*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「円に十を書く」に「1. 両足で踏ん張ることと両手で剣・杖を握ることは非合気の象徴」7/11          「2. 驚くほどに直截的な開祖の言葉」7/14          「3. 〝「言葉は神とともにありき」の状態に〟」7/19          「4. 神に喩えられた軸足(合気神髄より)」8/1          「5. 正面打ちに対する捌きのすべて」8/14          「6. 魄氣の陰陽と軸足」8/22          「7. 同側の魂氣と魄氣が反対方向に動作する」8/24          「8. 天之常立神」8/29          「9. 入り身と二教」9/1          「10. 魂氣と魄氣の陰陽/空の気と真空の気」9/14 「おしらせ」に9月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/9/16

2019年

5月

22日

幸町道場稽古 基本動作を間違うと有り得ない相対動作を産む

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、直突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作正面打ち一教表裏
  • 両手取り昇氣呼吸法:外転換からの表のみ

 *外転換昇氣の魂氣は肘頭が受けの胸骨上窩で体軸を取りの魄氣に結んでいるから受けの異名側の手にとらせた対側の取りの手は入り身転換で陽に発することが出来ない。即ち入り身転換を要する裏は成り立たない。

  • 両手取り呼吸投げ二法
  • 諸手取り外転換反復・陽の陽から地に降ろして呼吸投げ
  • 諸手取り外転換・降氣の形に畳んで反復転換・小手返しの手で地に降ろして呼吸投げ、いずれも同時に同側の膝を地に着ける
  • 諸手取り外転換・降氣の形から回外して母指先を前方に向け母指先で地を差し同側の膝とともに地に着け、上肢は伸展する。呼吸投げ。

 *初段審査より

(合気の)基本(動作)無きは合気道にあらず。

 禊で魂氣と魄氣を結ぶ正立から生命を再確認し(天の浮き橋に立つ)、鳥船と入り身・転換・回転運動で足腰(魄気)の動きを確立して、呼吸で魂氣(手)の緊張・弛緩の巡りを動作することから合氣の技が生まれる。

 体軸(魄)の各丹田が魂氣の出入りする部位であると想定することで自ずと姿勢が作られる。

 魂氣と魄氣の結びは技を生むと同時に禊であり、残心とは技に連なった禊の姿を指す。魄氣と魂氣の陽である鳥船のホー、あるいはサー、を禊から切り取っても技が生まれるわけではなく、残心の姿でもない。まさに軸足を失っている瞬間であることを銘記すべきである。

 魄氣の陰では下丹田が正面を向き、陽では内側前下方、つまり地に向ける。

鳥船の陽とは、魂氣を前方に発することで上体や足腰が前に引っ張られる姿勢ではなく、魄氣が陽で腰の切れる瞬間にも上体は常に直立して魂氣が前方へ発せられる。魄氣の上に魂氣が乗る姿勢そのものである。

2019年

5月

19日

天神町道場稽古 振り子運動の手のままで受ける

  • 短刀取り坐技五教
  • 短刀取り、突きに外転換・両手を天から地に比礼振りで入り身転換と共に軸足側の手は陽の陰に巡って受けの同名側の頸部に巻き付けて取りの体側に結び、軸足の膝を地に着ける。対側の手は受けの手を上から包んで立てた膝の上で受けの肘を過伸展させて短刀を取り返す。
  • 短刀取り、突きに内転換を杖巡りで、受けの手を上下から挟んで包み、相半身の体の変更として下丹田から振りかぶって前方回転・四方投げ表
  • 短刀取り、突きに外転換を杖巡りで、受けの手を上下から挟んで包み、相半身外入り身転換で上丹田に結びつつ小指球を包む手で三教、母指球を剥がす手で短刀を取り、下丹田へ振り下ろすと同時に、短刀の柄頭で受けの側頭を突く手順で受けの前に入って体の変更で受けの上腕屈側に柄頭を当て、それを陽の魄氣で前の膝に着け、後方の膝には受けの手掌を三教で着け、体の変更で仰臥する受けの体側で、陽の魄氣のまま後方に目を遣る。

 

  •  禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、水平に気の巡り。
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り。
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、体の変更、一教運動表、前方回転(半回転・軸足の180度その場踏み換え・半回転/一回転)、後方回転。
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更で陰の魄氣・陽の魄氣
  • 片手取りに外転換で中丹田に畳んで出来る隙間に対側の手を陰の陽で挿入して空間に陽の陽で結び、与えた手を解き両手で氣の巡りを外入り身で動作して陽の陰の手は受けの項を包む。対側の陽の陽の魂氣を井桁に進む同側の非軸足に合わせて受けの異名側の頸部へ陽の陰で巡らせて母指先方向へ広義の陰で巡って取りの下丹田に結ぶと魂氣は受けの腰仙部で底を抜いて入り身投げ表が生まれる。入り身転換・反復で入り身投げ裏。
  • 片手取りに降氣の形から二教の手で外転換し反屈した受けの手との隙間に陽の陽で取りの手を挿入して受けの手首を掬い取り、外入り身転換と共に二教の手を外巡りで大きく円を描いて受けの同名側頸部を項側から包んで、入り身転換反復と同時に受けの手首を受けの側頸に返しつつ交代した取りの体軸に与り下丹田に巡り結ぶと入り身投げ裏
  • 後ろ両手取りを入り身転換で天地に結んで上丹田の陰の陽の魂氣(鎬)を軸として下丹田の手を非軸足と共に後方へ回して後ろ回転とともに上丹田の手を側頸に降ろして腋を直角に開き中東を受けの中丹田に結び入り身転換と同時に陽の陽で発すると昇氣呼吸法裏/前方回転で呼吸法表非軸足とともに後方へ回して後ろ回転と同時に下丹田の手を陽の陽に発すると受けの母指球は手首の反屈によって露出するから異名側の手で包み体の変更で下丹田に結び再度後ろ回転で対側の手を受けの手背に被せて包むと小手返し。
  • 片手取り外転換外巡りから外入り身転換を横面打ち近似で体軸を受けの体軸に(魄氣の)結び、対側に軸足を移す瞬間元の軸足の膝を地に着けて同時に魂氣を上丹田から真下の地に降ろすと呼吸投げ。/受けが対側の手掌を地に着いて静止する瞬間に受けに結んだ魂氣は地を這わせて対側の膝内側に進めて正座し、振り子運動の手で受けの同名側の手背を膝上で包み固定して、対側の手で受けの前腕中央を四方投げの持ち方近似で包み両膝の間で二教固め。

2019年

5月

15日

幸町道場稽古 鳥船は上体を前に倒さず内側下方に腰を切る、魄氣の陽

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、水平に気の巡り)
  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換・反復、前方回転(半回転繰り返し/一回転)、後方回転、
  • 相対基本動作坐技: 片手取り呼吸法三本/両手取り呼吸法
  • 坐技交差取り呼吸法表/裏
  • 両手取り天地投げ/片手取り天地投げ
  • 片手取り隅落とし裏/片手取り相半身外入り身・天秤投げ
  • 突きに横面打ちで天地に開いて外転換・外入り身投げ表
  • 突きに外入り身転換・反復転換入り身投げ裏
  • 突きに横面打ち内転換・相半身内入り身当て
  • 突きに杖巡り外転換・上下で受けの母指球と小指球を挟んで包み、相半身外入り身転換で三教
  • 突きに杖巡り内転換・上下で受けの母指球と小指球を挟んで包み、体の変更で相半身として間合いを取り、両手を下丹田から上丹田へ振りかぶって前方回転で四方投げ表。
  • 坐技下段に与えて片手取りに外巡りから陽の陰で円を描いて受けの手の外側から上方へ発して、母指先の反りに合わせて下丹田に巡らせると、母指先を地に向けたまま陰の陽で受けの手首を包み、二教。

 *二教に包み小指球で受けの手首を切り下ろそうとすれば、たちまち母指先が天を差して魂氣は受けの手にひびかない。

2019年

5月

08日

幸町道場稽古 取らせて魂氣を与えず受けの手を取り返す

  • 合氣体操
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)

 *鳥船は魄氣の陰陽に伴う体軸の軸足から両足間で前後する揺れ。魄氣の巡りであり、それに同期する魂氣の陰陽・巡り・結びをも体現する動作。

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)、

 *陰の陰の入り身運動とは両手を二教の手と小手返しの手にして、前者は下丹田で同側の足先は前に置き、同時に後者は腰仙部に結ぶび同側の足は前の足の踵に接して一本の軸足とする。残心の姿勢である・

  • 単独基本動作:入り身転換(内巡りで下丹田に/外巡りで腰仙部へ結ぶ)・反復、

 *入り身転換は体軸と結ぶ軸足の交代による体軸の移動、動作の根本。

前方回転二法/後方回転、

  • 相対基本動作坐技:下段に与えて片手取りに降氣の形で母指先の方向へ陽の陽で虚空に発する/外巡りから肘を落として母指は天を差して側頸の高さで受けの手首を掬い取って母指球を突き出し背屈した手首を伸展して示指球から受けの橈側内縁へ魂氣を及ぼし、地に着けて振り子運動で体重を寄せる。四教で取り返した(動画)
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更で魄氣の陰。
  • 片手取り隅落とし裏:片手取り入り身転換・体の変更に続く外転換で魂氣を陰の陰で入り身運動。非軸足先は受けの後ろ三角の頂点を指し示す。陰の陰の入り身運動で、剣線に対して直角に残心で立つ。結んだ受けの手は取りの後方に導かれて腰仙部に結ぶと螺旋で落ちる。互いの体幹は接触しない。

 *片手取り入り身転換・体の変更に続く相半身外入り身で半身を受けの同名側の半身に密着して残心で受けの位置を取って代わる隅落としでは元の剣線上に直立する。

  • 片手取り隅落とし表:外転換で前の足を軸として外巡り・外入り身で膝を受けの後ろ三角頂点に着き、それを軸足として上体を転換し、受けと同方向に目を遣り、与えた魂氣は同時に地に結ぶ。
  • 片手取りに外転換で中段に魂氣を掲げ、両者の手の間に出来る隙間へ対側の手を陰の陽で差し入れて受けの手首橈側の上方へ陽の陽で結び、与えた手は外巡りで受けから離れて逆半身外入り身と同時に受けの同名側の頸部を項側から包む。陽の陽の魂氣は母指先方向に巡って取りの下丹田に還る。片手取り入り身投げ。
  • 突きに下段受け流し入り身投げ:突きの剣線に受けの外側(背側)へ足先を外して軸とし、同側の手を畳んで降氣の形から回外して軸足側とする。踏んで軸とし逆半身外入り身で異名側の受けの頸部に取りの前腕橈側を擦り当てて取りの下丹田へ巡る。魂氣がひびいて受けの底を抜くから受けは取りの腹側から背側へと螺旋で落ちる。

続きを読む

2019年

5月

06日

天神町道場稽古 上丹田から降氣:体軸を降りる陰の魂氣

  • 杖突き四本、
  • 組杖1
  • 禊(天の浮橋に立って天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換・反復(軸足交代と転換の連続で体軸が軸足上へと連続して移動を繰り返す)、一教運動裏(上段受け流し)、下段受け流し、一教運動表、前方回転(半回転繰り返し/一回転)、後方回転

 *軸足交代が無く、左右の両膝が弛緩したまま転換を連続しても体軸はその間で地から浮いて移動しない。動作とは、体軸側の陰の魂氣と、対側の、身の軽さを得て陽で発する魂氣と、左右で陰陽に分かれて体軸とともに連続交代して移動する。

  • 相対基本動作:母指先が地を指して掌を開いた陽の陰で諸手を取らせ、外転換とともに掌を包み、上肢を畳んで母指先が側頸を指す(降氣の形)。頬を通り上丹田に陰の陽で結ぶと同時に対側の足先を前方回転の軸足へと踏み換え、半回転の連続/一回転で魂氣を上丹田から下丹田へと取りの体軸上を降りる、降氣の呼吸法。
  • 相対基本動作:上段に与えて一教運動表・大仏の手で鳥船の陽から陰の魄氣。
  • 正面打ち一教運動裏:正面打ちの後手により与えることの出来なくなった魂氣で鎬を作り、対側の手で返し突きから大仏の手の上丹田側は入り身転換で陰の魄氣の軸足側として受けに密着し、対側の手は鎬から魂の比礼振りで大仏の下段の手となって受けの手首屈側を包み、体の変更にて杖尻の手繰りに近似で陰の魄氣とすれば上丹田の魂氣は受けの上腕と結んで体幹内を体軸に沿って下丹田まで降りる。同側の非軸足の膝をその場で着地すると魂氣はさらに受けの上腕とともに地に結ぶ。

 *魂の比礼振りとは同側の非軸足への交代によって体軸から解脱した手が陰の魂氣から陽への発兆を得た(身の軽さを得た)手の働きを指す。見た目には丹田に位置しているが、すでに陰の魂氣ではない。〝空の気を解脱して〟いつでも〝真空の氣に結ぶ〟ことができる姿勢である。

2019年

5月

05日

天神町道場稽古 魄氣の陽では魂氣が円に巡らない

  • 杖素振り:突き四本、
  • 組杖3
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、前方回転(半回転反復/一回転)、後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更・陰の魄氣・陽の魄氣
  • 片手取り入り身転換・後ろ回転/呼吸法
  • 突きに外転換昇氣で上体は入り身転換し、前の非軸足を踏んで軸足として、後ろの足は非軸足に交代して受けの後ろ三角の頂点に入り身し、それと同期して同側の母指先が側頸部から陽の陽で発せられ、母指先の反りの方向へ巡るとき入り身の足先が着地して軸足交代・残心とし、魂氣は体側に結ぶ。

 *陽の魄氣で静止し、地を踏む両足の間で体軸の浮動したまま手を受けの側頸に伸ばしても体軸は入り身を為し得ず、魂氣は発すれど受けの側頸に及び難く、取りに巡らず。

 *陽の魄氣から入り身・残心で魂氣は陽から巡って取りの丹田や体側に結ぶ。相対動作ではこのとき受けの底を抜くのである。

  •  後ろ両手取り呼吸投げ
  • 片手取りに相半身で振込突きを払わせて内転換・母指先は地を指したまま掌を開いて陽の陰で矢筈に受けの手首を掴み、陰の陽に降氣の形で畳むと上丹田に掲げて対側の手は四方投げの持ち方で受けの手首を両手で包む。非軸足を前方回転の軸として四方投げ表。
  • 交差取りに母指先を地から前方に起こし、母指先の反りの方向へ陽の陰で掌を開き、陽の魄氣で軸足交代して内転換と共に受けの橈側から手首伸側へ母指先を進めて取りの下丹田に巡る。掌を被せて腋を閉じると手首屈側を上から包むことが出来る。同側の足は非軸足であり、外股で前方回転の軸足とし、四方投げの持ち方で上丹田に結んで四方投げ表。

 *陽の魄氣から入り身・残心が基本動作の典型である。しかしここでは陽の魄氣の前の足を軸としながら、後方の足は背側へ置き換えて陰の魄氣で内転換。

  *掌に包まれた魂氣が開かれて虚空に発せられる。巡って包まれた掌の魂氣が丹田に結ぶ。このとき受けの手を魂氣とともに包み、取り返す動作となる。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です