*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      「天の浮橋」のタイトルに 1. 「うっちゃり」(打っ棄り)と合気道の返し技は〝正勝吾勝〟2024/4/4                     2. 合気道における上肢の運動表現 2024/4/10                     3. 合気道は争わない、表と裏で気結びする 2024/5/20 「令和6年のおしらせ」に6月の稽古予定                           稽古の記録 2010/8/15〜2024/5/26

合気道でのいわゆる脱力とは

開祖植芝盛平の語録『合気神髄』に、「脱力」という言葉は見つからない。

 

 ところで、〝正勝吾勝〟と〝勝速日〟の間には〝空の気を解脱して真空の気に結ぶ〟という動作があるものと読み解ける。

 すなわち、体軸側の手は軸足交代によって〝魂の比礼振りが起こる〟ということになる。つまり体軸から解かれて〝神変なる身の軽さを得る〟〝これは自然の法則である〟と説明している。また、〝心の持ちようが問題となってきます〟と、付け加えている。

 

そして〝勝速日の基、左右一つに業の実を生み出します〟と。

これは、はじめの軸足・魄気との結びが解かれた〝魂の気で、自己の身体を自在に使わなければならない〟。対側の手と結んで移動した体軸を成すところの〝魄が下になり、(比礼振りの起こった)魂が上、表になる〟

〝合気道がこの世に立派な魂の花を咲かせ、魂の実を結ぶのである〟

 

〝吾勝〟が右と左で体軸を交代させる間に〝正勝〟も左右交代して魂氣が自由になる瞬間を〝比礼振りが起こる〟と表現し、この〝身の軽さ〟で〝真空の気(空気)に結べば技が出ます〟ということだ。そこで、相手の芯を通り抜けた魂氣つまり手が開祖自身に巡った〝勝速日〟の姿を目の当たりにした人は、「脱力」と受け止めたのであろう。                 

                        *括弧内は筆者注記

気の置きどころのタイトル中、15. 合気道の「脱力」とは 2024/3/26より。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です