2011年

7月

31日

天神町道場稽古 参級昇級審査 

  • 組太刀
  • 単独呼吸法
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動省略
  • 相対基本動作:坐技・立技各種
  • 正面打ち入り身投げ
  • 片手取り四方投げ:前後の回転を用いる
  • 交差取り入り身転換小手返し
  • 両手取り天地投げ
  • 自在突き(相打ち・後手)横面打ち入り身/杖巡り入り身反復

 *基本動作の確かさが三度目の審査(参級)でしっかりと定まることを見届けた。相対基本動作やそれぞれの技が瞬時に単独基本動作から呼び起こされ、滞り無く表現される様子は、いよいよ形の記憶に頼らない、全身の必然を姿に示す動作の結実として確認できた。感慨を込めて允可する。この上は呼吸を動作に繋ぎ、目付けが魂氣と魄氣に先駆けて、残心で自由の姿に巡り来ることを体得するべく稽古を続けよう。剣が産みだす徒手の運用を真摯に辿ること。

 

0 コメント

2011年

7月

27日

幸町道場稽古 昇氣の形(小手返しの手で結ぶ)

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:坐技一教運動、坐技片手取り呼吸法(降氣の形から陽の陽、降氣の形から回外・陽の陰)
  • 坐技両手取り呼吸法
  • 坐技両手取り入り身運動昇氣・呼吸法
  • 坐技片手取り外巡り・腋を閉めて陽の陽で入り身運動/二教固め
  • 相対基本動作:片手取り昇氣の形で入り身、入り身転換、体の変更

 *呼気で弛緩すると腋が閉じて上肢は丹田に巡ってくる。母指を除く指が昇氣で上を向くことと小手返しの手は同義。手首の屈曲に対して肘関節の脱力伸展が昇氣の形で結ぶ要訣。陰の陽である。肘に力みがあって曲がると上腕と肩にも力みが生じ、その分手首の屈曲が不十分になり指の向きは母指と同様に上を向かず水平に近づく。これでは片手取り昇氣から呼吸法を行う時、肩と鎖骨が挙るばかりで、受けの胸を前腕で押す格好になる。母指を中心に側頚から後ろへ吸気と伴に上肢が陽で伸展して、初めて呼吸法が成立する。

 *昇氣の形(小手返しの手)で十分脱力して、腋をしっかり閉めると、肘は自ずと伸展して体側に密着する。陰の陽である。単独基本動作では横面打ち入り身運動に相当。(入り身運動の陰の陰では、肘がわずかに屈曲するのが二教の手の特徴で、肘や肩の力みを伴わない)

  • 片手取り外巡り入り身運動・隅落とし表、入り身転換・置き換え(ここまでは丹田に昇氣の形で結んだまま)・陽の陰で後ろ入り身・対側の相半身入り身・隅落とし裏
  • 片手取り降氣の形から直突きの間に額に結び・払われる間に相半身入り身転換(払われた手は腰の後ろに陰の陽で一旦結ぶ)・置き換えると同時に額から一気に丹田に結び留まらずに陽の陰で手指を開いて手首を把持して差し上げる。対側の手は腰の陰の陽から額の前に手刀で振りかぶっておりそれを丹田に一気に結ぶ時受けの異名側の頚部にも結ぶ。取りの丹田に在る受けの頚部を中心とし、上方に伸展した上肢を半径として取りの前方に回転(投げ)が成立する(裏)。
  • 片手取り降氣の形で入り身転換して一気に小手返しの手で地に結ぶとき、対側の手を取りの額に手刀で振りかぶり、受けの異名側頚部に降ろして丹田に結ぶ。一旦地に結んだ小手返しの手は陽の陰で天に巡ると同時に受けの手首を下から把持して差し上げる。取りの丹田に在る受けの頚部を中心とし、上方に伸展した上肢を半径として取りの前方に回転(投げ)が成立する(表)。

 *参級の昇級審査には含まれない。

  • 坐技交差取り四教:一教の持ち方は巡って陰の陰で(上から)。四教は巡って陰の陽(下から)で腋を閉めて、受けの上腕に在る手を移して下からの手にかぶせるように四教で受けの脈拍部を捉える。

 

0 コメント

2011年

7月

20日

幸町道場稽古 降氣と外巡りの違い

  • 単独呼吸法:降氣・回外、昇氣・一気、坐技入り身運動/振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰で外巡り、突き、横面打ち)、入り身転換・踏み替え、体の回転前方/後方
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更、片手取り隅落とし表裏、坐技両手取り呼吸法(片手取り呼吸法を降氣から回外・陽の陰と降氣から陽の陽の二通り)

 *降氣から回外は腋を閉めたまま。外巡りは腋を開けて二教の手。

  • 坐技片手取り二教:外巡りは対側の手で直突きとともに行い、陽の陰で受けの手首の外側から陰の陽に巡ると同時にそれを掴み返す。入り身運動で一気に取りの丹田に巡り対側膝上で二教に受けて、四方投げの持ち方近似で前腕を取り直して両膝間で二教固め。

 *片手取り入り身転換隅落とし(裏)を体の変更で行うと互いの位置が入れ替わるだけで間合いも始めに戻り、とても受けの後ろに入ることができない。体の変更にはもはや入り身も結びも無い。技の基本動作にはなり得ない。片手取り入り身転換の左右連続動作こそ体の変更である。

 *隅落としは表も裏も外巡りで入り身運動+相半身後ろ入り身がその本質である。表は対側の直突き・受けの払い・外巡り入り身運動・後ろに相半身で入り身運動。裏は入り身転換・置き換え・外巡り入り身運動・後ろに相半身で入り身運動。

  • 片手取り回転投げ:降氣で入り身転換・回外せず狭義の陽で地に結び、体側の魂氣は額に振りかぶる(体軸が前かがみにぶれない)。地から巡って陽の陰で天に差し上げると受けの手首を下から受けつつ把持できる。対側手は額から入り身運動近似で振り下ろして受けの首に巡り丹田に結ぶ。これを中心として受けの手首を前方へ進めると上肢は回転して前方へ放たれる。
  • 片手取り呼吸法:昇氣から側頚に結ぶこと。これに尽きる。取りの肘が受けの丹田から首の直下まで接して昇氣で上り詰めれば、受けの上肢は四方投げ同様に一旦自身の同側頚部に向かう。この互いの結びが無ければ、取りが始めから上肢で押しのける格好になる。呼吸法(魂氣三要素の運用)が行われないことになる。
  • 片手取り外巡り入り身転換呼吸投げ/二教(投げに至らない瞬間、魂氣は対側の膝方向に地を這い対側手で地に着いた膝上にて二教で受ける。
  • 正面打ち入り身投げ裏:受けは必ず自然に振り下ろす。取りは受け流して転換するだけで受けの打つ手に関わらない。陽の陽で取り自身の前に差し出し目付の対象とする。単独動作入り身転換に徹する。すぐに踏み替え側頚の陰の手背に陽の陰で結んでそのまま丹田に巡り残心。
  • 坐技正面打ち一教/二教:それぞれ手首の取り方の違いと、いずれも狭義の陽から陰への巡りによる共通性を認識する。

 

0 コメント

2011年

7月

17日

天神町道場稽古 目付に現す魂氣と魄氣の結び

  • 禊:舟漕ぎ運動は魂氣が突き、魄氣は降りかぶり(陰)と正面打ち/突き(陽)に一致する。目付は常に前方に固定。
  • 単独呼吸法
  •  合気体操
  • 単独基本動作:剣による…正面打ち入り身、横面打ち入り身、突き、正面打ち入り身転換、前/後ろ回転
  •  相対基本動作:坐技正面打ち一教運動、一教表、立技片手取り降氣の形:四方投げ表裏
  • 片手取り内巡り昇氣の形:呼吸法表裏
  • 突き相打ち横面打ち入り身転換逆半身/相半身で小手返し/二教裏

 * 片手取り:入り身運動陽の陽で剣線を外し、降氣の形から額に、昇氣からは側頚部に確実に結んでから陽で巡らす。降氣では間合いを詰めて正面当て、昇氣では表は入り身運動と首(目付)を側法に捻って剣線を外し、裏は入り身転換と一気の昇氣。

 * 入り身転換では目付を腰・陽の陽の手と同じ正面に向ける。

 * 四方投げや小手返しあるいは二教で取る際にその手元を見ると丹田が後退し、受けの手を丹田に結んで把持することができない。一教表で受けの手首を取る際も、そこに目を落とせば、丹田と把持した手と受けの手首それぞれが結ばないで隙間が作られる。目付を水平にすると、胸と腰が垂直になって間を詰め、結びとともに固めが成立する。

 

0 コメント

2011年

7月

13日

幸町道場稽古 単独呼吸法から相対基本動作呼吸法へ

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:呼吸法による片手取り3本(降氣、外巡り、内巡り昇氣)

 *取りの先手で陰の陽から前方に進め、片手を取らす瞬間、陽の陽の入り身運動にて剣線を外し、降氣の形または外巡りを対側上肢の振込突き近似とともに行って更に間合いを詰めると、受けの魂氣は陰から当て身を払わざるを得ない。降氣から額の前方に巡って、払われた手で四方投げの持ち方。あるいは外巡りで額に結んで、払われた手で開いた腋の下を入り身転換。

 *片手を取らす瞬間、陰の陽のまま丹田に巡って(内巡り)入り身をすると上肢の上方に隙を作るため、転換と同時に一気に昇氣で側頚に結ぶことで剣線を外す。または、陰の陽のまま丹田に巡って入り身運動とともに目付を後方に向け、一気に昇氣で側頚に結び、転換せず後方の足を送り進めて間合いを詰める。前者は呼吸法裏、後者は表。

 *坐技片手取り呼吸法では降氣から、腋を閉じて前腕と上腕を密着し手首を屈曲回外して母指先を前方に向ける。受けの中心に陽の陰で魂氣を進めると氣結びの成立。

 *坐技片手取りから外巡りで二教の手にすると、取りの腋は受けの腋と共に大きく開く。肘を落として一気に取り自身の腋を閉め、手首を屈曲したまま回内して陽の陽で開き、受けに横面打ちで入り身。降氣と外巡りでは取りの腋を初めに閉めるか開くか、と回外・回内の違いがある。この違いを知ることに加え、単独呼吸法と相対基本動作片手取り(両手取りも)の共通性を体得して、基本の単純性に気づくことが必要。

  • 一教運動裏と坐技正面打ち一教裏、立技正面打ち一教裏:狭義の陽から陰への巡りで受けの手首を取って腋を閉めると取りの丹田に結び、転換・置き換え・踏み替えで座ると受けは俯せで地に結ぶ。
  • 一教運動裏と正面打ち入り身投げ裏(後手):受け流して返し突き近似・転換の結果、受けの上腕を越えて側頚の前で巡ると小手返し変法、後ろで巡ると入り身投げにならざるを得ない。

 *正面打ち入り身投げ裏(相打ち)は取りが横面打ちで入り身転換か、突き入り身転換

0 コメント

2011年

7月

10日

天神町道場稽古 魂氣三要素の速さ

  • 単独呼吸法:降氣・回外、昇氣・一氣、坐技入り身運動、振り子運動
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・踏み替え、前方回転、後方回転、一教運動表・裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法(降氣・回外、外巡り横面打ち・入り身運動)、両手取り呼吸法
  • 立技片手取り入り身転換・呼吸法
  • 片手取り二教:外巡り・対側で当て身と同時に相半身で転換・二教の手で側頚に結び逆半身で入り身転換・払われた手で受けの手背を包み側頚から陽の陰で返し突きの魂氣を伸ばし、四方投げの持ち方同様に手首を取って踏み替えると受けの上肢は肘と手首で屈曲して二教裏が成立。前方の膝を着き同側の肘は屈曲し腋を閉める。手首は伸展したまま、目付と胸は前方を向くことが肝要。対側の膝も着き、固めに。受けの中心は二教により常に取りの丹田に結んで下り、俯せになる。

 *片手取り:陰の陽から伸展して受けが取る瞬間に陽の陽として降氣、表は対側の振込突きで詰めて転換、裏は後ろ回転/外巡り、対側は振込突きで詰めて転換、側頚か額に結ぶか。広義の陽でも陰でもないまま丹田に巡ると入り身転換/表は一気に側頸に巡って上体の入り身運動・軸足を前に移して転換。それぞれ四方投げ/呼吸法をイメージ。

  • 諸手取り入り身転換呼吸法:降氣により入り身転換・諸手は縦に並び側頚に取りの手が陰の陽で結ぶと取りの上腕と前腕は受けの両腕の間に水平に折りたたみ、肘は受けの前胸部に接する。対側の手は陽の陽から腰に陰の陽、同側の足先から踏み替えるとともに側頚から一気に陽の陽で母指から伸展する。送り足で体側に上肢が巡り残心。
  • 諸手取り入り身転換呼吸投げ:降氣により入り身転換・諸手は縦に並び回外で取りの母指が前方を指す。肘を伸展し母指先は地に向かい、尚も後方へと半回転する。同側の膝は同時に地に降ろし、母指先の巡りに合わせて再び伸展して半立ちから残心へ。
  • 突き入り身・転換:受けは随時突く。取りは相打ち/後手と横面打ち/杖巡りをそれぞれ選ぶ。振りかぶりから丹田への巡りを一気に。受けの手に触れて丹田に結ぶか、触れずに結ぶかの感触を覚える。

 *一気に陽で巡る速さと陰で巡る速さの違いを、時間ではなく緊張伸展/弛緩屈曲の差で体得する。

 *大阪府連盟講習:狭義の陰陽の巡りに集中しそこから広義の陰陽、入り身へと展開。開祖直々の手ほどきを阿部師範からご指導いただきました。

0 コメント

2011年

7月

06日

幸町道場稽古 陰の魂氣が主

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:坐技片手取り降氣の形と外巡り、立技片手取り入り身運動、入り身転換、入り身運動呼吸法、入り身転換呼吸法、坐技正面打ち一教運動表/裏、
  • 片手取り入り身運動・入り身当て/入り身投げ
  • 諸手取り降氣の形から二教表/裏
  • 片手取り四方投げ表/裏

 *受けの動作:当て身を払うことで力みが抜け、陰陽の巡りを行うことが前提となる。

技の成立と健康の維持は矛盾しない。逆に一回きりの技の成立は実際的ではあるが、合氣道の本意ではない。

  • 突き入り身・転換・相打ち/後手

 *座り方、立ち方、歩き方、目付について。正座、礼について。

0 コメント

2011年

7月

03日

天神町道場稽古 後手は動作の連なり

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法(①降氣から陽の陽、②降氣から回外・陽の陰・陰の陽、③外巡り回内・陽の陽・陰の陽で入り身運動)
  • 立技陰の陰で入り身運動、隅落とし、入り身転換隅落とし

 *受けの後方に取りが入り身して中心を取る。その軸を確保する上で地における軸の接点に魂氣や目付が集中すると、取りの中心はいつまでも受けのそれに取って代わることは無い。背を丸めて常に軸の外に在るものでしかない。魂氣は取りの丹田に、目付は水平。

  • 突き後手:横面打ち転換逆半身/相半身・小手返し/入り身転換小手返し、杖巡り転換逆半身/相半身・三教/四方投げ裏

 *技をイメージして魂氣と魄氣を進める先手や、受けの魂氣に合わせて魂氣は陽で進めても魄氣は入り身転換する相打ちに対して、後手は広義の陰とする魂氣とその場で軸足を作って転換する魄氣の陰を特徴とする。

  • 坐技両手取り呼吸法:両腕とも降氣から右手を陽の陽なら左手は回外・陽の陰
  • 演武の稽古:坐技正面打ち一教裏、両手取り入り身運動・呼吸法、片手取り②、片手取り③・二教。 立ち技後ろ両手取り呼吸法、両手取り天地投げ、諸手取り入り身転換呼吸法/呼吸投げ、正面打ち入り身転換入り身投げ、横面打ち四方投げ表、突き後手杖巡り逆半身転換・取れずに巡って入り身投げ、後ろ両手取り三教固め

 *道場演武:正面打ち一教表裏、片手取り入り身転換呼吸法、突き後手横面打ち転換/杖巡り各種。半身の種類に関わらず完結するには技を念頭に置かず、相対基本動作から魂氣の結びに徹する。

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です