*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「円に十を書く」に「14. 一元の大きな心、即ち愛 ー 合気は自己の完成」10/18          「15. 自在に動くこと」10/19          「16.『合気神髄』にみる魂氣の陰陽・巡り・結び」10/23          「17. 二人取り四方投げの術理」10/28          「18. 陽から陰に巡って結ぶ丹田の種類」11/2          「19. 入り身転換から体の変更」11/12          「20. 宇宙の条理 …『合気神髄』より」 11/10          「21. 片手取り入り身転換と坐技片手取り呼吸法の共通点 11/14 「行事」に第10回神気館・兵庫合気会交流稽古会 「おしらせ」に11月の稽古予定                             稽古の記録2010/8/15〜2019/11/13

2019年

9月

28日

天神町道場稽古 踵(母趾先)を回れば後(前)方回転

  • 杖合わせ:直突きに振り込み突きから八相返し、受けは正面打ち、上段受け流し打ち
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 合氣体操
  • 相対基本動作:2人取りに剣線上で魄氣の陽として前は掌を包んだまま母指先を立て、後ろは地を指して陽の陰、前は母指先から魂氣を発する思いで母指球を受けの同名側の手首に載せて軸足を同側に交代して内転換。つまり後ろの足を後方へ大きく置き換え、それによって同側の(後ろの)手は陽の陰で橈側を包む。前は陽の陰で母指先が下丹田に向かう。両手でそれぞれ二人の同名側と異名側の手を上から持つ。魄氣は陰(三位の体)。
  • 2人取り基本動作から前の足を軸として前の手は上丹田、後ろにあった手は足とともに前方へ一歩進め、受け二人の手は縦に並べて入り身転換、四方投げ表
  • 後ろにあった手は上段に振りかぶり同側の足を内股で軸足交代し後ろ回転の軸とする。前の足を後ろに置き換えると受け二人の間に位置し、そのまま入り身転換で踏み換えると後ろ回転(軸足の踵を対側の足が廻る)の完成で前の人に四方投げ裏が掛かっている。後ろの人にとっては二人の間の足は前方回転の軸となって、対側の足を内股で前方回転(軸足の母指先を対側の足が廻る)して軸足とすれば四方投げ表。2人取り表裏同時四方投げ(動画)

続きを読む

2019年

9月

25日

幸町道場稽古 振り子運動で軸交代にて肘から開く

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、外/内巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法

*母指先を内巡りにして腋を閉じることから始めて、前傾した振り子運動で体軸に与りつつ上肢を畳み、上体を直立に戻すことで魂氣は母指先によって下丹田から中丹田へ昇り、対側への振り子運動で体軸を対側の腰膝に移し、相対的に肘が開いて次に腋が開くと同時に母指先の反りの方向(取りの背側)に上肢が伸展して掌が開く。〝空の気を解脱して、身の軽さを得て、真空の氣に結ぶ〟

  • 胸取り内転換・後ろ回転・入り身転換二教裏:内転換は陰の魄氣(三位の体)であるから後ろの軸足確立によって自ずと後ろ回転(非軸足の後ろへの置き替え)せざるを得ない。

2019年

9月

23日

天神町道場稽古 体の変更は陰の魄氣(三位の体)でこそ技に繋がる

  • 剣素振り:正面打ち入り身転換反復、八方切り(入り身を伴わない転換、陰の魄氣で剣は振り降りる・軸足交代で鎬を作って振りかぶる)
  • 杖突き三本、杖八相返し打ち
  • 組杖10
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:下段に与えて内巡り入り身転換・体の変更をして陰の魄氣(三位の体)・陽の魄氣
  • 相対基本動作:下段に与えて片手取りに内巡り入り身転換で魂氣は下丹田に陰の陽で結ぶ。体の変更をして陰の魄氣(三位の体)。魂氣と受けの手は下丹田に結んだまま。
  • 片手取り体の変更から陽の魄氣は受けを前方へ放つ
  •  片手取りに内巡り入り身転換・体の変更をして陰の魄氣(三位の体)、受けの後ろ三角へ外転換で陰の魄氣(三位の体)。軸足側の魂氣は下丹田から腰仙部に結び、そこに連なる受けの手は取りの腰仙部へ結ぶ。受けは取りの背部に落ちる。隅落とし裏。
  • 受けが同名側の取りの肩を後ろから捉えた瞬間、対側の足を前方で内股に軸足として後ろに転換と同時に正面を撃つと受けは同名側の手刀で守って抑えに掛かる。取りは入り身転換で魂氣を陽の陰で下丹田に巡らして陰の陰で結び、体の変更、前の非軸足の膝を着いて魂氣を地に結び上体の入り身運動で呼吸投げ
  • 前の非軸足を後ろに置き換えて膝を着き魂氣も同期して外巡りから受けの異名側の前腕を包み、対側の魂氣は腰仙部から振込突きで受けの上段真中へ相対的に届き、受けは異名側の手で払うから取りの肩に置かれた受けの手の小指球を包んで二教裏。
  • 受けが同名側の取りの肩を後ろから捉えた瞬間、対側の足を前方で内股に軸足として後ろに転換と同時に正面を撃つと受けは同名側の手刀で守って抑えに掛かる。陽の陽で氣結びと同時に同側の非軸足先を外股に踏み換えて軸足交代し、対側の手で返し突きにて逆半身外入り身。受けの同名側頸部を包んで軸足交代にて入り身転換へとつなぎ、更に体の変更で八相返し打ち近似で入り身投げ裏
  •  坐技片手取り呼吸法:膝上に掌を開いて着け、受けは手首を包んで上から受けの掌を押しつける。取りは母指先を内に巡りつつ膝の内側で掌に魂氣を包んで上体を前傾にして腋を閉じ、体軸に与った上腕と一体になり母指先を天に向けて上体を起こすと同時に体軸交代して(空の気を解脱して)母指先の反りは外側から後方に向かい吸気で魂氣を発する思いで掌を開く。

  

2019年

9月

18日

幸町道場稽古 腰投げの運動は天地投げに通底する

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち)、内/外巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡りを振り子運動の入り身で、一教運動表/正面打ちに膝を閉じて剣線を外して鎬を作り体軸側として対側の手で返し突きにて逆半身入り身、両手は大仏の手、一教裏、
  • 正面打ちに異名側の手で合わせて手刀とし、対側の手で鎬を作ると前の非軸足を外転換で軸として、鎬の手で取りの顔を拭って下段で陽の陽から陰に巡り、受けの手首を取って下丹田に結ぶ。同側の非軸足をその場で踏み、それを体軸側として上体を入り身転換、手刀は相対的に陰となって昇氣で側頸に結び同側の非軸足で入り身とともに陽の陽で発して呼吸法。
  • 陽の陽で発する手が受けの同名側の手で受け止められる瞬間、陰に巡って上から把持して取り返す。下丹田の手を更に地に向けて軸足側とし、腰投げの運動近似で非軸足側の手を天に挙げた後、同側の非軸足を後ろに置き換えて軸足交代とともに天から地に降ろすと。受けの頭を超えて背側を腰仙部に降氣で受けの底を抜く、天地投げ変法。
  • 正面打ちに相半身で手刀を合わせて非軸足を内転換で軸足交代する。対側の手は鎬を作って顔を外へ拭って陰の陽で受けの手刀の手首に載せる。陰に巡って上から把持して軸足側に交代するから取りの手刀は外巡りで振込突きにて相半身入り身。後ろの足は送り足で一足とせずに、後ろに置き換えると相半身内転換。指導演武のみ。
  • 坐技正面打ち三教表/裏:表は受けの小指球側の掌を包んで目の前に掲げて反屈とする。対側の手で小指球側から持ち替えて母指球を突き出してから地に結ぶ。裏は側頸の高さで三教に持ち替えて母指球を突き出すように掲げると同時に対側の手を上段から矢筈で受けの上腕に振り降ろし下丹田に巡り、同側の膝を後ろに回して受けの肩を地に結ぶ。

2019年

9月

16日

天神町道場稽古 右手が陽(陰)なら左手は陰(陽)

  • 剣素振り:正面打ち、突き、上段受け流し、下段受け流し

 *非軸足の置き換えは剣先を同側の手と体軸で支えず、重さに任せて軸足交代と同時に陰の陽で鍔元を把持し、陽の陰に発して突きで入り身。絶えず両手で把持するのは

  • 組太刀2、
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作: 入り身転換(内/外巡り)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 片手取りに外転換で上段に陰の陽で掲げて取りの顔を内から外へ拭うようにして陽の陰、対側の手は陽の陰で受けの手を下から伸側を巡って橈側へ載せると軸足側として、与えた手は返し突き近似で逆半身外入り身にて受けの同名側頸部を包み、後ろの継ぎ足を井桁に進んで相半身外入り身。前の非軸足と同側の手を陽の陰で同名側の頸部に擦り込む。
  • 片手取りに外転換で中段に陰の陰で掲げて受けの手が反屈になるところを同名側の手を陽の陽としてその伸側を受けるように差し入れて手首を取りつつ踏み換えて軸足側として逆半身外入り身転換で取らせていた手を陰の陰から外巡りで陽の陰として受けの同名側頸部を包み軸足側として確立すると、非軸足を後ろに置き換え、同側の手は受けの手首を把持したまま非軸足と同期して天に捧げてから相半身外入り身で前方へ打ち下ろす。入り身投げ裏、八相返し正面打ち近似
  • 下段に与えて片手取りに外巡り外転換で対側の手を受けの上段に返し突きから外巡りで受けの同名側の手首を矢筈で支えて、始めに与えた手を外巡りから陽の陽で大きく横面打ちにて真中を撃って下丹田まで巡らすと逆半身外入り身転換で受けの橈側から母指球を包む。そのまま体の変更で後ろに置き換えた軸足により後方回転、と同時に受けの小指球側手背を対側の手で包み込む、小手返し。

 *片手取りに取らせた右手が陽なら左手は陰、右手が陰なら左手は陽。正面打ちにも同じ。剣線を外した外/内転換の下に動作する。

  • 片手取り/突きに入り身転換で受けの手を下から入り身転換反復とともに天に掲げて体の変更で地に結ぶ。大車輪。
  • 坐技両手取り呼吸法:母指先の内巡りから天に向けて、一方は外へ、他方は回外して陽の陰で受けの真中へ、両手で氣の巡り

2019年

9月

11日

幸町道場稽古 空の気と真空の氣の置きどころを知る

  • 禊:天の浮橋に立ち(片寄りのない魄氣)天地に結ぶ、鳥船左右左(魄氣の陰陽)・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技(降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の巡り=右手は陰から陽の陽(魂の比礼振り)、左は陽の陰で返し突き。前者は体側、後者は下丹田に結ぶ
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(魄氣の陰・陽・残心と魂氣の陰の陰・振込突き・横面打ち・下段受け流し・上段受け流し)、一教運動表、内/外巡り入り身転換、前/後方回転、
  • 相対基本動作:後ろ両手取りに入り身転換で天地に結ぶ。

 *陽の陰で後ろから両手を取らせるとき魂氣を掌に包んで(握り閉めない)陰の陽で(手首のみ弛緩屈曲)母指先は前に向ける。軸足を作って同時に同側の魂氣は体軸に与る(腋が閉じる)。降氣の形から鎬を作る(軸足側の陰の魂氣で肘を畳みつつ体軸上を腋は閉じたまま前方に開きつつ母指先は側頸から前方に向けて上丹田へ進めて)魂氣は内巡りで他の指は地に向かう。対側の手は陰の陽で下丹田に結び、両手は天地に結んでいる。天の魂氣は軸足側で体軸の頂点にある。地の魂氣は下丹田に在って同側の非軸足と共に軸足交代に同期する。

  • 後ろ両手取り呼吸法:後ろ両手取りに入り身転換で天地に結ぶ。前/後方回転と共に天の魂氣は側頸に降りて腋を開き、同時に入り身転換で空の気を解脱して真空の氣に結ぶ(初めて上肢を緊張伸展して掌を開き、受けの同側頸に魂氣を与える)、呼吸法二法
  • 後ろ両肩取りに入り身転換と同時に返し突きで受けの上段を撃つべき動作は、合気では取りの上丹田に結んで鎬から側頸に母指先を降ろす動作が要訣。

 *後ろ両手取りの瞬間に陽の魄氣では動作に移れない。三位の体こそ千変万化(合気神髄)で、しかも魂氣は左右がそれぞれ陰陽で体軸側と発兆の可能な丹田にある。〝空の気と真空の氣の置きどころを知る〟(合気神髄)という言葉に相当する動作であろう。

2019年

9月

04日

幸町道場稽古 「腰を切る」は丹田を45度前下方、水平で直角は「周す」

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、直突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して)、前方回転(半回転連続/一回転)、後方回転
  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り

 

  • 相対基本動作片手取り入り身転換/交差取り入り身転換
  • 片手取り/交差取り入り身転換から昇氣呼吸法
  • 中段に与えて直ぐ側頸に結んで入り身転換・呼吸法
  • 交差取り外転換三教裏:降氣の形から陽の陽で発して対側の手は陽の陰(両手で氣の巡り)で返し突きから、両手を大仏の手で受けの前腕は垂直に立て、上丹田側の手を側頸の位置に移して受けの小指球を包み、即陽の陰で取りの母指球を突き出すが解かれた対側の手を矢筈にして受けの上腕伸側を包み、上丹田から下丹田へ振り降ろすと三教の手が下丹田に巡る。
  • 片手取りに陰の陽で下段から中丹田に陰の陽で巡り、陽の陽で母指先の反りに合わせて外側へ発して受けの手首を上から包もうとする。同時に対側の手で真中を取って相半身振込突きで軸足交代して後ろの非軸足を剣線に直角で更に後方へ置き換えて内転換。下丹田にて四方投げの持ち方にして即振りかぶる。
  • 下段に与えて逆半身で陽の陰にて取らせ、軸足交代して対側の手で相半身振込突きとすれば、取らせた手の腋が閉じて魂氣は陰の陰に巡るから受けの手首に上からかぶせて包むこととなる。払わせた振込突きの同側の足が軸となるから後ろの足を剣線から直角で後方に置き換える内転換で、同時に手首を包んだ魂氣は陰の陽で上丹田に巡ると(払わせた)対側の手は四方投げの持ち方となって両手で振りかぶることができる。
  • 正面打ちに手刀で同時打として内転換で外巡りから相半身振込突き。手刀側の非軸足はそのまま内転換で初めて軸足交代とする。手刀と同時に対側の手は陰の陽で自身の顔を覆って下丹田に降ろすと、受けの手刀が取りに結んでいるから同側の足を再び軸として、外巡りした手が内入り身で受けの真中へ振込突きとする。払わせた同側の足が再度軸として内転換を繰り返し、受けの上肢は取りの下丹田へと吸い込み両手で氣の巡り、一教運動近似で呼吸投げ。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です