開祖植芝盛平の言葉から合気の動作とは

〝禊は合気であり、合気は禊から始める〟と開祖の教えである。始めに体軸を静止させて呼吸と共に天の魂氣と地の魄気を下丹田に結ぶ動作である。〝天の浮橋に立つ〟と表現されるのがこれであろう。次は鳥船によって軸足と非軸足を確立し、体軸の揺れから魄氣を体感する。そして振り魂によって掌に包んだ魂氣の珠を想い浮かべる。

 

片手取りや正面打ちでは、魂氣を与えるという思いが手に魂氣の珠を包んで差し出す動作となる。実際に受けがその手を自由にするなら、以後取りは存立し得ない。しかし取り自身が吸気で手を緊張伸展して一気に掌が開き、円を描いて丹田に巡るとき、受けは螺旋で地に落ちて最早魂氣の珠を手にすることができない。合気の技が生まれるとはこのことである。

 

腹式吸気のはじめで下段や上段に魂氣を与えるとき、対側の手が腰仙部に結んで体軸に預かることから軸足はますます確立し、同側の非軸足を魂氣の珠と共にさらに半歩進める。胸式吸気の加わることにより一層胸が張って上体は自ずと直立する。このとき下段では例えば母指先を内に巡り、上段では受けの手首で一旦陽に開いて結ばなければ足腰を入り身で進めることができない。

 

もしも非軸足が早々と軸足に交代すると、魂氣の内巡りで入り身転換や、外巡りで外転換といった体捌きが全くできない。なぜなら、軸足交代が成れば魂氣が丹田に巡って結び、手足腰が一致して体軸に与っていることが開祖の所謂〝自然の法則〟であるからだ。ナンバ歩きという言葉は用いられないが、軸足側の手は体軸から離れて動作するわけにはいかない。入り身の継ぎ足や転換とともにその軸足へと交代するまでは、はじめの非軸足(与える魂氣と同側の足)先は地を滑るように自在に動く必要がある。

 

繰り返して軸足を交代するなかで、取りでは魂氣と魄気が結んで体軸は揺るぎなく、一方、受けは初動の接触から自身の天地の結びが解けたままである。その上で互いの魄氣も結んで体軸が密着すると技の生まれる状況が整ったことになる。

取りの非軸足は再度入り身で受けの真中に進み、体軸から解かれた同側の手には開祖の所謂〝魂の比礼振りが起こり〟陽の魂氣が受けの側頸から体軸へと響く。そこで受けの底丹田を抜けて取りの丹田へと円を描いて結ぶと禊の動作が成り立ち、合気の技が生まれる。

 

〝合気は禊であり、禊そのものが武道である〟〝要するに天地の気と気結びすることである〟

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で吉田 司師範のご指導です

神戸大学体育会合気道
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている(公財)合気会公認道場です