*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「円に十を書く」に「15. 自在に動くこと」10/19          「16.『合気神髄』にみる魂氣の陰陽・巡り・結び」10/23          「17. 二人取り四方投げの術理」10/28          「18. 陽から陰に巡って結ぶ丹田の種類」11/2          「19. 入り身転換から体の変更」11/12          「20. 宇宙の条理 …『合気神髄』より」 11/10          「21. 片手取り入り身転換と坐技片手取り呼吸法の共通点 」11/14          「22. 魄氣の陰陽と軸足」11/17 「行事」に第10回神気館・兵庫合気会交流稽古会 「おしらせ」に11月・12月の稽古予定                           稽古の記録2010/8/15〜2019/11/17

2019年

7月

28日

天神町道場稽古 受けの意志が理合の半分

  • 杖合わせ:直突きに返し突き、直突きに振込突き
  • 組杖3、
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣の形、回外、昇氣、一気、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(内巡りで下丹田に結び、外巡りで腰仙部に結ぶ)、前方回転二法、後方回転
  • 相対基本動作坐技:正面打ち一教運動表/裏

  *振り子運動により膝の開閉で軸足を作り、魂氣は陰から陽に発して両手で氣の巡り、大仏の手で終わる。陽の陰の手は受けの上腕遠位を包み、陰の陽の手は受けの手首に接して受けの前腕を縦に制する。受けの対側の手掌は地に着いて上体を支える。

  • 坐技交差取り一教運動表/裏
  • 坐技正面打ち三教裏:大仏の手の陰の陽の魂氣は狭義の陰に巡ると受けの手刀の指を三教で反屈にすることができる。
  • 坐技交差取り三教裏:大仏の手の陰の陽の魂氣は肘を畳んで中丹田に接する。前上方の陽の陰の魂氣で受けの小指球側を包み、対側の手は即座に上丹田に振りかぶって受けの上腕伸側を矢筈で包み振り降ろす。杖で正面打ちに近似。
  • 突きに横面打ち外転換/入り身転換:両手を天地に分けて最大の球を造り、下丹田へ円を描いて掌に珠を包む。
  • 外転換で小手返し、内転換で四方投げ
  • 突きに内転換四方投げ:四方投げの持ち方から出振りかぶって手背を上丹田に結ぶ。回転と同時に正面を打つ動作下丹田に巡って入り身・残心で受けは取りの腹側から背側へ螺旋で落ちる。四方投げが生まれる
  • 座技両手取り呼吸法:降氣の形で畳んで陰の陽を回外で陰の陰、吸気で陽の陰の掌を受けの顔に発する。他の方法は降氣の形から外側方へ母指先の反りに合わせて陽の陽で開き、一方を陽の陰に巡らせる。いずれにしても、両手・諸手はは縦に並べる。

2019年

7月

24日

幸町道場稽古 氣の珠を包んで与えた手(前腕と上腕)は受けのもの

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)

 *鳥船は魄氣の陰陽に伴う体軸の軸足から両足間で前後する揺れ。魄氣の巡りであり、それに同期する魂氣の陰陽・巡り・結びをも体現する動作。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)、前方回転二法/後方回転、上段受け流し、一教運動表
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換

 *鳥船のホーの手を受けに与え、同側の非軸足も半歩軽く出して足先は地に触れている。受けが手首を取ると同時に母指先を内に巡ると、前方に開いた腋の下に剣線との間で受けの外側部に隙間が出来るので、さらに足腰を半歩入り身することが出来る。それにより腋は閉じて上腕は側胸部に密着する。

 足先は内股で着地して軸足交代すると腰を転換して陰の魄氣となり、前腕は側腹部に密着し、小手返しの手で下丹田に陰の陽の魂氣が結ぶ。受けの手は取りの下丹田に結び、体軸は取りの異名側背部に密着して側湾となる。互いの魄氣の結びである。取りの対側の足は非軸足で半歩軽く出した状態、三位の体となっている。はじめ腰仙部に置いた手は半身が転換して今や自由に陽の陽で差し出している。

 体の変更はここから非軸足と同側の手を後ろに置き換えて軸足交代すると同時に下丹田の再度非軸足側となった手を受けに取らせたまま(身の軽さを得た魂の比礼振り)陽の陽で差し出す。空の気を解脱して真空の氣に結ぶことで、受けは前方へ導かれる。

  • 交差取りに内転換で陽の陰にて被せた手の母指先の反りが下丹田へ陰に巡ることで受けの手を導き、腋を閉じて受けの手首を上から取り返し体軸上の手となるよう軸足交代をし、対側の手は返し突きで受けの異名側のこめかみから取りの側頸に巡って結び体軸側へと軸足交代により入り身転換とする。反復入り身転換で側頸から陽の陽で魂氣を発すると受けの同名側の頸部に結び、受けの体軸を降りて底を抜くから技が生まれる。昇氣呼吸法。
  •  片手取りに外巡り相半身外入り身転換で上丹田に魂氣を陰の陰で鎬とし、非軸足を一歩後ろに置き換えて軸としつつ上丹田の手を側頸に降ろして陰の陽の魂氣で軸足側とし、受けの中丹田に肘を接して体軸に結び互いの魄氣が結ぶと、前の非軸足を内股で踏み換えて軸として入り身転換で側頸から陽の陽で発する、呼吸法。
  • 坐技、掌に珠を包んで母指先が地を指したまま両手を差し出し、受けが上から手首を掴むとき母指先を内に巡って、天に向け、外に発し、反りに合わせて地に向かうとき、陽の陽から陽の陰で受けの手首屈側を取り返して四教で地に結ぶ。

 *広義の陰で珠を包んだ手も母指だけは伸展しており、魂氣が陽のときと変わりはない。常に母指だけは魂氣を発し続ける。〝兆しである。体軸に与らなくなれば虚空に〝発し〟て〝真空の氣に結ぶ〟ことが出来る。母指先が円を描いて再び丹田に巡ってくる。

 言葉と念いと動作の三位一体。

2019年

7月

17日

幸町道場稽古 掌に包んだ魂氣を与えることから始まる

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換、前方回転(半回転繰り返し/一回転)、後方回転
  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  •  坐技片手取りに外巡り肘を落として横面打ちで入り身運動、裏は二教
  • 片手取りに外巡り呼吸投げ/二教固め
  • 坐技片手取り四方投げ/立ち技同
  • 坐技交差取り呼吸法表/裏
  • 交差取り後ろ回転一教裏
  • 坐技両手取り呼吸法/立ち技
  • 坐技正面打ち一教運動表/裏(大仏の手)
  • 正面打ち一教運動陰の魄氣/正面打ち一教裏
  • 坐技正面打ちに正面当て表/裏
  • 正面打ち入り身投げ表/裏

  *漠然と形をなぞることで技を掛けるのでは無く、禊で掌に包んだ魂氣を、下段に、あるいは上段に与えることから始まる。

2019年

7月

15日

天神町道場稽古 片手で丹田に把持、他方は中程を支える

  • 剣素振り左右片手で正面打ち、突き、下段受け流し、
  • 相半身燕返しで逆半身内入り身転換
  • 正面打ち入り身
  • 突き下段受け流し突き/相半身入り身
  • 突きに外転換相半身内入り身
  • 杖素振り:正面連続打ち込み二本
  • 組杖10
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 合氣体操
  • 坐技片手取りに外巡り肘を落として横面打ちで入り身運動、裏は二教
  • 片手取りに外巡り呼吸投げ/二教固め
  • 坐技片手取り四方投げ/立ち技同
  • 坐技交差取り呼吸法表/裏
  • 交差取り一教裏
  • 坐技両手取り呼吸法/立ち技両手取り呼吸法
  • 坐技正面打ち一教運動表/裏(大仏の手)
  • 正面打ち一教表/裏
  • 正面打ちに正面当て表/裏
  • 正面打ち入り身投げ表/裏

2019年

7月

14日

天神町道場稽古 掌中に魂氣の珠を包み、拡げて、巡らせて丹田に結ぶ

  • 剣素振り左右片手で正面打ち、突き、下段受け流し、
  • 燕返しの魄氣は陽・陰
  • 杖素振り:正面連続打ち込み二本
  • 組杖1、3、10
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 合氣体操
  • 相対基本動作:片手取り内巡り入り身転換(小手返しの手で下丹田に結ぶ)
  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換(二教の手で上丹田に巡る)
  • 片手取り外巡り相半身外入り身転換から非軸足を一歩後ろに置き換えと同時に上丹田の母指先から後下方へ降ろした魂氣を矢筈で受けの手首を取り返し、対側の手は反対に上丹田に振りかぶって、一気に受けの項に振り降ろして包み、受けの手首を取る手は天に向け、同側の足とともに前方へ放つと回転投げ。
  • 坐技と立ち技の対比
  • 片手取り外巡り呼吸法(投げ・固め)
  • 片手取り四方投げ
  • 交差取り呼吸法表裏
  • 両手取り呼吸法
  • 正面打ち一教運動表裏

正面打ちに正面当て/入り身投げ表裏

2019年

7月

10日

幸町道場稽古 入り身転換で非軸足先に合わせて陽の陽

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換・反復、前方回転(半回転繰り返し/一回転)、後方回転、
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、水平に気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 相対基本動作坐技:片手取りに畳んで側頸に結ぶ体軸を軸足交代で母指先から外へ陽の陽
  • 坐技片手取りに外巡り肘を落として横面打ちで入り身運動、裏は二教
  • 片手取りに外巡り呼吸投げ/二教固め
  • 坐技交差取り呼吸法表/裏
  • 交差取り一教表裏
  • 坐技両手取り呼吸法/両手取り呼吸法
  • 後ろ両手取り呼吸法表/裏
  • 後ろ両手取り呼吸投げ
  • 坐技正面打ち一教運動表/裏(大仏の手)
  • 正面打ち一教表/裏
  • 坐技正面打ちに正面当て表(動画①)/裏
  • 正面打ち入り身投げ表/裏:入り身転換で非軸足先に合わせて陽の陽、受けの目の高さ

 *表裏とも〝真中を撃て〟、陽の陰で掻き落とす動きは不用

続きを読む

2019年

7月

07日

天神町道場稽古 軸足も杖を包む手も一つ、他方は地に杖に添えるだけ

  • 杖素振り:正面連続打ち込み二本
  • 組杖10

 *振込突きの非軸足と同側の魂氣は杖の握りから支えに、対側の魂氣が杖尻を陽の陽の包み込みで中丹田に結ぶ。

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、前方回転(半回転反復/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作坐技:下段に与えて振り子運動で外巡りと同時に対側で直突きを払わせる間に肘を落として受けの尺側に母指先を天に向けて母指球を接し陽の陽で横面打ちの外入り身で下丹田に巡る(表)/裏は地に結んで手背が地を這って対側の膝の内側に進めて対側の掌に受けの手背を包んで二教固め。
  • 坐技片手取り四方投げ/立ち技
  • 坐技交差取り表/裏:振り子運動の膝の運び、閉じて軸足交代し限界まで開いて軸足交代。
  • 立ち技交差取り一教表裏
  • 坐技両手取り昇氣呼吸法/立ち技:外転換のみ、両手を与えているから入り身転換で陽の魂氣を剣線方向に発することは出来ない。陰の陽で下丹田に結ぶ。上体だけは入り身転換で昇氣(秋猴の身)側の背を受けの異名側の胸に合わせる(漆膠の身)。昇氣とは畳んだ手が体軸を側頸まで陰のままで昇って、軸足交代で魂の比礼振りが起こると陽の陽で虚空に円を描く。実際は橈側前腕が受けの同名側の頸部に密着してとろの対側に巡ってくる。受けは底が抜けて取りの体側を螺旋で落ちる。
  • 坐技正面打ち一教運動(大仏の手)表/裏、
  • 立ち技正面打ち一教表(陰の魄氣で懐に吸い込む)/裏(後ろ回転で体軸を降氣で膝とともに地に結ぶ)

2019年

7月

03日

幸町道場稽古 昇氣呼吸法が入り身投げなら漆膠の身・秋猴の身

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、直突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 相対基本動作坐技:正面打ち一教運動表裏(大仏の手)
  • 正面打ち一教表裏(大仏の手から)
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて魂の比礼振りで結び陽の陰に巡って正面当て(表)/正面打ちに上段受け流し返し突きで入り身転換(裏)
  • 正面打ち入り身投げ表/裏:ここでの漆膠の身は取りの胸と受けの同名側の背が密着すること。
  • 坐技片手取り呼吸法:外巡り横面打ち入り身運動表/裏、
  • 片手取り外巡り外転換で横面打ち入り身運動で地に結び呼吸投げ/魂氣を地に這わせて二教固め
  • 坐技片手取り四方投げ/立ち技
  • 坐技交差取り呼吸法表/裏
  • 交差取り一教表/裏
  • 坐技両手取り昇氣呼吸法/立ち技

 *昇氣呼吸法が側面入り身投げと呼ばれる場合もある。入り身投げは秋猴の身、漆膠の身であるから昇氣呼吸法をそのように分類しても間違いは無い。しかし、その上で秋猴の身と漆膠の身が動作されていないときは魂氣の呼吸法(呼吸とともに氣結びを為す)も覚束ない。この際漆膠の身は取りの背と受けの異名側の胸。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です