2013年

8月

28日

幸町道場稽古 狭義の陰陽の巡りで取り返す

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、回転前後、一教運動表裏
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り/片手で上段に与えて陽の陽から陽の陰に巡って正面当て
  • 正面打ち入り身投げ表:片手で上段に与えて受けの手刀に陽の陽で結び・逆半身外入身運動で相対的に陰の陰に巡って母指先を受けの異名側の頸部に接して陽の陰に開き母指先の反りの方向に受けの背に沿って陰の陰で取りの丹田に結ぶ。

 *この時逆半身外入身運動が返し突き近似で対側の手を陽の陰で巡らせるなら受けの項で陰の陽に巡って側頸に結び、与えた魂氣の撓側をそれに重ねてまず互いの魂氣が受けの側頸で結び、受けの底に響く。

  • 坐技下段に与えて降氣の形から陽の陽
  • 坐技両手取り昇氣で呼吸法
  • 相対基本動作:下段に与えて取らさず丹田に巡って入り身転換、外巡り入身運動、昇氣入身運動
  • 下段に与えて取らさず昇氣で入り身転換・陽の陽で呼吸法
  • 片手取り外巡り取り返して四教

 *外巡りで陽の陰なら母指が受けの手首を越えて巡れば二教、矢筈で陰の陽に巡れば手首を取って対側の手掌で受けの手背を覆って二教。脇を落として回内で横面打ち外入身、脇を落として母指を手首の上に掛けて回内し狭義の陰・広義の陽へと回外すれば四教

  • 後ろ取り三教表:天の手首を地に降ろして三教に取る
  • 後ろ取り四方投げ表:地の手を狭義の陽で受けの手首の下に手掌を開き四方投げの持ち方で母指先を陽で差し出す

 *合氣体操・四方投げの持ち方で広義の陰は二教に、広義の陽は四教、あるいは四方投げの振りかぶりへ

 *両手取り天地に分けて四教・腰投げ、演武のみ。

 

0 コメント

2013年

8月

25日

天神町道場稽古 基本動作と残心が身に付けば初段

  • 禊:天地の結び、鳥舟、振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、転換運動
  • 合氣体操
  • 単独基本動作剣素振り:入り身運動、入り身転換、上段受け流し、下段受け流し
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り・陽の陰に巡って正面当て
  • 坐技正面打ち入り身投げ:上段に与えて両手で氣の巡り・対側の手は陰の陽で項に当て側頸に結び、陽の陰に巡った魂氣は受けの中心を外して異名側の頸に当て、受けの底に響かせて陰の陰で取りの丹田に結び残心
  • 正面打ち入り身転換入身投げ:一教運動裏で入り身転換、矢筈で受けの項に当てて、それを掴まず陰の陽で側頸に結ぶと取り自身の側頸にも結ぶ。前の足先から踏み替えて入り身転換の反復、陽の陽から陽の陰に巡った魂氣は受けの顔面中心を外して異名側の頸に当て、受けの底に響かせて陰の陰で取りの丹田に結び残心
  •  片手取り外入身転換/交差取り外入身転換
  • 諸手取り外転換降氣の形から回外・地に結んで呼吸投げ
  • 中段に与えて諸手取り内転換降氣の形から陽の陽で両手の氣の巡り・一教表
  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形から右手が母指先方向へ陽なら左手は回外・陽の陰で受けの真中へ

 *初段審査の演武は見応えがありましたね。初段を目指す方は手本としていただき体得に励んでください。考えずに基本動作と残心が表現できるのは、言葉と思いと動作の三位一体が切れ目無く連なる稽古の延長上にあります。この原則は合氣道に限りません。

0 コメント

2013年

8月

21日

幸町道場稽古 四方・入身・天地投げの魄氣の共通点

  • 合氣体操
  • 禊:天地の結び、鳥舟、振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、回転前後、一教運動表裏
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法(降氣の形から陽の陽/回外して陽の陰、外巡り・肘を落とし脇を閉めて回内し陽の陽で横面打ち入り身・陰の陽に巡って入身運動。
  • 坐技片手取り外巡り横面打ち入身運動にて対側の手で膝上に受けの手背を受けて・入身運動で陰の陽に巡った手を外巡りで受けから外し四方投げの持ち方近似で受けの手首を絞ると二教。
  • 片手取り外転換外巡り二教の手で取りの側頸に結び対側の手で二教に取り・側頸から更に外巡りで陽の陰として受けの手を外し受けの手首を四方投げの持ち方で脇を開けたまま取りの手首を伸展すると両手で受けの手首を絞ることになり二教裏の成立。

 *単独呼吸法坐技入り身運動と合氣体操の“四方投げの持ち方で四教”の基本動作の連なり。

  • 片手取り二教の手で四方投げ表:外転換・降氣の形で回外しつつ脇を開けると二教の手(肩の高さに)対側の手で四方投げの持ち方で額に結ぶ振りかぶりで前方回転・正面打ち近似で受けの手首を取った腕を伸展して受けの項に結ぶ。同側の足先は陽の魄氣で受けの両足の間(体軸の中心)に向く・送り足して魂氣は陰の陽で丹田に結ぶと受けは取りの後方の足の後ろに螺旋で落ちる、残心である。
  • 交差取り外巡り入り身投げ:取らさず片手取り呼吸法外巡り近似で逆半身外入身・魂氣は陽の陽で受けの異名側胸部から側頸に当たり陽の陰・陰の陰に巡って受けの背に沿い母指先の反りの方向へ取りの丹田に結ぶと入り身投げ。

 *陽の陽で異名側胸部から側頸に当たるところは魂氣も魄氣も天地投げに一致

  • 交差取り下段受け流し入り身投げ:取らさず下段受け流し・対側の足を一歩進めて逆半身外入身・受けの異名側頸部に取りの魂氣を母指先から陽の陰・陰の陰で巡り受けの背に沿わせて母指先の反りの方向へ取りの丹田に結ぶと入り身投げ。

 *交差取り入身投げは画像「相対基本動作3」参照。

  • 正面打ち/突きに相半身/逆半身で横面打ち入り身運動:受けの真中の側頭部へ横面打ち/取りの額に振りかぶって丹田へ巡る天地の結び/受けの項に巡って陰の陽で同名側頸部に結ぶ入身転換(画像参照)。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

18日

天神町道場稽古 体の変更で魂氣を丹田に

  • 禊:天地の結び、鳥船(陰の陽、陰の陰、陽の陰)、振魂、天地の結び、氣の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し・入身)
  • 単独基本動作:入り身転換反復、回転前後、一教運動表裏
  • 相対基本動作正面打ち一教表:上段に与えて両手で氣の巡りに相半身内入り身・逆半身内入り身。受けの脇を異名側の足腰で埋める。魂氣は一側を陰の陽で丹田に(鳥舟の陰)他側を陽の陽から陰の陰に巡って受けの手首の屈側を把持する(両手で氣の巡りのまま)。

 *丹田に結ぶべき魂氣を陰の陰で上から上腕を押さえ、手首を陰の陽で下から受けると、魂氣は陰陽が逆となって、単独呼吸法両手で氣の巡りが成り立たない。

 *相半身内入り身の送り足は前方の軸の内側に寄せてから足先を受けの後方の足と腕・体軸に向けて逆半身内入り身。

  • 坐技正面打ち一教裏
  • 相対基本動作後ろ肩取り氣結び:入身転換反復で正面打から陰の陰で丹田に結び前方の足を後ろに置き換えて同側の魂氣は腰に結んだまま=体の変更。置き換えに合わせて腰の魂氣を陽で発すると振込突き。受けに払わせ肩の手を二教で取る。

 *片手取り体の変更は、取らせた手を丹田から陽の陽で差し出し受けは前方に放たれる。丹田の結びを解かずに体の変更は外巡りで逆半身外入身に続き相半身外入身で隅落とし裏。

  • 後ろ肩取り二教:氣結びから更に後方に置き換えて同側の魂氣を外巡りで陽の陰に発して肩にある受けの手を陰の陽で把持し・中心の魂氣で肩の手を二教に取る
  • 横面打ち後手四方投げ:横面打ちに対側の手を陰の陰で額に結んで相半身振込突き・受けに払わせる。一方の魂氣を額から陰の陽で降ろし同側の足を後方に置き換えると受けの横面打ちは取りの丹田に結びその手首を払わせた手で四方投げの持ち方にて下面から把持し相半身内入り身で振りかぶる・前方回転(または入り身転換)で四方投げ:振りかぶって回転で正面打ち近似・対側の手は腰に陰の陽で結ぶ・送り足で丹田に結び残心
  • 片手取り入身転換呼吸法:反復入身転換は単独動作で陰の魄氣の前の足から内股に踏み替え軸として後ろの足を新たな前方の足として足先だけを同側の陽の陽の母指に合わせる。相対動作では魂氣を受けの同名側の頸部に響かせる動作が核心であり、そのためにも魄氣の入身転換が確実であるべきだ。

 *魂氣が受けの上体と頸部を前に緊縮して力むと、自身の側頸にも結べず、踏み替えが軸足だけに留まり腰が十分回らない。それで魂氣が一層力んで当たるため受けの側頸から体軸に響かないという悪循環で残心に至らない。前方で母指と母趾が揃わない。

  • 交差取り入身転換呼吸法:受けに交差で与えた魂氣を外入身転換で腰の後ろに結んだまま対側の足先を後ろに置き換えてから反復入身転換の際、足先から内股に踏み替え魂氣の結びを腰で解かずに転換させる。

  *受けに与えた魂氣が陽の陽で体側に結んで残心となる場合(片手取り)と、陰の陽で腰に結んだまま軸となる場合(交差取り)を体得する。

  *片手取り入身転換・置き換え・反復入身転換では取らせた魂氣は丹田に結んでそれを解かずに転換する。

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

11日

天神町道場稽古 腰にも丹田にも結ぶから入り身転換

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、剣素振りの送り足から魄氣の陰と魂氣の巡りを残心とする。

*徒手では送り足で魂氣を巡って丹田に結んで残心

  • 単独基本動作:一教運動表裏、入り身転換・反復、回転前後
  • 相対基本動作:片手取り入身転換、交差取り相半身外入身転換

 *片手取りでは丹田に結んで、交差取りでは腰に結んで外入り身転換

  • 交差取り呼吸法:腰の結びは受けと繋ぎ、残心では自身の軸となる足腰を繋ぐ
  • 交差取り外転換一教表/裏:表は降氣の形の秋猴の身で転換してから陽の陽で結ぶ。裏は返し突き近似で軸足を受けの前の足先外側に置いて入り身転換・受けの脇は異名側の取りの足腰が陰の魄氣をなして嵌り・取らせた対側の手は受けの上腕を陰の陽の魂氣で丹田に結ぶ。置き換え踏み替えでも丹田の結びを保持して座る。

 *タイトルの画像に示す。末尾の画像は表のみ。裏は近日中に作成。

 *置き換えにより前となった足を内股に踏み替えてそれを軸として腰を載せ、魂氣の結びを保持し、転換してから対側の足も必ずその場で踏み替える。“片手取り入身転換から置き換えて反復入身転換は一回転”、これも丹田での結びを保持することが肝要。

  • 交差取り下段受け流し入り身投げ:同名側の肩を取れば返し突き近似で入り身転換・体の変更で両肩取り後ろ落とし。
  • 胸取り外転換横面打ち二教表:受けの上腕と脇と側頭を結んで異名側の陽の陽の魂氣を与えて対側の手を小指球側から二教に取る
  • 胸取り内転換四方投げ
  • 突き外転換小手返し:振り降りた陰の陽の魂氣に受けの手があれば丹田に結ぶと母指球側から把持できる・置き換え踏み替えで小手返し。対側の手を手背にかぶせる陰の魄氣で残心。

 以下画像参照。「交差取り陽の陽から降氣の形」について今回は稽古できなかったが、交差取り転換の二本目として常に思い起こすこと。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

07日

幸町道場稽古 転換・回転の軸は目付で正す

  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)
  • 単独基本動作:一教運動表裏、入り身転換(陰の魂氣を腰/丹田で反復)、前方回転/後方回転
  • 相対基本動作坐技上段に与えて正面当て:魂氣を上段に与えようとする・受けの手刀に当たり陽の陽で結び陽の陰に巡ると受けの面前に取りの手掌が開く
  • 相対基本動作坐技:両手で氣の巡り
  • 相対基本動作一教運動表:陰の魄氣で陰の陽の魂氣を上段に与えようとする・受けの手刀に当たり前方の足先を相半身内入り身で進めて・魂氣は接点の受け寄りに陽の陽で結び・対側は陽の陰の矢筈で上腕に当て陰の陽で丹田に巡る。送り足の踵は軸足の内側に接し・足先を受けの後方の足下に向ける。
  • 正面打ち一教表:陰の魄氣で陰の陽の魂氣を上段に与えようとする・受けの手刀に当たり前方の足先を相半身内入り身で進めて・魂氣は接点の受け寄りに陽の陽で結び・対側は陽の陰の矢筈で上腕に当て陰の陽で丹田に巡る。送り足の踵は軸足の内側に接し・足先を受けの後方の足下に向けてさらに逆半身内入り身で受けの脇に取りの異名側の腰が嵌り・受けの軸足腰は落ちて同側の手は地に着く。
  • 正面打ち一教裏:受けの手刀の振りかぶりに合わせて取りは陰の陰で額に結び同側の足先で剣線を外し・足先を受けの中心に向けて軸として逆半身入身で対側の魂氣を陽の陰の矢筈で受けの上腕に当て陰の陽に巡る。取りの目付は外転換に準じ額の魂氣は相対的に陽の陽となって受けの手刀に結ぶ(ここまでは一教運動裏)。入身運動で進めた足を軸として入り身転換と共に受けの上腕に当てた魂氣を陰の陽で取りの丹田に結ぶと、同側の腰は受けの脇の間に嵌る。対側の手を陽の陰から陰の陰に巡って受けの手首を上から把持する。鳥船の陰の魄氣に近似。前の足先を後ろに置き換え踏み替えて軸足の膝を地に落とすと受けは取りの丹田と腰に密着して螺旋で俯せになって落ちる。
  • 正面打ち入り身投げ裏:正面打ち一教運動裏で入り身転換すると受けの手刀は上段受け流しで受けの丹田の前に降り、取りの陽の陰の魂氣は受けの同名側の頸部に当たり陰の陽に巡っており・そのまま結び取りの異名側の頸に巡る。対側の魂氣は陽の陽から陽の陰に巡り、足腰の踏み替えで魂氣の撓側と受けの側頸上の手背を接して丹田に巡り残心。

 *受けが取りの体軸に沿って螺旋で落ちる・側頚部の魂氣はそれに合わせて取りの腰に陰の陽で残心。丹田上の魂氣は入り身運動陰の陰に一致。

  • 胸取り二教:振込突きで相半身内入り身・取らせた襟の同側の手を降氣の形で受けの手首を下から受ける様に取る。受けに払われた突きの魂氣を陰の陰で(襟を取っている)受けの手背に被せ(四方投げの持ち方近似)・内転換で相半身とし、陰の魄氣の前の足を後ろに置き換え目付を反転して踏み替えると取らせた胸は180度回転して受けは背を見せる。このとき既に降氣の形から脇を開いて陰の陽に巡り(鳥船のホー)、対側の指を揃えて受けの小指球側から挿入して陰の陽に巡らし四方投げの持ち方近似で胸の反転を伴うとその脇は閉まる。

 *両手の脇の開閉は後ろ回転(置き換え踏み替え)で左右逆になる。既に画像を示している胸取り二教は外転換で後ろ回転。

  • 正面打ち三教表/裏:受けの手刀の揃った指を陰の陽で把持し、対側の手は陰の陽で受けの手首を背側から持ち・回外して受けの真中に差し出すと三教。

 *坐技の三教の画像を参考に。他は「相対基本動作」の画像を参照。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

04日

天神町道場稽古 下段と上段の結びの違い

  • 単独呼吸法
  • 合氣体操
  • 単独基本動作剣:四方切りで入り身・転換
  • 相対基本動作剣:正面打ちに上段受け流し、突きに下段受け流し
  • 単独基本動作:回転前後、一教運動表裏
  • 相対基本動作:下段に与えて片手取り入り身転換、取らさず入身転換

 *手首の接点では結べない・取りが受けに取らせた手を丹田で魄氣と結ぶ。魂氣は陰の陽のままでまだ与えていない。

  • 片手取り転換・昇氣呼吸法/入身転換・昇氣呼吸法:取らす取らさずに関わらず転換/入り身転換を
  • 相対基本動作:上段に与えて正面打ち氣結び表、正面打ちに一教運動裏

 *表:陰の陽で上段に与えて・受けが真中を守った手刀の手首に当たると陽の陽に開き内に入って結ぶ。受けの目付が正面に固定していると陽の陽の全指と共に魂氣の玉が受けの目をつぶしてしまう。受けの中心は手刀の内側に入る。開いた掌は目に入らない。

 *裏:手刀の振りかぶりに取りは陰の陰で自身の額に結び・目付は剣線を外すと手刀との接点が取りの手首より近位に移り肘の方向に流れる。入り身転換(一教運動裏)で取りの魂氣は陽の陽に開き受けの手刀と面の間に入って結ぶ。取りの目付が正面(剣線上)に固定していると受けの手刀は取りの手背を打ち砕く。

  • 相対基本動作:正面打ちに横面打ち入り身転換、正面打ちに突きを後ろに巡って対側を横面打ち入り身転換、突きに横面打ち入り身転換
  • 正面打ち入り身投げ表裏:懸かり(先手=表)、対(後手=裏)、対々(相打ち=横面打ち/突きを後ろに巡り対側を横面打ちの入り身転換)
  • 相対基本動作:突きに下段受け流し、突きに横面打ち入り身転換
  • 突きに転換小手返し、突きに横面打ち入り身転換小手返し
  • 片手取り外巡り直突き・払わせて相半身外入身転換回転投げ:払わせた突きの魂氣は入り身転換のとき陰の陽で腰に結び・前の足の置き換えと共に天の魂氣を地に降ろすと同時に腰の魂氣を振りかぶり・降りると共に受けの側頸に当てて丹田へ結ぶ(横面打ち入り身運動近似)・取らせている手は陽の陰で矢筈に開いて下から受けの手首を把持して天に伸ばし後ろの足を前に置き直して天の魂氣を前方に放つ
  • 後ろ取り呼吸法:後ろ取り氣結び(天地の結び)の陰の魄氣で前方の足を後ろに置き換え踏み替えで入り身転換と同時に額の魂氣を側頸へ陰の陽で結び・再度踏み替えて陽の陽

 *置き換えの時こそ丹田の結びを解かない

  • 坐技両手取り外巡りから二教:両手を陰の陽で下段に与えて外巡り・陽の陰で母指先を受けの前腕の上面から内側に沿わせて進め・取りの丹田に向けてから陰の陽に巡って小指から丹田に結ぼうとする

 *今回は密度が濃かったですね。画像を参考に。

 

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です