2019年

2月

27日

幸町道場稽古 母指先が地を指す/下丹田を指す受け身/入り身投げの手

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、水平に気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動陰の陰、振込突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動表、上段受け流し、入り身転換・反復、前方半回転連続/一回転、後方回転、
  • 相対基本動作片手取り入り身転換:片手取りは、魂氣を包んだ陰の陽の手を差し出すと母指先は地を指すがその反りに合わせて瞬時に内側へ向ける(内巡り)。それで、取らせた受けの上肢と共に取りの腋は微かに開いて前方へ非軸足を置き換えて(魄氣の陽)受けの外に接して軸足交代する(入り身・転換)。
  • 片手取り入り身転換・体の変更で対側の手は非軸足の一歩後ろへの置き換えと共に腰仙部に置いて陰の魄氣(三位の体)・鳥船に準じてその場で陽の魄氣として魂氣を陽の陽で差し出すと受けは一歩前に踏み出し体を入れ替える。自然本体で対峙し、対側の手を与えることで入り身転換・体の変更を繰り返す
  • 片手取り入り身転換・体の変更で下丹田の手は空の気を解脱して同側の非軸足とともに外転換で半身を転換して再度軸足とする。対側の足先は剣線上に置き同時に受けの後ろ三角の頂点に位置する。そこで入り身運動(陰の陰:二教の手)を行えば受けに与えた手は腰仙部に結ぶ。受けは取りの後ろに螺旋で落ちる。片手取り隅落とし裏。
  • 片手取り外巡り外転換、対側の手は前の非軸足と共に剣線上に在り振込突きで受けの真中を制ししつつ軸に交代して、与えた方の手とその同側の足は逆半身入り身と同時に膝を地に着けて転換し、受けと同方向に目付けを置くと受けの後ろ三角の地に、与えた手が結び、受けは取りの後ろを螺旋で落ちる。隅落とし表。取りの上体は正立して剣線上を跨がない。取りはすぐに正立で残心。
  • 正面打ち一教表:上段に与えて同側の足で半歩相半身内入り身して軸足に交代した(踵ではなく)足背に、送り足を被せて非軸足として受けの真中へ逆半身内入り身で同側の手は振込突きで受けの真中を撃てば受けの上腕を起こして腋が全開する。〝両手で天地に氣の巡り〟で下丹田に巡ると魄氣は鳥船近似で陰から陽・陰となって前の足は膝を地に着けて同側の手は受けの上腕伸側を上から陰の陽で包み込んで地に結ぶ。
  • 片手取りを母指先の反りに合わせて小さな内巡りから瞬時に回内・陽の陰の手で取らせ、母指先は地を指して掌は完全に開き、受けの手首屈側に接している。受け身の手。軸足に交代して直ぐ内転換で非軸足側に戻って上肢は陽で伸展したまま母指先も地を指したまま掌(に魂氣)を包むと受けの手を取りの下丹田で取り返している。対側の手で四方投げの持ち方に受けの手首を取って振りかぶると四方投げ表へ。
  • 交差取りに外転換で手首を伸展して母指先は前方を指す。そのまま天を指して母指球外側を受けの橈側に接して母指先の反りに合わせて陽の陰に掌を開くと受けの手首屈側を上から覆うようにして下丹田に巡り(ちなみに、側頸にあれば入り身投げの手)、掌を包むと受けの手首を包むことになる。それと同期して軸足交代で体軸側として一歩内転換すると空の気を解脱して四方投げの持ち方で上丹田に振りかぶり、同側の非軸足は前方回転の軸となって四方投げ表。

 *同じ陽の陰で伸展した上肢も、前受け身の手と入り身投げの手では回内の程度が90度異なる。この際の回内/外の用語は医学・生理学用語を指す。単独呼吸法坐技の回外は母指先を外に向けると言う意味で使用している。

 

2019年

2月

20日

幸町道場稽古 母指先が地を指す陽の陰から陰の陽で取り返す

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、外/内巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  • 相対基本動作坐技下段に与えて片手取り呼吸法3本:内巡り腋と肘を畳んで母指先を天から側頸を経て外へ陽の陽で(空間に)発して、地に巡り手掌を地に着ける 内巡り腋と肘を畳んで母指先を天から側頸を経て母指先を回外して前方に向け吸気で陽の陰に発して受けの真中に手掌を開くと呼気で腋を閉じて小手返しの手を体側に巡る 外巡りで肘を落として母指先は天を指して母指球外側が受けの手首尺側に接して手刀から陽の陽の魂氣を横面打ちで入り身運動、陰の陽で下丹田に巡る
  • 坐技両手取り呼吸法3本(膝上で魂氣を包んで内巡り、下段で魂氣を包んだ陰の陽の魂氣を与える、中段で与える)母指先は内を指して天を指す。
  • 坐技両手取りを四教で取り返す:一方は外巡りで肘を落として母指先は天を指して母指球外側が受けの手首尺側に接して陰の陽で受けの手首の下から掬うように(取りの側頸の高さで)包み、母指球を突き出して大仏の手・中段。他方は内巡りで腋と肘を畳んで母指先を天から側頸を経て外へ陽の陽で発してから、狭義の陰に内巡りで受けの手首を上から包んで下丹田に結び四教。両手は縦に並べる。

  *母指先が内を指す陽の陰から陰の陽で取り返す

  • 片手取り:下段に与え、陽の陰で母指先が地を指した状態で逆半身に取らせたとき、非軸足を一歩後ろに置き換え相半身で下丹田に巡り(空の気に結び)、入り身転換で(空の気を解脱して)同側の非軸足を再度後ろに一歩置き換えて体の変更の際受けの手首屈側を包んで下丹田に結ぶ。

  *母指先が地を指す陽の陰から陰の陽で取り返す

  • 諸手取りに相半身から入り身転換体の変更で異名側の手を上から取り返す。
  • 片手取り四方投げ:外転換で陰の陽から二教の手で眼前に差し上げる ②外転換で陽の陽から陰に巡って上から取り返して陰の陽で眼前に差し上げる 陽の陰で母指先は地を指し入り身転換・体の変更で陰の陽にて受けの手首屈側を包み下丹田で取り返す、四方投げ表。
  • 後ろ両手取りに半歩後ろに軽く置き換え内巡りから母指先は天を指し、側頸から回外して上丹田に結ぶと、対側は下丹田に陰の陽で結び、天地に結ぶ。非軸足の膝をその場で地に着いて下丹田の魂氣を小手返しの手で地に結ぶと呼吸投げ。

2019年

2月

17日

天神町道場稽古 陽の陰で母指先方向に巡る

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、外/内巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  •  坐技正面打ち一教表/裏
  • 諸手取り外転換で降氣の形に畳んで母指先は側頸を指し後ろ回転《内入り身転換・体の変更(置き換え)・入り身転換(踏み換え)》の間に伸展して小手返しの手で地に結ぶ。後ろ回転の軸足から膝を着いて対側の膝を魂氣と同時に地に着ける。
  • 諸手取り外巡りで外入り身転換から後ろ回転
  • 諸手取り後ろ回転反復で二教固め
  • 諸手取り外転換・降氣の形で畳んで母指先は側頸を指し、回外しつつ上丹田に掲げて鎬を作り対側の非軸足で軸足を作って前方回転(半回転ずつ)下丹田に降氣で呼吸法
  • 両手取り前方の魂氣を陽の陽から降氣の形で回外して上丹田にかざして同側の非軸足は外に開いて内転換、この時点で天地に結んでおり地は非軸足に交代しているから膝を地に着けて下丹田の魂氣を地に結ぶ呼吸投げ。
  • 両手取り外転換で前方の魂氣を陽の陽から降氣の形で回外して上丹田にかざして上体の入り身運動から前方の非軸足を後ろに置き換えて体の変更でその軸足を膝から地に着いて呼吸投げ。
  • 交差取りに魂氣を振込突き近似で母指先を受けの中丹田に向けて母指球外側を受けの手首橈側に接し、陽の陰に発して母指先の反りの方向へ巡り、同側の足を軸足に交代して内転換すると取りの手は受けの手首屈側を上から覆うように開くこととなる。内転換で陰の魄氣とし、非軸足側となる手は受けの手首を上から包み上丹田に振りかぶって、その足を前方回転の軸足とする、四方投げ表。
  • 片手取りに外巡り外転換から陽の陰に発して母指先の反りの方向へ巡り、対側の非軸足を後ろに置き換える体の変更を行えば、取りの手は受けの手首屈側を上から覆うように開くこととなる。非軸足側となる手は受けの手首屈側を下丹田で上から包み四教裏。

  *側頸で受けの手首屈側を下から包み母指球を突き出して四教表。下丹田では上から包み地に結んで四教裏。

  • 諸手取りに陽の魄氣で振込突き近似から母指先を受けの中丹田に向けて母指球外側を受けの同名側の手首橈側に接し軸足交代して送り足も半身の転換もせず、外転換で陰の魄氣に戻り、非軸足側となる手は受けの手首を上から包み上丹田に振りかぶって、その足を前方回転の軸足とする、四方投げ表。

2019年

2月

13日

幸町道場稽古 母指先の反りに合わせて円を描く

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、直突き、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、入り身転換(片手取り/交差取りとして)、前方回転二法/後方回転

   以上高谷初段

  • 禊(天地の結び、鳥船左右左・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 相対基本動作坐技片手取り呼吸法:降氣の形で側頸に母指先を向けて上肢を畳み、振り子運動で陽の陽の魂氣を母指先から虚空に発して円を描く(母指先の反りに合わせて円を描く)

  *前腕伸側で横に開いたり小指球側でかき分けると受けの手に競合する。

  • 坐技交差取り呼吸法表:片手取りに全く同じ
  • 坐技交差取り呼吸法裏:非軸足の膝を大きく後ろに置き換えて上体を転換して目付けは180度転じると魂氣は陰の陽で胸部(体軸)を下丹田に降りて小手返しの手で地に結ぶ。
  • 坐技交差取り一興裏:振り子運動で剣線を外した膝に軸足交代して対側の手を返し突きで一教運動裏
  • 坐技交差取り二教裏/肘極め:受けの異名側の手首を矢筈で掴み一教運動裏で陰の陽の魂氣に巡って取りの側頸に包み二教裏/腋に包み込んで受けの肩・側頸に振り返ると肘極め
  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形から一方は回外して陽の陰で受けの真中に発する/一方は外巡りで肘を落としてから横面打ち入り身運動/四教に持ちかえして天地に結び非軸足(地)を後方に置き換えて剣線を外して受けの前方を開く
  • 両手取り入り身転換から天地に分けて体の変更で呼吸投げ
  • 両手取り入り身運動・井桁に進んで天地投げ
  • 正面打ちに逆半身入り身運動・井桁に進んで入り身投げ表
  • 突きに杖巡りで外転換・逆半身外入り身・井桁に進んで魂氣は上丹田から振り降りて陽の陰で振込突き(真中を撃つ)、入り身投げ。
  • 突きに横面打ちで外転換・入り身とともに上丹田から魂氣が振り降りて陽の陽で呼吸法(眼裂の横切り近似で同名側の頸部に橈側を密着して母指先の反りに合わせて円を描く)

2019年

2月

11日

天神町道場稽古 両手取りを天地に結ぶ

  • 杖素振り:直突き、返し突き、振込突き、後ろ付き、八双返し打ち
  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、外/内巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  • 片手取り外転換呼吸投げ:①降氣の形で上肢を畳んで回外し、母指先方向へ魂氣を放って受けの前三角の頂点の地に結ぶ ②外巡り陽の陰で母指先を受けの後ろ三角の頂点の地に結ぶと同時に同側の足を入り身転換で膝を地に着ける。上体の軸の直立と目付けの高さを維持する。剣線の内外45度に受け身。
  • 両手取り外転換呼吸投げ:軸足側の手は陰の陽で下丹田に結び、対側は降氣の形から回外して上丹田に鎬を作って結ぶと上体から入り身転換し、受けは一歩前に置き換えて取りは同時に非軸足を後ろに置き換えて(体の変更)膝を地に着け同側の手は上丹田から降氣で地に着けると受けの前三角の頂点に結ぶこととなる。受けは剣線の内側45から90度に前回り受け身。

 *後ろ両手取り同様、上丹田と下丹田(天地)に結ぶ。下丹田の陰の魂氣が軸足と結んで体軸を作り、上丹田の手も陰の魂氣で体軸上にあるが、腋は開いて受けを剣線上で一歩前に導くことが出来る。したがって、両手取り呼吸法は外転換・上体の入り身運動までで、呼吸投げは外入り身転換へと開いて、さらに体の変更を膝が地に結んで半立ち。残心は両手の天地が逆になる。

 *呼吸投げは受けの上体を側湾にして取りの体軸に密着させる、魄氣の結びが〝つくり〟となる。〝つくり〟がなければ取りの魂氣が受けの魄氣(体軸)にひびかない。つまり〝掛け〟が動作されない。そのまま取りの魂氣が下丹田や地に巡っても受けの底を抜いていないから〝投げ〟は生まれない。

  • 諸手取りに外転換、対側の手で受けの異名側の手首を鷲掴みから相半身内入り身転換から体の変更で陰の陽に巡って受けの肘を上から取りの前腕で抱え込む。正座と同時に受けに向き直ると肘が極る。

2019年

2月

06日

幸町道場稽古 振り子/入り身運動で軸膝交代、非軸膝を最大限開き交代

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 合氣体操
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、外/内巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  • 相対基本動作坐技呼吸法:片襟取りに、相半身振込み突き・内転換・後ろ回転二教裏/逆半身横面打ち入り身転換・昇氣呼吸法
  • 坐技両襟取り呼吸投げ:振込突きで外入り身・横面打ち近似で上腕を起こし、対側の手は振込突きで真中から回外して異名側の手を二教で下丹田に巡ると同時に同側の膝は非軸足で後ろに開き受けの両手は縦に並ぶ。
  • 両手取り外転換で昇氣・非軸足を踏んで軸足交代・後ろの非軸足で入り身と同時に側頸から陽の陽で呼吸法
  • 両手取り外転換で非軸足側の手を内巡りで上丹田に結んでから入り身転換として受けの体軸を側湾状態として降氣で地に着け同側の非軸足も膝から地に着いて、下丹田の手は回外して陽の陰で上丹田に発すると呼吸投げ。受けの両手は縦に並べて左右を入れ替える。呼吸投げ。

  *諸手取り外転換昇氣呼吸法/呼吸投げに倣って、両手取り外転換昇氣呼吸法/呼吸投げはこの形。

  • 二人取り三教と肘固め(極め)は左右対称の足腰から半歩下がって陰の魄氣(三位の体)・軸足交代で入り身転換・体の変更で一方は肘極め、他方は八双の構えで三教・再度入り身転換(後ろ回転の完成)で肘極め側は膝を着き、三教側は受けの手掌を地に着けて膝を着き正座で固め。

  *陰の魄氣では軸足側の魂氣は手前。足腰は陰の魄氣(三位の体)・入り身転換・体の変更で陰の魄氣・再度その場で入り身転換(後ろ回転の完成)で一方は八双の構え、対側は肘決め。受けのそれぞれの手(両手)は縦に並べる。

2019年

2月

03日

天神町道場稽古 軸足側の手は手前に在り

  • 禊:天地の結び、鳥船(左右左)・振り魂、気の巡り
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地の氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し、上段受け流し)、一教運動表、内/外巡りで入り身転換、前方回転二本、後方回転、
  • 相対基本動作:片手取り(内巡り)入り身転換、交差取り(外巡り)入り身転換
  • 交差取り相半身外入り身転換呼吸法:①対側の手を腰仙部から相対的に下丹田へ巡らせ昇氣で側頸に出て陽の陽で発する②入り身転換で対側の手を陽の陽で発し、非軸足を後ろに一歩置き換えるとき同時に陰の陽で畳んで側頸に結び、軸足交代で体軸に与り、そこで踏み換えて入り身転換で側頸から非軸足先とともに陽の陽で発する。
  • 坐技胸取り二教表/裏:小指球を包む手は腋を開いて手首は四方投げの持ち方近似から腋を閉じる。対側は一教運動表の砲丸投げの持ち方で受けの手首を下から担ぎ持ち、こちらは同時に腋を開く。同期して胸は半回転すると、受けの上肢は伸展しつつ180度内に回る。これを上下二方向の方法で受けの肘を屈曲させ受けの上腕から肘を絞って取りの胸の前で内に回して抱え締める。
  • 片手取り呼吸法表:魄氣は外転換で上体は入り身運動。つまり上体は入り身転換に近似し、同時に昇氣で側頸に結ぶと腋は開きその肘頭は受けの胸骨上窩に嵌まり、受けには距離を保って目付けを維持し、入り身運動で魂氣を陽の陽で発し
  • 片手取り呼吸投げ五本:外転換降氣を小手返しの手で地に結ぶ 降氣の形で入り身転換・陽の陰から体の変更で地に結ぶ 外巡り外転換・横面打ち入り身転換下丹田から地に結ぶ 外巡り上丹田に結んで相半身外入り身転換・降氣で地に結ぶ 外巡り外転換・横面打ち逆半身内入り身転換・上丹田から降氣で地に結び、対側の手は地から受けの異名側の足先を跳ね上げる。
  • 二人取りに半歩後ろに置き換えて両手を陰の陽(降氣の形)とし、後ろの軸足側の手は手前にあり、母指先を天に向けて回外し、一瞬手刀を作って受けの異名側の小指球をすぐに包むと同時に、対側は矢筈で一方の受けの手首を尺側から包み、同側の足は非軸足で内股に踏み換えて軸足交代して入り身転換すると、三教と肘搦みの形となりそのまま体の変更で肘を巻き込み、他方の三教は八双の構え近似で受けの体軸を天に浮かせることとなり、肘搦みの方から膝を着いて、次に三教の受けの手掌を地に着ける。両者の手は交差する。

 

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です