*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      天の浮橋に立つのタイトルに 1. 「うっちゃり」(打っ棄り)と合気道の返し技は〝正勝吾勝〟2024/4/4                      2. 合気道における上肢の運動表現 2024/4/10 「令和6年のおしらせ」に4月の稽古予定                           稽古の記録 2010/8/15〜2024/4/10

2024年

4月

10日

水曜稽古の記録 魂の比礼振り、形のない学び

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り表/裏
  • 合気体操
  • 単独基本動作:一重身で①二教の手②振り込み突き③横面打ち、下段受け流し(相半身外転換想定)、中段受け流し(相半身外入り身想定)、上段受け流し(一教運動裏)、一教運動表、手刀で一教運動、入り身転換・体の変更、三面に開き体の変更、前方半回転連続、前方一回転、後方回転
  • 坐技相対基本動作片手取り呼吸法:鳥船ホーで魂氣の珠を包んで与え陽の陰で取らせて①陰の陽に巡ると受けの手が緊張伸展するから母指先の反りに合わせて陽の陽で空間に発する。受けが緊張伸展するから技が生まれる②陽の陽で開くと受けの手が陽でも陰でもないなら取りは陽の陰に巡って受けの真中へ発する。受けが弛緩なら取りが緊張伸展して技が生まれる。
  • 立ち技相対基本動作片手取り呼吸法:鳥船ホーで魂氣の珠を包んで与え陽の陽で取らせて外に巡って二教の手で取りの上丹田に結ぶと受けの開いた腋に異名側の背を着け取りの陽の陽の手を受けの真中に発して呼吸法表

 『合気神髄』より

p50〝合気道には形はありません〟〝禊に基づいてやるのです〟

p51〝形のない世界で和合しなければだめです〟〝形を出してからではおそいのです〟

p17〝合気道は形はない。形はなく、すべて魂の学びである〟

p1516〝合気道は相手が向かわない前に、こちらでその心を自己の自由にする自己の中に吸収してしまう〟〝世界を一目に見るのである。今日ではまだ殆んどの人が出来てないようだ。私も出来ていない〟

  •  胸取りに腋を閉じて外転換と同時に異名側の手掌を開いて受けの上腕下端に当てて受けの前方に押し出し、対側の手で受けの肘とともに同側の頬を払う、入り身投げ表
  • 肩取りに受けの伸びた腕を異名側の手で下から上に跳ね上げ対側の手で受けの側胸を突き、その手を受けの上腕の下から陽で気結びして抑えると、跳ね上げた手で受けの項を包み入り身投げ(落し)表
  • 肩取りに受けの伸びた腕を異名側の手で下から上に跳ね上げ手首を取り、外に開いて対側の手で受けの小指球側から三教に取り八双の構近似で後方へ導き、仰臥位に落とすと三教の手と同側の足先を受けの同名側の肩の下に差し入れ対側を受けの耳の下に置き、両下肢で受けの腕を固定して固め
  • 肩取り面打ちに入り身転換・体の変更で肩に置いた受けの腋を相半身外入り身・前方半回転で膝を着くと呼吸投げ

2024年

4月

08日

合気道でのいわゆる脱力とは

開祖植芝盛平の語録『合気神髄』に、「脱力」という言葉は見つからない。

 

 ところで、〝正勝吾勝〟と〝勝速日〟の間には〝空の気を解脱して真空の気に結ぶ〟という動作があるものと読み解ける。

 すなわち、体軸側の手は軸足交代によって〝魂の比礼振りが起こる〟ということになる。つまり体軸から解かれて〝神変なる身の軽さを得る〟〝これは自然の法則である〟と説明している。また、〝心の持ちようが問題となってきます〟と、付け加えている。

 

そして〝勝速日の基、左右一つに業の実を生み出します〟と。

これは、はじめの軸足・魄気との結びが解かれた〝魂の気で、自己の身体を自在に使わなければならない〟。対側の手と結んで移動した体軸を成すところの〝魄が下になり、(比礼振りの起こった)魂が上、表になる〟

〝合気道がこの世に立派な魂の花を咲かせ、魂の実を結ぶのである〟

 

〝吾勝〟が右と左で体軸を交代させる間に〝正勝〟も左右交代して魂氣が自由になる瞬間を〝比礼振りが起こる〟と表現し、この〝身の軽さ〟で〝真空の気(空気)に結べば技が出ます〟ということだ。そこで、相手の芯を通り抜けた魂氣つまり手が開祖自身に巡った〝勝速日〟の姿を目の当たりにした人は、「脱力」と受け止めたのであろう。                 

                        *括弧内は筆者注記

気の置きどころのタイトル中、15. 合気道の「脱力」とは 2024/3/26より。

2024年

4月

03日

水曜稽古の記録 魂の比礼振りが対側の非軸足と同期する入り身投げ表

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り表/裏
  • 合気体操
  • 相対基本動作:①突きに逆半身直突きで入り身一足、②突きに相半身横切りで軸を作って外巡りで払うと同時に内転換(受けの外へ)

 *内転換は取りの腹側に非軸足を置き換える、外転換は背側に非軸足を置き換える相半身の時は前者が受けに対して外転換、後者は内転換となる。相対動作の時は受けに対する内外で表現し、単独動作においては自身の腹/背側を内/外と表すのが合理的か?

  • 相対基本動作③横面打ちに相半身振り込み突きで入り身から内転換と同時に外巡りで受けの手刀を抑え、矢筈で手首を手背側から掴み陽の陽で差し出し、受けを取りの腹側へ導き、入り身にて対側の手で受けの項から同名側の頸部を包み、内転換で入り身落とし
  • 諸手取り/片手取りを陽の陰で取らせて陽の陽に返し、同名側の手を突き出して受けの手首を取り、対側の手を外して鏡返し
  • 陽の陽の手を上から抑えようと交差取りに二教の手で外へ内転換で外し対側の手で手首を取って取りの手首で小手返し
  • 交差取りに外巡りで逆半身に開いて対側の手で直突きから受けの異名側の手首を取って相半身に開いて小手返し
  • 片手取りを取らさず外転換・外巡りで払って矢筈で取り返し陽の陽で掲げると受けを腹側に導き、体側の手で同名側の肩を引きつけ体の変更で入り身落とし
  • 交差取りを陽の陽で取らせて陽の陰に巡って矢筈で取り返し、後ろ転換で対側の手を受けの項に当てて包み・体の変更で入り身落とし
  • 正面打ちに陽の陽で相合わせて軸とし、逆半身返し突きの入り身で同名側の受けの頸を項側から包み、結んだ陽の陽の魂氣は一足の継ぎ足で受けの異名側襟に沿って前腕屈側を密着させて陰の陰で吾勝の体軸側とする。魂の比礼振りで受けの異名側頸部に響かせて勝速日、入り身投げ表の呼吸法。うっちゃりの機序。
  • 横面打ち四方投げに取りに結ばれた体軸を体の変更で対側に交代して四方投げに返す/四方投げへ後ろ転換の瞬間取りの後ろ襟が眼前に来てこれを受けが体側の手で引きつけ、手刀は取りの頭頂から顔面を拭うように下ろし入り身投げに返す。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です