2016年

10月

30日

天神町道場稽古 趾指の陰陽と目付けは技により違わない

  • 杖突き四本
  • 杖合わせ
  • 杖取り:直突きに杖巡りの魂氣で相半身内転換・相半身内入り身で杖突きの魂氣で杖を取り・更に一歩逆半身内入り身して同側の杖尻を非軸足に同期して下から振込突き近似で入って転換し、杖巡りで構えて四方投げ
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動、入り身転換・反復
  • 相対基本動作:正面打ち一教運動表/裏
  • 片手取り隅落とし表/裏
  • 片手取り四方投げ表/裏
  • 片手取り回転投げ:外巡り外転換で対側の手を振込突きで受けの異名側の手に払わせて相半身外入り身転換・外巡りの手は上丹田に結び振り降りて後方に発して陽の陰で母指と示指は矢筈に開く。同側の足を同時に一歩後ろに置き換え、対側の手は反対に上丹田に振りかぶるが止まらず振り降りて受けの項に陰の陽で巡って包み、取りの下丹田に結ぶ。対側は矢筈の間で受けの手首を掴み同側の足とともに前方に進めて陽の魄氣で受けを放つ。
  • 後ろ両手取り・天地に結んで後ろ回転小手返し:後ろ回転で陰の魄氣のとき非軸足先と同側の陽の陽の手指先を合わせると対側の手は上丹田から降氣、取りの陽の陽の手には同名側の受けの母指球が手の反屈で露になり異名側の取りの降氣が母指球を包み下丹田に結んだまま体の変更・後ろ回転で小手返し。対側の手は受けから離れてその小指球の手背側を覆う。

 *弐段昇段審査:基本動作がその連なりで整然と違わず、共通の残心で各々の技が締めくくられる。体軸は確かに移り、天地で魂氣は陰陽に巡り、丹田に結ぶと正立して取りが在る。

0 コメント

2016年

10月

23日

天神町道場稽古 天地投げ/一教表/隅落とし裏に井桁で進む魄氣

  • 杖突き4本(直突き、返し突き、振込突き、後ろ突き)、上段返し打ち、下段返し突き
  • 杖直突き内転換・相半身体の変更(両手取り近似)呼吸投げ/外転換・逆半身体の変更天秤投げ

 *前方に放つ動作は体の変更で陽の魄氣、丹田に結び体軸を巡る動作では入り身・転換で陰の魄氣。

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、氣の巡り)
  • 坐技単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り

 *陽の陰は陰の陽で下丹田へ、陽の陽は陰の陽で体側へ。

  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、絵団受け流し)、入り身転換(交差取り/片手取り入り身転換)、前/後方回転
  • 相対基本動作坐技両襟取り呼吸投げ二本
  • 相対基本動作坐技両手取り呼吸法三本
  • 相対基本動作坐技一教運動表
  • 坐技一教から四教表/裏
  • 正面打ち一教表(画像
  • 片手取り外巡り外転換陽の陰から矢筈に開いて取り返して二教固め
  • 両手取り一教運動の魄氣で井桁に進んで天地投げ
  • 交差取り入り身投げ裏
  • 突きに横面打ち外転換小手返し
  • 突きに横面打ち外転換昇氣呼吸法
  • 突きに横面打ち内転換昇氣呼吸法・一教運動の魄氣で井桁に進み対側の手で正面当て(両手で氣の巡り)

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

19日

幸町道場稽古 突きに内転換なら魂の比礼振りで井桁に進む

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、水平に気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で天地に氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換内巡り/外巡り、前/後方回転、一教運動表/裏
  •  相対基本動作坐技:交差取り降氣の形から対側の膝を軸とする振り子運動に続いて外転換・陰の陽で地に巡って同側の膝の内側に結ぶ。手背は受けの手首屈側に結ぶ。両膝で挟めば二教。
  • 交差取り外転換降氣の形に畳んでから陰の陽(小手返しの手)で下丹田に結び・外入り身転換から後ろの足をそのまま軸として後ろ回転で小手返しの手の甲を直下の地に結ぶ。
  • 坐技片手取り外転換外巡り・肘を落として回内で陽の陽に発し、取りの手背が受けの手首屈側に結び、横面打ち外入り身転換から小手返しの手で同側の膝とともに真下の地に結ぶ・受けが同名側の手を地に着けて呼吸投げに至らなければ、陰の陽のまま小指球で対側の手に向けて地を掃きつつ対側の膝を地に着けて座り、その内側に置いた手掌で受けの手背を包むと(陰の陰で被せにいかず、腋を閉めて陰の陽で受ける)二教。受けの前腕は取りの異名側の手により陰の陽で包まれ、鳥船のイェイ(四方投げの持ち方近似)で陰の陰に絞られ地に結ぶ=二教。
  • 自然本体から真中を与え、突きに横面打ち内転換となり、振り降りた手が受けの手首に触れて陽の陽で母指先方向へ比礼振りで受けの顔面を横切りと同時に相半身内入り身・井桁に進んで受けの両足の真中に逆半身内入り身で頤に振り込み突き=正面当て。

 *正面打ち一教表の魄氣と同じ。

  • 陰の陽で振り降りた手が受けの手拳の外側に巡るとそれを包むこととなり、陽の陽で発すると受けの手を二教に返し後ろ回転で座れば地に結び二教裏:演武のみ。

 *突きに外転換であれば小手返しとなる。包めなければ上体の入り身で昇氣から側頸に結んで呼吸法。

  • 坐技両手取り降氣の形に畳んで陽の陽から陽の陰に巡って受けの手首を上から包んで四教/外巡りから肘を落とし、陰の陽で手首を下から包み母指球を突き出して陰の陰に巡ると四教にて取り返す。受けの両手は天地に(縦に)分けるから上段と下段へ交互に四教。
0 コメント

2016年

10月

16日

天神町道場稽古 巡らせながらつぼに嵌まれば包んで絞る

  • 剣素振り入り身:正面打ち、突き、横面打ち、上段受け流し、下段受け流し、抜刀して前方回転正面打ち/後方回転正面打ち
  • 組太刀1、2
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、両手で気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身転換内巡り/外巡り(片手取り/交差取りを想定して)
  • 坐技正面打ち二教表/裏:陽の陽から陽の陰に巡り(母指と示指を矢筈に開いたまま手背を見て)すぼめると受けの小指球を包むことができる。

 *陽の陰に巡らず、はじめからすぼめながらでは受けの小指球を包むことができない。

  • 真中を与えて突きに逆半身横面打ち入り身・転換/横面打ち転換/杖巡り/外転換杖巡り。
  • 突きに外転換杖巡り・上丹田から振り降りて受けの手首で振込突きに反転すると同時に下丹田にて対側の手でその手首を持ち、外巡りに続いて相半身入り身で隅落とし。
  • 突きに杖巡り・上丹田から振り降りて受けの手首を持ち、相半身内入り身で対側の手を陽の陽で差し上げ陽の陰に巡って残心で天秤投げ。
  • 上段に与えて正面打ち一教表。
  • 上段に与えようとして正面打ち後手に一教裏。
  • 坐技交差取り降氣の形に畳んで小手返しの手で真下の地に結び、同側の膝は外転換で剣線上に退き、その内側に魂氣が接着すると対側の手で受けの前腕を四方投げの持ち方近似で陰の陽から陰の陰で地上に結び、左右の膝を閉めると二教表。
  • 坐技片手取りでは対側の膝を外転換で剣線上に退き、取らせた手を二教の手に畳んで側頸に結び二教裏。

 *いずれも小手返しの手、または二教の手の手背を受けの手首屈側に結ぶ。はみ出ると結べない。完全に陰となって前者は狭義の陽、後者は狭義の陰。

  • 坐技交差取り四教:与えて取らせた手を降氣の形に畳んでから“両手で氣の巡り”にて陽の陽で発し、陰の陽に巡って受けの手首を引き寄せ、対側の手は受けの上腕での陽の陰から陰の陽で矢筈に開いて、受けの前腕橈側に添えて陰の陰に巡らせながら示指球が橈骨の縁を超えた“つぼ”に嵌まればそこで包み、両手で絞る

                                     2016/10/16

0 コメント

2016年

10月

12日

幸町道場稽古 表は振込突き/裏は返し突き

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換(片手取り/交差取りを想定して)、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技:上段に与えて両手で氣の巡り
  • 正面打ち一教表/裏
  • 後ろ両手取り二教表
  • 片手取り四方投げ表
  • 坐技交差取り三教

  *正面打ち一教運動表:魄氣の陽から送り足による軸足交代で魂氣は陰に巡る

  魂氣を陰の陽で与えるのは陰の魄氣で非軸足先を置き換えるときであり、踏み込んで陽の魄氣となる瞬間は既に魂氣は陽の陽で発して受けの手刀に結んで広義の陰へと巡りはじめており、それによって送り足・軸足交代が成り立つ。

 陽の魄氣で魂氣を陽で発すると、すでに非軸足の足底の位置はもう前に置き換わらない。魂氣が陽のままで軸足交代の瞬間を迎えるから、残心のときにもう一押し上肢を緊張伸展させることとなる。継ぎ足に伴う前の足の大腿部が直立するだけの前進しか期待できないからである。 

 本来、陽の魄氣から体軸が前の足に連なるときは魂氣が陰に巡って、軸足が交代した直後には魂氣が体側や丹田に結んでいる。相対動作で側頸に昇氣が結ぶ呼吸法や下段に与える片手取り入り身転換がその典型である。

 上段に与えた場合は井桁に進む一教運動表で軸足交代がある。すなわち、相半身内入り身で交代した前の軸足の甲に送り足が被さり、半身も交代する。そのさいの魂氣は、はじめに陰の魄氣の非軸足が前に進むと共に陰の陽で差し出され、受けの手刀に接して陽の陽で発せられ、受けの手刀上の空気に結ぶ。

 そのとき非軸足は着地して軸足へと移るが、その機序は、陽の魄氣になって体軸が前に揺れてここから前方の足に体軸が連なる瞬間は魂氣が上丹田(額)に巡り始めている。対側の足は地から離れて前の軸足の甲に被さり、半身が転換して陰の魄氣となる。つまり額に巡った魂氣は同側の軸足と共に直立した体軸に結んで陰の魄氣を確立し、対側の魂氣は非軸足と共に逆半身内入り身へと側頸から振込突きを発することが可能となる。

0 コメント

2016年

10月

05日

幸町道場稽古 陰の魂氣の手背が受けの前腕屈側に密着する

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、振り込み突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換(交差取り/片手取りを想定して)、一教運動表/裏、前/後方回転
  • 相対基本動作坐技呼吸法:下段に与えて降氣の形から陽の陽/回外して陽の陰・呼気で小手返しの手を地に結ぶ
  • 坐技交差取り降氣の形から外転換で陰の陽(小手返しの手)で膝内側に結び対側の手で鳥船の陰の陰の手で二教
  • 片手取り外転換外巡りで二教の手(陰の陰)を側頸に結び対側の手で小指球を包み二教裏

 *陰の魂氣の手背が受けの前腕屈側に密着する。魂氣の結び。

  • 交差取り外転換降氣の形から陽の陽で一教運動・三教表
  • 交差取り外転換・陽の陽対側の手で母指球を包み与えた手を陽の陰に巡って受けの手背に取りの手首を添えて小手返し
  • 後ろ肩取り/両肩取り入り身転換反復・体の変更を陰の魄氣で
  • 後ろ両肩取りは入り身転換反復して前方回転の魄氣で
  • 後ろ両手取り天地に結んで入り身転換・前方回転で上丹田から側頸へ魂氣を巡って陽の陽で入り身:呼吸法
  • 坐技四教

0 コメント

2016年

10月

02日

天神町道場稽古 小手返しの手で受けの魂氣に結ぶ

  • 合氣体操
  • 呼吸投げ:片手取り入り身転換、外巡り外転換、外巡り相半身外入り身転換、両手取り内入り身転換
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換、一教運動表裏、前方/後方回転、
  • 後ろ肩取り入り身転換・反復:接点を軸として対側の足を置き換えて軸足交代で入り身転換・陰の魄氣から陽の陽で魂氣を発して受けの抑えにかかる魂氣に合わせて陽の陰に巡って反復入り身転換。

 *受けが異名側の手を触れたとき、反復入り身転換の後、下丹田に結ぶ。

 *受けが同名側の手で触れたとき、受けの抑えの魂氣には触れない。多くは両肩取りとなり、反復入り身転換の後、前方回転の姿勢で取り自身の上丹田に結ぶ(受けの上丹田への正面当てに相当)

 *前方回転の軸足の膝には同側の手を置くから、肩が下がって、両肩取りの受けの両手は上下に分かれる

 *後ろ取りは一眼二足三胆四力を単純に当てはめることができない。この際の眼は見ることではなく正対することに相当する。受けが伸ばした上肢の区切る天地の空気に、陽の陽の魂氣と同側の足先を進める。

  • 胸取り横面打ち外転換・前の非軸足を踏んで昇氣・軸足交代で後ろの足を入り身して呼吸法表/入り身転換・昇氣・反復入り身転換で呼吸法裏
  • 胸取り相半身正面当てから内転換・陰の魄氣の後ろの軸足を後ろ回転の軸として同側の手は陽の陰を畳んだ状態(砲丸投げの手)、対側の手は受けの手首を上から四方投げの持ちかたで包み、後ろ回転で左右の腋の開閉を逆転すると二教裏(画像
  • 正面打ちに横面打ち入り身から入り身投げ/同名側の手を直突きから対側の手を横面打ち入り身転換入り身投げ裏、
  • 横面打ちに内転換四方投げ表/外転換四方投げ裏
  • 坐技片手取り呼吸法三本
  • 坐技交差取り上肢を畳み陰の陽で側頸に結び、振り子運動で対側の膝を軸として外転換で上肢を伸展して同側の膝の内側に陰の陽(小手返しの手)で結び、対側の手で四方投げの持ち方から受けの手首を陰の陰で包み同側の膝を受けの肘に密着して二教固め

 *高槻市立総合体育館小体育室使用

 

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です