*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「円に十を書く」に「1. 両足で踏ん張ることと両手で剣・杖を握ることは非合気の象徴」7/11          「2. 驚くほどに直截的な開祖の言葉」7/14          「3. 〝「言葉は神とともにありき」の状態に〟」7/19          「4. 神に喩えられた軸足(合気神髄より)」8/1          「5. 正面打ちに対する捌きのすべて」8/14          「6. 魄氣の陰陽と軸足」8/22          「7. 同側の魂氣と魄氣が反対方向に動作する」8/24          「8. 天之常立神」8/29          「9. 入り身と二教」9/1          「10. 魂氣と魄氣の陰陽/空の気と真空の気」9/14 「おしらせ」に9月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/9/16

天神町道場稽古 一教運動は両手で氣の巡り

  • 剣で単独基本動作:正面打ち(魄氣の陰・陽・送り足・陰で残心)、入り身運動(突き、横面打ち)、上段受け流し、下段受け流し、入り身転換、前/後方回転

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り(画像①)
  • 合氣体操
  • 相対基本動作:坐技上段に与えて両手で氣の巡り
  • 坐技正面打ち一教表裏

 *画像①参照。上段に与えて受けが手刀で止めるとき、接点で陰の陽から陽の陽へ発してその手首に結び、指先は受けの目線に平行に水平の軌跡を頂点として陰の陽へと体側へ巡っていく。つまり、取りの橈側は受けの橈側へと廻って地に巡り、対側の手は陽の陰で矢筈に開いて受けの上腕伸側を包んで陰の陽に巡り、母指先は地を指す。

  • 坐技正面打ち二教表裏:一教運動が基本。陽の陽から陰の陽に巡るとき、狭義の陽から陰に巡って手背を見ながら矢筈で受けの手背を二教に取っていく(表を画像②参照)
  • 正面打ち三教表:一教運動が基本。陽の陽から陰の陽に巡るとき、狭義の陽から陰に巡って遠位の指に滑らせて、小指球側から束ねて伸側を包む様に、降氣の形で把持すると受けの手掌を見る。対側の手で小指球を包んで三教に取る。
  • 片手取り外転換外巡り肘を落として外入り身二教裏:払わせた対側の手で受けの手背側から小指球を包み側頸に結ぶ、と同時に肘を落として受けの手から離れた片手は陽の陽で横面打ち入り身運動近似にて受けの肘を抱えて陰の陽で取りの丹田に巡る。
  • 正面打ちに横面打ち入り身転換
  • 正面打ちに振込突き入り身転換

 

画像①

右手が陽の陽で目の高さを陰の陽に巡り、左手の陽の陰は同じ軌道を丹田へ陰の陰へと巡る。左右いずれも母指先方向へ進める。呼気相の終末で右手は陰の陽から陰の陰に返し、左手は陰の陽へと返して次の吸気で陽の陽へと母指先方向へ魂氣を発していく。
右手が陽の陽で目の高さを陰の陽に巡り、左手の陽の陰は同じ軌道を丹田へ陰の陰へと巡る。左右いずれも母指先方向へ進める。呼気相の終末で右手は陰の陽から陰の陰に返し、左手は陰の陽へと返して次の吸気で陽の陽へと母指先方向へ魂氣を発していく。

画像②

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です