2015年

2月

25日

幸町道場稽古 後ろ回転は軸足のその場での交代とつま先の方向

  • 禊(天地の結び、鳥船・振り魂、気の巡り)
  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち)、入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作:坐技片手取り呼吸法三本(①降氣の形から母指先の反りに合わせて陽の陽、②降氣の形から回外して陽の陰、③内巡りから入り身運動で昇氣として側頸に結び、陽の陽で発して受けの側頸に結部と体側へ巡る)
  • 片手取り外巡り入り身運動、入り身転換、体の変更(画像):下段に与えた魂氣を丹田に巡って入り身転換。腰の外側に戻しても真中に結べない。それで転換すれば、取らせた受けの手は取りの魂氣にも魄氣にも結ばない。
  • 片手取り呼吸法表:外転換して丹田に陰の陽で結び昇氣。前のつま先を踏んで軸としこう方の足を受けの外に入り身。側頸から陽の陽で発した母指先の反りに拇趾を合わせる。
  • 交差取り一教表
  • 正面打ち二教表
  • 正面打ち三教裏:対側の取りの手は受けの肘の近位に上からかぶせると三教に取った受けの指先は取りの丹田に向かう。後ろ回転して座れば丹田の回転とともに、受けの前腕・伸展した手首・手指は水平のまま螺旋で落ちる。
  • 正面打ち四教表

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

18日

幸町道場稽古 額で地を向く指先は開いた側頸に嵌まる


  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合氣体操
  • 単独基本動作入り身運動:陰の陰、突き、横面打ち(画像①)、下段受け流し
  • 単独基本動作入り身転換・反復、前/後方回転、一教運動表/裏
  • 相対基本動作坐技両手取り呼吸法三本:⑴両手とも降氣の形から右手が母指先の反りに合わせて陽なら左手は回外して陽の陰、⑵右手が陽の陽なら左手は陰の陽から外巡りで陰の陰・肘を落として受けの手首に接した取りの母指球を支点とし回内して横面打ち入り身運動、⑶右手が陽の陽なら左手は陰の陽で丹田に巡り・入り身運動と昇氣で側頸に結ぶと陽の陽で発する
  • 片手取り外転換外巡り肘を落として回内・横面打ち逆半身外入り身転換呼吸投げ
  • 片手取り外巡り・対側の直突きを払わせて相半身外入り身転換呼吸投げ:陰の陰で額に結んで地を指す母指先がそのまま同側の膝とともに真下の地に結ぶ。
  • 片手取り外巡り・対側の直突きを払わせて相半身外入り身転換呼吸法:陰の陰で額に結んで地を指す母指先が、開いた側頸に結んで前方の足先を後ろに置き換え踏み替えて陽の陽で発する。
  • 後ろ両手取り天地に結んで前方回転で額から側頸に結んで呼吸法:上段に魂氣を与えて降氣の形に受けは抑えにかかり、脇を開いて側頸から額に陰の陰で結ぶと同時に入り身転換で、後ろの手も取る受けの両手は取りの額と丹田にそれぞれ結ぶ(天地の結び画像②)。このとき陰の魄氣で上体は直立。地の方の足先を前方回転の軸として外股に踏み、受けの背側に回転する(受けの後ろに廻るから270度までしか廻れない)と額で地を向く指先は陰の陽のまま頬を巡って開いた側頸に嵌まり母指先が結ぶ。魂氣も上体も陰の魄氣も限界まで捻っている状態であり、この呼気相でさらに前の足先から踏み替えて入り身転換反復で軸足を交代してから吸気で魂氣を陽の陽で発する。母指先から取りの耳の後ろで背側へ一気に伸展する上肢は体側に巡って送り足で残心。受けは取りの目に映らず螺旋で後ろに落ちる呼吸法画像③)。

 *額は頭頂より前である。天地の結びは剣の振りかぶりと同様前で結ぶ。

  • 正面打ち三教表/裏:上段に与えて一教運動で相半身内入り身から逆半身内入り身で魂氣は両手で氣の巡り。与えた方の手は陽の陽から陰の陰に巡るとき受けの指先に滑らせて回内で差し上げると受けの上肢は反屈し、取りは目付けを後ろにやって開いた側頸に対側の手でその小指球側を陰の陽で包み、母指球から回外して一気に突き出すと三教。このとき取りの手も一瞬母指先は天を向いて反屈しているから、脇を閉じ手首を伸展して同側の膝を地につけば母指先も地に巡り、受けの母指球は取りの膝の側面に着いて・受けの手掌は完全に閉ざされる。取りは目付けを受けの反体側へと転じて振り子運動で三教固め表。

 *裏は、受けの小指球を包んだとき体側の手を同時に自身の正面に手刀でかざし、受けの上腕を杖の正面打ち近似で振り降ろすから、受けの指先は取りの丹田に結ぶ。そのまま後ろ回転して座れば受けの肩は取りの膝の間に嵌まり、受けの上腕にかぶせた腕はその脇が閉じる。取りの対側の脇が開くから包まれた受けの指先は丹田から外側に巡り、取りは同名側の手で小指球を包み換えて、(迎えに行った)取りの胸にその掌を密着して両脇を閉じて上体を元に振り戻せば三教固め裏。

  • 突きに横面打ち内転換丹田で受けの手に触れると外巡りで対側の手で横面打ち外入り身転換入り身投げ裏
  • 突きに横面打ち内転換丹田で受けの手に触れると陰の陽で小指球を包み入り身転換反復で二教表

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

15日

天神町道場稽古 後方回転の軸足は陰の魄氣のまま

  • 剣素振り5本:正面打ち、横面打ち、突き、下段受け流し、入り身転換
  • 剣合わせ:正面打ちに二本、突きに三本
  • 組太刀2

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、両手で氣の巡り、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 相対基本動作坐技下段に与えて:片手取り降氣の形から陽の陽、交差取り降氣の形から両手で氣の巡り・陽の陽・陽の陰で一教/陰の陽で降氣の形に戻して真中に取り返して四教/鳥船の陰の陽の巡りで二教・裏の固め

 *イェイで丹田に広義の陰で還るとき手首の屈曲で魂氣が巡る。肘は伸展し続けなければならない。脇が閉じて丹田に向かう魂氣が指先で発する想い。

  • 片手取り入り身転換/体の変更
  • 片手取り入り身転換呼吸法(画像①)/交差取り入り身転換呼吸法
  • 諸手取り外転換呼吸法(画像②)
  • 諸手取り外転換呼吸投げ:外転換降氣の形から回外して肘を伸展して母指先は地に結ぶ(画像③)。受けの前の足内側に受けの諸手が結ぶ。取りの目付けは剣線に直角・受けの前受け身の方向は受けの後方の足先方向。受けの前足が初めに地から離れ後ろ足先の方向に同側の陽の陰の魂氣で前方回転受け身となる。

 *剣線に沿わせて上肢を振るっても受けの足はその場で陽の魄氣となり・受けの前の足は踏み込んで受けの重心のほとんどがそれに集中する。つまり安定して静止する。

  • 諸手取り降氣の形で前方回転呼吸法:外転換・降氣の形から回外しつつ(画像④)脇を開き額に結んで(二教の手)母指と拇趾を揃えて軸として前方回転・丹田へ降氣。

 *回転の軸足は、前方回転であっても、回転しきるまで(軸足が交代するまで)は陰の魄氣である。回転の途中で膝が伸びると軸足の交代がならず、一瞬両足で立って魂氣は額にあるから万歳する姿勢となり、体軸と地の結びが途絶え(軸足がどちらでもなくなる)魄氣三要素を失う。

 *そのとき不自然、不自由を感じれば合氣に向かって三位一体の動作を稽古していることに違いは無い。

  • 片手取り四方投げ裏:降氣の形から回外しつつ脇を開き目の前に二教の手とし、開いた脇の下で同側の足先を受けの足の側に置き換え後ろ回転の軸として、受けの手の解けぬうちに対側の手で四方投げの持ち方にて額に手背を結び後ろ回転・正面打ち近似で受けの項に上肢を伸展して結び・丹田に巡って残心。
  • 上段に与えて正面打ち入り身投げ表:魂氣は陽の陽で結び天に捧げて受けの頤下に結び・同側の足先を受けの軸足側に置き換えて相半身外入り身・対側の手は同時に返し突き近似の陽の陰で受けの同名側頸に結び脇を閉じると降氣の形・頤下の魂氣を陽の陰に巡って丹田に結んで残心。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

11日

天神町道場稽古 呼吸法で氣結びの後地に結ぶ

  • 杖素振り:突き三本、上段受け流し、上段返し打ち、杖合わせ
  • 組杖1、3、10
  • 剣合わせ正面打ちに二本、突きに二本
  • 組太刀4より突きに下段受け流し・突き

  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、両手で氣の巡り
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、前/後方回転
  • 片手取りから相半身両手取り天地投げ表/裏

 *一教運動の魄氣で逆半身外入り身から相半身に進め足先を受けの軸足(後方の足)に向け、同側の魂氣を陽の陽で受けの頤を擦り上げ目付けは掌に合わせる。陽の陰に返して丹田に結び残心で技の成立。

 *一教表の一教運動は相半身内入り身から逆半身に進め、足先を受けの軸足(後方の足)に向ける。

  • 突きに杖巡り近似逆半身天秤投げ
  • 諸手取り外転換呼吸投げ/内転換呼吸投げ/内転換一教:外転換では回外、内転換では陽の陽。いずれも降氣の形で上肢は畳んで、手首の屈伸と母指先から魂氣を発する想いで順次上肢を伸展するから脇を開くのは最後になる。

 *呼吸投げは、呼吸法(呼吸と共に氣結びを為す)にて魂氣を地に結ぶ。同側の膝を地につけ額から陰の陰で母指先を地に直結して、他の指で地を指の方向へ這わせて立ち上がる。

  • 片手取り外巡り横面打ちで逆半身外入り身(転換)呼吸投げ:受けの側頭に結んだ魂氣は陰の陽で地に着ける。腕を振るって前に投げようとすれば結びが解けて腕が離れる。
  • 片手取り外巡り対側の直突きで相半身外入り身転換呼吸投げ:入り身転換は陰の魄氣であるが、取りの額に陰の陰で結び上体の軸を直立させる。そのためには転換のあとの目付けが肝要(画像①)。
続きを読む 3 コメント

2015年

2月

08日

天神町道場稽古 横面打ち入り身運動の後手は外転換

  • 剣素振りで入り身運動、前/後方回転、
  • 剣合わせ正面打ちに二本、突きに二本

  • 単独呼吸法:降氣、回外、昇氣、一気、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身転換・反復、
  • 相対基本動作坐技:片手取り降氣の形から陽の陽/回外して陽の陰/外巡り肘を落として陰の陰から回内して陰の陽・横面打ち入り身運動
  • 相対基本動作坐技:交差取り外巡り肘を落として陰の陰から回内して陰の陽・丹田に巡って再度外巡り・相対的に入り身運動
  • 坐技上段に与えて両手で氣の巡りで四教表
  • 片手取り四方投げ表:外転換降氣の形から陽の陽・陽の陰に返して陰の陽で降氣の形にして真中に寄せ、同時に対側の手で四方投げの持ち方で前方回転
  • 片手取り四方投げ裏:陰の魄氣で下段に与えて降氣の形から二教の手で目の高さに巡り・対側の手は四方投げの持ち方で額に結び、陰の魄氣のまま同側の足を受けの足下に置き換え軸として後ろ回転。

 *外転換で真中に寄せたなら、前の足を踏んで後方の足は受けの足下に小さく置き換え軸として後ろ回転

  • 上段に与えて一教運動表で二教に持ち、外転換して裏の位置に相半身陰の魄氣で立ち、対側の手を降氣の形で奥から三教に持ち替える。母指球を回外して突き出し丹田に巡り、後方に足を置き換え踏み替えて三教の手は丹田に結んだまま座って元の手で手背側から小指側を包み換えて三教裏の固め。

 *二教に持ち、外転換して裏の位置に相半身陰の魄氣で立つと、受けの手は手首と肘が直角、脇も直角に開き三教の上肢。

  • 突きに横面打ち外転換杖巡り/下段受け流し降氣の形から陽の陽相半身外入り身/下段受け流し降氣の形から回外して陽の陰逆半身外入り身

 *相打ちで横面打ち入り身・転換(画像①)に対して、後手なら入り身で受けの真中を打つことができない。魄氣が外転換となり、単独動作は魂氣が横面打ち入り身運動でも相対的には取りの真中で振り降りる。陰の陽で魂氣に結ぶ(画像②)。

  • 坐技一教運動表裏:両手で氣の巡りをひと呼吸(吸気から呼気)の入り身運動左右で行う。いずれも両母指先の反りの方向に巡る。裏は膝を閉じて軸とする外転換。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

04日

幸町道場稽古 手足腰目付の一致


  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、一教運動表/裏、入り身転換・反復、前/後方回転
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/片手取り後ろ回転/交差取り入り身転換
  • 相対基本動作:交差取り入り身転換昇氣

 *下段に与えて相半身なら母指先を取りの外に、目付は内に、足先は外巡りの上肢によってできた脇の隙間を目付の方に向け軸として受けの外へ入り身転換(画像①)。外巡りの手に腰の後ろが着いていって陰の陽で結び魄氣は陰となる。

  • 交差取り入り身転換呼吸法:入り身転換は陰の魄氣で昇氣に伴い前の足先を後ろに置き換え・一瞬軸足を交代して元の軸足を踏み替え・置き換えた足の拇趾先と母指先の反りを合わせて側頸から陽の陽(画像②)・残心
  • 交差取り外転換一教表

 *下段に与えて相半身なら降氣の形で母指先と拇趾先を合わせて軸とし、後方の足を受けの外へ剣線に直角として置き換えて軸とし陰の魄氣、魂氣は母指先の反りの方向へ陽の陽に発すると目付は手掌の方向へ。逆半身でも諸手取りなら同じ動作。

  • 交差取り外転換二教裏

 *いずれも交差取り外転換降氣の形から陽の陽で氣結び。母指先の反り・手首の伸展・手掌を開きつつ肘を伸展・脇は遅れて開く。魂氣を広義の陽で発する動作が形となる。

  • 横面打ち後手相半身内転換・外入り身転換入り身投げ

 *異名側の手は陽で発することができないから降氣の形で上段に側面を守る。手刀ではなく陰の陽で与える形で自身の側頭に結ぶ。と同時に対側の手で相半身振込突き。

  • 胸取り相半身内転換後ろ回転三教裏:後ろ回転から踏み替えて振り向くとき、二教で受けの小指球から包むと対側の手は(二教の様に受けの手首の上を四方投げの持ち方で沿わさず)降氣の形で下から三教で持ち帰る。振り向かないで持ち替えようとすれば、受けの上肢は伸展したままで二教の裏も三教も成り立たない。

 *三教裏の固めは、小指球を包み母指球と手掌は胸で包む。表は小指球を包み母指球と手掌は膝上の側面で包む。

  • 坐技上段に与えて両手で氣の巡り
  • 坐技諸手取り:入り身運動に降氣の形から陽の陽/入り身運動に目付を転換し降氣の形から脇を開いて側頸に母指先を結んで陽の陽に発する

 *片手取りには昇氣で脇を開いていき陰の陽で側頸に結ぶが、諸手取りには降氣の形から脇を開いて側頸に母指先を陰の陽で結ぶ。

続きを読む

2015年

2月

01日

天神町道場稽古 下段受け流しで陽の陽は相半身外入り身

  • 杖合わせ:下段受け流し

  • 単独呼吸法坐技:降氣、回外、昇氣、一気、入り身運動、振り子運動、両手で氣の巡り
  • 合気体操
  • 単独基本動作:入り身運動(陰の陰、突き、横面打ち、下段受け流し)、入り身転換・反復、一教運動表/裏、前方/後方回転
  • 相対基本動作坐技:片手取り降氣の形から陽の陽/回外して陽の陰、両手取り呼吸法
  • 坐技片手取り外巡り肘を落として回内・横面打ち入り身運動・地に結ぶ/陰の陽で地を這わせて、対側の開いた膝に着けた対側の陰の陽の手に、受けの手背を進めると膝の上で包み、与えた手は受けの手首を四方投げの持ち方で取り直して陰の陰で引き寄せると両膝の間で二教
  • 相対基本動作:片手取り入り身転換/体の変更/後ろ回転
  • 上段に与えて一教表/正面打ち一教裏
  • 諸手取り後ろ回転・踏み替えて相半身内入り身で軸を作って後ろ回転反復・地に結んで一教
  • 諸手取り外転換で降氣の形・踏み替えて陽の陽で差し出し(像①)、対側の手を陽の陰で受けの脇の間へ入り身運動呼吸投げ

 *真下の地に陰の陽で結び母指先方向に地を這えば一教。

  • 諸手取り外転換四方投げ:外転換で降氣の形・踏み替えて回外して陰の陽で受けの手首を引き寄せ、同時に対側の手で受けの対側の手(同名側)を下から四方投げの持ち方で取り額に手背を結んで相半身内入り身転換・四方投げ(画像②
  • 後ろ両肩取り二教・三教表:上段に与えて振り降りて降氣の形に巡ると受けは取りの手首から同側の肩に手を置き後ろに廻って対側の手を同名側の肩に置いて両肩取り・降氣の形の魂氣は入り身転換で額に巡ると受けの顔面に正面当ての形を経て巡り(天)、地の手は同側の膝に置いて膝と手の両方を後ろに置き換えると額は縦に並ぶ受けの両手の間をすり抜け額の手は受けの同名側の手首を二教で取り、再度後ろの足を前に置いて受けの脇の間を埋める。対側の手で小指球を包んで三教に持ち替える。
  • 横面打ち相打ち外転換入り身投げ:横面打ちに異名側の手を降氣の形で額の高さに結び外転換・対側の手を陰の陽から陽の陽へ発して受けの同名側の手に結ぶ(画像③)。前方の足先を踏んで軸として逆半身外入り身で返し突きの陽の陰の魂氣は受けの同名側の側頸に結び、対側の手は下段受け流しで陽の陽の魂氣を受けの頤下に進め・同側の足先は受けの後方の足下に進め(相半身外入り身)魂氣は陽の陰に巡って取りの丹田に巡り残心(画像④)。

 *上段受け流しは額の前で陰の陰の手が受けの上肢下面で陰の陽に巡り

 *剣合わせ下段受け流しは陽の陽で相半身外入り身/回外で逆半身内入り身/回外で逆半身外入り身

  • 坐技両手取り外巡り二教:肘を落として回内して小指球から陰の陽で受けの両橈側に結ぶ/陽の陰で母指先の反りに合わせて受けの両橈側に沿って地に向かって巡り、延長線が地に結んだ状態で小指球から陰の陽で丹田に結ぶ。

 *いずれも魂氣は鳥船(ホー・イェイ)のイェイ、陰の陽で丹田に結ぶ。ただし丹田へ着く前に受けは合図することとなる。

続きを読む 0 コメント

リンク

公益財団法人合気会 

本部道場の公式ホームページです

大阪合氣塾

吹田市を本部とする須磨 弘師範の道場です

和氣會

豊中市を中心とする道場で池田憲夫師範のご指導です

兵庫合気会

姫路市を中心とする道場で山田芳朗師範のご指導です

合気道愉々会(ゆうゆうかい

加古川市を中心とする道場で神戸大学合気道部OB第五代養心会長・兵庫県合気道連盟理事長 吉田 司先生のご指導です

 

神戸大学体育会合気道部

神氣館館長辻本大治師範の母校合気道部です

大阪武育会木村二郎師範のご指導です


流山合気会

千葉県流山市にて永井 純師範(港区合氣道連盟会長)が会長をされている㈶合気会公認道場です