幸町道場稽古 表は俯せ/裏は仰向けに落として固めは俯せ

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:上段に与えて一教運動表裏

  *表は相半身内入り身・逆半身内入り身を両手で氣の巡り。目付けと上体の直立。裏は両手で氣の巡りを、受けの手刀と同名側の手を額に陰の陰で振りかぶり同側の足は剣線を外し、軸として逆半身外入り身と共に対側の手は陽の陰で返し突き。

  • 正面打ち一教表裏:は受けの後ろの足元に差し出した逆半身内入り身の足先からその膝を地につけて順次正座から振り子運動。は両手で氣の巡りで丹田に結ぶと同時に入り身転換で前の足を後ろに置き換え・踏み換え(後ろ回転)で受けに接する陰の魄氣の軸足から膝を着く。
  • 正面打ち入り身投げ表裏:は一教運動裏に近似で逆半身外入り身に、送り足を一教運動表近似で相半身外入り身にて受けの後方の足元に差し出す。は受けの側頸に結んだ陰の陽の魂氣は降氣の形で腕を畳み、取り自身の同側前胸部に結んだまま逆半身外入り身転換から置き換え踏み換えて相半身外入り身で足先を受けの後方の足元に差し出す。
  • 交差取り外転換二教表裏:は外転換で降氣の形から陽の陽で差し出し、陽の陰に巡って鳥船(サー・イェイ)近似で丹田に結び陰の陰。は陽の陰に巡ると同時に陰の魄氣の軸足側で膝を着いて受けの後ろ三角に半立ちすると、受けは仰向けに落ちる。受けの起きる動作に合わせて正座とともに受けの畳んだ肘を異名側の陰の陽の魂氣で丹田に結び、受けは俯せで二教固めに。
  • 坐技正面打ち三教固め表裏:は陰の陽の魂氣で小指球を側頸にて包み、取りの母指球を突き出す(回外)と直下の地に結び、そこから受けの母指球を膝の側面に着けて、振り子運動とともに前面へ擦り上げる。は小指と薬指で小指球、示指と中指で手首を包み、自ずと母指球で受けの母指球背側を圧して母指は手首に着く。受けの脈拍部は取りの掌から露出する。立ち技の場合(入り身転換で受けの反屈した手を三教に取り対側の手を振りかぶって丹田に切り下ろす)とは異なり、受けの指先を包んだ対側の手は露出した受けの脈拍部に移して上から被せ、入り身運動で対側の側頸に母指先を結べば受けは取りの後ろに仰向けで落ちる。受けの起き上がる動作に合わせて入り身運動反復と共に側頸から正面に振りかぶり受けの上腕伸側に切り下ろし丹田に結ぶ。受けは取りの前に俯せで両手両膝に挟まれ固定され振り子運動とともに受けの小指球を包む手は取り替えて、受けの母指球を取りの異名側の胸で迎えに行き、密着して正座に戻る。

画像①坐技正面打ち三教表:小指球を包むと陰の陽で側頸に結ぶ。次に回外して母指球を突き出してから直下の地に結ぶ。
画像①坐技正面打ち三教表:小指球を包むと陰の陽で側頸に結ぶ。次に回外して母指球を突き出してから直下の地に結ぶ。
画像②坐技正面打ち三教裏:受けの露出した脈拍部に同名側の手を陽の陰で被せて塞ぐ。次に三教に取った手を畳んで被せた手の脇は開いて対側の頸部に母指先を結び、入り身運動で後方へ捻転して半身にすると受けは取りの後方へ仰向けに落ちる。
画像②坐技正面打ち三教裏:受けの露出した脈拍部に同名側の手を陽の陰で被せて塞ぐ。次に三教に取った手を畳んで被せた手の脇は開いて対側の頸部に母指先を結び、入り身運動で後方へ捻転して半身にすると受けは取りの後方へ仰向けに落ちる。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です