。

 *成人の四級審査で正面打ち入り身投げ表については動作に非の打ち所無し。一教表と入り身投げ表における一教運動表の魄氣の共通性とそれぞれの魂氣の違いについては解説を掲載予定。

 *現在単独呼吸法で、一気は昇氣だけに行っているが、降氣でも“両手で氣の巡り”でも行うべきである。交差取りにおいて“巡り”と“間合いの詰め”と“剣線を外して転換”を同時に行ううえで、降氣の一気を追加することは肝要であろう。

0 コメント

2014年

3月

16日

天神町道場稽古 膝を着いて地に結んでも残心ではない

  • 杖/剣素振り
  • 四の太刀
  • 組杖:直突きに転換・入り身で振り込み突き/巡り・直突き
  • 単独呼吸法:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作剣/杖:入り身運動(突き、正面打ち)、入り身転換
  • 相対基本動作:杖を取らせて転換/入り身転換・体の変更・杖巡りで杖先を地に結ぶ/転換から入り身で杖を巡らせ杖尻は天、杖先は地。
  • 相対基本動作坐技両手取り呼吸法:降氣の形から一方を陽の陽・他方を回外陽の陰/入り身運動と昇氣・側頸に結んで陽の陽
  • 上段に与えて:陽の陽で相半身内入身・両手で氣の巡り逆半身内入り身・一教表
  • 正面打ち一教裏:両手で氣の巡りは一側を丹田に陰の陽で結び、同側の腰を受けの脇に密着して入り身転換。鳥船は両側の魂氣を陰の陽で丹田の両側に結ぶ。
  • 単独基本動作:後ろ両手取りの結び
  • 後ろ両手取り呼吸投げ:丹田への結びを同側の膝と共に地に着けて結ぶ。他方の額に結ぶ手は降氣の形。地を後ろに掃いて巡ると正立して残心、
  • 後ろ両手取りで呼吸投げの動作と共に地に結んだ方の受けの手が解ければ自由になる。陽の陰で大きく巡り受けの手に再度巡って一教表
0 コメント

2014年

3月

12日

幸町道場稽古 横面打ち入り身運動の相対動作

  • 単独呼吸法:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)
  • 単独基本動作:一教運動表/裏、入り身転換・反復、前方/後方回転
  • 単独基本動作:横面打ち転換
  • 相対基本動作:坐技交差取り四教表/裏
  • 交差取り転換一教裏:下段に与えた魂氣を降氣の形で外転換・対側の魂氣を陽の陰で返し突き近似にて受けの上腕に当たり陰の陽に巡ると同時に逆半身入身転換・受けの脇の内に取りの腰が陰の魄氣で結び軸足と同側の魂氣は陰の陽で丹田に結ぶ(鳥船の動作)・前の足先を後ろに置き換えて踏み替えると後ろ回転
  • 交差取り外入り身転換呼吸法:軸足を作った後陽の陽で側頸から後ろに発すると受けの側頸に結ぶが、さらに残心で受けの体軸を経て腰に響く。受けは螺旋で取りの背側に落ちる。

 *残心が無ければ取りの体軸移動と肩によって受けを後ろに(取りの前に)倒そうとせざるを得ない。

  • 片手取り外巡り振り込み突きで外転換・逆半身外入身から送り足で相半身外入り身(一教運動表):魂氣は陽の陽から陽の陰・陰の陰で丹田へ・残心で入り身投げ

 *両手取りなら天地投げの動作に同じ……画像参照

  • 相対基本動作:突きに横面打ち外転換・丹田に降りる手が受けの手に陰の陽で当たればそれを取り、受けの突きが陰で戻っておれば丹田に巡って陰の陽で昇氣か外巡り。
  • 突きに横面打ち外転換・入り身投げ:丹田に降りる手は受けの手に当たらず外巡りから陽の陰で逆半身入身・対側の手は陽の陽で異名側頸部へ・このとき相半身外入り身で手足の先を揃える。陰の陰に巡って残心。
  • 相対基本動作:突きに杖巡りで剣線を外す
  • 突きに杖巡り入り身投げ:額から陰の陽で降りると受けの手に当たらない・外巡りで陽の陰にて受けの異名側の頸部へ逆半身外入り身・送り足で相半身として(一教運動表)手足先を揃えて魂氣を陰の陰で受けの背部を経て取りに巡る・丹田に結んで残心
  • 片手取り外巡り転換から二教:脇を閉じて回内・前の足を軸として横面打ち入り身転換で魂氣を地に結び受けが呼吸投げに至らないと魂氣は力陰の陽で母指先方向へ地を走って対側の膝上に置く手掌に受けの手背を包み・初動で取らせた手を外巡りで外して受けの前腕中央を陰の陽で取って舟漕ぎ運動近似の動作で陰の陰へ巡る
続きを読む 0 コメント

2014年

3月

09日

天神町道場稽古 魂氣によらず後ろ回転は軸足の確立から

  • 二の太刀:下段受け流し・上段受け流し反復
  • 剣素振り入身運動:正面打ち、横面打ち、突き、下段受け流し、上段受け流し
  • 禊:鳥船は舟漕ぎ運動と云う名称にこだわらず、むしろ剣/杖の正面打ち/突きと杖巡りの動作に近似。つまり、上体を前後に倒して体軸を揺らすことの功罪を認識した上で動作すること。
  • 単独呼吸法坐技:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換、回転前/後、一教運動表裏
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り、正面打ち一教裏
  • 坐技正面打ち三教表裏:裏の固めは水平に氣の巡りではなく正面打ち近似で縦の巡りで丹田の前に受けの肩と上腕を結ぶ。
  • 相対基本動作:片手取り入身転換
  • 片手取り呼吸法表:下段に与えて外転換・上体を坐技入り身運動近似で目付を剣線に沿わせると一気に昇氣で側頸に結び、前方の足先をそのまま踏み込み軸として後ろの足を受けの真中に置き換えて入り身と共に魂氣を陽の陽。母指先と母趾先を合わせる。魂氣は陽の陽から母指先の反りに沿って体側に巡り結ぶ・送り足で残心。受けは取りの背側に螺旋で落ちる。
  • 片手取り外転換外巡りで脇を閉じて回内する(手掌を見る)横面打ち入り身運動/入り身転換から呼吸投げ:陽の陽で受けの側頭を経て真中に上肢を密着し上体・足腰を漆膠の身と也魂氣とは茎を受けに結んだ状態。受けの前面を擦り降りて同側の膝を着くと魂氣は受けの内を通って地に結ぶ
  • 諸手取り四方投げ:陽の陰で魂氣を与えて逆半身諸手取り・外転換で降氣の形・踏み替えて対側の手で受けの下にある手を包んで振りかぶる。初動で与えた手を四方投げの持ち方で取りながら両手で振りかぶる・額に手背を結び同側の足で前方回転の軸足を作る・回転か少なくとも入り身転換で上肢を額から正面打ち近似で受けの項に差し出し結ぶ。陰の陽で丹田に巡り結ぶと受けは取りの腹側を経て後ろの足を越えて螺旋で落ちる。
  • 諸手取り呼吸法:四方投げの持ち方ではなく、踏み替えたとき外巡り陰の陰で手背を額に結んで前方回転・側頸に結び丹田へ降氣で結ぶと受けは取りに密着したまま体軸に沿って地に落ちる。取りは陰の陰で入り身運動の残心

 *剣素振りで入り身運動には徒手で陰の陰の入り身運動に相当する動作は含まれない。剣を納める手に近似。

  • 諸手取り転換・降氣の形から一教裏
  • 諸手取り後ろ回転反復一教裏:に前方の足を後ろ回転の軸足とし・後ろ回転で魂氣を腰に結び・踏み替えて転換し魂氣を腰から降氣の形・受けは相半身となり取りは一教運動裏。

 *一教運動裏は返し突き近似で逆半身入り身転換・このとき後ろの軸足は後ろ回転の軸足となる。言い換えると前方の足先を後ろに置き換え踏み替え。後ろ回転を二回繰り返すとき、軸足が交代しきれないと両踵を同時に地で捻って転換しようとする。魄氣の三要素の欠如。目付と腰の切れが失せる。つまり魂氣の三要素も失せる。

 

 *本日、愛仁会総合健康センターでの幸町道場発表会への参加をいただいた会員の皆様、ご苦労様でした。語句と思いと動作の三位一体の取り組みで演武することにより、合氣道の概要を会場の皆様に十分発信できたものと思います。

0 コメント

2014年

3月

05日

幸町道場稽古 横面打ちで縦に/禊で横に氣の巡り

  • 禊:天地の結び、鳥船、印を結んで天地の結び、氣の巡り(魂氣も魄氣も水平に大きく巡り、徐々に小さく巡って行く。最小の巡りで静止に相当しても思いは一層大きく広く)
  • 単独呼吸法坐技:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)
  • 単独基本動作:一教運動表/裏、入り身転換、前方/後方回転
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り、正面打ち一教裏・膝行
  • 相対基本動作:片手取り入身転換
  • 片手取り呼吸法裏/表:裏は入り身転換、表は転換。魂氣は陰の陽の昇氣で側頸に結び軸足を作ってから陽の陽で受けの同名側の頸部(前頸三角から外側頸三角へと)に撓側が母指の反りに合わせて接して行く。母指先の方向に合わせて同側の足先を逆半身で入り身。残心で魂氣は対側に巡り結ぶ。

 *尺側では受けの側頸に密着しない。受けの前胸部を押し払うことになり、入身の足先が魂氣に一致しないし取りの魂氣と魄氣の結びが起こらないから残心に至らない。

  • 交差取り外転換して陽の陽から降氣・外巡りで受けの手首伸側に取りの手背を付けて結び矢筈で陽の陽に開くと受けの背に逆半身入身・対側魂氣は陽の陰に発して受けの同名側の頸部に当たり陰の陽に巡ってさらに取りの異名側の頸に結び・矢筈の魂氣は手首を掴み陽の陰で受けの真中へ返すと入り身投げ。両手で氣の巡り
  • 諸手取り後ろ回転一教
  • 諸手取り二教二本:内転換降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡って呼気で陰の陽にて丹田へ巡る(鳥船サー・イェイ)二教/外転換・回外・踏み替えて(転換)母指先から降氣・外巡り・一気に陽の陰へ・母指先の反りのまま異名側の手首に結び丹田に巡るとき再度転換に合わせて陰の陽に巡って結ぼうとすれば受けは二教で腰が落ちて取りの魄氣に結ぶ。
  • 胸取り転換呼吸法:襟を取らせた方の手で横面打ち外転換・陰の陽で丹田に巡ろうとするも上腕は受けの魂氣に当たり脇が閉じない。踏み替えて入り身転換反復と同時に陰の陰で外巡りとし(このとき対側の魂氣は返し突き)母指先の反りに合わせて受けの脇の下を陽の陰から陰の陽で受けの腰背部側の空気を水平に掻きとるようにして丹田に巡り・再度踏み替えて陰の陽のまま結ぶ。初動の外転換・陰の魄氣に還りその軸足側に受けは落ちる。

 *胸取りに“入り身運動・横面打ち”で受けの魂氣に当たれば、入身転換で陰の陽の魂氣と丹田を近づけておいて結んでしまう。脇が閉じて上肢全体が胸から腹に密着する。

 *胸取り外転換で“入り身運動・横面打ち”の縦の巡りが氣結びに至らないとき、陰の陰で外巡りに転じ、禊の横の巡りに準じて陰の陽で大きく掬うように巡って丹田に結ぶ。魄氣は小さく速く入り身転換反復近似。

0 コメント

2014年

3月

02日

天神町道場稽古 陰陽の巡りにも母指は常に陽

  • 相対基本動作三の太刀:上段受け流し
  • 禊:鳥船で魄氣の陰から陽へ魂氣を差し出す際、上体が前傾しない理由は剣を振りかぶって間合いを詰める、杖を扱いて間合いを詰める姿勢にある。

 *魄氣と魂氣の陰陽だけで成り立つ鳥船(三本)は究極の基本であり、おおまかにはなり得ない。

  • 単独呼吸法坐技:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)
  • 単独基本動作:一教運動表/裏、入り身転換、前方/後方回転
  • 相対基本動作:正面打ちに逆半身横面打ちで合わせて入り身運動/横面打ち入り身転換

 *受けの手刀の外にある取りの横面打ち近似の魂氣(陽の陽)のさらに外へ体軸を外すことで入り身とする。真中を打てば受けの手刀に結ぶと共に入り身・送り足。

  • 正面打ちに横面打ち外転換小手返し/外入り身転換小手返し:後者は入り身転換から置き換えて軸とし後方回転。手背を包む手は腰から返し突き近似で陽の陰で。
  • 上段に与えて両手で氣の巡りに相半身外入り身転換で三教:上段に陰の陽で与えて受けが正面を守る手刀に当たると陽に開く・互いに手背を合わせ対側の手を空いた側胸に直突き近似で逆半身入り身転換・対側の手は受けの脇の下を巡って始めに手背を合わせた手と入れ換えて受けの手刀を三教に持ち替え(受けの小指球側から包み)・外巡りで受けの脇を開き・初動で与えた魂氣を振り込み突きに受けが払うから相半身外入り身転換(受けの脇の下を取りの体軸が通る)にて三教。受けの母指球側を包む動作で様々な固め有り。
  • 正面打ち入り身投げ表:上段に与えて陽の陽で結べば両手で氣の巡りにより対側の魂氣を陽の陰で受けの項に当たり同側の足先から逆半身外入り身・陰の陽に巡って側頸に結ぶ・初動の魂氣は陽の陽のまま昇氣で受けの異名側の頸部に進め陽の陰に巡って結び同側の足を送り足で魂氣に合わせ受けの軸足(異名側)に向ける。陽の陰から陰の陰で丹田に結び残心で受けは取りの前方から後ろへ螺旋で落ちる。取りの胸は受けの同名側の背に密着するのが入り身投げ表。
  • 諸手取り四方投げ表:外転換で降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡って上方の腕を取り丹田に巡らせば対側の魂氣は受けの下段の手首を四方投げの持ち方で取れて手背を額に結ぶと受けの手は上下が逆転する。前方回転または入り身転換で魂氣を受けの項へ正面打ち近似で差し出して結び対側の手は腰に結ぶ。技のかかった状態から差し出した魂氣を丹田に結ぶと残心で投げの成立。……画像参照

 *受けの手は上下が逆転し十字に重なって上に位置する手は自身の項に結ぶ。取りは受け身に注意してゆっくり丹田に結んで残心とするべきである。

  • 坐技両手取り呼吸法
  • 坐技片手取り外巡り二教:陰の陰の外巡りから陽の陰で受けの手首を上から内側へと母指先の反りが入って結んで行く・陰の陽に巡って丹田に鳥船のイェイで、ここはゆっくりと結ぶ。
続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です