*神氣館【 高槻市 天神町道場 】               Shinkikan aikido tenjinmachi-dojo (公財)合気会公認道場                                   Takatsuki-city Osaka JAPAN         大阪府合気道連盟加盟道場                                       開祖植芝盛平の言葉と思いを動作する basic techniques from words and thoughts of the Founder, Morihei Ueshiba        不動の軸足に陰の魂氣:〝吾勝〟  非軸足と魂の比礼振り:〝正勝〟        〝この左、右の気結びがはじめ成就すれば、後は自由自在に出来るようになる〟:軸足交代         二つはこんで一と足すすむ・入り身一足と、体軸に与る両手の巡り:〝左右一つに勝速日、業の実を生む〟        〝正勝吾勝〟で剣素振り   合気の剣は〝勝速日〟                      「天の浮橋」のタイトルに 3. 合気道は争わない、表と裏で気結びする 2024/5/20                     4. 種火 2024/7/4                     5. 合気道の指導法 2024/7/16                     「令和6年のおしらせ」に7月の稽古予定(再度変更有り)                  稽古の記録 2010/8/15〜2024/7/14

2024年

3月

31日

天神町道場稽古 三教と手の反屈単独動作を立ち技三教変法に

  • 剣素振りで松竹梅の剣、13の杖、18 の杖
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 合気体操
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法三法
  • 坐技交差取り一教表:陽の陰で与えた手を陰の陽で取らせ、陽の陽で非軸足膝を半歩前外方に進めて魂氣を陰の陽で体側の地に巡ると共に軸として着き、対側の膝を引き寄せて正座。
  • 坐技交差取り一教裏:陽の陰で与えた手を陰の陽で上丹田に結ぶと共に膝を軸足側に閉じて両足を軸としてから再度対側を軸とする。非軸足と、同側の上丹田に置いて今や魂の比礼振りとなった手を大きく後ろに開いて軸足交代すると共に対側は胡座(あぐら)をかき、与えた手が地に結ぶと胡座から正座に戻して固めへ。
  • 坐技正面打ち一教裏:陰の陽(小手返しの手)で上段に与えようとした魂氣は後手で受けの手刀を自身の上丹田で陰の陽のまま受けて結び、同側の膝は対側へ閉じて両足が体軸を作った瞬間に受けと結んだ手と同側の膝を軸として逆半身入り身で返し突きとし、受けの手刀を作る上腕は取りの異名側の陽の陰の手で制圧され、同時に軸足側へと交代し、受けの前腕は地を指して垂れたまま取りは陽の陽の手で制御しつつ手首を取る。非軸足側となって受けの手首を取った手と同側の膝を後ろに開いて体の変更で地に巡り、継ぎ足(膝)で正座にして固め。
  • 正面打ち同時打ちに逆半身正面打ちで入り身一足に合わせてはじめの手刀は受けの手刀に結んで下丹田に巡る
  •  立ち技正面打ち一教運動表:正勝吾勝で陰の陽の魂氣を真中に与えて受けの守りの手刀に陽の陽で結ぶと同時に対側で胴を突いて相半身入り身一足
  • 立ち技正面打ち一教裏:逆半身古典的一教運動で受けの手刀の上腕伸側へ陽の陰で腋を全開大させる振り込み突きで制圧、対側は手刀で取りの上丹田へ 陰の陽(小手返しの手)で上段に与えようとした魂氣は後手で受けの手刀を自身の上丹田で陰の陽のまま受けて結び、同側の非軸足の踵は剣線上を受けの外に外して軸足とし、体軸を作ると同時に逆半身返し突きで受けの手刀上腕外側面を矢筈で制する入り身転換とする。互いの体軸は結んで(漆膠の身で取りの上肢は畳まれて受けの上腕外側面・脇腹に密着して)一体としての体軸を作る。非軸足と、同側の手(受けの手刀の手首を把持している)は受けの前腕が垂れた地の方向へ体の変更で軸足交代し、手は後方へ伸ばして後ろ転換へと繋げばさらに受けの上腕は取りの体軸内を落ちる如く、密着したまま下丹田まで落ちる。正座で受けの手首は取りの体軸から遠位の地に結び固め 互いの体軸は結んで漆膠の身から取りの上肢は陽の陰で伸展して受けの上腕外側面を制圧した上で体軸を作る。非軸足と、同側の手(受けの手刀の手首を把持している)は受けの前腕が垂れた地の方向へ体の変更で軸足交代し、手は後方へ伸ばして後ろ転換へと繋げばさらに受けの上腕は取りの体軸外で落ち、取りの陽の陰の手は緊張伸展したまま下丹田に巡る。正座で受けの手首は取りの体軸から遠位の地に結び固め。
  • 片手を二教の手で取らせて逆半身入り身で陽の陽にて天を指すと陽の陰に巡り、母指先を閉じて地に向け(腋を開いて三教の上肢)体の変更と同時に矢筈で手首を取り返し、続けて体を開き小手返し(取りの下丹田に巡らす)
  • 片手取りを陽の陽で取らせて対側の直突きと同時に外転換で手首を取り返し 小指球を包む三教で後ろに落として受けを仰向けにしたまま持ちかえず両脚で受けの上肢を挟んで三点三教固め 受けの手指を束ねて取って反屈として肘で畳んで受けの側頸にその手掌を着け、手と胸で受けの上肢を三角に包む三教から対側の手で受けの顔面を払って後方に投げる

2024年

3月

27日

水曜稽古の記録 陰から陽、陽から陰、限界から限界まで

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り表/裏
  • 合気体操
  • 相対基本動作坐技:①片手取り呼吸法②両手取り呼吸法③交差取り二教の手(陰の陰)から小手返しの手に(陽の陽から陰の陽で地に巡る)一教運動表④両手取り呼吸法(両手に魂氣を包んで両母指先が地を指すところから吸気を始めながら、呼気で右手が陽なら左手は陰に取らせ、吸気で陽は陰に巡り、陰は陽に発して対側に巡る、両手で気の巡り。
  • 陽の陰で片手取りに入り身転換で三教の手近似として受けの前胸部に接し、軸足交代にて後ろ転換で前腕を陽に開いて受けの同名側の側頸に響かせる、呼吸法変法(昇気ではない)。
  • 坐技正面打ち一教表①先手:片手に魂氣の包む手を上段に与えて陽の陽に開き、受けは上丹田にて手刀を振りかぶって相半身で真中を守った姿勢。対側の手は同時に陽の陰で振り込み突きを上段に向けると受けの手刀の上腕伸側を制し、「両手で気の巡り」の基本動作で固めに②同時:受けの正面打ちに合わせて逆半身で異名側の手を陽の陰の振り込み突きで発し、受けの手刀の上腕伸側を制し、相半身で受けの手刀の手首を同名側の陽の陽の魂氣で結び、「両手で気の巡り」の基本動作で固めに③後手:片手に魂氣の包む手を上段に与えようと下丹田に置いたところで受けの正面打ちが動作され、腋を閉じた二教の手で上丹田を守って軸とし、逆半身で異名側の返し突きにて受けの手刀の上腕伸側を制すると同時に外で転換して受けの手刀の手首を取った手は下丹田に結び体軸とし、上腕への手は陽の陰で中段に突き出すと共に軸足側に交代すると受けの手刀前腕は垂直に垂れ、腋は直角に開く。そこで下丹田の手、同側の足先、目付を一致して後ろ回転で受けの前腕を地に下ろして、さらに地を履くように取りの後ろに送ると上腕の手は中段から下丹田に巡り、坐して地に結ぶと一教裏固め。
  • 正面打ちに①相半身入り身一足②逆半身入り身・一足で振り込み突き③内転換で異名側の手を陽の陽で受けの手刀に結び抑えると同時に取りの手刀は外巡りから正面当て
  • 正面打ちに四方投げ表
  • 横面打ちに相半身で開いて弓を引くように受けの手刀の前腕を制し、同名側の手は上段真中を正面当てから、開いた腋の下面で上腕に結んで軸足交代して逆半身返し突きで入り身転換・体の変更で入り身投げ裏。
  • 横面打ちに外転換から異名側の手で手刀の手首を取り、体の変更に続き(体を開いて)同名側の手で二教に持って肩口に置くと同時に対側の手で返し突きから二教の手に被せて正勝吾勝で二教固め裏。
  • 胸取り外転換呼吸法二法、
  • 胸取りに、正面当て・側胸当てで連続に開いて二教裏、受け身は二教の手として対側の手は地に着けて取りの下丹田に自身から入る。
  • 肩取りを異名側の手で外して取り返す。
  • 両肩取りに外転換から軸足側の手で地を履き、受けの両手を縦に並べて受けの同名側の腋の下を超えて軸足交代から入り身と共に両手を陽の陽で差し出す、呼吸法。
  • 両肩取りに外転換から軸足側の手で地を履き同側の足を非軸足として後ろ回転で受けを四方投げ近似で後ろに落とす。
  • 両肩取りに外転換から軸足側の受けの開いた腋の外へ非軸足を置き換えて軸足とし、後ろ回転で四方投げ近似で後ろに落とす。

2024年

3月

24日

天神町道場稽古の記録 素振りの正勝吾勝から勝速日で入り身投げ表

  • 剣素振り:正勝吾勝、合気の剣:入り身一足
  • 松竹梅の剣:剣先の位置、静止・返し、巡り・返し。転換・入り身、入り身一足、入り身一足の継ぎ足が剣先に陽の魂氣を発する。ただし魂で魄を使うという心の持ちようが継ぎ足を伴う。
  • 組み太刀IIIIV
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 合気体操
  • 相対基本動作:①正面打ちに正勝吾勝で合わせて異名側の手を手刀で取りの手刀の下から振りかぶる(柄頭の手に相当)と、受けの手刀内側に擦り上げて対側の手刀で入り身一足 ②正面打ちに正勝吾勝で合わせて大上段に振りかぶると逆半身で入り身一足を振り込み突きで一重身とし、対側の手刀は受けの手刀に被せて振り降りて即振り込み突きで入り身投げ表 ③正面打ちに正勝吾勝で合わせて対側の手を取りの手刀の手前で受けの手刀内側手首に合わせると外転換で正勝の非軸足を真横(受けの内側)に置き換え、同側の手刀は同時に二教の手で外に巡って受けに正面当てと共に対側の手を陽の陽から陰の陽に巡って手首を取り、対側の手は正面当てから同名側の受けの手を手背側から包み取って非軸足側として振りかぶり、軸足に交代して前方回転で四方投げ
  • 横面打ちに外転換と同時に異名側の陽の陽の手で合わせて対側の手刀で受けの遠位足の手首を払い(取り自身の顔を拭うように)、そのとき同時に異名側の手を受けの手首下面から取り返し、対側は小指球側から三教に包むと両手で八双の構え近似で受けの開いた腋に向けて取りの体を開き、受けが爪先立ちで後ろに退くのに合わせて手首の手を三教に取り直して取りの前三角まで導き固め

 *二教、三教の変法は「作り」で静止し、「掛け」を断続的に動作して受けの反応を確かめること。

2024年

3月

20日

水曜稽古の記録 入り身一足で魂の比礼振りが受けの魄気に結ぶ

  • 単独武器操法
  • 合気の剣
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り表/裏
  • 合気体操
  • 相対基本動作:①突きに開いて一重身で中段直突き/入り身で中段直突き ②突きに同名側の手で眼列横切りから外に巡って受け流して逆半身直突きで入り身 ③正面打ちに逆半身一教運動 ④正面打ちに相半身大上段で合わせて逆半身振り込み突きと同時に手刀を振り下ろして一重身で入り身一足から、振り下ろした手を振り込み突きで入り身投げ表。手刀は受けのそれの上に位置している。前腕屈側を受けの異名側襟元に密着させて手首を魂の比礼振りで受けの肩を越えて貼り付けると下丹田に結ぶ思いで相半身。

 *魂氣は受けの側頸にこだわらず体軸に響かせる、受けの位置と取りの魂氣の面積。

  • 交差取り二教投げ
  • 横面打ちに外転換・陽の陽で結ぶと同名側の手で小指球側を包むと手刀を下方で外巡りの二教の手から矢筈で受けの手首を掴み逆半身に開いて前方に突き出し(鳥舟のホー)、受けの手掌を示指側から包むと(三教)、対側の手で側頭当て、肘頭で受けの上腕を突き下ろして三教の手を折り畳んで逆半身入り身の胸と両手で包み込む。
  • 片手取りを取り返して二教裏
  • 交差取りを取り返して二教変法
  • 諸手取りに入り身転換で三教の手にして受けの胸に着け後ろ転換で空の気を解脱して呼吸法裏

2024年

3月

17日

天神町道場稽古の記録 剣先・足先・目付の一致で軸足交代

  • 剣素振り:正勝吾勝、勝速日、後ろ転換、打って突いて
  • 組み立ち I から太刀取り二法
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 合気体操
  • 相対基本動作:突きに逆半身一重身で二段突き/入り身投げ
  • 胸取り昇氣呼吸法表
  • 両肩取り呼吸法:直突きで対側を非軸足として外に置き換えて軸足交代で外転換から非軸足をすぐ軸足に交代して対側の手で地を掃いてそれぞれの手を異名側の受けの手の下で陰から陽へかざして非軸足を逆半身入り身で両手を陽の陽で中段にかざす
  • 襟・袖取り呼吸法:襟取り側の異名側の手は受けの前腕の上に置き、袖取り側の異名側の手は下から陽の陰で上丹田に巡り腋の下を超え、両手を陽の陽で上丹田の高さに掲げて呼吸法

2024年

3月

13日

水曜稽古の記録 正勝吾勝と勝速日の間にある〝自然の法則〟

  • 単独武器操法
  • 組み太刀変法①組み太刀II:受けの下段打ちを半歩見切って払い小手を切る剣先で前頸を指し左半身入り身転換・体の開きとともに左手で受けの右母指球側を包み小手返し、②組み立ちIII:中段の構えから受けの剣先を払い左半身の切り返しを誘い、左半身入り身転換で受けの真中(上丹田と右小手を結ぶ線))を抑え左手で柄中を取り、継ぎ足で太刀取り、③組み太刀IV:無構えから受けの突きを右半身で開き、剣先を内に払って受けが左半身で受け流し突きに捌くと受けの右手を小指球側から包みながら一歩入り身・体の変更で六教

 *組み立ちIVで、受けの左半身の突きは右手が二教の手(陽の陰)で伸びているから、取りの左手で小指球側を包まざるを得ない。体の変更にて前腕で受けの前腕伸側を取りの腋に包みこむと六教。

  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①降氣②回外③昇氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り表/裏
  • 合気体操
  • 相対基本動作:①突きに開いて一重身で中段直突き/横面打ち入り身転換、②正面打ちに相半身/逆半身で腋に合わせて一教運動、③横面打ちに外転換で異名側の手を上段にかざし、同名側の手を陰の陽で顔面を拭うようにして受けの手刀に結び陽の陽で差し出す/一歩進めて相半身振り込み突きと同時に異名側の手を上段にかざして受けの手刀に陽の陽で結び内に転換して下丹田の高さに結ぶと、母指を折り込んで陰に巡らせて受けの母指球を包むと同時に後ろ半回転で小手返しへ
  • 両手取り入り身転換:右手を二教の手、左を小手返しの手で与えて前者を下丹田に結んで入り身転換・反復で下丹田から上丹田に結んで入り身転換、天地投げ変法
  • 片手を陽の陰で差し出して二教の手(陰の陰)で取らせ、入り身転換で上腕から肘頭を受けの前胸部につけて体軸に結び、後ろ転換で陽の陽(小手返しの手)で伸展して呼吸法

 *昇氣呼吸法は小手返しの手のまま発する

  • 胸取りに異名側の手を受けの肘外側に置いて外転換で前方に差し出し、対側の手で肘頭を受けの頭部方向に入り身投げ
  • 胸取りを三面に開いて陽の陰で勝速日は天秤投げ
  • 胸取りに外転換で同名側の手で袖を下から引きつけ対側の手を側頸に巡って非軸足を軸にして逆半身外入り身で呼吸法

 *差し出した直後に右手を陽、左手を陰に返して導き、それぞれを陰、陽に巡らせて取らせると接点の近位の面が触れて魂氣の結びが崩しに一致する。触れた点だけでは結びとはならないし、結んだ面が陰陽に巡らないと崩しにならない。

*魂気三要素は陰陽、巡り、結び

  • 坐技片手取り呼吸法三本/両手取り天地前後に巡って呼吸法
  • 交差取りを上丹田に結んで入り身転換から両手を上段に掲げて後ろ両手取りとして下丹田に降氣で呼吸投げ
  • 交差取りから後ろ首締め片手取りに対して、与えた手を陰の陽(小手返しの手)として上丹田に結んで同側の足腰と結んで体軸を作り、後ろ転換で同名側の受けの手首(取りの胸元にある)を前から包み、体の変更で後ろ天地落とし/後ろ半回転で呼吸法

2024年

3月

10日

天神町道場稽古の記録 二教の手で取らせてから小手返しの手で地に結ぶ

  • 剣素振り:各種操法、正勝吾勝
  • 合気の剣:真中を与えて受けの正面打ちに合わせて振りかぶり、開いて正面打ち、受けは払って突き、あるいは再度正面打ちで振りかぶろうとする、取りは下段受け流して左半身突き/受け流して左半身で正面打ち/取りは先手を取って振りかぶり左半身正面打ち、勝速日
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 合気体操
  • 半身半立ち片手取り呼吸投げ
  • 片手取り外転換から開いて二教表
  • 交差取り内転換二教・入り身転換で小手返しの手にして三教裏
  • 諸手取り呼吸法
  • 諸手取り外転換・後ろ転換小手返し
  • 諸手取り外転換・後ろ転換二教投げ

2024年

3月

06日

水曜稽古の記録 受けの動作の始まりに巡る取りの魂氣が丹田に導く

  • 単独武器操法
  • 杖合わせ中段突き二法①左相半身直払い:非軸足を踏みつめて軸足とする瞬間杖先を外に向けて内を開くと杖尻の右手と右足は体軸から解脱し、右手は下丹田の高さで自由になる。半歩退いて足先を剣線に密接し、その左側に置き換えて軸とする。このとき右手の杖尻は下丹田に戻して結ぶと体軸に与り、左の手足が結んで軸となっていた(待ちの足)杖先と左手は再び体軸から解脱して軽くなり接触した受けの杖先を右内側に払うと正勝で左足先に合わせて受けの真中を突く②左相半身中段受け流し突き:左は待ちの足で右を半歩剣線の右に置き換えて軸とし、杖尻の右手を上丹田に巡ると杖先は受けの杖先と45度で受け流し、即杖尻の手を二教の手から前方に発し、小手返しの手で下丹田に降氣で結ぶと杖先は大きく円を描いて受けの杖先を払い落とす。左非軸足を半歩踏み込み受けの側腹を突く。
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法
  • 合気体操
  • 相対基本動作:①突きに開いて一重身で中段直突き/横面打ち入り身転換②正面打ちに相半身正面打ち入り身/相半身で開いて正面切り下ろし。いずれも体軸足の異名側の手で受けの手刀を内から擦り上げて結び、入り身は非軸足を半歩深く進め同側の手で正面打ち、開きは非軸足を内に〝軽く半歩〟置き換えて軸とし、同側の手刀を振り下ろすと同時に後ろの非軸足を内に継いで開く。③正面打ちに逆半身入り身では、同名側の手刀を合わせて振りかぶり、非軸足を外股に軸として逆半身振り込み突きと同時に手刀側の足は継ぎ足で入り身一足とし、手刀を受けの振り下ろしに被せる。逆半身入り身の振り込み突きは受けの振り下ろしに合わせる。返し突きで逆半身入り身は受けの手刀を上段で受け流して軸足側とする。
  • 正面打ち入り身投げ:逆半身で受けの手刀に被せた手は切り返して手刀の腕に沿って受けの真中に当てる。
  • 肩取り三教
  • 諸手取り鏡返し/小手返し

 *肩取りや諸手取りから受けの手首を持ち返す際、畳んだ取りの手は伸展する

 *肩取りに異名側の手で取り返すと同名側の手で二教裏が手順。その際受けが陽で掌を開けば手掌側を包んで指を反屈にして対側の手で正面当て・肘で受けの上腕を打ち下ろして包んだ掌を受けの側頸に畳み、異名側の手で三教変法。受けの上肢は全体に取りの胸に密着し対側の手も被せて締める。

  • 諸手取り呼吸法:外転換から陽の陽で外入り身(陰の陽の昇氣呼吸法と比較)
  • 交差取り呼吸法:受けの外に転換して二教の手に返さず上段に陽の陽で発する
  • 片手取り陽の陽で取らせて二教の手に巡って手刀で立て、受けの腋が開くところを側頸に結んで肘を畳み、昇氣呼吸法の形で入り身転換呼吸法裏
  • 諸手取り二教投げ二法:内転換で二教を陽の陽/陰の陰の二教から陽の陰で発する
  • 交差取り陽の陽から陰の陰に巡って下丹田に結ぶとともに一歩後ろに体を変更して同名側の魂氣を同期して後ろに伸展し(鳥船のイェイからホーへ発するまでの伸展に近似)対側の手は受けの上段に直突きして項を包み、与えた手は後ろ転換で陽の陽に開いて受けの手首伸側を包んで顔面にかぶせ再度体の変更で開いた取りの腋の下で受けは落ちる、入り身落とし。

 *与えた取りの魂氣は受けの動作の始まりに巡るとそれを丹田に導くことができる。これを魂氣の結びというが取りは魂氣と自身の魄気にも結んでいる。したがって受けは取りの魄気、つまり体軸に結んでいることとなる。取りが受けと一体になると表現する。

 崩しと作りが一つの動作となる。合氣道の特徴である。

2024年

3月

03日

天神町道場稽古の記録 魂氣を与える三法は鳥船の左右左

  • 合気の剣:真中を与えて受けの正面打ちに合わせて振りかぶり、開いて正面打ちで一重身、受けは払って再度正面打ちで振りかぶろうとする、取りは受け流して左半身で正面打ち/取りは先手を取って振りかぶり左半身正面打ち/下段受け流して左半身突き
  • 禊:天の浮橋に立ち天地の氣に氣結びする/鳥船、左右左
  • 坐技単独呼吸法:①吸気で掌から魂氣を発して上肢を開き、呼気で弛緩屈曲して上肢を畳み、屈側全体から魂氣を包んで腋を開いて側頸から母指先を通じて下丹田へ降氣②側頸で回外して吸気で両掌を開いて円を描いて真中で結び呼気で下丹田へ巡る③吸気で膝の上に開いた上肢を呼気で掌に魂氣を包んで小手返しの手で側頸へ昇氣、吸気で側頸から掌を開いて上肢を伸展して虚空に魂氣を放つと呼気で畳んで魂氣を側頸から下丹田へ降氣④入り身運動⑤振り子運動⑥両手で気の巡り表/裏
  • 合気体操
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換・体の変更、片手取り体の変更・後ろ転換
  • 鳥船(ホー)で魂氣の包みを下段に与えて受けの動きに合わせ、陽の陰で母指が地を差すように掌を開いて(サーに近似)受けが逆半身でその手首を取ろうとする。陰の陽に返して(小手返しの手)ひじを伸展して取りの体側に巡る/陰の陽に返して肘を畳んで受けの腋を開き、掌を陽の陰に返して伸展すると脇を埋めるように受けの前胸部に取りの前腕を密着させる呼吸法
  • 両手取り天地投げ
  • 鳥船(ホー)で魂氣の包みを下段に与えて受けの動きに合わせ、陽の陽で掌を開いて反った母指が地を差すように(サーに近似)外に回旋する。受けが相半身でその手首を取ろうとする。その瞬間外に巡って螺旋に巻き込み下丹田に巡らせる(鳥船のイェイ近似)と同時に同側の非軸足を一歩後ろに置き換え逆半身にして受けを後ろに導く。
  • 上記から対側の手で上段に直突きから同名側の肩に手を置いて後ろ転換・体の変更で後ろ入り身落とし。
  • 鳥船(ホー)で魂氣の包みを下段に与えて受けの動きに合わせ、陽の陰で母指が地を差すように掌を開いて(サーに近似)受けが相半身でその手首を取ろうとする。陰の陽に返して(小手返しの手)ひじを伸展し母指先を受けの前腕に沿わせて肘を畳んで取り自身の対側前胸部に着けると二教で受けを取りの腹側から後方へ導き後ろ転換の反復(切り返し)で受けを下丹田に切り返して地に這わす。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

神戸大学体育会合気道部
神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会会長木村二郎首席師範のご指導です

流山合気会

千葉県流山市を中心とする永井 純師範(義粋館指導者)の(公財)合気会公認道場です