*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「3. 開祖の〝自然の法則〟」3/4                「4. 体感と体得」2/2                            「5. 姿勢」2/13                「6. 相対動作の氣結びは振り子運動と入り身一足」2/17                「7. 片手取り呼吸法表を詳説する」2/23                「8. 与えた手で受けの手を取り返す方法⑴はじめに」2/24                「9. ⑵片手取りにおける、母指先から発する内外天地方向の魂氣」3/2                「10. ⑶片手取りに内巡り」3/9                「11. ⑷片手取りに外巡り①から③」3/12                「12. ⑷片手取りに外巡り④」3/16 「おしらせ」に3月・4月の稽古予定変更                          稽古の記録2010/8/15〜2019/3/20

天神町道場稽古 昇級審査に見るものは

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(外巡り、突き、横面打ち、下段受け流し)入り身転換、回転前後
  • 相対基本動作坐技片手取り呼吸法:降氣の形から陽の陽、外巡り脇を占めて陽の陽で外入り身運動、入り身運動で昇氣・側頸に結んで陽の陽、降氣の形から回外・真中に陽の陰で内入り身、上段に与えて陽の陽から陽の陰に巡って正面当て
  • 上段に陰の陽で与えて陽の陽から陽の陰に巡って正面当て入り身投げ表

 *小手返しの手から受けに接して反屈の陽の陽とし・直ぐ巡ると正面当てを陽の陰で受けの異名側の頸に接して母指先の反りを背部に沿わせる。魂氣が巡ると共に結ぶから魄氣が逆半身外入り身・その送り足では魂氣が陽の陰で側頸から背部に母指先まで密着し漆膠の身を作る。ここでは対側の魂氣を常に陰で腰に廻したまま。

 *漆膠の身は入り身投げの結び。母指先が取りの丹田に向いている。これが丹田に陰の陰で結び・足を入れ替え相半身となって残心で投げが成立。

  • 片手取り降氣の形で外転換・回外
  • 片手取り四方投げ表:外転換して降氣の形から回外して脇を開くと二教の手で肩の高さにある受けの反屈した手を対側の魂氣による四方投げの持ち方で取り返し・手背を額に結び前方回転・正面打ち近似で受けの項に結ぶと四方投げの結び・丹田に陰の陽で結び残心・受けは取りの後方に落ちる。

 *二教の手にするとき受けは取りに対して後方へ崩れ・四方投げの持ち方で取り返し額に手背を結ぶ間に受けは取りの視野から外に出るからその場で入り身転換にて振り返って・正面打で受けの手首を持つ手が受けの項に結ぶ。つまり、前方回転にこだわらない。項に結ぶ直前の相対的位置関係による。

 *受けが取りの視野にある間は入り身転換の直後向かい合う体勢となり、すれ違い様受けの対側の魂氣は陽に転じて取りの側頸に結び、入り身投げで返すのが手順。従って視野にあるときは手背の体軸への結びが不十分であり、同側の軸足を入り身転換ではなく前方回転の軸足とする(外側に90度捻る)ことで取りの方から受けが視野の外に出る位置をとる。

 *取りの魂氣が項に結べば受けの視野に取りは無い。そのまま取りの魂氣が地に結ぶと合氣は成り立たない。すなわち取りは魂氣が丹田に結ばないので魂氣と魄氣が結ぶこと無く残心も無い。受けは取りの真中に結ぶこと無く地に落ち、後頭部と背部が直接落ちることにより後方受け身が出来ない。従って、合氣を成すには陽の魂氣を陰の陽で丹田に結び残心とする。それに伴い受けは取りに結んで後取りの足下を伝って螺旋に落ちる。→単独基本動作2の画像で四方投げの残心参照

  • 突き横面打ち転換:突きに対して異名側の手を横面打ちで転換・丹田に陰の陽で結ぶとき受けの手に触れる

 *入り身転換は手刀で相打ちの横面打ち、転換は横面打ちでも後手の陰の陽で剣を額に振りかぶる動作。陽の陽に近い手刀より陰の陽の魂氣は早く巡ることが出来る。

  • 突き転換小手返し(後手):触れたら陰の陽が丹田の前で受けの手を取ってしまう・そのまま丹田に結んでいる・小手返しの結び

 *昇級審査(五級、参級、弐級):各級で何が違うか。魂氣・魄氣それぞれの三要素がより明確に動作できて、それらの連なりがより緻密で、それぞれの結びがより確実で、相対動作においても受けとの間での入り身と氣結びが同様に円滑で、陰陽の巡りが一層速い。目付のぶれることが次第に少なくなり、それと共に体軸の無駄な揺れが減り、魂氣の陰陽は振幅が更に際立つ。技の種類や手順はこれらを見定める状況の移り変わりにすぎない。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です