幸町道場稽古 降氣であたれば尚も陰の陽で巡る

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法二本(降氣の形から回外正面当て内入り身/外巡りから横面打ち外入り身運動

 *外巡りは受けの手の外へ横面打ち近似の陽の陽で入り身

  • 相対基本動作坐技:両手で氣の巡り(両手を下段に与えて降氣の形から右手を陽の陽・左手を回外から陽の陰)

 *回外して陽の陰に手掌を開いたら真中(受けの顔を包む様)にあらわす(与える・正面当て)。いつまでも受けの手の下に沿わせるのではない。

 *外巡りは脇を開いて閉じて・開いて陽の陽で外入り身、回外は脇を閉めて開いて陽の陰で内入り身、一旦はしっかり区別をして体得のこと。

  • 半身半立ち両手取り呼吸投げ
  • 相対基本動作坐技:正面打ち一教運動(右手を上段に与えて受けの同名側の魂氣にあたると陽の陽にあらわし・左手は陽の陰であたると上腕に沿わせて陰の陽に巡る)
  • 坐技胸取り外入り身/内入り身

 *「相対基本動作2」の画像参照

  • 立技胸取り外入り身転換呼吸法:横面打ち入り身運動の魂氣である。降氣で受けの上肢にあたれば尚も陰の陽で丹田に巡る(垂れると指先が丹田に最も近づく)・丹田に結ぶと即昇氣で側頸に結んでから踏み替えて陽の陽。

 *これを手刀で打つと止まる、丹田に巡れない・結べない・掴めない・昇氣に巡れない。陰の陽で降りると受けの手が剛ならあたって巡り即側頸に結ぶことができる。受けの手が無ければ取りの丹田まで降りて結び即昇氣。「相対基本動作1」胸取り外入り身転換参照

  • 胸取り外転換呼吸法:踏み替えずそのまま踏んで軸足として入り身
  • 両手取り外転換昇氣で呼吸法(演武を示すのみ)

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です