2014年

2月

26日

幸町道場稽古 残心の結びは陰の陽か陰の陰

  • 単独呼吸法:降氣の形、回外、昇氣、一気、入身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動陰の陰、突き、横面打ち(陰の陽)、下段受け流し
  • 単独基本動作:入り身転換、前方/後方回転、一教運動表/裏
  • 坐技両手取り呼吸法:禊・魄氣の陽で陰の陽の魂氣(ホー)に準じて魂氣を両手で与え(吸気)・呼気で降氣の形から右手を陰の陽・左手は降氣の形で回外して吸気で右手を陽の陽・左手は陽の陰、両手で氣の巡り。
  • 両手取り入身転換呼吸法:下段に与えて逆半身片手取りに対側の手を陰の陽から陽の陽で取らせて相半身両手取りとしながら逆半身外入り身転換。第一動で取らせた魂氣は丹田に巡って陰の陽で結び一気に昇氣で取りの側頸に結ぶ・対側の手を入れ替えて陰の陽で丹田に結び入身転換反復(踏み替え)と同時に側頸の魂氣を陽の陽で耳の後ろから発すると・その撓側は受けの同名側の頸部(前頸三角に当たり後頸三角から受けの軸に響く))に結び・母指先の反りの方向に巡って脇が閉じて体側に結ぶと送り足で残心・受けは取りの体軸に沿って螺旋で背部に落ちる。
  • 両手取り天地投げ:下段に与えて逆半身片手取りに対側の手を陰の陽から陽の陽で取らせて相半身両手取りとしながら第一動で取らせた魂氣を外巡りで逆半身外入り身・送り足にて一教運動表の魄氣に準じて相半身外入り身。前方の足先は受けの後方の足に向かい・陽の陽で取らせた対側の魂氣はその足先に合わせて昇氣で尺側が受けの側頸に当たり・陽の陰に巡ると母指先の反りの方向は受けの腰背部から取りの丹田に向かう・同時に魂氣は撓側から後頸三角に受けの軸に沿って底に響き・取りの丹田に結ぶと送り足で残心・対側の魂氣は外巡りの地に相当するが取りの腰部に陰の陽で巡って結び受けはその手を取ったまま取りの体軸に沿って螺旋で背部に落ちる。

 *入り身投げ/天地投げの残心は丹田に陰の陰で結ぶ。陰の陰で入り身運動の残心。対側の魂氣は陰の陽で腰の後ろに結ぶ。

  • 諸手取り四方投げ表:陽の陰で上〜中段に与えて諸手で取らせ降氣の形で外転換・受けの諸手は上下に並び、取りの魂氣は陽の陽で同名側の受けの魂氣(上に位置する)に結ぶと陽の陰に巡って手首を取る・受けの下の魂氣はその手首を四方投げの持ち方で取って額に振りかぶる。このとき受けの対側の手首からは手を離し取りの腰に結ぶ。受けの両手は上下の並びが逆に重なり十文字になる・前方回転で額から受けの項に正面打ち近似で差し出しそこからゆっくりと丹田に巡って残心。取りは受けの前面から後方へ螺旋で落ちる。残心は横面打ち入り身運動近似で丹田の結びは陰の陽。

 *四方投げの残心は丹田に陰の陽で結ぶ。横面打ち入り身運動の残心。対側の魂氣は陰の陽で腰の後ろに結ぶ。

  • 諸手取り一教表:説明は省略

 *諸手取りでは、四方投げ/一教は、相対動作呼吸法の片手取りや交差取りで“降氣の形から陽の陽”と同じ。他に呼吸投げ/二教・入り身投げは“降氣の形から回外”、呼吸法(背当て入身投げまたは後方入身投げ)は“降氣の形から脇を開いて陰の陽で側頸の結び”。

0 コメント

2014年

2月

19日

幸町道場稽古 与えた魂氣は思いのままに三要素を動作

  • 単独呼吸法
  • 合氣体操
  • 相対基本動作:坐技下段に与えて片手取り/交差取り呼吸法

 *片手取りでも交差取りでも降氣の形から陽の陽で全く同じ動作。

  • 上段に与えて氣結び:陰の陽で与え受けの守りの手刀に触れて一気に母指先から陽の陽。

 *手背・手首・肘を使って受けの手刀を横に押して倒そうとすると押し合うことになる。母指先の反りの方向に手掌が開き、手首が反屈し、それに伴い脇と肘が開く。接点が巡る。接点で結ぶとは接点より中に母指先の氣が入る。いわゆる氣を出すという動作。接点か接触面で手背を擦り上げても母指先を先駆けとする魂氣が受けの及ぶところの内に入れない。「概要」のロゴマーク参照。「天地の結び」の「13. 魂氣の動作」参照。

  • 正面打ち入り身投げ表裏
  • 正面打ち入り身転換小手返し:接点が受けの手首の下面から側面に巡るまでに手掌を開くと、取りの魂氣も手刀となり(陰でも陽でもない)手背前面で互いに当たるため陽の陽で結べない・押さないで陰とし対側の魂氣を陽の陰で返し突き近似にて逆半身外入り身転換・受けの母指球側に巡って上から小手返しの取り方で包む・前の足を後ろに置き換えて軸とし、後方回転で対側の魂氣を陽の陰で受けの小指球側の手背を覆って丹田に結び残心。
  • 諸手取り外転換呼吸法:降氣から二教の手で手背を額に結んで対側の足を軸とする前方回転・対側の側頸から降氣。
  • 諸手取り外転換降氣の形から回外・反復入り身転換に外巡りで受けの手背を額に結び同側の足を軸として前方回転・額から同側の側頸に結び降氣。
  • 諸手取り呼吸法表:外転換・魂氣は降氣の形の陰の陽のまま小手返しの手で脇を開いて側頸に結んで前腕を捻り・前の足を軸として後方の足を踏み替え逆半身外入り身・陽の陽で発して体側に巡ると共に残心。
  • 諸手取り二教入身投げ:内転換降氣の形から回外二教・対側の手で、返し突き近似で受けの同名側の頸部に結び入身・魂氣を陽の陰として受けを前方に放つ。

 

0 コメント

2014年

2月

16日

天神町道場稽古 膝に手を置いても直ぐその場で踏み込まない

  • 杖取りに隅落とし:受けは逆半身で杖を片手で取る・転換して杖巡りにて杖先は外巡り・前の足先を踏んで軸とし逆半身外入身にて直突き。
  • 片手取り隅落とし:外巡り転換・逆半身外入り身運動
  • 片手取り外巡り入り身投げ:外巡り転換・逆半身外入り身で半身を換えて一教運動・対側の魂氣を陽の陽で異名側の側頸に結び陽の陰に巡って陰の陰で残心
  • 二の太刀:下段受け流しと上段受け流し
  • 合氣体操
  • 後ろ両肩取り呼吸法表:肩に受けの手が当たり踏み替えて正面打ち・相半身であるから受けは対側の手で同名側の取りの肩を取るため逆半身に・取りは入り身転換反復にて陰の魄氣に・魂氣は額と膝の上下に結び、手を置いた膝の方はその場で前方回転の軸足として額の前の魂氣を陰の陰から陰の陽で側頸に結び・受けの縦に並ぶ両腕の間を前方回転(実際は半回転)、踏み替えて陽の陽で発する。……画像参照
  • 後ろ両肩取り呼吸法裏:肩に受けの手が当たり踏み替えて正面打ち・相半身であるから受けは対側の手で同名側の取りの肩を取るため逆半身に・取りは入り身転換反復にて陰の魄氣に・魂氣は額と膝の上下に結び、手を置いた膝の方は後ろに置き換えて軸とし、額の前の魂氣を陰の陰から陰の陽で側頸に結び・同側の足から踏み替えて後ろ回転・再度踏み替えて陽の陽で側頸から発する。
  • 坐技両手取り呼吸法四本
続きを読む 0 コメント

2014年

2月

12日

幸町道場稽古 転換は外して軸を作り前の足先を受けに詰める

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動表裏、入り身転換
  • 坐技片手取り呼吸法二本:①降氣の形から陽の陽、②外巡り脇を閉じて回内・陽の陽で横面打ちから陰の陽で巡り入身運動
  • 坐技片手取り外巡り入身運動・転換して膝上の陰の陽の魂氣に受けの手背を受けて包み二教
  • 片手取り外転換逆半身横面打ち入り身転換・受けの体軸に沿って切り下ろし地に結んで呼吸投げ
  • 相対基本動作片手取り入り身転換
  • 片手取り取らさず転換(外して詰める)呼吸法表:下段に与えて受けの魂氣の微動に転換と同時に一気で昇氣・側頸に陰の陽で結ぶ。前方の足先をそのまま踏み込んで軸とし、後方の足を一歩入り身と共に魂氣を陽の陽で側頸から発する。撓側が受けの同名側の前/外側頸三角に密着しながら母指先の反りの方向へ上肢が巡り体側に結んで残心。魂氣は受けの側頸から体軸を降りて底に響き、受けの魄氣は取りの体軸に沿って螺旋に落ちる。

 *転換で前方に置いた足先は、踏み込んで軸とする際、上体の入り身運動で受けに漆膠の身を取れる間合いでなければ、そのまま踏み込めないから受けの足下に寄せる。前の足先を受けに詰める。

  • 後ろ肩取り入身転換反復:受けの魂氣が肩に当たると対側の足先から踏み替えて入り身転換と共に陽の陽で上段に与え・受けは同名側の手を陽の陰にして抑えるから・取りは連続して踏み替えて元の目付に戻り・魂氣は陽の陰で丹田に巡って結ぶ。……画像参照
  • 後ろ両肩取り入身転換呼吸法:受けの魂氣が肩に当たると対側の足先から踏み替えて入り身転換と共に陽の陽で上段に与えるが、そこに受けは居ない(相半身)。目付を戻し連続して入り身転換と共に魂氣は陰の陰で取りの額に巡る(受けの抑えが無いから)。両肩取りとして対側の肩にも受けの同名側の魂氣が後ろから当たり、同側の足先は陰の魄氣の前方の足先であるから踏み込んで膝に手を置くと前方回転の軸足となり、魂氣は額と膝の天地に結び両肩は上下に並びそれに連なる受けの両腕も縦に並ぶ。額の魂氣を陰の陽で側頸に結びながら前方回転(目付は半回転で入り身転換近似)再度踏み替えると陽の陽で受けの側頸に結び呼吸法。……画像参照
続きを読む 0 コメント

2014年

2月

09日

天神町道場稽古 後手で外して構えた瞬間に当たりがある

  • 剣素振り:単独基本動作入り身(正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し)入り身転換・連続、回転前後
  • 三の太刀
  • 組み太刀・下段受け流し:自然体で右手に剣を持ち・受けの右半身突きに半歩退いて右半身で真中をとる・受けは取りの内から当てて外に払い剣線を取り返そうとする(後手で外して構えた瞬間に当たりがある)。つまり、取りは真中を取っても突こうとせずに下段受け流し(脇を落として陰の陽として降氣の形で剣を下ろす・前の足先を受けの真中に向けたまま踵で剣線を外して踏み込み軸とする・軸足と剣の方向の一致・左半身で入り身と同時に魂氣を陰の陽から陽の陰に発すると左半身突き)。軸足を作る時足先を進めない。進めることはできない。2月2日の稽古のタイトル“その場で踏み替えて軸足とする”
  • 組み太刀・上段受け流し:受けの当たりに陰の陽で降氣の形から額に結び軸足を作る・左半身で入り身と共に陽の陰に返して正面打ち

 *徒手では陰の陽で下段に与える魄氣(足腰)の陰は前方の足先を、交差のときの受け流しの軸足を作る(降氣の形から相半身外転換か逆半身入身)、交差のときの相半身外入り身へ進める、片手取りでは外巡り転換へ外へ置き換え、外入り身転換へ半歩進める、後ろ回転の軸足とするなど、その場で方向を置き換えるか、様々に進めて軸とする。……画像参照

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 坐技両手取り呼吸法二本:両手で氣の巡り①一方は降氣の形から回外・陽の陰②一方は外巡り脇を閉じて回内・陰の陽から陽の陽で横面打ち入り身運動
  • 坐技諸手取り降氣の形から・側頸に結んで呼吸法/陽の陽で差し出し陽の陰に巡って二教

 *与えた腕は降氣の形で入り身運動・受けの諸手は縦に並ぶ。

  • 片手取り外転換呼吸法/入身転換呼吸法
  • 諸手取り外転換呼吸法/諸手取り外転換呼吸投げかかり稽古:外転換抜きに魂氣を降氣の形に巡ることは出来ない。受けを引き寄せることになるからだ。脇肘を閉じながら屈筋に力を入れて仕事量を上肢で作ろうとすれば、観念がどうであれ、明らかに力技である。
  • 弐級審査:与える魂氣の陰陽、目付、単独呼吸法による上肢の動作など。初めが肝心。指先と足先の方向、軸足と腰にある同側の魂氣の陰、それらの巡りが呼吸法両手で氣の巡りに則って行われるのが相対基本動作であり、技に繋がる。正面打ちや交差取りでの三教の包み方はそれぞれに緻密な基本を守ることが必要。日常のいろいろな物が気持ちを込めて包装されていることと比べても、無駄の無い手順で密着して、隙なく覆われて差し出される価値を味わうべし。基本技はまとまりがあり残心も目付も中学生としては優秀であった。

 *合気道は、受けに対して緊張と魄力で魂氣を与えて行くよりも、むしろ単独基本動作に帰するところの自己の確立、禊に終わる動作であると云える。したがって、陰陽の巡りや送り足から残心に終わる自然体に、特有の潔さが生まれるのである。それが殺気やその威嚇とは明らかに異なる活気を体現していることが、動作を見る人にも伝わるはずである。

  • 坐技両手取り外巡り二教/内巡り(降氣の形から陽の陽)陽の陰に巡って陰の陰で四教
続きを読む 0 コメント

2014年

2月

05日

幸町道場稽古 表は入り身か転換

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入身転換・踏み替えて反復、回転前後、 一教運動表裏
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて陰陽の巡りから結んで正面当て
  • 相対基本動作:上段に与えて陰陽の巡りから結び
  • 正面打ち入り身投げ上段に与えて陰陽の巡りから結ぶと同側の足先を踏んで軸足とし・逆半身外入り身・送り足の先を受けの後方の足に向け相半身外入り身として、与えて結んだ魂氣を陽の陽で受けの側頸に昇氣・陽の陰で巡って丹田に結ぶ。受けは取りの後方の足の後ろに落ちる。
  • 片手取り四方投げ裏:四方投げの持ち方で手背を自らの額に結んだ時後ろ回転の軸足を作っている。

 *額に結ぶ手背は受けの魂氣を四方投げの持ち方で取っているから、受けとは取りの体軸で結んでいる。そこで初めて後ろ回転の軸足が確立できる。その後で置き換え・踏み替えが可能となる。魂氣と魄氣の結び無くして後ろ回転は動作できない。後ろ回転の軸足は入り身転換の陰の魄氣に通じる。

  • 片手取り転換鏡返し:与えた魂氣を転換と同時に陽の陽で差し上げて結ぶ。
  • 片手取り転換取らさず小手返し:与えた魂氣を転換と同時に陽の陽で差し上げて取らさず振り降りた手で小手返し。
  • 突きに転換・横面打ちから丹田に結んで一気に昇氣で呼吸法:横面打ちから振り降りて受けの手に当たれば小手返し、当たらず丹田に巡れば一気に昇氣。目付けを剣線の方向に向けて側頸を開かないと昇氣から結べない。
  • 坐技両手取り呼吸法:道歌=右手をば陽にあらわし 左手は陰に返して相手導け

 *右手を降氣の形から陽ので母指先の反りの方向へ 左手は降氣の形から回外して陽ので受けの真中から母指先方向へ

  • 坐技諸手取り二教二本:降氣の形で陽の陽から陽の陰に巡って二教/降氣で丹田に巡って更に外巡り・脇を閉じて横面打ちから陰の陽に巡って二教

 *諸手を縦に並べて上にある前腕へ二教の固め。相対動作での二教や三教の固めは単独動作の延長である。痛みを感じる直前に合図をし、解かれた瞬間の快刺激を蓄積するうちに筋肉も循環も健康を増進できる。

 *受けの合図を無視し喜々として一層固めを強めるのは合氣ではなく狂氣である。開祖が稽古人の節々を破壊する様教えている個所は『合氣神髄』に見当たらない。直弟子の師範が二教の固めを解く際の快刺激は絶妙で、未だそれを越える体感を経験していない。

 *有効か有害かは紙一重であるとともに、氣を与える取りの心も様々な状況においては紙一重であるから、受けに対する気持ち以前に自己を見つめることが肝要である。

 

0 コメント

2014年

2月

02日

天神町道場稽古 その場で踏み替えて軸足とする

  • 剣素振り:入り身運動(正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)
  • 組み太刀(松竹梅):正面打ち入り身運動、上段受け流し、下段受け流し
  • 三の太刀
  • 四の太刀
  • 抜刀・回転前/後正面打ち
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作:片手取り外巡り一教運動表の魄氣で相半身外入り身
  • 片手取り二教裏:外巡り逆半身外入り身で対側の振り込み突きを払わせ一教運動表の魄氣で相半身外入り身・脇を閉じて回内し払わせた手で二教に取り後ろ回転で地に結び二教固め。

 *魄氣の違いで以下の動作と比較:外巡り外転換で対側の振り込み突きを取りの正面振りかぶりとして・取らせた手の脇を閉じて回内・陽の陽で横面打ち入り身運動・振りかぶった魂氣で二教に。外転換・逆半身外入り身(外して詰める)。上記の当日稽古の技は、外巡り逆半身外入り身・送り足で相半身外入り身。ちなみに一教運動は相半身内入り身・送り足で逆半身内入り身。この三通りの魄氣の展開を動作で区別する。

 *魄氣三要素は元来単純であるが、受けとの位置関係を生じる相対動作では言葉での表現がどうしても複雑にならざるをえない。

  • 相対基本動作交差取り外入り身転換:下段に与えると受けが交差で取ろうとする・目付を受けの外に逸らせ前の足先を同時に同方向(取りにとっては内股)に向けて軸として。取らせた手は陰の陽のまま腰を転換して腰から結び・対側の魂氣は腰から陽の陽で差し出す。
  • 交差取り外入り身転換小手返し:交差取り外入り身転換で腰にある対側の陰の陽の魂氣は、腰に結んだ受けの手首と母指球を矢筈で上から取り・置き換え・踏み替えて(後ろ回転で)取らせた手を陽の陰で発すると同時に・受けの手首を取った魂氣は相対的に腰を廻って丹田に巡ると小手返しとなり・受けに向き直っているから対側の陽の陰の魂氣は受けの体軸に沿って巡ると、返った受けの手背を包み丹田に結ぶ。
  • 両手取り天地投げ
  • 正面打ち入り身投げ表

 *裏は魄氣を入り身転換・置き換え踏み替えの後ろ回転・相半身外入り身(演武のみ)

  • 横面打ち四方投げ表:後手で異名側の魂氣を降氣の形で額に結び陰の陽で払うと対側の振り込み突きで相半身内入り身・受けに払わせて受けの手首の下から四方投げの持ち方で額に振りかぶり・前方回転の軸足を同側の足で作り(これだけで90度の回転)回転と同時に正面打ち近似で受けの項に結ぶ。魄氣は相半身外入り身で前の足先は受けの後方の足に向く。……画像参照

 *前方回転の軸足はその場で作る。わずかでも置き換えて軸足に踏み込むと、無駄な動作が一つ増えることと、軸のぶれが起こること、それによって受けとの魄氣の結びに隙ができ、回転の終末で受けに対して相半身外入り身の体勢が取れず、前の足先が正確に受けの軸足を捕らえることができない、など多くの不具合が生じ、当然技の成立は覚束ない。

 *1月の稽古同様、様々な技に共通する魄氣の相対動作の形と、それぞれの技において異なる点(間合い)の体得。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です