2016年

11月

30日

幸町道場稽古 一教/昇氣呼吸法、各自の最重要点は?

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り

  *「呼吸法だから呼吸をしつつ動作しなければ。いくらなんでも無視しては…」

  *降氣は腋を閉じ肘でも畳んで、昇氣は腋を開いて小手返しの手で耳の後ろまで。

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換、前方/後方回転、一教運動表/裏

  *入り身転換は軸足をつくって陰の魄氣、鳥船のイェイは軸足を作る。膝が曲がって発条にならなければ。非軸足の動作が生まれない。動かすべき足に迷うのは軸足が確立していないために他ならない。

  • 正面打ち一教表/裏

  *一教表:井桁に進んだ取りの足先の方向。

  *一教裏:入り身転換での下丹田に結んだ手(後ろ回転の間、結びを解かない)。M君の意見。各人習熟段階の違いと、その時々の課題を明確にするところに活気が生まれる。

  • 片手取り昇氣呼吸法表/裏

  *陰の魂氣を忘れて対側の陽の魂氣は発揮できない。腰に置いた陰の魂氣も次の瞬間には技を生む肝心の陽の魂氣となる。

  *非軸足を早々と踏んで軸にすると同側の魂氣は陽で発しきれない。魄氣がすでに陽となるから魂氣は丹田に巡るべき動作しか現せない。

  • 坐技両手取り呼吸法五本:陰でも伸展している母指であるからこそ、魂氣の発するところは吸気の母指先から。この点を欠落すれば合氣ではない。魂氣を巡らすこと無く腕を振り動かす意味はない。

0 コメント

2016年

11月

27日

天神町道場稽古 真中を与えて外転換

  • 杖突き4本
  • 杖取り相半身:杖巡り内転換から相半身内入り身で杖を両手で取り・再度内転換にて軸足側を降氣の形で側頸の高さに畳み、非軸足側は杖先を地に向けて足先と揃え、天地に結ぶ。再度入り身で天の魂氣を側頸から陽で発する、徒手の両手取り天地投げに近似。
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換・内巡りは下丹田に外巡りは腰仙部に結ぶ、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り
  • 正面打ち一教表/裏
  • 正面打ちに横面打ち入り身転換・反復、入り身投げ
  • 突きに横面打ち外転換・入り身転換反復、小手返し表

    ・ 入り身転換・体の変更・後ろ回転、小手返し裏

 

  • 突きに杖巡り内転換で四方投げ:上丹田から振り降りて、対側の突きの手と共に受けの手首を挟み、四方投げの持ち方で下丹田に結びつつ入り身転換反復・非軸足を前方回転の軸として、両手を上丹田に振りかぶり受けの腋の下を通ると正面打ちで受けの項に突き出し、下丹田に結んで残心。
0 コメント

2016年

11月

16日

幸町道場稽古 次の動作も魂氣と魄氣それぞれ三要素しかない

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:中段に受けて降氣、回外、下段に受けて昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換(内巡りで下丹田に結ぶ/外巡りで腰仙部に結ぶ)、一教運動表/裏、前方/後方回転
  • 片手取り入り身転換昇氣呼吸法
  • 片手取り入り身転換・体の変更で陰の魄氣・外転換、隅落とし裏
  • 正面打ち一教表/裏
  • 横面打ち相半身内入り身・内転換・前方回転四方投げ表
  • 横面打ち外転換入り身投げ表

0 コメント

2016年

11月

13日

天神町道場稽古 外転換から入り身投げは井桁で相半身外入り身

  • 剣素振り:正面打ち・入り身転換・反復、突き、下段受け流し突き、上段受け流し打ち
  • 太刀取り正面打ちに外転換/入り身転換、
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作坐技:交差取り対側の膝に振り子運動・軸にして与えた側の膝を開いて、降氣の形で畳んだ手を小手返しの手にして伸展・地に結んで同時に同側の膝内面に着けて対側の膝を受けの肘に合わせて、その前腕中央を異名側の手で四方投げの持ち方。三点で固定すると二教。
  • 立ち技交差取りに前の非軸足を踏んで外転換で降氣の形・後ろの足を軸に交代して後ろ回転の軸として回転の後、後ろの足から膝を着いて同時に陰の陽(小手返しの手)で直下の地に着けると二教固め。
  • 突きに横面打ち外転換、受けの手に触れず両手で外巡り入り身・井桁に進んで相半身外入り身投げ。
  • 突きに杖巡り逆半身で外し、退いた足を相半身内入り身で前に進め・更に逆半身内入り身で同側の手を陽の陽で受けの前面を擦り上げて陽の魄氣で魂氣を陽の陰・陰の陰へと巡り残心で天秤投げ
  • 突きに杖巡り逆半身で外し、退いた足を同側の魂氣とともに軸とするところを受けの手に触れず外巡りで陽の陰、同側の足を非軸足として一歩入り身で投げ。
  • 突きに杖巡り外転換で受けの手を丹田で取り、同側の足を軸に交代して後ろの足を一歩逆半身内入り身で同側の魂氣とともに陽の陽で進めて陽の陰に巡って陰の陰の残心で天秤投げ。

 *受けの手に触れなければ外巡りで逆半身外入り身、井桁に進んで相半身外入り身投げ。

  • 上段に与えて一教運動表から三教表
  • 受けの正面打ちに後手で鎬を作って同側の足を軸として剣線を外し、返し突きで一教運動裏。受けの手首に着いた陰の陽の手を受けの手刀の手指に滑らして陰の陽で包み受けの手を反屈として、側頸の高さで対側の手を用いて受けの小指球を包み、同名側の手を受けの上腕伸側に当て杖正面打ち近似で振り降ろし、後ろ回転で地に結ぶと三教裏。

 *受けの指先は杖尻近似で取りの下丹田に結んだまま、座って受けの肩を挟んだとき外巡りで外側に外すと直ぐ対側の手で受けの小指球を包んでその手掌に異名側の胸を振り子運動で迎えに行って密着して正座に戻る。

0 コメント

2016年

11月

09日

幸町道場稽古 己がものとする気は自己確立の第一歩

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して)、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換
  • 片手取り隅落とし裏:入り身転換・魂氣を下丹田に結んだまま陰の魄氣で体の変更・外巡り外転換で非軸足を受けの背部から後ろ三角の頂点に。対側の手は両手取り天地投げの天に準じる。
  • 片手取り入り身転換昇氣呼吸法
  • 両手取り天地投げ
  • 諸手取り外転換呼吸投げ
  • 交差取り降氣の形で軸足を剣線の外に作り一教運動裏の魄氣で、魂氣を小手返しの手で地に結び、受けに近い方の足が軸となる陰の魄氣で後ろ回転が終わるから、その軸足の膝を地に着ける。対側の膝も地に着けて、地に結んだ魂氣をその膝の内側に滑らせて固着する。受けの前腕を異名側の手で四方投げの持ち方にて絞ると取りの両膝の間で二教。
  • 交差取り外転換で陽の陽から陰の陽・陰の陰へ外巡りで受けの上肢の橈側から腋の下へ結び(真空の氣から空の氣に円を作る)受けの背面を取りの前に導き、対側の手は陽の陽から陰の陽で同名側の受けの頸部を包み、対側の手は矢筈で受けの手首を伸側から包み、両手を受けの側頸で合わせると入り身投げ。

0 コメント

2016年

11月

06日

天神町道場稽古 頻回の軸足交代も入り身・転換の連なり

  • 剣素振り正面打ち入り身/入り身転換、
  • 剣突き/正面打ちに徒手で転換:横面打ち転換、杖巡り転換
  • 剣正面打ちに徒手横面打ち内転換・内入り身転換太刀取り演武
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:前/後方回転、一教運動表
  • 相対基本動作:坐技上段に与えて受けの手刀に氣結び

 *陰の陽の魂氣を手首の伸展で母指から全指を伸展するだけでは陽の陽に発することはできない。つまり氣結びまでには至らない。広義の陽とは肘を伸展し母指先まで伸展が波及することで接点より拳一つ分入ることになる。則ち接点が受けの手首の周りを尺側から屈側まで入って行くことが結びの本体である。手首は母指先が地を指すほどに反屈する。

  • 坐技正面打ち一教表:上段に与えた魂氣が氣結びすることで対側の魂氣が両手で氣の巡りに加わり振込突きを発することができる。
  • 坐技正面打ち一教裏:膝の開閉、振り子運動で膝の軸交代。返し突きを受けの側面で発して両手で氣の巡り。
  • 真中を与えて突きに横面打ち外転換・振り降りて受けの手に触れないので陽の陰に巡り前の非軸足を踏んで後ろの足から外入り身・非軸足となった後ろの足を前の足背に被せて井桁に進み、受けの後方の足に向けて進み同側の魂氣も陽の陰で受けの異名側の頸に結ぶと下丹田に巡り残心で入り身投げ。
  • 上段に与えて互いの手背を着けて相半身の前方の足とともに軸とし、対側の手を受けの異名側の腋へ返し突き、同側の足を外に置き換えて外転換と共に魂氣を陰の陽で下丹田に巡り腋から巡った手で受けの手を持ち替えて丹田から外巡りと同時に初動の魂氣を正面当てで払わせて腋の下を相半身外入り身転換、更に前方へ踏み出しつつ同側の手で受けの側頭を突き、体の変更で受けの前に出て上腕の真中を鷲掴みで受けの頭側に三教で落とす。頻回の軸足交代は単独動作入り身・転換の繰り返しである。

0 コメント

2016年

11月

02日

幸町道場稽古 基本動作と基本技にみる難場歩き

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換、一教運動表/裏、前/後方回転

 *入り身転換では魂氣の陽がはじめに内巡りで作る自身の隙間に非軸足と腰が更に前方に入って内股で軸足を作るとき同側の魂氣は下丹田に結び、対側の足は非軸足に、目付けと腰は転換して手は陽の陽で発する。難場歩きである。

  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法3本
  • 坐技両手取り呼吸法
  • 坐技片手取り外巡り・矢筈に開いて取り返して二教固め:陽の陰の魂氣である矢筈を受けの手首に嵌めても、母指球から小指球へと接点を広げて包み込む、つまり手掌の幅だけ結ぶことはそのままではできないし下丹田に結ぶことは明らかに不可能である。それを解決する術理は、振り子運動で同側の膝を軸として対側を剣線から外して開くことで、魂氣を陰の陽に下丹田と地に巡らすことである。開いた対側の膝の側面に受けの手背を着ける。則ち受けの上肢全体が地に結び、取り返した手を受けの手首から外し、受けの前腕真中でそれを絞ると膝の間で二教が成立する。
  • 正面打ち一教表:上段に与えて受けの手刀に陽の陽で結んだとき非軸足を同じ深さに進めて軸とし、対側の足を軸の内側に送り、陽の陽の魂氣は相対的に巡って上丹田に結ぶ。軸足の交代で同側の魂氣も上丹田にて陰となり、対側の足は非軸足となって受けの真中(後方の軸足方向)に進めて同側の魂氣は振込突きで受けの上腕を突き上げる。魄氣は陽から陰へ鳥船の動作へ。魂氣は(両手で氣の巡りで)下丹田に巡る。今や前方の足は非軸足で爪先だけが地に着いているに過ぎない。そのまま膝を折って地に着ける(非軸足を後方へ置き換えると座ったときに受けの腋から大きく離れる)と、受けの腋は取りの膝と腰に密着して地に伏せる。受けの上肢は取りの対側の膝に乗り、取りの初動の魂氣はここに狭義の陰に巡って受けの手首屈側を握ると速やかにその膝も地に着ける。それで受けの上肢全体が地に着き、取りは正座となる。。受けの腋に着いた取りの膝へ振り子運動で体重を寄せ、同側の手は受けの上腕伸側の真中に体重を掛ける。目付けは軸足の反対側へ。

 *軸足の交代の度に難場歩きとなっている。

  • 片手取り四方投げ表:四方投げの持ち方で受けの手首を取って上丹田に取りの手背を結ぶと同時に、同側の足を前方回転の軸足とし、対側の非軸足を前に送り、膝を曲げて足先は更に後方へ置き換えて地に着くと、軸足交代で対側の足先は外股方向へ発条の捻れが解けて回転は陰の魄氣で終わるが、魂氣は上丹田から受けの項に正面打ち近似で発する。瞬時に陽の魄氣で入り身・残心と続くから、魂氣は受けの項から取りの下丹田に巡って受けは取りの後方に螺旋で落ちる。

 *軸足の交代の度に難場歩きとなっている。

 

 

0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です