2015年

4月

29日

天神町道場稽古 杖尻の天地の巡りと支点の固定

  • 剣素振り:正面打ち/突き/横面打ち入り身、横面打ち入り身転換・突きで体の変更
  • 下段受け流し突き、上段受け流し正面打ち、正面打ち入り身転換反復
  • 剣素振り回転:抜刀正面打ち前・後方回転
  • 組太刀1、2
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作坐技:両手取り呼吸法、一方を外巡りから肘を落として陽の陽で横面打ち入り身運動(画像①
  • 相対基本動作坐技:両手取りに一方の外巡りから肘を落として陰の陰から陰の陽とともに入り身運動で近づけた側頸にて受けの手首を下から取り返し、降氣の形となった魂氣を陽の陰で母指球を突き出し四教。他方は降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡って上から受けの手首を四教で取る(画像②)。

 *外巡りは二教の手。肘を落とすと手首は屈曲して母指先は前方を向き他指は地を指している。そこで回内して陰の陽に巡れば掌は受けの手首を下から包む、と同時に母指先は入り身で傾斜して近づいた側頸に結び、体軸から(体で)受けの手首を取り返すことになる。体軸を正立に戻して魂氣を回外し、母指先と母指球を前方に突き出す陽の陰で四教(画像③)。

  • 片手取り外転換昇氣で呼吸法:杖を用いて直突きを取らせて
  • 杖取り:杖直突きに外転換返し突き反復/相半身杖巡り・返し突き/逆半身杖巡り・直突き
  • 諸手取り外転換降氣の形から陰の陽で側頸に結び脇を開けて陽の陽で入り身・残心

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

26日

天神町道場稽古 呼吸法の降氣で呼吸投げ

  • 剣素振り入り身:正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 剣素振り入り身転換
  • 剣素振り回転:抜刀正面打ち前・後方回転
  • 剣合わせ:正面打ち上段返し打ち、突き下段返し突き
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 両手取り呼吸法坐技:両手を降氣の形から一方は陽の陽、他方は回外して陽の陰
  • 坐技両手取り外巡りから陽の陰・母指先を地に向け母指球を支点として陰の陽に巡る、二教:受けは脇を閉めながら受けることで痛みの無い方に導かれ、取りの丹田に向かいうつ伏せで屈む。
  • 坐技両手取り取り返して四教呼吸投げ:一方を降氣の形から陽の陽、陽の陰に巡って上から受けの手首を四教で取る。他方を外巡りに肘を落として陰の陰で母指球外側を受けの手首に接し、それを支点として陰の陽に巡り(回内)、降氣の形で受けの手首を包み側頸の高さから回外して母指球を突き出すと四教(画像①)。
  • 坐技胸取り二教固め二本
  • 両手取り天地投げ
  • 正面打ち一教表裏:あくまで両手を気の巡りで動作する。受けの手刀に陽の陽で結ぶと巡ってくる単独呼吸法を行うこと。受けに飛び込みながら抑えると魂氣の巡り・結び・足腰との結びがなおざりとなる。
  • 正面打ち入り身投げ表裏:手足腰目付けの一致(画像②a,b、③

 *一教表と入り身投げ表の動作は魂氣と入り身の内外の違いはあるが、魄氣の残心からさらに入り身をするところが共通。

  • 諸手取り降氣で呼吸投げ:陽の陰で与えて諸手で取らせた瞬間に陰の陽で上肢を畳んで母指先は側頸を向き・回外して正面を指し上肢を伸展して母指先を地に結ぶ。同側の膝は同時に地に着く(画像④a,b)。 
  • 坐技後ろ両手取り降氣で呼吸投げ:陰の陽で上肢を畳んで回外して陰の陰で頬から額に結ぶ、対側を陽で差し上げ両手を増した後に結ぶ。

 *腕にすがった受けを前に投げ飛ばすのではなく、呼吸とともに魂氣三要素で氣結びを為し、降氣で地に結ぶ。受けの諸手は取りの魂氣とともに地に結ぶから前受け身が始まる。後ろ両手取りでは一側を額から陰の陰で降氣、他側を同時に陽の陽から陰の陰で地に結ぶ。両上肢を半径として前に振れば、受けは前のめりなっても、直下の地に結ばなければ前受け身は成立しない。

交差取りで陰の陰の額の結びは二教の手であり、受けの手も二教の手となり、結びが成り立つ。降氣が互いの結びとともに地に結ぶことが呼吸投げの術理である。

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

19日

天神町道場稽古 後ろに置き換え魄氣の結び/空の氣を作る

  • 杖突き3本
  • 杖巡り・上段受け流し/上段返し打ち
  • 杖合わせ
  • 組杖1
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏

 *鳥船は魄氣の陰陽、入り身運動は魄氣の陽と残心、転換・回転は魄氣の陰で軸足の交代・体軸と目付けの確立。正立とは二足直立歩行の姿であり動作では必ず一本の軸足が体軸を支える。二本で支えるのは静止である。しかも合氣では静止も一本で支える(二本で一本の残心、または陰の魄氣で左/右自然体)。

  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法三本
  • 坐技両手取り呼吸法:降氣の形から両手で氣の巡りで天地に結ぶ。陽の陰は天、陽の陽は地。両手母指先方向に巡るから受けは取りの側方に落ちる。取りの体軸は直立・目付けは前方に確立し、受けに追随しない。
  • 坐技諸手取り二教:降氣の形から陽の陽・陽の陰に巡って陰の陽・鳥船の陰の陽で指先は揃えて丹田に巡り、呼気相。息を止めて受けの手首を上から押し下げると魂氣は丹田に巡らない。
  • 交差取り外入り身転換(画像①
  • 交差取り呼吸法:外入り身転換・昇氣で同側の足を後ろに置き換えて魄氣の結びは陰の魄氣。開いた脇から側背・腹が受けの異名側の胸・腰に密着。前の足先から踏み替えて側頸より陽の陽。受けの同名側の頸部に魂氣が橈側で響く。母指先の反りが取りの体側への巡りを産む。

 *踏み替えて軸足が確立してからでないと魂氣を発することは出来ない。魂氣の兆しが逸ると、体軸の魄氣による地への結びが曖昧なままであるから上肢の緊張力によって受けを押し倒そうとしてしまう。

  • 後ろ肩取り(異名側の手で肩を取る)入り身転換四方投げ:対側の足先で踏み替えて入り身転換と同時に同側の魂氣を陽の陽で受けの上段に与え、受けが同名側の手で抑えにかかるとき、受けが逆半身で肩取りに及んだことが初めてわかる。入り身転換反復で魂氣を陽の陰に巡って額に結び、前方(対側)の足を後ろに置き換えて額から丹田に陰の陽で結ぶ。肩に置いた受けの上肢の下に空の氣を作り、対側の魂氣を受けの手首に添えて陰の陽の魂氣はその場で手首を四方投げの持ち方に取り、額に振りかぶって入り身転換で正面に突き出すと受けの項に結び、丹田に巡って残心(画像②)。
  • 坐技後ろ両手取り呼吸投げ:正座する取りの外側から同名側の手を取り後ろに廻って対側の手を取る。取りは降氣の形で額に巡り一気に母指先から地に降ろす。

 *入り身転換の魄氣の陰で前方の足を後方に置き換える相対動作では、体軸を結ぶ場合と、逆に受けの懐に気の空間を作る場合があり、後者ではその空間に入り身転換で結ぶ。

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

15日

幸町道場稽古 回転の先駆けは対側頸の開放をもたらす目付け

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 坐技両手で氣の巡り
  • 坐技片手取り呼吸法三本
  • 坐技両手取り呼吸法(画像①
  • 片手取り外入り身転換/体の変更
  • 交差取り外入り身転換・対側の魂氣は昇氣で側頸に結び・その同側の足先を後方に置き換えて軸として陰の魄氣の結び。

 *下段に与えた魂氣は受けが相半身で触れた瞬間外巡り。脇の隙間に同側の足腰が外入り身転換。魂氣が丹田の裏側・腰の底・仙骨下半に結ぶ。尾骨ではなく腰椎でもない(上肢が伸展のままでは垂れ下がり、肘が曲がれば手は背に着く)。陰の陽の魂氣に腰が脇を塞ぐように結べば入り身転換の陰の魄氣となる。魂氣と魄氣の結びが軸足と体軸を作る。

 *対側の魂氣が昇氣で側頸に結んだとき、同側の足を置き換えて軸足交代が肝要。肘から体側に沿って腰までが受けの異名側の前胸腹部に密着する。互いの魄氣の結びは体軸の結び。

  • 交差取り降氣の形で外入り身転換陽の陽(画像②
  • 後ろ肩取りに入り身転換で正面打ち・反復入り身転換で魂氣を陽の陰に巡っても受けの顔面に当たらず頬から側頸に陰の陽で結び前方回転の軸足で入り身転換

 *側頸を開くために目付けを対側へ向けることが入り身転換の先駆けとして必須画像③)。

 *自然本体で右肩に後ろから接触があると(右肩から体軸右足腰を動かそうとしないで)右足腰を軸として対側の左足を前で内股に踏み替えて軸とし、初めて右足を外股に180度踏み替えて同側の魂氣を陽の陽で上段に発する。振り向いて正面を打つ術理があって初めて一気で動作できる。さらに反復入り身転換で受けの上段へ陽の陰で正面当て。ここまでを一気に行う動作は、想いや形の記憶だけでは無理。魂氣と魄氣の三要素がそれぞれ結ぶという想いと動作の三位一体によって初めて可能となる。

 *取りの肩に触れる受けの手がその瞬間に同名側か異名側かを知るための修練は無い。何れにしても取りの肩や手を取ろうとする際、その腕に区切られた天が真空の氣、地が空の氣としてそれぞれに取りの魂氣と魄氣が結ぶ動作から始まる。

  • 坐技下段に与えて外巡り肘を落として回内で受けの手首に結んで陽の陽横面打ち入り身運動で膝を開いて転換し対側の膝上でその同側の掌を開いて受けの取らせた手背を二教に包む。両膝の間に受けの手背と肘を地に着けて挟み、四方投げの持ち方近似で二教。
続きを読む 0 コメント

2015年

4月

12日

天神町道場稽古

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 正面打ち一教から四教まで表裏
  • 小手返し二本

0 コメント

2015年

4月

08日

幸町道場稽古 後ろ両手取りの天は軸足に載せる

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法3本、両手取り呼吸法3本
  • 相対基本動作:片手取り(内巡り)入り身転換/片手取り外巡り振込突き外入り身転換
  • 片手取り外巡りで外転換・逆半身外入り身で隅落とし表
  • 片手取り入り身転換・後ろに置き換えて外巡り逆半身外入り身で隅落とし裏

 *表裏とも相半身外入り身の動作もあり。何れにしても隅落としは受けの背側の地に結ぶ。

  • 片手取り外転換降氣の形から回外して脇を開いて二教の手・四方投げ表
  • 自然体で後ろから両手取りに狭義の陰陽だけ動作する(巡る):①両手を陽②右手が陽なら左手は陰③両手を陰

一方を降氣の形に、同側の足腰を後ろに半歩置き換えて陰の魄氣とし、回外して額に結び対側を陰の陽で丹田に結ぶ。額と丹田の天地の結び。

陰の魂氣と同側の足を後方回転の軸足近似で前に置き換えて転換すると腰に結ぶ、対側は陰の陽で丹田から昇氣で側頸に結ぶ・同側の足を後方に置き換えて軸とする。側頸と腰の天地の結び。

一足を前方に置き換え同側の魂氣を腰に陰の陽で結び、小手返しの手とする。後ろ回転に合わせて対側の手で受けの異名側の手首を腰の後ろで上から取る。

  • 後ろ両手取りに②で側頸(天)と腰(地)に結び、側頸の方の足を後ろに置き換え軸とし・腰に置いた手の方の足先から踏み替えて側頸の魂氣を耳の下から取り自身の背側へ陽の陽で発して呼吸法。

 *置き換え踏み替えは受けの前で動作する。従って受けは既に取りの背側で落ちる。一方、額と丹田に結んで前方回転(普段よく行うが、本日は指導演武のみ)では受けの側面に入り身して魂氣を陽で発するから、受けは取りの腹側から背側へと螺旋で落ちる。

  • 坐技正面打ち一教運動表裏
  • 正面打ち一教表:上段に与えた魂氣が陽の陽に巡って結んだ分、同側の拇趾先も母指に揃えて入り身運動・残心の足先がその同側の魂氣の陽の陰(受けの上腕が取りの額に結んでいる)から陰の陽への巡りとともに逆半身内入り身。
  • 正面打ち入り身投げ表:上段に与えた魂氣が陽の陽に巡って結んだ時、同側の足を軸として対側の返し突き近似で逆半身外入り身。そのまま受けの同名側の頸部に陰の陽で結び、与えて結んだ陽の陽の魂氣は受けの頤下に当たり・同時に同側の送り足から受けの後ろの足下に向けて相半身外入り身(画像右)。魂氣を陽の陰に巡ると取りの両手が受けの側頸で結び母指先は受けの背に沿い(画像左)取りの丹田に結び残心。

 *正面打ち一教表と入り身投げ表の相対基本動作上における共通点を知ること。

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

05日

天神町道場稽古 回転の前/後方とも受けの後方に着く

  • 剣素振り入り身:正面打ち、突き、横面打ち、下段受け流し
  • 剣素振り入り身転換
  • 剣素振り回転:抜刀正面打ち前・後方回転
  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 相対基本動作坐技:片手取り呼吸法四本、両手取り呼吸法
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/外巡り・振込突き外入り身転換(画像①
  • 片手取り外巡り・振込突き外入り身転換・降氣で母指先を地に結び呼吸投げ
  • 片手取り外巡り・振込突き外入り身転換・降氣で母指先を地に結び・呼吸投げに至らない場合、陰の陽に巡って地を掃いて対側の手で受けの手背を膝上で包んで二教固め
  • 片手取り外巡り・振込突き外入り身転換・額の手は降氣で振り降り回転投げ:振り降りた手を矢筈に開き受けの手首を下から受け取り、対側の手は額に振りかぶり手刀を振り下ろして受けの側頸に結び丹田に巡り、それを中心とし、受けの手を半径として手首を持つ手で前方に発する。同側の足で踏み出し・体側の足を送って残心。
  • 諸手取り外転換・降氣の形から回外して母指先から地に結んで呼吸投げ画像②
  • 諸手取り外転換・降氣の形から回外して外巡り反復転換(踏み替え)額に結んで前方回転/後方回転で呼吸法

 *回転の間に額の結びを解かない。しっかりネジを巻いた後、陰の魄氣から体軸を正立へと戻すばねで降氣を丹田へ結ぶ。

 *参級審査:単独基本動作では、目付けと、四肢の末端に現れる魂氣と魄氣の陰陽が完璧に動作できている。技を体の動きで思い起こすとき、名称・語句と想いに伴う基本動作から連なって動きが現れて来る。結果、技が産まれている。その過程が三位一体の体得。完成している。技の動きを思い出す訳ではないことが身についている。

 基本技では、片手取り隅落としに、逆半身入り身に続く相半身入り身と、外転換に続く逆半身入り身もある。

 

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

01日

幸町道場稽古 目にすることの無い基本動作こそ技への昇華

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し入り身)、入り身転換、前・後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法4本
  • 相対基本動作:片手取り(内巡り)入り身転換/片手取り外巡り振込突き外入り身転換
  • 片手取り降氣の形で入り身転換
  • 片手取り外巡り外入り身転換回転投げ
  • 交差取り入り身転換
  • 交差取り入り身転換呼吸法:昇氣で側頸から陽の陽。魂氣を陽の陽で発するには、魄氣を踏み替えて軸足を作り、前方の足をその場からさらに前方へ伸ばして置き換えてから(画像)踏み込んで陽の魄氣として残心へ。魂氣の陽に魄氣も揃えて陽であるが、残心に終わるから陽の魄氣で静止することはない。鳥船の陽の魄氣は技の中で目にすることは出来ない。目にすることの無い基本動作は技への昇華。
  • 諸手取り降氣の形で外転換・回外して額に結んで前方回転
  • 諸手取り後ろ回転
  • 諸手取り降氣の形で外転換・回外・反復転換(踏み替え)で外巡りを額に結び前方回転
  • 二人取り呼吸法:降氣の形で入り身転換、反復して他方にも降氣の形で入り身転換し、一方には外巡りを額に結ぶ。他方に後ろ回転で置き換え。踏み替えの足をその場ではなく一方への前方回転の置き換えとして踏み替えたとき、両者に踏み替えをしたことになる。(指導演武のみ)

 *一方への前方回転の置き換えではその前に軸足を入れ替えたことになり、両者とも後ろ回転をすると解釈する方が自然である。ただし、その場合後ろ回転の踏み替えの位置が、その場ではなく両受けの間、両受けが結んだ真中の一点とするべきである。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です