2011年

2月

27日

天神町道場稽古 取らせる姿

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法

 片手取り降氣の形(手首を十分屈曲して母指が肩に接するほどに。腋を閉じているから実際には着かない)で母指を前方に向ける(回外)と、受けの手は取りの手を握っていたが反屈となって次に腋が更に開き取りの手背の上に位置する(氣結び)。陽の陰で受けの真中に魂氣を進め、受けが対側手を地に着けて支えたときに陰の陽(小手返しの手)で地に巡る。中段で吸気とともに手を与えて取らせ、呼気(降氣の形から氣結び)・吸気(陽の陰)・呼気(陰の陽)で終わる。

*外巡り二教の手から腋を閉じて外入り身で氣結びする呼吸法と比較稽古。

 いずれも呼吸と共に氣結びを行う動作(=呼吸法)の代表的な技法。坐技片手取りで丹田から内巡り入り身運動、外巡り入り身、降氣の形で内入り身は呼吸法の三つの基本。

  • 正面打ち入り身投げ裏:相打ちには横面打ち入り身転換と直突き入り身転換の二種、後手は一教運動裏で入り身転換。いずれも踏み替えと同時に振込突き近似で陽の陰・陰の陰入り身運動で残心。
  • 胸取り二教表裏:表は相半身振込突き近似、転換し前方の足を取りの外側方に送り、剣線に対して直角に相半身魄氣の陰を維持するが、即座に前方の足を外方に捻って前方回転の軸足近似で一教運動表、魂氣は襟にある受けの手背を覆って一教運動から残心に伴って二教で取る。

   裏は前方の足を外側方に送り剣線に対して直角に相半身魄氣の陰を維持する。同側の手は受けの腋に直突き、後方の足はそのまま後ろ回転の軸足として襟にある受けの手首を襟と同側の手(直突きの手)で手前から掴み対側の手で受けの手背を覆い、後ろ回転の後踏み替えで戻ると二教裏。

  • 諸手取り呼吸法表裏:表は後方の足を取りの中心に送り相半身で降氣の形、陰の陽で取り自身の側頸部に結んだときの取りの前腕と上腕の重なりは、降氣の形により縦に並んだ受けの両上肢の間に結ぶ(入る)ことができ、肘は受けの胸に接する。次に軸足を置き替えて逆半身で母指方向に陽の陽で上肢を伸ばす。裏は逆半身入り身転換で降氣の形。踏み替えて陽の陽。   片手取り呼吸法は背を受けの胸に当てるが、諸手取りは胸を受けの背に接することとなる。
  • 諸手取り呼吸投げ:降氣の形で入り身転換を行い、屈曲した手首を回外して母指が前方を他の指は下方を向いている。。前方の足を後方の足下に置き換え軸足として後方の足の膝と腰を着き、同側の陰の陰の手の肘を伸ばすことで一気に母指手背を地に向け、他の指で地を後方に掃く様に送る。受けは前方受け身。後ろに振った腕が中心に還ると同時に着いた膝腰を立ち上げて残心。 諸手取り呼吸法は二人取りの相対基本動作として必須。            

 *入り身運動陰の陰で前方の魂氣を丹田に結んでおれば肩取り、袖取りとなり、体側に自然体で降ろしていると胸取りとなる。

 *片手、諸手を取らすとき:陰の魄氣。魂氣を陰陽に分ける。差し出した魂氣の巡りに合わせ、前方の足は方向を示して次の軸足とするべく自由に運べる状態が肝要。

自と“合気道の姿”が産まれる。

 

 

 

0 コメント

2011年

2月

23日

幸町道場稽古 一教から四教の魂氣

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:坐技片手取り降氣の形から回外陽の陰から陰の陽、昇氣の形から脇を閉じて陽の陽
  • 片手取り降氣の形から額に陰の陰で結んで対側手で直突き・払われて相半身入り身転換・陰の陽(小手返しの手)で地に結ぶ。同側の膝をつき目付と体軸を保つ。受けの手背は取りの手背と地の間に結び呼吸投げ。受けは対側の手で前受け身。前回天神町道場に引き続き。
  • 片手取り降氣の形から額に陰の陰で結んで対側の手で直突き・払われて相半身入り身転換、額から陰の陽に巡って側頚部に結んで(このときの窮屈さが肝要、受けに密着して脇は開き肘は受けの中心前胸部に接する)足を後方に置き換え、踏み替えて一気に陽の陽で呼吸法。
  • 坐技正面打ち一教運動表で一教〜四教の取り方 「基本動作の連なり」参照
  • 立技正面打ち一教運動表/受けは転換・丹田に結び昇氣踏み替えて陽の陽で取りに交代、繰り返し反復。取りが一教運動に続いて一教から四教の取り方いずれも示さず、狭義の陽のまま受けの陰の陽に接触だけは保つことで受けへと交替する。接触を断つと交替した取りは袖取りや入り身当て入り身投げなどに変化。
  • 立技一教表:一教運動表のとき、受けの転換丹田への結びを、一教の取り方で取りの丹田に結び受けの脇の間に逆半身内入り身送り足、固めはその場で座る。
  • 坐技交差取り降氣の形から陽の陽・陰の陰に巡って二教、単独では丹田に陰の陰で結び受けの手に対しても呼吸とともに結んでいる。合氣の基本の一つ。

 *魂氣の三要素、陰陽・巡り・結び、の揃わない坐技交差取り二教は真摯に合氣を考えるきっかけになる、重要な基本動作である。固めは別に展開、合氣道独自の技を楽しむことができる。

0 コメント

2011年

2月

20日

天神町道場稽古 片手取り降氣の形

  • 単独呼吸法:降氣、降氣の形から回外・陽の陰、内巡り昇氣、一氣
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、回転前・後方、一教運動表・裏
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・昇氣
  • 片手取り呼吸法裏・表:内巡り昇氣から陽の陽(背当て入り身投げ)
  • 坐技片手取り呼吸投げ:呼吸法(降氣の形から回外・陽の陰)・受けが対側手で地に支えると取りは陰の陽(小手返しの手)で地に結ぶ
  • 坐技正面打ち一教運動表・裏:表も裏も右手が陽なら左手は陰、陽は手首に添え陰は上腕の真中にあるがそれぞれが更に陰陽に巡り丹田に向かう中で、一教から四教までに展開できる。
  • 片手取り相半身外入り身転換呼吸投げ:呼吸法(降氣の形から回外)・前方の足を軸にして脇を開いて額に陰の陰で結び対側手で直突き・受けが払って相半身入り身転換すると受けの開いた脇は取りの前に位置する。一気に陰の陽で額から地に結ぶ(小手返しの手)同側の膝を着いて目付を前方に保てば背筋は前屈しない。受けは対側の手で前受け身。

 *投げにならなければ残心で立ち上がったときは受けの手を下から取っているから、陽の陰で天に差し上げ前方に差し出せば回転投げ。立たずに対側膝を外側に着けながら地を外側に陰の陽で小指方向に流し、対側膝上の手掌で受け取ると両膝間で二教。

  • 片手取り外巡り二教:降氣の形から肩の上で脇を開きながら回外すると肩に接して二教の手となるが受けの手首が屈曲して取りの肩に結び、取りの手背は陰の陰で受けの手首屈側に結ぶ。対側手でその間から受けの手背を把持し二教。対側手は腰背部の陰の陽から振込突き近似で当て身・相半身で払われた流れで二教に取る。同側足はすぐ元の後方に置き換え・踏み替えで二教裏の魄氣。
  • 半身半立ち片手取り四方投げ:降氣の形から取りの面前で脇を開きながら二教の手にすると受けの手は反屈の手で中心に寄る。対側の手で四方投げの持ち方。額に手背を結んで二教の手側に目付を受けの目に、次に対側に首を振って目付を上方に保持する(腰投げの運動の目付に近似)。魂氣を額から直下の地に降氣で結ぶと受けの脇が開き上腕の伸側と肘を固めることができる。

 *杖直突き・巡り・直突き:剣線、入り身運動・送り足・魄氣の陰・陽の手と陰の手の役割

 *片手を取らす場合、魂氣を陰の陽の丹田から前方に差し出す時の対側の手は陰の陽で腰に置く。入り身転換で魄氣が転換したときは腰から一気に陽の陽で差し出し、先の手は丹田に陰の陽で結ぶ。目付は陽の陽の手掌に。一教運動のときも陰の手を後ろに結んで対側を陽で進める。自然体で対峙してから半身で動作に入る。このとき魄氣は陰であり、前方の足を踏んで軸足にしてしまうと魂氣も魄氣も停止し、取り自身においても、また受けとの間も氣結びの欠如した動作に留まる。そのうえ対側手が陰で腰に結んでいないなら、魂氣と魄氣の6要素がすべて行われないことになる。基本即神髄美はこれらの要素が満たされて産まれる。

0 コメント

2011年

2月

16日

幸町道場稽古 基本即神髄

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:坐技片手取り内巡り呼吸法昇氣・脇を閉めて(降氣の形に一致)陽の陽、

 坐技片手取り外巡り降氣の形から陽の陽・入り身運動、

 立技交差取り内巡り呼吸法昇氣・脇を閉めて(降氣の形に一致)陽の陽・入り身運動・送り足(一教運動表)

  • 交差取り一教表
  • 相対基本動作:交差取り一教運動裏
  • 交差取り一教裏:吸気で交差取り呼気で降氣の形の呼吸法・逆半身入り身の一教運動裏から流れで転換、舟漕ぎ運動の陰の魄氣で魂氣は受けの腕を丹田に密着して結んでいる。前方の足先を後方に置き換えて踏み替え座ると固め。

 *交差取り呼吸法降氣の形・魄氣は陰(合氣道における立技の核心 合氣道における立ち方 魄氣の表現 参照)、ここから表か裏に別れるが、受けの上肢はいずれにしても陽の陰から陰の陰に向かい脇が□に開いている。上腕に陽の陰で当てた取りの魂氣は舟漕ぎ運動で巡り、同側の腰が受けの脇を埋めるようにしっかり入って密着し、両腕の丹田に結ぶことが要訣。表は相半身入り身運動、裏は逆半身入り身転換で魄氣の陰を十分にやり遂げる技である。表は送り足を伴い裏は後方へ置き換えること。

  • 坐技片手取り外巡り陰の陰から陽の陰で二教
  • 坐技正面打ち呼吸法四教表裏:手首を初めて握る時機、四方投げの持ち方近似、対側の手の四教のつぼへの嵌め方、その後の絞りは両手ともに狭義の陰で、肘を伸展した広義の陰で丹田に結び受け側に振り子運動。

 *技一つ一つを憶える、種類・名称・手順、投げ方、押さえ方…、それが稽古ではない。

野球もテニスもボクシングも、いきなりホームランの打ち方、三振のとりかた、KOの方法を稽古し始めるのではない。歩く、振り返る、立つ、座る、剣の持ち方、振りかぶりの意義、打ち込み、残心など手足腰の単純な動きそれぞれをより大切にして、新たに体に憶えさせ、引き出し連ねるのが稽古であり、そのものが神髄である。そうやって核心を心身に響かせないと、意表をつく変化球をジャストミートできない。

 *小中学生でも一つ一つの基本動作をワン・ツー・スリーで実直に繋げると、厳しい技を産むことが実感できる。いきなり技をかけようとしてもそこまで辿り着けない。ワン・ツー・スリーのどこが要か、緩急をどうするか。習熟してもこのステップは消して良いものではない、一呼吸半(陽・陰・陽)で無意識に呼吸法ができているように発展しなければ意味が無い。無意識に息が止まっているようでは姿勢に影響し、身体の中心も抹消も生かされない。技は産まれない。  陰陽・巡り・結び。

 

 

0 コメント

2011年

2月

13日

天神町道場 外巡りの魂氣

 幸町道場の稽古に引き続き共通のテーマを稽古

  • 禊:天地の結び、舟漕ぎ運動、振り魂、氣の巡り
  • 単独呼吸法:坐技 降氣、回外、昇氣、一氣の昇氣と降氣
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、横面打ちから転換、回転前後、一教運動表裏
  • 相対基本動作:突き入り身運動、突き入り身転換(相打ち、後手)、片手取り入り身運動(外巡り逆半身陰の陰、内巡り昇氣逆半身陽の陽、内巡り相半身陰の陽、外巡り相半身陰の陰)
  • 両手取り天地投げ:地は片手取り入り身運動逆半身陰の陰、天は取りが陽の陽で受けの胸部を昇氣から陰の陰で背部を降氣、取りの丹田に陰の陰の入り身運動で結び、残心。二回入り身運動するが初めのときに十分送り足をすることで天の魂氣が受けに密着して昇氣が受けに結ぶ。

 *地は入り身した取りの丹田に結ぶこと。それより下に陽で進めると天の魂氣が巡れないし体軸が前屈となる。(取りの天への魂氣が受けの胸と接すること)

  • 両手取り入り身転換天地投げ:「基本動作の連なり」参照。地の魂氣は外巡り陰の陰から陰の陽で受けの腰背部に結び、同時に入り身転換で陰の魄氣となった取りの丹田に結ぶ。対側の手は天に陽の陽で脇を開くためにその下で受けが転換され、取りの魂氣が受けの肩を超え、後方に送り足とともに陰の陽で丹田に降氣。受けは四方投げ近似の後ろ受け身で取りに接して落ちる。

 *地は転換した取りの丹田に結ぶこと。(取りの地への魂氣が受けの腰背部と接すること)

  • 坐技片手取り外巡り入り身転換二教:外巡り陰の陰から陽の陽、受けの対側手が地に着けば一気に降氣、対側膝上の対側手で受けの手背を取り両膝の間で二教
  • 立技片手取り外巡り入り身転換呼吸投げ:陽の陽で受けの側頭部から一気に陽の陽で地に降氣、同側の膝を着いてそれに接して地に結ぶ。

 *片手取り呼吸法外巡り:片手取り外巡りで二教の手は取りの肘が互いの上肢を結ぶ線の外側。脇を閉めると降氣の形の回外に一致しそこから陽の陰・陽の陽とし天に進める入り身転換で受けの外に結ぶ。隅落としの地に進める入り身/入り身転換と対照的。

 *片手取り呼吸法内巡り:片手取り内巡り脇を閉めて狭義の陽で肘が互いの上肢を結ぶ線の内側。陰の陽から陰の陰・回外(降氣の形)さらに陽の陰で受けの内に結ぶ。

0 コメント

2011年

2月

09日

幸町道場稽古 天地投げの魂氣

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、陰の陽=横面打ち)、入り身転換・反復、体の回転前・後方、一教運動表裏
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、片手取り体の変更
  • 片手取り呼吸投げ:降氣の形で入り身転換・母指先を前方に回外(脇が閉まり肘手首の屈曲*)肘を伸展して母指先を地に着けるつもりから他の指の方向(取りの後方)に地を掃くつもりで同側の膝を着地する。魂氣は外へ巡りながら陰の陰で丹田に結ぶとき膝をすぐ伸ばして腰を上げて残心。*脇が開くと二教の手となり片手取りでは結びが解けそうになる。対側の手で四方投げの取り方によって取りの中心に結び(手背を額に結び)四方投げに転じる。
  • 片手取り呼吸法表:入り身運動を陰の陽の魂氣で行い昇氣・側頚部に結ぶ為にまず軸足を前方の足に移して後方の足先を剣線上に直角に置き、取らせた片手が陰の陽の魂氣で丹田に結ぶことが肝心。呼吸法昇氣の一氣で側頚部に結ぶと、剣線上の足に軸足を移し同側の足先を半歩進めて(小さく入るので置き換えと呼ぶ)側頚部の陰の陽の魂氣を陽の陽に(上肢をいっぱいに開き深呼吸をする)、呼気とともに脇を閉じて上肢は対側に密着して送り足で残心。対側の手は終始腰の後ろに陰の陽で結んでいる。
  • 片手取り四方投げ表裏:昇氣の形から陽の陽で母指方向に進めてすぐ陽の陰に巡り(手の平を返して)、受けの手首を上から取って丹田に結ぼうとしながら対側の手で近位側の下面から四方投げの取り方によって取りの額に結ぶ(降氣の形から二教の手で中心に寄せて四方投げの持ち方に入る方法とは別)。魄氣は軸足を前方の足に移して後方の足先を剣線上に直角に置くことで、額を含めた中心軸が受けに近づき手背が額に結びやすくする。前記片手取り呼吸法表に同じ。今や後方となった足を受けの前に内入り身して転換(今日は回転せず)すると正面打ち近似で上肢を受けの項に結ぶ。横面打ち入り身運動近似で送り足すると受けは取りの前から後方に回りながら落ちて後ろ受け身。この辺は単独基本動作に徹するほどに受けのダメージが大きくなるので配慮が必要。裏は、今や後方になった足を前に置き換え(受けの足の外側に接する位置)後ろ回転の軸足として、入り身転換・置き換え・転換(小さく一気に行えば後回転)で正面打ち近似で上肢を受けの項に結ぶ。以下表に同じ。
  • 相対動作片手取り呼吸法昇氣+対側入り身運動:陰の陽で丹田に向かいながら後方の足を一歩受けの前に進めて相半身として、魂氣を受けの胸部正中に結び昇氣で受けの異名側頚部に進めて陽の陽から陽の陰、陰の陰へと巡る。小指側の上肢が接して上昇し、側頚部では母指側の上肢が受けの背に接するように巡り、取りの丹田に陰の陰の入り身運動で結ぶと受けは取りの前方から後方に回りながら後ろ受け身。

 *単独呼吸法昇氣では魂氣が中心を昇っていくが、ここでは取りの魂氣が受けの中心を昇っていく。

  • 両手取り天地投げ:前記が天の魂氣。地の魂氣は外巡りから陰の陰の入り身運動。天の魂氣は再度入り身運動で丹田に陰の陰で結び残心。魄氣は入り身運動で二歩進むだけ。
  • 坐技正面打ち一教表裏

 *片手取り四方投げ:片手取り内巡り昇氣で受けの中心を通って肩の後ろまで進め、受けの開いた脇の下に向けて入り身運動。対側の手で四方投げの持ち方を受けの側頚部近くで行う。初心者にて。相対基本動作の四方投げの持ち方。

0 コメント

2011年

2月

06日

天神町道場稽古 剣による回転前後

  • 単独基本動作回転前・後方:剣を用いて。徒手で左右。
  • 相対基本動作回転前後:後ろ両手取り、後ろ両肩取り演武のみ
  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き)、入り身転換・反復
  • 相対基本動作:突きに横面打ち入り身運動
  • 突き入り身投げ表:突きに対して逆半身横面打ちで入り身運動・送り足、横面打ちから側頚部に結び、対側の手は陰の陽の腰から陽の陰で側頚部の手に結び、丹田に降氣で陰の陰。

 *他に、同名側の魂氣を陽の陽として受けの真中に、同側の足先で剣線を外し、その足を軸足として逆半身で入り身

  • 前両肩取り内入り身転換後方置き換え踏み替えて正面当て
  • 相対基本動作、正面打ち一教運動裏連続動作:受けは後ろ回転・踏み替え・一教裏で取りに転じる。
  • 片手取り呼吸法表:取らせた手を陰の陽で丹田に向け、後方の足先を剣線に直角で置き、魂氣は丹田に結び昇氣で側頚部に進めると軸足を交代して後ろの足を一歩入り身して、魂氣は陽の陽で伸展。母指の方向に進めると脇は閉じて送り足で残心。受けは取りの背部に接するようにして後ろ受け身で落ちる。
  • 坐技正面打ち四教表:一教運動表の魂氣は陽の陽で結んでから母指の反りによって地に向かい、対側の魂氣は陽の陰で受け上腕に当たり陰の陽で丹田に巡ろうとする。受けの対側手が地に結んで上体を支えるとき、取りの魂氣は坐技両手取り呼吸法の魂氣に一致している。手首に接した手は陰の陽に巡って掴み、胸の前に捧げると、受けの上肢は肘で屈曲し取りの対側の手は陽の陰で受けの上腕を取りの肩より下に維持している。その時手首を掴んだ手の近位で四教の手にして振り子運動。
0 コメント

2011年

2月

02日

幸町道場稽古 後ろ回転

  • 単独呼吸法
  • 合気体操
  • 単独基本動作
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法2種、座技両手取り呼吸法、片手取り入り身転換、片手取り体の変更、片手取り呼吸法、交差取り後ろ入り身転換、坐技正面打ち一教運動表裏
  • 後ろ両手取り後ろ回転小手返し
  • 片手取り四方投げ裏:魂氣は降氣の形から陰の陰=二教の手
  • 横面打ち四方投げ裏:逆半身入り身運動から後ろ回転の軸足を作って後ろ回転。

 *後ろ回転と入り身転換・後方置き換え・踏み替え、の違い:速さ。魂氣の結びが軸の頂点にある間に一瞬で回転。結びが肩・頰・額と移る過程では後者。

  • 座技交差取り陽から陰の氣の巡りから二教

 *本日当道場初めての会員の方は、片手を取らせるときの魂氣、取らせてからの巡り、坐技単独呼吸法と相対両手取り呼吸法の同一性。転換と変更(転換・前方の足の後方置き換え・魂氣の陰陽交代)の違い、手刀と接触したときの陽の魂氣による結び:表。陰の魂氣にて接触し対側を陽として逆半身入り身で初めて結ぶ:裏を行った。

 初めの30分で行う舟漕ぎ運動、単独呼吸法、単独基本動作や合気体操までが核心であり全てである。後半で行う相対動作といわゆる技で単独動作を確認する。

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です