2013年

1月

27日

天神町道場稽古 魂氣の次は魄氣に結べ

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動(外巡り)、転換運動、両手で氣の巡り
  • 相対基本動作坐技呼吸法:片手取り降氣の形から陽の陽、片手取り回外陽の陽から陰の陽、外巡り脇を閉めて陽の陽で入り身運動、片手取り入り身運動一気で昇氣から陽の陽、両手で氣の巡り
  • 坐技上段に与えて小手返し
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、横面打ち、下段受け流し、一教運動、入り身転換(昇氣/降氣)、回転前後
  • 相対基本動作入り身運動:片手取り外巡り、片手取り昇氣、正面打ちに横面打ち、突き下段受け流し(入り身投げ/後ろ両肩取り)
  • 相対基本動作:入り身転換、体の変更、交差取り入り身転換
  • 交差取り入り身転換呼吸法:与えた魂氣は腰に陰の陽で外入り身転換・対側は昇氣で側頸に結んで置き換え踏み替えで陽の陽
  • 諸手取り呼吸法:転換して降氣の形から額に陰の陰(手背で結ぶ)・置き換えで入り身踏み替え/前方回転・受けの項から取りの丹田に結ぶ

 *額に結ぶ陰の陰の二法:①降氣の形から回外(一教運動裏/後ろ取りの結び)②二教の手(諸手取り逆半身内入り身転換呼吸法/四方投げ)

 *陰の陽は横面打ち入り身/一教運動表

  • 片手取り相半身外巡り・陰の陰で額に結んで外入り身転換呼吸投げ
  • 坐技上段に与えて三教裏:三教で取った手は丹田に陰の陰で結び・留まらず外巡り・対側の手を陽の陰で額から陰の陰で降ろせば受けの上腕に当たり丹田に結ぶ・その手で受けの手背を小指側から陰の陽で取り・始めに三教で取っていた取りの手を陰の陽で受けの上腕の上から取りの丹田に結び受けの頭側に重心を振り子運動で移す。

 

0 コメント

2013年

1月

23日

幸町道場稽古 降氣の形から回外は受け流しの魂氣

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り(右手が陽なら左手は陰)
  • 相対基本動作坐技片手取り呼吸法:入り身運動から陰の陽で下段に与える・降氣の形から陽の陽、降氣から回外・陽の陰・陰の陽で地に巡る、入り身運動に昇氣の一気・側頸に結んで後ろへ陽の陽、
  • 相対基本動作坐技交差取り降氣の形から陽の陽・受けの手首の上で陽の陰に巡って舟漕ぎ運動の陰の陽で二教:肘を伸展のまま
  • 相対基本動作坐技上段で与えて両手で氣の巡り:正面打ち一教運動
  • 相対基本動作坐技上段で与えて正面打ち巡り・結びで正面当て
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、入り身転換
  • 相対基本動作片手取り:丹田に陰の陽で入り身運動・入り身転換
  • 片手取り降氣の形から転換回外額に陰の陰で氣結び
  • 片手取り四方投げ:両者の魂氣は受けの項に結ぶ

 *取りの上肢は額から広義の陽で正面打ち近似・残心で丹田に巡ると技の成立

  • 後ろ両手取りの結び:一方は降氣の形から転換回外額に陰の陰で氣結び(天)他方は丹田に陰の陽(地)
  • 突き横面打ち転換・丹田に陰の陽で氣結び(内/外転換随時)
  • 突き横面打ち外転換・丹田に陰の陽で氣結び・手首を取れば小手返し/空を結べば陰の陽で上段に与える・正面当て/陽の陽で呼吸法
  • 突き下段受け流しから両肩取り:相半身降氣の形で剣線を外して回外・広義の陰のまま開いて受けの肩に被せて・前方の足を軸とし一歩逆半身で外入り身・転換・腰の陰の魂氣は陽の陰で受けの対側の肩へ・前方の足を後ろに置き換え体の変更で魂氣は陰の陽にて丹田へ受けは取りの内側を後方へ後ろから落ちる

 

0 コメント

2013年

1月

20日

天神町道場稽古 外して詰める転換から入り身 

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 単独基本動作一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換 回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身、入り身転換、呼吸法
  • 相対基本動作:胸取り転換、呼吸法
  • 坐技片手取り呼吸法:降氣の形から陽の陽
  • 坐技交差取り四教:陰の陽で与えて交差取りの場合・降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡ってもう一度取りの魂氣は陰の陽で丹田の前に戻ると受けの撓骨手根部は取りの母指球に接して正面に見える。取りは対側の示指の根元を当て両手で包み込む様にしてから絞る。
  • 坐技交差取り三教:同様に受けの手首を正面に寄せている。対側の手を陰の陽で受けの手首の下から掌と母指を受けの手背に当て、小指側から受けの小指球を剝がす様に三教で取る。
  • 片手取り転換降氣の形から回外・母指先を地に降ろして降氣で呼吸投げ
  • 片手取り転換降氣の形から回外・陰の陰で母指先を地に降ろして他指で後方へ地を掃くように巡って矢筈で受けの手首を下から取って大きく天に差し上げ対側の魂氣は反対に横面打ち入り身運動の魂氣で受けの頸部を陰の陽で把持して丹田に結ぶ。天から前方に放つと回転投げ
  • 片手取り外巡りから陽の陰の矢筈で受けの手首に沿わせて入り身運動近似の陰の陽で丹田まで巡る。対側の手で受けの手背を受け取ってから手首の手を離して取りの手背で当て身の間に二教で取り直す。

 *矢筈で受けの手首を取り返すには舟漕ぎ運動の陰の陽のまま巡るホー・イェイで、魄氣は入り身運動により上体を上肢に合わせて丹田に結ばせる。坐技片手取り外巡り呼吸法は取り返さず陰の陽の手背で結ぶが、上体の入り身運動は共通する。

  • 魂氣を与えて転換で陽の陽にて正面にかざすと対側の手で下から受けの手首を受けて取り・始めに取らせた手を陽の陰に巡って受けの手を外し・杖の返し突き近似で受けの手背を刈り取る様に鏡返し
  • 突き下段受け流しの降氣回外で入り身投げ:相半身半歩外入り身・母指先が側頸をかすめて上肢全体で側頸に結び陽の陰から母指先方向に受けの背を陰の陰で巡り丹田に結び残心
  • 突き下段受け流し同名側の肩に陰の陰で掴まり同側の足を軸足として後方の足で一歩入り身転換すると、同側手で対側の肩に手を当て後ろ両肩取り・陰の陽から陰の陰で丹田に結び取りの内後方に背から落とす

 

0 コメント

2013年

1月

16日

幸町道場稽古 四方投げの持ち方は二教に通じる

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、
  • 単独基本動作一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換 回転
  • 相対基本動作後ろ両手取り天地の結び:後ろ両手取り転換・陰の陽で転換すると一側は降氣の形から側頸を経て額に結ぶ・他側は丹田に結び天地の結び
  • 相対基本動作後ろ両手取り前後の結び:後ろ両手取りには陰の陽で転換すると一側は腰の後ろに結び・他側は丹田に結ぶ。前後の結びから昇氣
  • 後ろ両手取り前後の結びから呼吸法:転換・前後の結びから昇氣・置き換え・踏み替え・陽の陽で残心
  • 逆半身両手取り呼吸法:転換・上体の入り身運動・一気に昇氣・踏み替えて入り身運動・陽の陽で残心

 *踏み替えるのは昇氣が側頸で体軸へ結ぶに合わせて。取りの肘が受けの真中に接していることは陽の陽の魂氣を受けに与え得る必須の要点。

  • 坐技交差取り三教:陽の陰で取らせて陰の陽・陽の陽から陽の陰に巡ってもう一度陰の陽で丹田の前に戻ると受けの手首を正面に寄せている。対側の手を陰の陽で受けの手首の下から掌と母指を受けの手背に当て、小指側から受けの小指球を剝がす様に三教で取る。
  • 坐技交差取り四教:陰の陽で丹田の前に巡り受けの手首を取り返すと、受けの撓骨手根部は取りの手に余り母指球に接して正面に見える。対側の示指の根元をそこに当てて両手で包み込む様にしてから絞る。
  • 片手取り二教裏:外巡りで脇を開いて陰の陰・魄氣は転換し、踏み替えて入り身運動にて魂氣は陰の陰のまま側頸に結び・対側の手で受けの手背を包んで二教に取り・脇を閉めて自身の胸で固定する。取らせた手は矢筈で受けの手首に沿って陰の陽に巡ると、四方投げの持ち方近似にて陰の陰で絞る。それにより受けの上肢は肘と手首が屈曲し、二教の成立。固めは演武のみ。

 

0 コメント

2013年

1月

13日

天神町道場稽古初め 送り足・打突/残心

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換、回転前/後、回転後方前方
  • 単独基本動作一教運動表裏
  • 相対基本動作坐技正面打ち一教運動/一教表

 *一教運動反復動作は巡り。一教は陰の陰の巡りで手首を取れば即地に結ぶ。手刀で当てて被せると掴めど陰の陽となり地に結べず。

  • 坐技交差取り一教裏:降氣の形に他側は陽の陰の矢筈で入り身転換に続き・取らせた手の母指先方向へ陰の陽・巡って手首を取る。

 *ピットホール:転換と同時に手刀で当て被せて掴めど巡らず・陰の陽。陰の陰に巡って取らずして地に結べず。

  • 相対基本動作片手取り入り身運動、入り身転換:取らせた魂氣は陰の陽の腕の重さで丹田に巡らす。取り自身が支えると力がこもる。魄氣の入り身が遅れ、力で改めて腕を振るって丹田に引くことになる。

 *“手足腰の一致”の例外:右/左自然体(半身)で腕と同側の足先が同時に出ても、取らせて陰の陽で丹田に巡るのと行き違いで、出来た隙間に足先と腰がさらに魄氣の陽で入り身する。秋猴の身でなければ入り身は出来ない教えである。単独基本動作入り身運動のまま。 

  • 片手取り昇氣入り身運動から入り身投げ:上体の入り身運動で昇氣・側頸から陽の陽で受けの脇も取りの上肢も開く、その隙間に魄氣の陽で入り身・送り足は転換の位置へ(一教運動表の魄氣に近似)・対側の魂氣を陽の陰で受けの異名側頸に与えて・母指先の反りにあわせて受けの背から腹の底を経て取りの丹田に結ぶイメージで残心。
  • 突き横面打ち転換(後手)/入り身転換(相打ち):相半身/逆半身を問わず
  • 突き転換(後手)小手返し(表)/入り身転換(相打ち)小手返し(裏)
  • 片手取り転換四方投げ(表):残心が技を産む

 *杖直突き/正面打ち:いずれも魄氣の陰で構え・魄氣の陽で杖を扱き/振りかぶり・送り足で剣線を外して突き/正面打ち・魄氣の陰で杖尻を丹田に巡り構える。

 *入り身投げ、四方投げいずれも残心の目付に受けの姿は無い。

  • 坐技交差取り巡って二教:陽の陰で取らせ・陰の陽・母指先方向へ陽の陽・陽の陰に巡って・陰の陽で丹田に結ぼうとすれば既に二教。

 

0 コメント

2013年

1月

09日

幸町道場稽古初め 真中を魂氣が底に抜ける

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、
  • 単独基本動作:一教運動表裏
  • 単独基本動作:入り身転換/反復 回転前後
  • 坐技正面打ち一教表裏:“坐技単独呼吸法両手で氣の巡り”で右手魂氣の陽の陽から広義の陰に巡り更に狭義の陰に巡る時受けの右手首を取る、左の手は陽の陰から陰の陽に巡って受けの右上腕を丹田に結ぶ。この際は“氣の巡り”が反復動作ではなく受けの手を取る核心となる。従って受けの手に接触した上段でいきなり手首を掴むことはない。
  • 相対基本動作:片手取り入り身運動/入り身転換/体の変更
  • 片手取り呼吸法(背当て)表裏:表は転換・上体の入り身運動で背を受けの異名側の胸に当て・昇氣・入り身と共に陽の陽・残心。裏は入り身転換で背を受けの異名側の胸に当て・昇氣・踏み替えと共に陽の陽・残心。⇒渡邊、冨田両氏(壱級)の模範演武にて見取り稽古。上体と目付け、および入り身・転換・置き換え・踏み替えと上肢の結びによる残心を。袴を付けない壱級特有の技量は常に最善の見取りを可能とする。

*残心により技が産まれるとき、受けは取りの体軸に沿うように体表を滑り落ち取りの足下にて受け身を取るが、取りの魂氣と受けの魄氣の結びによって取りの内側を落ちて地に結ぶイメージ。受けにとっては、底が抜けて気持ち良い受け身で着地した感じ。

 ただ技が為されて受けを取るときは、足を大きく一歩後退または前進し置き換えて、弾かれ放り出されて地に向かい、不本意に受け身をとる感じ。技の成立とは言い難い。

*剣で受け流し、徒手では片手/諸手取り呼吸法について。魂氣の陰は秋猴の身に・入り身で漆膠の身により結んだ後に魂氣の陽は剣で打つかのように足先方向にあわせて。残心で魂氣は受けの腰まで届く。始めに魂氣の陽では入り身にならず・受けの表面に押し付けても腹の底まで届かず取りの魄氣に結びもせず・残心はならず。

  • 相対基本動作:坐技両手取り呼吸法
  • 片手取り入り身転換隅落とし:裏である。与えた後入り身転換で丹田に陰の陽で結んだ魂氣は、足先を後方へ置き換えて逆半身外入り身で受けの後ろに入るまで緩めない。それから相半身外入り身で更に後ろの真中へ・隅落とし。

種をまいて、双葉が出て、葉が茂り、つぼみが出来て、どのような花が開くか実が生るか。

 禊ぎに始まり、魂氣と魄氣が単独動作を為し、相対動作に伸展して、結び・残心で様々な合氣の技が産まれる。

 始めから色や姿のわかっている花を造ることとの違いを知るべきだ。

0 コメント

2013年

1月

01日

越年稽古

 今年も本部道場での越年稽古に参加することができた。開祖と二代道主の肖像が並び、新年を迎えるにあたっての三代道主と道場長代行にご指導いただく稽古は、身の引き締まる思いの中にも心落ち着く一時間であった。

 引き続き新年のお言葉を賜り、この年の稽古の積み重ねと各人それぞれの発展を祈念して皆が祝い酒を頂くなかで、新しい道友の広がりもあり、合氣道に心から感謝と喜びの念を抱くことのできる元旦であった。

 

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です