2015年

10月

28日

幸町道場稽古 入り身転換反復で呼吸法裏と入り身投げ裏

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 錬成大会道場演武の練習    

      以上北村副指導員による。

  • 上段に与えて一教表、正面打ち後手に一教裏
  • 片手取り呼吸法表/裏

 *表は外転換での前の足を踏んで軸として後ろの足先で逆半身外入り身・その拇趾先に合わせて母指から陽の陽で魂氣を発する。入り身における陽の魄氣の後ろ足は伸展して地を踏ん張るから、足底を地に捻って陰の魄氣の軸足の様に膝が緩むようなことはない。則ち足底を捻る動作は確たる陽の魄氣を動作していない事になり、対側の足先が十分に入り身していないのである。

 *裏は、入り身転換の前方の足先が元々そっと地に置かれているだけであるから、それを内股に踏み換えて軸とし、入り身転換の反復により胸は反転して魂氣が体側に巡ることで、残心による自然体の軸が確立する。受けは取りの背側に落ちている。

  • 片手取り入り身転換後方に置き換えて外巡りで一教運動表の魄氣により陽の陰の魂氣を受けの背側で地に結び隅落とし裏/外巡りで入り身運動に膝を着いて隅落とし裏
  • 上段に与えて一教運動表の魄氣で入り身投げ表
  • 正面打ち後手に一教運動裏で入り身転換・踏み換えて入り身転換反復で入り身投げ裏

 *片手取り呼吸法裏は入り身転換反復で取りの背に受けの異名側胸を接して向き直る。正面打ち入り身転換反復での入り身投げ裏は取りの胸に受けの同名側の背を接して向き直る。魂氣と同側の足先を揃えて受けの後ろ三角に入ることなく、受けが落ちてから一歩進めて陰の陰の入り身運動残心で終えても良い。

  • 上段に与えて対側の手で受けの脇腹を振込突きにて逆半身外入り身・突きの手で受けの手刀を小指球側から持ち替えると、初動で与えて結んで巡った手は自由となり振込突きで相半身外入り身転換三教。同側の膝を着いて地に結んだ。
  • 上段に与えて正面を守った受けの手刀に、与えた手は陽の陽で結び・対側の手で受けの横面を振込突きで逆半身外入り身転換・受けの手刀を上から陰の陽で持ち替えて母指球を包む。前方の足先を同側の手とともに後方に置き換えて陰の魄氣で転換して、受けの小指球に手背側から陽の陰の魂氣を被せると小手返し。
  • 突きに下段受け流しで入り身投げ:剣線を受けの背側に外して相半身外入り身で回外した魂氣を陽の陰で発して受けの異名側の側頸に橈側前腕を密着し母指先を受けの背に沿わせて反りの方向へ進めて取りの丹田に結ぶと残心(画像①)。

 *遠ければ剣線を外した足を軸として逆半身外入り身から一教運動表近似で、回外した魂氣を陽の陰で発して受けの異名側の側頸に橈側前腕を密着し、同側の足先を受けの後ろ三角の頂点で受けの体軸直下に差し出す。残心とともに受けの背は取りの腹側を螺旋で後方に回って落ちる

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

24日

天神町道場稽古 一教運動表の魄氣で入り身投げ表/天地投げ

  • 杖直突き・上段返し・正面打ち・八相返し・正面打ち
  • 組杖1
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し)入り身転換、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 片手取り入り身転換・体の変更
  • 片手取り外転換隅落とし表:外転換外巡り・逆半身外入り身半立ちで魂氣を同側の膝と同時に受けの後ろ三角の頂点の地に結ぶ
  • 片手取り入り身転換から隅落とし裏:丹田の陰の陽の魂氣は結んだまま前方の陽の陽の魂氣と同側の足先を同時に後方へ置き換え軸とし、丹田から外巡りで同側の足先で逆半身外入り身半立ちとして魂氣を同側の膝と同時に受けの後ろ三角の頂点の地に結ぶ。
  • 両手取り天地投げ:逆半身片手取りに一歩進めて相半身で対側の手も下段に与えて外転換で外巡り・その対側の手は陽の陽で受けの前胸部を昇氣で前頸部まで進めて陽の魄氣で受けの後ろ三角の頂点へ入り身すると同側の魂氣は陽の陰へ巡って受けの異名側の頸部に密着しつつ残心とともに陰の陰で取りの丹田に結ぶ。目付けは外転換で受けの側頸に向けたら残心まで一定。

 *通常は一教運動表を天地投げの魄氣とする。

  • 正面打ち入り身投げ表:陰の陽で上段に与えて一教運動表の魄氣で逆半身外入り身に送り足の踵を着地せず前の軸足の足背に重ねてそのまま受けの後ろ三角へ入り身・受けの手刀に結んだ手を陽の陽で受けの前頸部に差し上げ陽の陰に巡り残心とともに丹田へ陰の陰で結ぶ(画像①〜③)。

 *稽古では一教運動表の魄氣をあえて外転換・入り身で入り身投げ表を動作した。前者は45度で受けの背面から真中へ進む。後者はほぼ直角で受けの背面から真中へ。それぞれで受けの体軸に結ぶ際の入り身の足先の角度と方向に注意。

  • 相対基本動作:突き後手に横面打ち外転換で丹田に巡る。
  • 突き後手に横面打ち外転換で丹田に巡り受けの手首に触れて陰の陽で結ぶと受けの母指球を包むこととなり、同時に対側の前の足先を後方に置き換えて軸として受けの方向へ外転換と同時に取りの母指球を回外して受けの母指球を返し、取りの腰背部にある対側の手で受けの小指球の手背側を包む。小手返し。受けの拳は包まれると終始取りの丹田にある。
  • 突き後手に横面打ち外転換で呼吸法表:外転換で手刀が額から振り降りて丹田に巡ると受けの手首に触れない(受けは直突きに続いて脇と肘を閉じ上肢を畳む)から上体の入り身に続き昇氣で取りの側頸に結び、前方の足を踏んで軸とし、外入り身に合わせて陽の陽で魂氣を発して受けの同名側の側頸に前腕橈側を結び、残心で取りの体側まで巡り結ぶ。

 *受けの腕に触れても陰の陽で受けの手首から母指球にかけて包めない場合は跳ね上がって取りの側頸に昇氣で結ぶ。陰で振り降りるから跳ね上がる。力んで受けの腕を打ち下ろすと、それだけで魂氣の巡りを失い、以後動作は合氣ではない。巡りの後は魄氣(丹田か体側)に結ばなければ合氣を終える事は出来ない。つまり残心である。

  • 突き後手に下段受け流し(降氣の形から回外)入り身/一教運動で陽の陰の魂氣
  • 坐技両手取り呼吸法三本
続きを読む 0 コメント

2015年

10月

21日

幸町道場稽古 入り身転換・反復も後ろ回転も入り身投げ裏

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換(画像①)・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:坐技両手取り呼吸法3本
  • 坐技正面打ち一教表/裏
  • 交差取り降氣の形で外転換に陽の陽で氣結び・逆半身外入り身転換・踏み換えて入り身投げ裏/置き換え踏み換えて(後ろ回転)入り身投げ裏
  • 正面打ち入り身投げ表/裏

 *表は上段に陰の陽で与えて受けが手刀で正面を守った瞬間に陽の陽で発して結ぶ。両手で氣の巡りであるから対側の魂氣は陽の陰で受けの側頸に返し突き近似で結ぶ。魂氣は一教運動裏と同じ。魄氣は一教運動表と同じ。

 *裏は一教運動裏で同名側の取りの魂氣は陰の陰で額に結んで入り身転換により相対的に陽の陽となる。対側の魂氣は陽の陰で返し突き近似。額から広義の陽で差し出して受けの手刀を打ち払うのではない。

  • 正面打ちに相打ちで横面打ち入り身転換(画像②):前方の足先と同側の魂氣は陽の陽で前に差し出す。
  • 正面打ちに相打ちで直突きの魂氣を後ろの腰背部に巡って、対側の手で横面打ち入り身転換:直突きの同側の足はその場で軸とするから魂氣を突き出すのではなく後ろに巡らせ陰の陽で腰背部に結ぶ。
  • 横面打ち後手に相半身内入り身から払われた振込突きの魂氣を外巡りで内転換・横面打ちで逆半身外入り身(画像③)。
  • 横面打ち後手に外転換で両手で氣の巡り近似・二教。

 *受けの手刀に両手で氣の巡りで結び(画像④)陰に巡って手背を包み降氣の形で二教の手にして持つ(脇を閉めて受けの二教の手を固定する)。対側の手は受けの手首を四方投げの持ち方で(鳥船ホー・イェイ)陰の陰に巡ると、捻って折る動作。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

18日

天神町道場稽古 諸手取り呼吸投げに軸足の無い前回り受け身

  • 杖突き4本、杖巡り、八相返し打ち
  • 組杖1、3
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し)入り身転換、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り呼吸法表/裏
  • 諸手取り呼吸法/呼吸投げ:受けの前三角の頂点に取りの魂氣と受けの諸手が結び軸足の無い前回り受け身

 *受けは手足腰の一致で前受け身の軸足を元の頂点に作った瞬間回るのも良し。段階的に軸足の無い前回りへ。両足をほぼ同時に地から離れる。

  • 交差取り小手返し表/裏
  • 片手取り外巡り外転換から肘を落として回内(降氣の形で)側頸で受けの手首を包み回外して母指球を押し出して取り返し、示指球から手首と肘を一直線で四教
  • 両手取り外転換外巡りから四教で取り返して呼吸投げ表/裏
  • 横面打ち後手内入り身から内転換で四方投げの持ち方・対側の手で横面打ち外入り身転換で側頸に結び相半身外入り身で受けの側頸に両手で氣結び。陰の陽で側頸を包み、対側の魂氣を陽の陰で重ねて陰の陰で丹田へ巡って残心。
  • 横面打ち後手に相半身内入り身から内転換で四方投げの持ち方・外入り身転換で対側の手は返し突きを受けの異名側の頬部をかすめて陰の陽で巡り側頸に結び・踏み換えて陽の陽で発すると受けの側頸(取りの側頸と同名側)に取りの前腕橈側から上腕が密着し、母指先の反りの方向へ巡って取りの体側に結ぶと残心で呼吸法裏。取りの魂氣は吸気で受けの側頸から体軸に響き体の底を貫き取りの体側に巡って結ぶ。

 *受けの後ろ三角の頂点に取りの魂氣が抜けて軸足の無い後ろ受け身(伸展した足と畳んだ足が同時に地からの魄氣の結びを失うこと)により取りの背面を螺旋で落ちる。

 *取りの前腕尺側が受けの前胸部を押すだけでは受けの後方の足が軸となって後ろに倒れる事は無い。さらに取りが押す事で受けは前の足を畳んで後ろに送って後ろ受け身で倒れることがある。それは呼吸法(呼吸とともに氣結びを為す)の螺旋で落ちる後ろ受け身の方向とは反対である。母指先からの魂氣は受けの側頸に結ばず取りの後方(受けの前方)を向くこととなる。したがって残心が無く、技は生まれない。

0 コメント

2015年

10月

14日

幸町道場稽古 入り身・送り足で両足を一足として軸足

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏

 *入り身運動は、入り身と送り足による残心。入り身で進めた足の踵に対側の足を送って一足にして軸足を作る。すぐ魄氣を陰として動作に備える静止へと安定する(12日のタイトル)。

  • 相対基本動作:片手取り入り身転換、交差取り入り身転換
  • 交差取り入り身転換呼吸法:側頸に昇氣で結ぶと同時に同側の足先を後方に置き換えて軸とし、対側の足から内股に踏み換えて入り身転換反復で陽の魄氣・残心に合わせて魂氣を側頸から陽の陽で発して母指先の反りに合わせて体側まで巡る(画像①から⑤)。

 *過伸展で反屈の上肢を体側まで一気に巡らせ、残心の両足揃えての軸足とそれに連なる体軸・体側への魂氣の結びは呼吸法の昇氣と両手で氣の巡りを合わせた上肢の動作。

  • 片手取り四方投げ表裏:表の前方回転で受けの背側から真中の項へ一気に正面打ち近似で魂氣を突き出せば、受けの上肢は畳まれて自身の項に結ぶ。そこから残心とともに取りの魂氣が丹田まで巡るから受けの上肢は畳まれたまま取りの体軸に腹側で結んで落ちる。
  • 坐技片手取りを取り返して四教/両手取りを取り返して四教で天地に結ぶ(画像⑥
  • 両手取りを取り返して天地に結んで呼吸投げ
  • 坐技正面打ち一教から四教表

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

12日

天神町道場稽古 残心から陰の魄氣が静から動への巡り

  • 杖直突き/杖巡り:魄氣の陽/陰
  • 杖で受け流し打ち/下段返し
  • 組杖3
  • 剣素振りで単独基本動作:正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、体の回転(前/後)、一教運動表/裏
  • 坐技片手取り呼吸法3本
  • 坐技両手取り呼吸法3本
  • 坐技上段に与えて魂氣三要素(画像①
  • 坐技上段に与えて両手で氣の巡り(正面打ち一教運動表)
  • 坐技正面打ち一教運動裏

 *受けの手首に結んだ魂氣は表が陽の陽、裏は陰の陽で接するのみ。巡って初めて、掴むなり(一教)、降氣の形で寄せるなり(四教)、反屈させて寄せるなり(三教)、二教で回外して突き出すなり(表)。取りが額の前で受けの手首を握ると確実に結びが欠落するし、その前の陰陽・巡りも無い。

  • 横面打ち外転換三教:外転換で手刀に結び(画像② 面前で小指球を陰の陽で包み回外・母指球を突き出して相半身外入り身転換で三教。
  • 片手取り四方投げ表裏
  • 片手取り外巡り二教裏固め:外転換外巡りから陰の陰(二教の手)で側頸に結べば与えた手は外れ、対側の手で小指球を包み母指球を側頸に密着。再度陽の陰から陰の陽で前腕に巡る。四方投げの持ち方近似で二教裏。

 *外巡りから陽の陰で母指を受けの上腕外側に着けて母指先の反りに合わせて受けの手首の上面に沿って取りの丹田に陰の陽で巡れば二教表。

  • 交差取り外転換から入り身転換反復で入り身投げ裏

 *壱級昇級審査評価:軸足と体軸の一体感が目付けに現れ、単独/相対基本動作から技の成立へ、その動作が確実に体得されていることがわかる。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

07日

幸町道場稽古 表は陰の陽で上段に与え/裏は陰の陰で額に結ぶ

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で(天地に)氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動表/裏

 *相対動作一教運動表は陰の陽で上段に与え(画像①)、裏は陰の陰で額に結ぶ(画像②)。いずれも陽の陽に発して対側は陽の陰で、両手で氣の巡り。

  • 相対基本動作:交差取り一教運動表裏

 *交差取り外転換・降氣の形で上肢を畳むと陰の陽、そこから陽の陽にて発する。母指先から真空の氣に結ぶ動作(画像③)。与えた手首を押さない、脇を早々と開こうとしない。いずれも出来ない動作である。

  • 交差取り一教表裏
  • 交差取り三教表裏:いずれも一教運動から受けの手首に結んだ魂氣を陽の陽から陰の陽に巡って真中に寄せ、対側の手を降氣の形で受けの小指球の手背側から包む。このとき取りの側頸に結んでいるから一気に回外で母指球を差し出し、直下の地に巡り、同側の膝外側に受けの母指球を密着したまま前面に沿わせて擦り上げる。裏は三教に取った手の対側で受けの上腕伸側を正面打ち降ろし近似で丹田に結び陰の魄氣。受けの前腕を水平に保ち後ろ回転。

 *裏は陰の魄氣から後ろ回転し、軸足から着いて座れば固め。後方へ置き換えだけで踏み換えせずに座れば取りの上体は屈んで、受けの上肢を地に引き下ろそうとする動作になる。無理がある。魄氣三要素の動作にそぐわない。

  • 交差取り二教・気の巡りで
  • 片手取り呼吸法表裏
  • 正面打ちに横面打ち入り身運動/入り身転換(画像④

 *入り身運動:受けの手刀に合わせて異名側の手を体側から額に振りかぶり入り身・同側の半身(はんしん)は打たせて対側を送り足・残心、魂氣は仙尾に陰の陽で巡ると取りの体軸は取りの手刀の外に外れる。

 *入り身転換:受けの手刀に合わせて異名側の手を対側から額に振りかぶり入り身・同側の半身(はんしん)は打たせて転換・対側の足先を外に向けて引き寄せ・陰の魄氣、魂氣は陽の陽で足先に合わせて差し出すと受けの手刀の外に並ぶ。

  • 突き後手に横面打ち外転換(画像⑤)/杖巡りで外転換:目付けは剣線を直角に外し、陰の魄氣で前の足先は剣線を渡り軸足側に寄せる。
  • 突き後手に杖巡り外転換で天秤投げ:左右の魂氣を天地に巡らせる。受けに与える魂氣は母指先を受けの頭上から地に巡らせる。
  • 坐技両手取り呼吸法:両手で(天地に)氣の巡りによって受けは取りの左右の地に結ぶ。左右の手を陽の陰で受けの面前に差し出せば、一方は陽の陰で母指先方向の地に巡るが、対側は肘と手首を地に向かわすしかない。魂氣の要素を充たさない上肢の動きは体軸の捻りを伴い正座を失う。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です