*神氣館【 高槻市 天神町道場 ・ 幸町道場 】              Shinkikan aikido dojo tenjincho/saiwaicho         (公財)合気会公認道場                                  Takatsuki-city Osaka JAPAN                               大阪府合気道連盟加盟道場        「概要」に「神氣館の半年カリキュラム」 「道場案内と活動」 「『合氣神髄』より合氣道とは」 「ASOB会講演」に第4回ASOB会 2018/12/1                                                          「非軸足は巡りて天地に結ぶ」に「25. 『合気神髄』に見られる〝技〟の意味内容」7/3 「円に十を書く」に「1. 両足で踏ん張ることと両手で剣・杖を握ることは非合気の象徴」7/11          「2. 驚くほどに直截的な開祖の言葉」7/14          「3. 〝「言葉は神とともにありき」の状態に〟」7/19 「おしらせ」に7月の稽古予定                              稽古の記録2010/8/15〜2019/7/17   7月21日(日)第9回大阪府合気道連盟講習会・演武大会(高校生以上)       場所:洗心館(吹田市)      10:30〜12:50 開会式・講習会       13:40〜16:00 演武大会 詳細は「行事」参照

幸町道場稽古 回転の先駆けは対側頸の開放をもたらす目付け

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 坐技両手で氣の巡り
  • 坐技片手取り呼吸法三本
  • 坐技両手取り呼吸法(画像①
  • 片手取り外入り身転換/体の変更
  • 交差取り外入り身転換・対側の魂氣は昇氣で側頸に結び・その同側の足先を後方に置き換えて軸として陰の魄氣の結び。

 *下段に与えた魂氣は受けが相半身で触れた瞬間外巡り。脇の隙間に同側の足腰が外入り身転換。魂氣が丹田の裏側・腰の底・仙骨下半に結ぶ。尾骨ではなく腰椎でもない(上肢が伸展のままでは垂れ下がり、肘が曲がれば手は背に着く)。陰の陽の魂氣に腰が脇を塞ぐように結べば入り身転換の陰の魄氣となる。魂氣と魄氣の結びが軸足と体軸を作る。

 *対側の魂氣が昇氣で側頸に結んだとき、同側の足を置き換えて軸足交代が肝要。肘から体側に沿って腰までが受けの異名側の前胸腹部に密着する。互いの魄氣の結びは体軸の結び。

  • 交差取り降氣の形で外入り身転換陽の陽(画像②
  • 後ろ肩取りに入り身転換で正面打ち・反復入り身転換で魂氣を陽の陰に巡っても受けの顔面に当たらず頬から側頸に陰の陽で結び前方回転の軸足で入り身転換

 *側頸を開くために目付けを対側へ向けることが入り身転換の先駆けとして必須画像③)。

 *自然本体で右肩に後ろから接触があると(右肩から体軸右足腰を動かそうとしないで)右足腰を軸として対側の左足を前で内股に踏み替えて軸とし、初めて右足を外股に180度踏み替えて同側の魂氣を陽の陽で上段に発する。振り向いて正面を打つ術理があって初めて一気で動作できる。さらに反復入り身転換で受けの上段へ陽の陰で正面当て。ここまでを一気に行う動作は、想いや形の記憶だけでは無理。魂氣と魄氣の三要素がそれぞれ結ぶという想いと動作の三位一体によって初めて可能となる。

 *取りの肩に触れる受けの手がその瞬間に同名側か異名側かを知るための修練は無い。何れにしても取りの肩や手を取ろうとする際、その腕に区切られた天が真空の氣、地が空の氣としてそれぞれに取りの魂氣と魄氣が結ぶ動作から始まる。

  • 坐技下段に与えて外巡り肘を落として回内で受けの手首に結んで陽の陽横面打ち入り身運動で膝を開いて転換し対側の膝上でその同側の掌を開いて受けの取らせた手背を二教に包む。両膝の間に受けの手背と肘を地に着けて挟み、四方投げの持ち方近似で二教。
画像①坐技両手取り呼吸法:降氣の形から右手が陽の陽、左手は回外して陽の陰、両手で氣の巡り。両母指先の反りの方向に、天地で魂氣を発するから受けは取りの外側に捌かれる。取りの体軸は自ずと直立が保たれる。母指先から気を発することが無ければ肘肩と体軸のひねりで倒そうと動いてしまう。
画像①坐技両手取り呼吸法:降氣の形から右手が陽の陽、左手は回外して陽の陰、両手で氣の巡り。両母指先の反りの方向に、天地で魂氣を発するから受けは取りの外側に捌かれる。取りの体軸は自ずと直立が保たれる。母指先から気を発することが無ければ肘肩と体軸のひねりで倒そうと動いてしまう。
画像②交差取り降氣の形で外転換・陽の陽で氣結び。取りは諸手で取らせるため陽の陰で差し出しているが。
画像②交差取り降氣の形で外転換・陽の陽で氣結び。取りは諸手で取らせるため陽の陰で差し出しているが。
画像③後ろ両手取りを例とする。陰の陰の額の魂氣を陰の陽で体軸に結ぶため側頸を開放する目付けが前方回転の先駆けとなる、3コマ目。後ろ取りでは180度の入り身転換に留まる(4コマ)。
画像③後ろ両手取りを例とする。陰の陰の額の魂氣を陰の陽で体軸に結ぶため側頸を開放する目付けが前方回転の先駆けとなる、3コマ目。後ろ取りでは180度の入り身転換に留まる(4コマ)。

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です