天神町道場稽古 陰陽の巡りにも母指は常に陽

  • 相対基本動作三の太刀:上段受け流し
  • 禊:鳥船で魄氣の陰から陽へ魂氣を差し出す際、上体が前傾しない理由は剣を振りかぶって間合いを詰める、杖を扱いて間合いを詰める姿勢にある。

 *魄氣と魂氣の陰陽だけで成り立つ鳥船(三本)は究極の基本であり、おおまかにはなり得ない。

  • 単独呼吸法坐技:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)
  • 単独基本動作:一教運動表/裏、入り身転換、前方/後方回転
  • 相対基本動作:正面打ちに逆半身横面打ちで合わせて入り身運動/横面打ち入り身転換

 *受けの手刀の外にある取りの横面打ち近似の魂氣(陽の陽)のさらに外へ体軸を外すことで入り身とする。真中を打てば受けの手刀に結ぶと共に入り身・送り足。

  • 正面打ちに横面打ち外転換小手返し/外入り身転換小手返し:後者は入り身転換から置き換えて軸とし後方回転。手背を包む手は腰から返し突き近似で陽の陰で。
  • 上段に与えて両手で氣の巡りに相半身外入り身転換で三教:上段に陰の陽で与えて受けが正面を守る手刀に当たると陽に開く・互いに手背を合わせ対側の手を空いた側胸に直突き近似で逆半身入り身転換・対側の手は受けの脇の下を巡って始めに手背を合わせた手と入れ換えて受けの手刀を三教に持ち替え(受けの小指球側から包み)・外巡りで受けの脇を開き・初動で与えた魂氣を振り込み突きに受けが払うから相半身外入り身転換(受けの脇の下を取りの体軸が通る)にて三教。受けの母指球側を包む動作で様々な固め有り。
  • 正面打ち入り身投げ表:上段に与えて陽の陽で結べば両手で氣の巡りにより対側の魂氣を陽の陰で受けの項に当たり同側の足先から逆半身外入り身・陰の陽に巡って側頸に結ぶ・初動の魂氣は陽の陽のまま昇氣で受けの異名側の頸部に進め陽の陰に巡って結び同側の足を送り足で魂氣に合わせ受けの軸足(異名側)に向ける。陽の陰から陰の陰で丹田に結び残心で受けは取りの前方から後ろへ螺旋で落ちる。取りの胸は受けの同名側の背に密着するのが入り身投げ表。
  • 諸手取り四方投げ表:外転換で降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡って上方の腕を取り丹田に巡らせば対側の魂氣は受けの下段の手首を四方投げの持ち方で取れて手背を額に結ぶと受けの手は上下が逆転する。前方回転または入り身転換で魂氣を受けの項へ正面打ち近似で差し出して結び対側の手は腰に結ぶ。技のかかった状態から差し出した魂氣を丹田に結ぶと残心で投げの成立。……画像参照

 *受けの手は上下が逆転し十字に重なって上に位置する手は自身の項に結ぶ。取りは受け身に注意してゆっくり丹田に結んで残心とするべきである。

  • 坐技両手取り呼吸法
  • 坐技片手取り外巡り二教:陰の陰の外巡りから陽の陰で受けの手首を上から内側へと母指先の反りが入って結んで行く・陰の陽に巡って丹田に鳥船のイェイで、ここはゆっくりと結ぶ。

諸手取り四方投げ 右逆半身

①陽の陰で与えて受けが逆半身で諸手取り
①陽の陰で与えて受けが逆半身で諸手取り
②外転換と共に降氣の形から陽の陽に進めると受けの手は縦に並ぶ
②外転換と共に降氣の形から陽の陽に進めると受けの手は縦に並ぶ
③陽の陰に巡って受けの手首を上から取り丹田に巡ると同時に、前方の足先で前方回転の軸を作るべく腰を落とすと、下に位置する受けの手は取りの前方に寄るからそれを四方投げの持ち方で取り
③陽の陰に巡って受けの手首を上から取り丹田に巡ると同時に、前方の足先で前方回転の軸を作るべく腰を落とすと、下に位置する受けの手は取りの前方に寄るからそれを四方投げの持ち方で取り
④両手で振りかぶって四方投げの持ち方で取った方の手背を額に結ぶと体軸は正立し前方回転の軸となる。
④両手で振りかぶって四方投げの持ち方で取った方の手背を額に結ぶと体軸は正立し前方回転の軸となる。
⑤正面打ち近似で額から受けの項に遠忌を差し出し、対側の手は腰の後ろに下ろして結ぶ。一回転にこだわらない・結果入身転換となっても取りの魂氣は受けの項から体軸に沿って魄氣に及んででいる。
⑤正面打ち近似で額から受けの項に遠忌を差し出し、対側の手は腰の後ろに下ろして結ぶ。一回転にこだわらない・結果入身転換となっても取りの魂氣は受けの項から体軸に沿って魄氣に及んででいる。

諸手取り四方投げ 左逆半身

①陽の陰で与えて受けが逆半身で諸手取り
①陽の陰で与えて受けが逆半身で諸手取り
②外転換と共に降氣の形から陽の陽に進めると受けの手は縦に並ぶ・陽の陰に巡って上の手首を取って丹田に巡ると同時に対側の手で下の手を四方投げの持ち方で取る
②外転換と共に降氣の形から陽の陽に進めると受けの手は縦に並ぶ・陽の陰に巡って上の手首を取って丹田に巡ると同時に対側の手で下の手を四方投げの持ち方で取る
③両手で振りかぶって四方投げの持ち方で取った方の手背を額に結ぶと体軸は正立し前方回転の軸となる。
③両手で振りかぶって四方投げの持ち方で取った方の手背を額に結ぶと体軸は正立し前方回転の軸となる。
④前方回転(角度によっては入り身転換)と共に額から受けの項(側頸)に正面打ち近似で差し出す・対側の手は受けから離して取りの腰に結ぶ。受けの項から丹田に巡って結べば残心であり投げの成立・受けは取りの腹側を経て残心の後ろの足を廻って背側へと螺旋で落ちる。取りの回転角度と魂氣の結ぶ位置(丹田か直接地に結ぶか)によって受けを任意の方向に投げることとなる。
④前方回転(角度によっては入り身転換)と共に額から受けの項(側頸)に正面打ち近似で差し出す・対側の手は受けから離して取りの腰に結ぶ。受けの項から丹田に巡って結べば残心であり投げの成立・受けは取りの腹側を経て残心の後ろの足を廻って背側へと螺旋で落ちる。取りの回転角度と魂氣の結ぶ位置(丹田か直接地に結ぶか)によって受けを任意の方向に投げることとなる。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です