天神町道場稽古 側頚の結びに必然の目付

  • 剣素振り、組太刀の一
  • 合気体操
  • 単独基本動作

 *禊の舟漕ぎ運動や単独基本動作で目付が定まらない理由の一つには、剣の素振りが身に付いていないことにある。正面打ちや受け流し、杖の直突き・巡りに目付が下がったり頭が垂れることはあり得ない。

  • 相対基本動作:坐技片手取り 降氣の形から陽の陽/外巡りから腋を閉めて陽の陽
  • 坐技交差取り降氣の形から一教表(陽の陽)/裏(剣線を外した軸足側の魂氣は陰の陽のまま)
  • 立技諸手取り入り身転換・側頚に結んで呼吸法:受けの手が縦に並ぶ間に陰の陽で側頚に結ぶ。入り身転換で目付が定まって初めて側頚が開き魂氣が結べる。取りにとっては踏み替えと共にたまらず陽の陽で吸気の伸展が技に相当する。
  • 諸手取り降氣の形から陽の陽で一教表
  • 諸手取り降氣の形で置き換え・踏み替えて相半身入り身転換で一教裏(もう一度置き換え・踏み替えて座ると固め)
  • 諸手取り降氣の形で置き換え・踏み替えて相半身入り身転換で二教・もう一度踏み替えて丹田に結ぶ。

 *正面打入り身投げ裏、片手取り四方投げ、片手取り呼吸法、突き入り身転換小手返しいずれも入り身転換、置き換え、踏み替えのときに受けと目が合うと結びが解けた状態。目が合うと側頚が閉じる(四方投げでは額に結べない)。

 *片手取り呼吸法裏で陽の陽に合わせて目付を転換しても、既に受けは取りの後ろに落ちており視野に受けが入ることは無い。表のときは転換が無く入り身運動だけであるから、受けに寄せた軸足側の肩に向けて(受けの目付けの方向に)首を十分(90度)捻って側頚を開ける。合気体操首の捻りは重要。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です